人気ブログランキング |

知事と市長、蜜月関係は?

 8日に行われた知事の定例記者会見で、寺田典城知事が秋田市中央街区の再開発に関連した佐竹史料館の移転改築計画に難色を示し、「史料館は千秋公園の中にあるべき。街づくりは刺激的なことを進めたい」と述べたことが波紋を呼んでいるという。今朝の新聞では佐竹敬久秋田市長や経済関係者が「具体的な腹案があるなら早急に示してほしい」と、戸惑っている様子を紹介しています。

 秋田駅前のヨーカドー継続を願って東京の本社へ直訴したり、商店街にある県有地を無料駐車場として開放したいなど、県都の再開発に意欲的な寺田知事ですが、どうしたことか地元関係者(例えば有料駐車場経営者)や事業主体の市当局とは十分な意思疎通が無いままに、思いつきだけが先走ってしまう、いつもの強引な手法がでてきた感じです。

 ことしの2月には、県と秋田市、秋田商工会議所、準備組合の4者が中央街区の活性化に向けて事務連絡会議を開いたものの、その後の目立った動きが無かったといいますから、一体何をやってきているのでしょうか。県都にふさわしいどんな街づくりをするのかは、一部のトップの恣意的な思いで進めるのではなく、市民や県民の合意形成が重要であることを肝に銘じて、速急に県と市が足並みをそろえて取り組むべき課題です。

 昨年の知事選挙以来、蜜月ぶりが目立つ寺田知事と佐竹市長ですが、市民生活に直結する豪雪対策の遅れや街づくりのビジョンについては、まだまだすれ違いが多いようで、この先が心配です。もっとも、「9年前には知事選挙で戦った者同士。所詮はライバル?なのかも」という声も聞こえてきますが・・・・・・。

# by shouichiro_sato | 2006-05-10 08:42 | 秋田県 | Comments(0)  

春爛漫、ワクワクしてきます

 魁新報の朝刊1面には、仙北市角館町・桧内川堤の満開の桜の航空写真が掲載されていました。天候にも恵まれた連休にふさわしい企画で、新聞を手にして「すごい!」と、しばし立ったまま見入ってしまいました。桜前線も内陸部から県北部へ移動し、秋田もようやく春爛漫。車を走らせながら見る山々も、新芽が吹き出し、山桜の鮮やかなピンク色と調和して、気持ちがいい季節です。・・・・・いいですね、やっぱり春は。

 同紙の企画にはもう一つ、地域面に県内の隠れた桜の名所を紹介する「2006サクラ日記」があります。実は、私もやがては県内一、いや日本一になるのではないかと期待しているところが先日掲載されていました。それは由利本荘市・芋川(いもかわ)堤防の桜です。記憶にある方もいるでしょうが、平成10年8月の梅雨前線豪雨による災害を受け、平成14年までに全長約10kmの河川改修工事が行われました。それをきっかけにして、市民の皆さんが桜の植樹に着手。旧本荘市川口地区から旧大内町北福田地区までの堤防沿い9.9kmに2001本の桜が植えられているのです。その桜が咲き出したとありました。まだ若木ですが、10年、20年もするとすばらしい桜の回廊になると思います。まさしく「ヘリコプターで上空から見てみたい」と言われるくらいの名所になるでしょう。

 昭和のブルーメッセをはじめ西目のハーブ園、大潟の菜の花ロード、若美のチューリップ、千畑のラベンダー、山内の芝桜、小坂のアカシアなど等、県内では素敵な場所が増えてきました。花を見て怒ったりする人がいないように、どんな花でも心を癒してくれるものです。農林業が基幹産業の秋田県ですから、景観も大切な財産です。四季を通して県内各地にもっともっと花が咲く、そうしたプロジェクトを進めたいと思います。荒廃する休耕田の増加や過剰作付けで苦悩するより、綺麗な花園に変えましょう。

# by shouichiro_sato | 2006-05-04 17:25 | 秋田県 | Comments(1)  

新会長に山村巌(秋田市)さん

 4月29日、秋田市の県青少年交流センター・ユースパルにおいて「秋田、これでいい会?」の臨時総会が開催され、三浦会長をはじめとする幹部役員の交代がありました。昨年2月の知事選挙への出馬表明以来、当会のリーダーシップをとってきた役員の皆さんが交代することは、私にとって大変つらいことでしたが、「もっともっと修行して逞しくなれ」「これを機会に自立せよ」という叱咤激励と捉えて、新体制を作っていただきました。

