注目される新しい動き

 羽後町から秋田市に向かう最短ルート「広域農道」(通称・グリーンロード)を走っていて、大仙市協和小種地区にいつも気なっている建設中の施設がありました。それは、今春完成した「穀類乾燥調整施設・たねっこライスセンター」です。同地域では大規模な水田の基盤整備の後に大豆の集団栽培も実施されていましたから、どんな結果になったのか注目していました。

 25日付の秋田魁新報は、このほど小種地区のほぼ全域を網羅する農事組合法人「たねっこ」(工藤修代表理事、組合員124戸)の、「稔りの集い」が行われ、初年度の生産活動を振り返り、更なる飛躍を誓ったことを紹介しています。それによると、水田面積は何と260ヘクタールでコメと転作作物の無臭大豆「すずさやか」に取り組んだほか、ブロッコリーの試作も行ったとのこと。工藤代表は挨拶で「初年度だったが、コメも大豆も予想以上の収穫があり、ライスセンターの稼働率も100パーセントを超えた」と述べています。先ずは上々のスタートで、本当に良かったと思います。

 米価が低迷する中で生産調整も強化され、国の農政も大規模な認定農業者や集落営農へ支援が集中されようとしている時、まさにモデルケースとして関心が高まる取り組みですから、同法人の今後の発展を期待したいものです。以前から小種地区には「市民農園」が開設されたりして、県内でも先駆的な地域づくりをしていますので、今後が楽しみです。

 同紙の経済面には、秋田銀行が農林漁業金融公庫、JAかづの(鹿角市)とともに、抗生物質を使用しないで飼育している人気銘柄「桃豚」を生産する、ポークランドグループ(小坂町)の「ファームランド」(同)に、来年9月までに総額30億円を協調融資すると発表したことが掲載されています。今年4月に設立された「ファームランド」は「桃豚」の需要増に対応するために現在、豚舎9棟とふん尿処理施設3棟を建設中。同銀行や三者は経営や販売面での支援も協調して行うといいます。金融機関が農業事業に対して総合支援を共同で行うのは全国でも初めて。「農業県秋田」の強力なパートナーになることを期待しましょう。

 農家はもちろんですが、地域や関係者の英知を絞れば、農業も様々な展開が出来ることを教えてくれる新しい動きです。

# by shouichiro_sato | 2006-11-28 18:04 | 産業振興 | Comments(0)  

「美濃市」に行きました

 今日の仕事の現場は、岐阜市の宿舎から1時間ほどかかる美濃市の東海環状高速道路JCTです。久しぶりに美濃市の街に行きました。

 というのは、美濃市と秋田県羽後町とはご縁があり、私も仕事で何度か御邪魔しています。「美濃」は由緒ある古い地名であり、旧国名です。北は青森県の「陸奥市」、南は鹿児島県の「薩摩町」など、昭和61年には全国に旧国名を名のる市町村が36ヶ所ありました。そうした旧国名の市町村が集い、「全国伝統地名(旧国名)連絡会議」が同年11月、伊勢市(三重県)や摂津市(大阪府)の市長さんたちの呼びかけで発足しました。加盟市町村間の相互交流や特産品の紹介を通じて、地域のネットワークの確立を目指そうとしたものです。

 「羽後」も伝統ある旧国名であり、発足当初からのメンバーです。毎年一回、10月の体育の日前後に全国持ち回りで総会が開催され、前任者から引継いだ私も在任中は欠かさず参加していました。美濃市が担当の時には、「うだつの上がる町並み」や「美濃和紙の里会館」などを案内いただき、夜の懇親会では伝統芸能である「美濃流し仁輪加」を石川道政市長が自ら実演されたことを記憶しています。そして、15市での開催が一巡した次の年、平成13年には羽後町で総会を開いています。当然、美濃市の石川市長も出席され、西馬音内盆踊りを楽しんでいただきました。

 それから5年。平成の大合併や財政事情の悪化による事業の見直しなどで、同会議も構成団体が激減し、今年は20市町村になったとか。チョッと寂しい気持ちです。それぞれの自治体から学ぶことが大きかっただけに、効率的な財政執行ばかりが求められてこうした交流事業が少なくなってしまうとは残念な時代です。美濃市も辞退した模様です。

