鈴木辰美さん

 今春の叙勲で旭日雙光章を受章した鈴木辰美氏(70歳・大仙市稲沢)の祝賀会が開かれました。
f0081443_23193611.jpg
 (写真・笑顔の鈴木辰美さんと奥様のキサ子さん。西仙北ぬく森温泉ユメリアで)

 鈴木氏は昭和45年、秋田県が農業後継者の育成のために県内の全市町村で始めた農業近代化ゼミナールの、県連絡協議会長に就任。その後は青年農業士や指導農業士(平成21年から4年間は県指導農業士会の会長)として、農業といぶりがっこを中心とする農産物の加工事業(「おばこ食品」を起業)に奮闘。6次産業化の先頭に立って、県内農業の発展に尽力されました。平成26年8月からは秋田いぶりがっこ協同組合理事長に就任しています。

 一方、昭和55年3月には仙北郡協和町議会議員に初当選し、以来8期25年6ヵ月にわたって議員としてご活躍。その間町議会議長を2期5年6ヵ月、合併後の大仙市議会では2年間、副議長の要職にありました。「有言実行」がモットーで、自ら進んで行動・実践する議員として住民の信頼を得ています。

 実行委員会(会長・奥州食品の鈴木憲康社長)が準備した祝賀会には、共に議会活動に励んだ同僚や諸先輩、農業士会、食品加工と販売の関係者、友人など130人が参加し、和やかに懇談。鈴木氏とご家族、いぶりがっこ業界の更なるご発展を期待してきました。

# by shouichiro_sato | 2018-09-08 23:22 | 地方自治 | Comments(0)  

オスプレイ?

 北海道で大地震が発生した6日、夕方に我が家の上空を2機の見慣れぬ飛行機が通過しました。大きな爆音とともに南から現れ、北の方向に向かった飛行機は高度も低く、はっきりと大きなプロペラと特色ある機体が確認できました。もしかして、これは垂直離着陸が可能な「オスプレイ?」。救助活動のために北海道に向かったのでしょうか。
f0081443_22061418.jpg
 (写真・オスプレイと思われる2機が北に向かいました。午後5時頃の自宅前)

 地震発生から40時間以上が経過しましたが、震度7の激震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町では20人以上の安否が確認されておらず、懸命の救助活動が続いています。道内全てで起きた停電はようやく半数で解消されたというものの、まだ100万世帯以上が暗い夜を迎えています。早期の救助と復旧を祈っています。

# by shouichiro_sato | 2018-09-07 22:24 | 羽後町 | Comments(0)  

北海道で震度7

 きょう午前3時8分頃、北海道胆振地方東部で最大震度7の地震が発生。厚真町で土砂崩れによる死傷者や行方不明者が多数いるほか、道内全域で約295万戸が停電。市民生活への影響はもとより経済活動もストップするなど、甚大な被害が発生しています。

 地震直後の停電により、北海道内の鉄道と地下鉄が全て運休しているほか、信号機も作動していないことからバスなども運休。新千歳空港が終日閉鎖されているなど交通機関も完全にマヒし、水道や通信等のライフラインにも影響がでています。今後も余震の心配があり、不安な夜を迎えていることでしょう。身の安全を第一に、皆さんで協力し合い、何とか乗り切ってほしいと願っています。
f0081443_21244098.jpg
  (写真・驚くほどに土砂崩れが多発した厚真町。「NHKニュース9」より)

 それにしても、6月には大阪府北部で大地震。広島・岡山・愛媛各県など西日本を襲った7月の豪雨。一昨日には台風21号の影響で関西国際空港が閉鎖されるなど、近畿地方で高潮被害が多発。そして今日は、北海道で震度7の大地震。いろいろ備えはしていると思いますが、「想定外」の出来事が続いています。