 新会長には今まで副会長であった秋田市の山村巌さん、筆頭副会長には地域の支援組織を代表して湯沢市の菅義雄さん、会計責任者兼事務局長には秋田市の原徹さんが選出されました。また、副会長には土田・大潟後援会長と佐藤・羽後後援会長が追加されましたが、今後、地域の組織の代表者には当会の役員になっていただくようお願いしたいと思います。さらに世話人兼事務局として、にかほ市の佐々木芳郎さんにも手伝っていただくことになりました。秋田県の農業後継者・担い手育成のエキスパートだけに、心強いパートナーです。任期は平成20年1月31日までの残任期間ですが、引き続きご協力いただける役員の皆さんと一致団結して、会員の皆様の負託に応えていきたいと思います。

 総会では、「まだまだ先は長い。焦らずに一歩一歩着実に頑張れ」「活動の目標を定めて積極的にアッピールしていくべきだ」などという意見もいただきました。会員も拡大していますし、気持ちを入れ替えて県内行脚を再開したいと考えています。

 ところで、桜の便りも県内各地から届き、天気も回復して農作業も忙しくなるなど、県内全土が躍動してきた感じのする季節になりました。皆さんも「素晴しい秋田」再発見のために外へ出てみませんか。

# by shouichiro_sato | 2006-05-01 12:51 | 政治活動 | Comments(1)  

医師不足の中で思うこと

 町立羽後病院(佐藤眞院長)に入院している父の開腹手術が昨日行われ、無事に終了しました。81歳の高齢であり、呼吸器疾患の持病を持つ父ですが、一夜明けて麻酔から覚めてみると心配された呼吸障害もひどくなく、私も一安心。今日の医療技術の進歩に感激してしまいました。

 手術の前には、病気の状態や対処法について父や家族に丁寧な説明があり、納得した上での手術でしたので、安心して見守ることができました。また、終了後もその結果について詳しく報告がありましたので、医師をはじめ医療スタッフの皆さんとの信頼関係が一層深まるものを感じました。ベット数168床の規模の病院ですが、人気の秘密はここにあったのかと気がついた次第です。

 ところで、県内では公立病院をはじめ、それぞれの医療機関で深刻な医師不足が叫ばれています。さらには累積赤字が20億円を超える市民病院もあり、県民の命と健康を守るには医師の確保と経営の安定化は緊急の課題です。そんな中にあって、羽後病院は佐藤院長、西副院長を中心に医師団のチームワークもよく、若手の先生方ものびのびと頑張っています。10年前に改築して現在の姿になりましたが、経営も黒字を続けており、一昨年には優良自治体病院として総務大臣表彰を受賞しました。

 小規模の病院であっても他に先駆けて最新鋭マルチスライスCTや1・5TMRIなどの医療機器を導入し、先生方が積極的に利活用できるようにしていることや、毎年、一般会計からの経営支援を行い、町民の医療機関としての位置づけが確立していること。即ち、医療スタッフが安心して職務に専念できる環境にあることが医師の定着率にも結びついていると思われます。医療の現場は専門的な分野で、素人の第三者が物申すには抵抗がありますが、環境の整備については開設者である首長・経営陣の姿勢も問われていると思います。

 先日、某市長が県庁に知事を訪ね、市立病院への医師の派遣に協力要請したところ、「それは大学の問題でしょ」と一蹴にされたとか。医師不足で困っている病院の状況について、県は形式的な対策協議会の開催に終始することなく、知事自らが先頭に立って、積極的に行動する必要があります。

 そんなことを考えながら父の傍にいた一日でした。

# by shouichiro_sato | 2006-04-28 13:52 | 羽後町 | Comments(1)  

斉藤氏、大差で能代市長に当選

 昨日行われた能代市長選挙は、斉藤滋宣氏が大差で圧勝しました。昨年から県内で行われた平成の大合併で誕生した新市・町の首長選挙では、全てのところで中心の市か有権者の多かった町の現職が当選していただけに、斉藤氏のご健闘に心から敬意を表し、お祝いしたいと思います。

 かつては東洋一といわれた木都・能代市にとって、低迷する経済の再建や閉塞感からの脱却は喫緊の課題であり、斉藤氏の県議・参議院議員として培った経験や実績に期待する声が大きかったことでしょう。地元出身でないことや有権者の少ない旧二ツ井町に居住することで、選挙ではさまざまな批判中傷もあったでしょうが、一日も早く市民との融和を図り、市民の力を結集して新能代市の建設に邁進してほしいと願っています。得票数から見るかぎり、地域感情の対立もない結果ですので、市民の皆さんの一致協力したまちづくりを期待しています。