 しかし、美濃市を代表するお祭りである「美濃まつり」の主役、美濃和紙で飾られた満開のしだれ桜のような「花みこし」は、今年9月に能代市で開かれた「おなごりフェステバル」にゲスト出演しました。残念ながら私は能代に行くことはできませんでしたが、秋田との新たなご縁が始まったようで嬉しく思います。

 今度は休日にゆっくり美濃市を訪問し、石川市長さんともお会いしたいと思っています。

# by shouichiro_sato | 2006-11-27 21:22 | 出稼ぎ | Comments(0)  

呆れてしまった「タウンミーテイング」の運営

 今朝の新聞各紙は政府が主催した「教育改革タウンミーテイング」の経費の一部が25日、内閣府の資料で明らかになったと報道しています。それによると、過剰な運営スタッフが雇用され、その人数が100人以上で参加者の3割を越えていた所が、7回開催したの教育改革TMの内に3回もありました。

 人員配置の内訳では、340人が参加した静岡市の場合で警備員32人に受付30人、混乱防止のための会場整理員が24人もいたとか。 他会場でも、場内からの発言者にマイクを渡す係が12人、登壇する閣僚や有識者(3~4人程度)の送迎・誘導・連絡等の係に延べ34人から18人もおりました。例えば岐阜市のTMでは、閣僚ら4人の登壇者のために延べ25人が配置され、人件費は55万5000円だったとありました。教育改革TMの一回あたりの平均経費が約960万円と高くなるのは、こうしたカラクリがあったためと思われます。

 呆れてしまいました。何でこうなるのでしょう。

 それは、政府主催とはいうものの、大手広告代理店と事業の請負契約を結んで運営の全てを丸投げしているからです。ですから、開催に必要と思われる人員をゼロから積み上げて積算し、地方自治体などから見ると考えられない事業経費になっているのでした。国が地方で国民の声を聞くとすれば、地方の自治体と連携して開催準備をすればいいと思いますが、「多額の無駄遣い」と思われる費用は大手の広告代理店に支払い、地方自治体には参加者の動員や「やらせ質問」を依頼するという、呆れた行為が行われていたのです。それが前小泉内閣の看板事業だったとすれば、国民も馬鹿にされてしまったものです。

 そもそも、国民の意見を聞く事業を大手広告代理店に請け負わせるという発想自体が問題です。「やらせ発言」は教育改革TMだけではなく、国土交通省などが所管する他のテーマでもあったようですし、この際、政府のTM調査委員会には徹底的に実態を調べてもらいたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-11-26 16:43 | 国政・時事 | Comments(0)  

全県で250人?ですか

 25日、秋田県青少年交流センター「ユースパル」で、県連合青年会(会長・田口隆浩さん)の結成60周年と県青年会館建設35周年を祝う式典が開かれました。 

 「さきがけ on The Web」によると、「出席した会員やOBら130人は、60年の歩みを振り返るとともに今後の一層の飛躍を誓った」とあります。しかし、驚いたのは現在の青年会の状況についてです。田口会長は挨拶の中で、「県内の青年団は現在12団体、250人と厳しい状況にある」と述べていたからです。

 かつての「県連合青年会」といえば、会員は1万人を超えた県内青年団体の最大組織であり、県政はもとより社会活動にも大きな影響力をもっていました。地域のリーダーもほとんどが青年会OBであり、憧れの存在でした。それが今日、全県の会員が250人です。いくら少子化の時代とはいえ、趣味やサークル活動(殆どは年配の方が多いと言う声もあります)は活発でも、これ程までに地域を拠点とした青年活動が低迷しているとは、驚きを隠せません。

 何故なのでしょうか。個人主義の思想が主流になり、地域の連携とか仲間づくりといった考え方が置き去りにされているとしか思われません。もちろん、地域活動が無くても職場でのつながり等で人間形成の場はあるかも知れませんが、最近は労働組合活動に参加する人も減っているそうですから、心配です。それだけ自分だけで生きていけるような、恵まれた世の中になったのでしょうか。