# by shouichiro_sato | 2018-09-06 21:45 | 今日の出来事 | Comments(0)  

携帯料金

 菅義偉官房長官は先月、携帯電話の料金を「4割程度下げる余地がある」と発言。野田聖子総務大臣は昨日、携帯電話大手3社が格安スマートフォン事業者に貸し出す回線の通信速度を遅くする差別を防ぐ制度を強化する方針を表明しています。携帯電話各社の競争を促進し、料金の引き下げにつながる動きが進んでいます。

 携帯電話のNTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの大手3社は増収増益を続けており、「国民の財産である公共の電波を提供されて事業しているのに事業者の利益率が他の業種と比べて高い。競争が働いていないと言わざるを得ない」という菅官房長官の指摘はもっともでしょう。

 確かに、携帯電話の料金はパンフレットを読んでも理解しずらく、時々割引システムが変わっていることも。また、一人1台を所持するようになってから、一家の家計費の中で電気や水道などの公共料金、食費等と比べると、家族で合算した携帯電話料金が高額になっていることに驚くことも・・・・。

 今では生活の必需品であり、世界と繋がっている携帯電話。今後は更なる活用が進むでしょうから、利便性の向上とともに料金の値下げに期待します。

# by shouichiro_sato | 2018-09-05 21:22 | 社会・話題 | Comments(0)  

猛烈な風と雨

 四国から近畿地方を直撃し、日本海を北上している台風21号。観測記録を上回る猛烈な風と豪雨、高潮などにより、死傷者が出ているほか、160万戸で停電が発生するなど、各地で被害が拡大しています。関西国際空港では滑走路や駐機場が高潮で冠水したほか、連絡橋にタンカーが衝突して橋が通行止めになり、利用者や従業員など5000人を超える人が孤立。大阪府や兵庫県では駐車中の車が流されたり飛ばされたりしたほか、電柱や樹木の倒壊、屋根が飛ぶ被害も多発しています。

 当地でも午後9時過ぎから風雨が強くなり、今も時おり屋根がガタガタ鳴っています。何とか無事に、過ぎ去ってほしいと願うばかりです。

# by shouichiro_sato | 2018-09-04 22:28 | 事件・事故 | Comments(0)  

台風21号

 非常に強い台風21号は、あす朝から昼にかけて四国から近畿地方に上陸し、夜には東北地方にも最接近する見込みです。

 非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来25年ぶり。この時は九州地方などで死者・行方不明者48名、負傷者396名、住宅全壊336棟、住宅半壊1448棟、床上浸水3770棟の被害が発生。東北では収穫まじかのリンゴが大量に落果するなど、農産物に多大な被害がありました。

 上陸後は速度を速めて一気に北上する模様で、当地でも厳重な警戒が必要です。

# by shouichiro_sato | 2018-09-03 23:03 | 社会・話題 | Comments(0)  

鳥海山伝承芸能祭

 にかほ市・にかほ市教育委員会・にかほ市伝承芸能保存団体連絡協議会が主催する「第9回鳥海山伝承芸能祭」がきょう午後、小滝金峰神社境内にある郷土文化保存伝習館特設ステージで開かれ、鳥海山小滝舞楽保存会など5団体が伝承されている舞などを披露しました。
f0081443_21585516.jpg
(写真・国指定重要無形民俗文化財「小滝のチョウクライロ舞」の「九舎の舞」)

 出演したのは鳥海山小滝舞楽保存会が「御宝頭の舞」と「小滝のチョウクライロ舞(小児の舞など7演目)」。金浦神楽保存会が「金浦神楽の奉納神楽(早変わり)など5演目」。大日堂子ども獅子舞保存会が「十二段獅子舞」。釜ヶ台番楽保存会が「子ども獅子舞など2演目」。横岡番楽保存会が「鳥海山日立舞(熊谷など3演目)」。最後に鳥海山小滝舞楽保存会が「鳥海山小滝番楽(田村・松迎えの2演目)」。特別ゲスト出演は楽游会(秋田市)の「雅楽演奏」です。

 番楽などは国記録選択・秋田県指定無形民俗文化財に指定されていて、どれもが見ごたえのあるものばかり。鳥海山麓に伝わる文化に触れることができました。こうした発表の場が伝承していく力にもなっているとのことで、嬉しいひと時でした。