 同日、三種町では旧八竜町長の佐藤亮一氏、八峰町では旧八森町長の加藤和夫氏がそれぞれ当選し、これで合併で誕生した全ての市町のリーダーが決まりました。県内ではこれで69人から25人に首長は減ってしまいましたが、皆さんにはそれぞれの自治体はもとより、県民のリーダーとして連携して郷土秋田の発展に力を発揮されるよう、お願いいたします。

 ただ、「これほどの票差になるとは思わなかった」と、それぞれの候補者が述べていましたが、「選挙ばかりは開けてみるまでわからない」もの。勝者と敗者の経験がある私も、事実、結果が出るまではいつもハラハラ・ドキドキの連続でした。そして当選した時には相手候補へ寄せられた得票に耳を傾けること。敗れた時には相手の方に私へ投票してくれた人の声を無駄にしてほしくないと思ったものでした。何はともあれ候補者の皆さん、関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

# by shouichiro_sato | 2006-04-24 18:46 | 秋田県 | Comments(0)  

お葬式に参加して

 19日に地域の身近な親戚でお葬式がありました。普段から多くの人のお世話になっていますので、最後の別れであるお葬式にはできるだけ出席していますが、今回は親戚でもあり、入院中の父に代わって前日から役目を果たしてきました。

 私の住む農山村でも、今のお葬式は専門の業者に全てを依頼して行いますからずいぶん様変わりしてきました。我が家では30年ほど前に祖父母がなくなり、村の皆さんの協力で葬式を行った記憶があります。亡くなるとまず、大工や紙細工の職人が集まって棺や葬式道具の準備を始め、当日は午前中に村中の人達が墓地の準備と農作業の手伝い。そして午後の葬儀と野辺送り。もちろん土葬です。料理も手作りで、村にはそうした際の料理人と呼ばれるリーダーもおりました。

 それでも親戚や兄弟も多くいるうちは、みんなで協力し合って日々の生活の営みを次の時代に引き継いできていますが、これからはどうでしょう。独身も多ければ子供も少ない時代です。生涯を終えた時、そばにいてくれる人がいないと想像すると寂しくなってしまいます。平凡でも、家族があり、地域や周囲とのコミュニケーションがあり、いろいろな人たちとつながっていることが重要だと思いました。

 長寿社会の一方で少子化が進み、都市と地方の格差が拡大して過疎と過密が同時進行。地方の時代とか分権社会といわれても、現実は裏腹になっています。秋田県に住んでいるからこそ、利便性や効率性だけでは計れない「豊かさ」「ぬくもり」をもっともっとアッピールしていきたいと思ったお葬式でした。

# by shouichiro_sato | 2006-04-21 14:53 | 家族・仲間 | Comments(0)  

注目される首長選挙

 16日には仙北市と男鹿市の市議会議員選挙の投票が行われ、それぞれ24名の新議員が誕生しました。合併にともなう在任特例措置を経ての選挙ではあるものの、面積も大きくなり、有権者も増えたために、「先が見えない・読めない選挙」だと立候補した友人が語っていました。当選ラインはどのあたりか? 最高点はいくらになるのか? 有権者の少ない農村部は大丈夫か? など、開けてみるまでわからないというのが、各候補者の率直な気持ちだったようです。当選された皆さんには全ての立候補者に寄せられた市民の声を大切にして、新市の発展のため、今後のご活躍を期待したいと思います。

 一方、同日には能代市長選挙が告示され実力者同士の一騎打ちに。18日には新しい町、三種町と八峰町の町長選挙が告示されます。こちらも前町村長の全員が立候補を予定しており、大激戦の模様です。候補者の皆さんは、私自身も今までお世話になってきた人達ばかりだけに複雑な心境ですが、是非ともこの機会に、町づくりのビジョンについての主張を展開し、それぞれの町が一歩も二歩も前進するような選挙戦になるように祈っております。

 選挙は市民のエネルギーが発散する場でもあります。候補者にとっては無風状態を期待するのが本音でしょうが、市民が関心を持てるようにするのも候補者の役割と思えば、まだまだ勉強不足だと振り返っております。    

 昨年の今日、4月17日は知事選挙の投票日でした。 

# by shouichiro_sato | 2006-04-17 15:38 | 今日の出来事 | Comments(0)  

携帯電話はまだ通じません

 携帯電話は子供たちから大人まで日常生活の必需品になっていますが、県内でも利用できない地域がまだまだあります。山間部など地形的条件で電波の届かないところが大半。県全体の世帯カバー率は17年3月末で95.2%というものの、旧69市町村で90%を超えているところは47市町村しかなく、自宅で利用することができない県民も多くいます。実は我が家もその内の一世帯です。
 
 私の住む集落にとっても、若い人達からの最重点の要望事項として数年前から町に対して不通話地域解消を陳情してきた結果、ようやくこの3月末に町の事業として鉄塔整備工事が完成しました。ところが携帯電話はまだ利用できません。開通の見通しも立っていません。鉄塔はできても電話の中継局とを結ぶケーブル工事が行われていないのです。これには一同びっくりしてしまいました。なんでそうなるの?