 「貧しく、厳しい時代」はお互いが力を合わせて頑張ろうと努力したのに、「自分がよければどうでもいい時代」になったとすれば、由由しき問題です。大規模災害や企業倒産の憂き目に遭わなければ、「連帯」することの大切さに気がつかないようではいけません。青年会だけではありませんが、誰でも何らかの組織の構成員として自己研鑽に努め、社会に果す役割を持っていることは重要だと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-11-25 23:05 | 秋田県 | Comments(1)  

危うし、「地方自治」

 「補助金は基本的な行政サービスを全国一律に確保するために必要な制度だとしても、地方交付税はまったく不要かつ有害である。本来、直ちに廃止すべきだろう。」と、24日付の毎日新聞・経済面のコラム「経済観測」は書いています。さらに続けて、「地方交付税を廃止し、それに見合う税源を総体として地方に移譲することこそ、正しい地方自治をもたらすものだ。」「与えられた税源を投資誘導や技術革新などに使って地域経済の涵養を図ることなく、自助努力の要らない地方交付税に依存しようというのは、たかり根性にほかならない。」と、厳しく指摘しています。

 確かに、真の地方分権を進めていくには財政基盤の確立は重要課題です。地方の経済を涵養して自治体として自立できる産業構造にしていくことは、政治家なら誰もが望むことでしょう。しかし、現実はそれぞれの自治体が置かれている地理的条件や自然環境、インフラ整備の状況などには大きな違いがあり、職場が多く人口が集積している都市周辺と人口減少が著しい地方に同等の対応を求めることは不可能です。

 高速交通体系の整備や情報通信技術の発達は、国土の均衡ある発展に威力を発揮するものと期待しましたが、人、物、金の一極集中は加速するばかり。過疎と過密の課題も拡大する一方です。最近では自動車、電機などの一部大手企業の地方展開も進んでいるものの、地域格差は存在しますから、今一度、国は地方振興の政策を掲げる必要があります。何故ならば、首都移転構想などに見られたように地方重視の政治が動き出したころ、バブルが崩壊して経済成長が止まり、地価や株が大幅に下落。国家財政も危機的状況ですから、「金融再生」「都市再生」政策が最優先された政治が今日の状況をつくり出していると思うからです。

 結果、経済は持ち直して税収も増えてきた反面、「格差社会」という言葉に代表されるように地域や所得のバランスが崩れてきたことも事実です。それをあたかも「地方は何も努力していない」と言われては納得できません。北海道夕張市の財政再建団体問題や相次ぐ知事の汚職事件を機会に、地方には無駄遣いが多いとして「地方交付税」廃止論が大きくなるとすれば、さらに「地方自治」は危うくなってくるでしょう。

 今日、首相官邸では政府主催の「全国知事会議」が開かれました。安倍総理は何を主張し、また不祥事続きの知事会側はどんな意見を述べたのか、注目されます。 

# by shouichiro_sato | 2006-11-24 20:06 | 国政・時事 | Comments(0)  

国民の祝日・勤労感謝の日

 今日は「勤労感謝の日」、国民の祝日です。

 しかし、私は夜勤明け。国道21号線の舗装改修工事は交通規制を伴うので、連日夜間に行われており、昨夜も午後8時過ぎに出勤。夜10時の規制開始前に工事看板などの設置を終え、規制解除をする朝6時前に全て終了する日程ですから、宿舎へは朝帰りです。 暦の上では祝日でも、「会社カレンダー」に基づいて仕事が組まれるため、今夜の勤務が休みとなる勤労感謝の日です。

 そういう訳で、朝に作業服などを洗濯機に入れてスイッチオン。夜勤の基本的な生活パターンとなっている、朝食に「アサヒ本生」缶を一本いただいて、早めの朝風呂、朝寝となりました。もっとも私は明日の日中に仕事があって、そのまま夜勤の可能性(雨天時は中止)もあり、平日に挟まれた祝日の過ごし方には難しい一面があります。午後4時頃目覚めて、「さて、どうしよう」と思案していたところ、秋田から嬉しいものが送られてきていました。

 郷土の新聞「秋田魁新報」です。差出人は(財)秋田県ふるさと定住機構出稼後援室(どうして役所はこうも固苦しい長い名前をつけるのでしょう。それはまた別問題として)。秋田を出発するときに羽後町役場に就労の届けを出し、「県出稼ぎ互助会」に入会してきましたので、宿舎の皆でふるさとの新聞を申し込みました。それが昨日から、秋田魁新報本荘南販売所よりの郵送で配達が始まったのです。