# by shouichiro_sato | 2018-09-02 22:12 | 今日の出来事 | Comments(0)  

大農太田分校

 県立大曲農業高等学校太田分校(校長・小林吉則先生)が創立70周年を迎え、きょうは式典と講演・演奏会・演芸などの記念行事が開かれました。
f0081443_16222667.jpg
 
f0081443_21313323.jpg
  (写真・校舎玄関と記念式典で挨拶する生徒会長の長澤竜貴さん。体育館で)

 同校は昭和23年6月に大曲農業高校定時制課程横沢分校(農業科)として設置されたのが始まり。その後の分校統合や移転を経て、同50年4月に全日制課程太田分校(普通科)が設置され、定時制課程は廃止。同53年からは全県高校総体自転車競技で初優勝し、以来総合5連覇の偉業を達成。同60年には郷土芸能部と写真部が全国高校総合文化祭に県代表として出場するなど、活躍しています。

 しかし、同60年11月には学校火災が発生し、全焼。太田町民体育館を仮校舎として授業を行い、同61年10月には現校舎へ移転して復活。同10年9月には創立50周年記念式典を挙行して、現在に受け継がれてきました。地域に根差した教育活動が特色であり、70年間で分校を巣立った卒業生は2000名を超えています。

 現在の生徒数は全校で49人(1年生13人、2年生20人、3年生16人)。県内の高校では唯一の分校となっています。

 式典で生徒会長の長澤さん(3年)は「地域の一員としての自覚を忘れず、様々な活動に参加したい。70周年を節目に新たな道を築いていけるよう頑張りたい」と挨拶しています。

# by shouichiro_sato | 2018-09-01 21:41 | 今日の出来事 | Comments(0)  

先端技術の活用

 北海道・東北六県議会議員研究交流大会が山形市で開かれ、参加しています。

 注目されたのは鶴岡市にある慶應義塾大学先端生命科学研究所・冨田勝氏の講演。「地方から創るニッポンの未来」と題して冨田氏は、同研究所の成り立ちや同大学発のバイオベンチャー企業の取り組みを紹介し、「優等生は東京に任せればいい。地方は一人ひとりが違うことにチャレンジしてほしい」「地方こそ(研究開発の)最高の環境にある」「実行するイノベーターになれ」として、そのためには失敗しても拍手する文化が必要だと述べています。

 冨田氏がアドバイザーとして出席した「産業振興」がテーマの分科会では、各道県が主要な施策を報告。人口減少社会に対応した地域産業の活性化や次世代の産業創出に向けて、「イノベーションの推進と産業人材不足の克服」(青森県)、「デジタルイノベーションの推進について」(秋田県)、「国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」(福島県)など、イノベーション(技術のみならず、人・組織・社会などの幅広い変革・革新)を重要なポイントにしていました。
f0081443_23393481.jpg
 (写真・冨田氏への質問が多く出された産業振興の分科会。山形グランドホテル)

# by shouichiro_sato | 2018-08-31 23:54 | 産業振興 | Comments(0)  

金農に県民栄誉章

 第100回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)で県勢として103年ぶりの決勝進出を果たすなど、全国的に秋田県や農業への注目度を高め、県内外の多くの皆さんに大きな勇気と感動を与えた県立金足農業高校野球部(団体)に、「秋田県県民栄誉章」が贈られることになりました。

 それにしても、今でも「金農フィーバー」が続いていますネ。テレビでは各局が全国放送で、金足農業ナインの甲子園での戦いや吉田投手の話題を連日放送中。学校への寄付も続いているとか。

 さらには、県内外のどこに行っても「秋田から来た」というと、「金足農業はすごい。良かったですネ」との挨拶が常套句となっています。一部の紙上には「金足農業は頑張った。今度は秋田の大人が頑張るべきだ」との論評が掲載されるなど、まだまだ金足農業高校のことが話題になりそうです。

# by shouichiro_sato | 2018-08-30 21:57 | 秋田県 | Comments(0)