 県の情報企画課に聞いたところ、意外なところに理由がありました。昨年は郵政改革をめぐって突然の衆議院解散・総選挙が行われ、事業の根拠となった電波法の改正が大幅に遅れてしまったため、事業者(NTT・KDDIなど)からの国庫補助手続きも遅れ、結局、そのしわ寄せがこの有様。解散前に事業申請していた町の事業は計画通り進んだものの、事業者が設置するケーブル工事は総選挙の影響で予定が狂ってしまったというのです。それも仕方ありません。

 しかし、一日も早い開通を待っていた若い人達には、なんともいえない行政への不満や政治不信が募ってしまいました。小さなことかもしれませんが、こうしたことが怖いのです。普段からの情報開示、説明がいかに大切か。役所と住民との温度差がないようにしなければと痛感した次第です。

# by shouichiro_sato | 2006-04-14 14:18 | 地域活動 | Comments(1)  

「平鹿総合病院」新築工事中

 母親に付き添って、横手市にある厚生連「平鹿総合病院」に行きました。勿論、秋田の県南部にとっては名実ともに中核となる拠点病院であり、多くの患者さんや関係者で混雑しています。

 よく見ていると、ほとんどの診療科において診察が終わったのが午後1時頃。休みなく続く患者さんを丁寧に、そしてテキパキと対応している医師や看護師の皆さんに感心してしまいました。当たり前といえばそれまでですが、医療行為や接遇に対する関心が高まっている時だけに、身近な所にこうした安心・信頼できる病院があることに嬉しくなりました。

 その平鹿総合病院の移転新築工事がいま行われています。現在の病院は駅前にありますが、車社会の現在ではもう限界。敷地も狭くて拡充の余地なし。新横手市の様々な施設が揃う市街地の西部に広大な用地を確保し、素晴らしい機能を持った新病院が建設されています。医療技術は卓越していても、狭い廊下や古くなった施設から感じる暗い雰囲気も、大きく改善されることでしょう。

 ところで、秋田市など県央地域では病院施設の整備は進んでいますが、県内を見ると北も南も内陸部との格差が一目瞭然です。民間の総合病院や県立病院の少ない本県にあっては、厚生連病院と市や町の公立病院が地域医療の要。積極的に施設整備を実施する必要があります。確かに病院といえども企業経営に変わりありませんが、秋田の医療事情からして、国には自治体病院へ、県には厚生連病院への財政支援を更に充実して、強力に推進することを望みます。

 鹿角、大館、北秋田、南秋田、大仙などの地域では一日も早い整備が必要と思いますが、地元の皆さんも声をもっと大きくし、訴えていきましょう。パワーがなければどんどん先送りされてしまいますよ。 

# by shouichiro_sato | 2006-04-10 18:35 | 秋田県 | Comments(0)  

横断歩道の白線が危険?

 桜前線も進んで、県内でも観桜会の新聞広告が目立ってきました。行きつ戻りつしながらも、いよいよ春本番です。

 羽後町の自宅と秋田の事務所の往来に、毎日利用している国道107号線と同7号線では、冬の間に傷んだ路面補修やセンターライン等の工事が盛んです。この時期はたぶん、県内各地でも同様の工事が行われていることでしょう。綺麗な路面に真っ白なラインはドライバーにとって気持ちの良いもの。「春がきたな~」と、嬉しくなってきます。

 そのライン引き工事についての意見が先日の魁新聞「読者の声」にありました。「横断歩道の幅広い白線は雪が降ると滑りやすくて危険だ。線の一部をカットしてはどうか。経費の節減にもなるのでは」というものです。なるほど、私にも経験があります。特に新雪があったりすると、あの厚く塗られた白線の上は滑るのです。塗られていない舗装面とは段差もあります。ご指摘のように、真ん中1メートルくらいはそのままにして、横断歩道すべてに塗らなくてもいいのではないか。車椅子を利用する場合でも便利ではないか、などと考えながら何度も読み返しました。

 施行基準などの法的な決まりなどあることでしょうが、より快適・安全なものにするために、いろいろな工夫はしてみるべきでしょう。実験・実証も必要です。特に幅の広い横断歩道や交差点から試してみることを提案したいと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-04-08 08:41 | 社会・話題 | Comments(0)