人気ブログランキング | 話題のタグを見る

裏金で処分

 自民党派閥の政治資金規正法違反事件を巡り、安倍・二階両派の議員39人への党の処分が決まりました。処分は当初80人規模で調整されていましたが、39人は派閥の幹部と政治資金収支報告書に未記載の金額が500万円以上の議員で、500万円未満の議員は幹事長注意にとどまっています。

 党の処分は8段階あり除名が最も重く、離党勧告、党員資格停止などと続きます。安倍派の衆・参院側のトップだった2議員に離党勧告。同派幹部の2人が党員資格停止1年、1人が同6ヵ月。党役職停止1年が9人。同6ヵ月が8人。残る17人は戒告でした。

 しかし、実態解明が不十分で、誰が裏金づくりを決めて継続してきたのかは不明のまま。早く幕引きを図ろうという思惑が見え、処分の基準も曖昧です。裏金事件に対する自民党の反省が感じられないばかりか、これでは政治への不信がさらに強まってくる感じですネ。

# by shouichiro_sato | 2024-04-04 23:07 | 国政・時事 | Comments(0)  

シニアエキスパート

 秋田県は役職定年を迎えた元幹部を、1日からシニアエキスパート(副主幹級)として配置しました。県は2023年度から定年を1歳引き上げ、若い世代の昇進を妨げないために60歳を役職定年としています。

 23年度に60歳を迎えた県職員は92人で、そのうち59人がシニアエキスパートに就任。総合政策課や観光戦略室、地域・家庭福祉課、会計課などに勤務しています。

 民間では定年後も働き続ける仕組みが広がり、公務員の場合も再任用などの制度が定着してきましたが、シニアエキスパートの皆さんには、豊富な経験を活かして実務での成果を上げてほしいと願っております。

# by shouichiro_sato | 2024-04-03 22:29 | 秋田県 | Comments(0)  

詐欺事件相次ぐ

 横手市の50代女性がうその投資話を持ちかけられ、現金およそ1300万円をだまし取られる被害に遭い、警察はSNS型投資詐欺として捜査しています。昨日は大館市で「現金300万円が当選した」というメールを受け、約200万円分の電子マネーを購入し相手へ利用に必要な番号を伝えたのに、一向に受け取れないと警察に相談し、詐欺だと分かった事件がありました。

 最近は連日、詐欺被害のニュースが新聞に掲載されています。特に、スマートフォンやパソコンで広告をクリックしたことから始まる被害が多発しています。有名人や投資家を装った儲け話や、楽に稼げる「うまい副業話」にはくれぐれも注意してください。

詐欺事件相次ぐ_f0081443_21492120.jpg
 (写真・秋田魁新報は「ストップ!あきたの特殊詐欺被害防止PR」を始めました)

# by shouichiro_sato | 2024-04-02 21:51 | 事件・事故 | Comments(0)  

ネット利用時間

 こども家庭庁の2023年度調査によると、一日当たりのインターネット利用時間(平日)は高校生が6時間超、中学生が4時間半超、小学生が3時間半超であることが分かりました。その目的はほぼ全ての年齢で、動画の視聴が90%超と最多でした。

 スマートフォンでインターネットを利用する人のうち、自分専用の端末を持っている割合は、7歳が21.3%、10歳が65.2%、中学入学後の13歳が91.9%、高校入学後の16歳が99.1%でした。

 ただ、10歳以上の保護者でスマホの利用を制限していると答えたのは83.4%。具体的には不適切サイトなどへの接続を防ぐ「フィルタリング」が44.2%で最多となっています。

 調査は昨年11~12月に行い、無作為に抽出した0~9歳の保護者(2160人)、10~17歳の子ども(3279人)とその保護者(3322人)の回答を集計しています。

# by shouichiro_sato | 2024-04-01 22:54 | 社会・話題 | Comments(0)  

看板を更新

 政治活動用に使用する事務所を表示する看板等の証票が、きょう令和6年3月末で有効期限満了となることから、新たな証票を貼付した看板を自宅や湯沢事務所など7ヵ所に掲示しました。

 きょうまで設置していた看板は今から20年に、県知事選挙に立候補した機会に作成したものを使ってきましたが、顔写真も現在の自分とは相当かけ離れ?ており、最近のものに変更しました。ただ、「元気な秋田を創造しよう」というキャッチフレーズとデザインは同じで、皆さんは気づかないかもしれませんネ。

 県議会議員の場合の証票は、候補者等に係るものと後援団体に係るものそれぞれ6枚づつが上限となっており、今後は湯沢市内などの5ヵ所に設置する予定です。

# by shouichiro_sato | 2024-03-31 20:59 | 政治活動 | Comments(0)