 毎日の秋田のニュースはインターネット配信の「さきがけ on The Web」や全国紙の秋田版ページで確認していましたが、(2日遅れでも)遥々郵送されてきた見慣れた新聞にはどこか懐かしい想いがあり、今夜は隅々までしっかり読ませてもらいます。情報満載の新聞は生活の必需品ですから、勤労感謝の日にありがたいプレゼントです。

 北日本は大荒れ、冬型の天気になる予報でしたが、皆さんにはどんな祝日でしたか?。

# by shouichiro_sato | 2006-11-23 17:32 | 出稼ぎ | Comments(0)  

「いい夫婦の日」

 11月22日は、「いい夫婦の日」だそうです。数字をそのまま読むとそうなりますが、実際は「ゆとりある生活や生きていくことの意味を、夫婦という単位から見つめよう」という日とか。何処の誰が決めたかは別として、夫婦でゆっくりお互いの存在に感謝する日にしましょう。

 ほとんどの夫婦は、お互いが全く違う人生を歩んでいる中で偶然に出会い、新しい家庭を築いていきます。そこには、相手を尊重する思いやりと感謝の心がなくてはいけません。それぞれの夫婦の形は千差万別でも、一人よりは二人で力を合わせれば苦労も半分、喜びは倍増するはずですから、ありがたい存在だと思います。

 しかしながら、結婚しない人が増えると同時に晩婚化も進み、定年後の熟年離婚の増加も懸念されている昨今です。今朝の岐阜新聞は、「県内の昨年の結婚はおよそ15000組。しかし、離婚も3500組あった」と紹介しています。たぶん全国的にもこうした比率でしょうから、「いい夫婦の日」として家族団らんの時間を持てる夫婦はどの位なのか、気になります。

 私は11年ぶりに単身赴任の身。かつて町の仕事をしていたときには、自分の家に住んでいても夕食を共にする機会も少なく、妻から見れば夫の役目も不十分だったかもしれません。しかし、離れて暮らしてみるとお互いの存在感が増してきて、「一人でなくて良かった」と実感する毎日です。

 21日に内閣府が発表した、65歳以上の高齢者の生活実態に関する意識調査では、一人暮らしの男性のうち「近所付き合いがない」とした人が24.3%おりました。女性(7.1%)の3倍です。様々な事情で一人暮らしをしている場合でも、隣近所とのコミュニケーションを大切にし、せめて心にはパートナーを持ち続けてほしいものだと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-11-22 18:02 | 出稼ぎ | Comments(0)  

「ギバちゃんの部屋」がオープン

 映画やテレビで大活躍している俳優、柳葉敏郎さん(大仙市出身・45歳)の展示室「ギバちゃんの部屋」が、同市刈和野にある「西仙北ぬく森温泉・ゆめりあ」に18日、オープンしたと聞きました。柳葉さんが出演して大ヒットした映画の写真や衣装、日本アカデミー賞助演男優賞などを受賞したときの賞状、トロフィー、秋田で過ごしていた頃の写真等を展示しているとのことです。

 柳葉さんは旧西仙北町の農家の生まれで、小中学校・高校時代を地元で過ごして上京。芸能界入りしてからは、特に平成の時代になってトレンデイドラマからシリアスなものまで幅広く出演し、フジテレビ「踊る大捜査線」の室井慎次役で広く国民に知られる俳優となりました。

 今年春、お嬢さんの小学校入学を機会に故郷の同市刈和野に住居を移し、現在は仕事のたびに秋田から東京や大阪に出かけているとのことですから、同じ秋田県人として嬉しくなってしまいます。そういえば、9月の角館のお祭りでも、地元の皆さんや多くの観光客に囲まれている法被姿の柳葉さんがいたと、友人は教えてくれました。

 秋田県出身で活躍している人は多くいても、地元に紹介する施設がある人はあまり知りません。しかし、三冠王の記録を持つプロ野球中日ドラゴンズの落合博満監督(男鹿市出身)は、和歌山県太地町に「落合博満野球記念館」があります。また、演歌の人気歌手、藤あや子さんは山梨県の八ヶ岳高原に今年5月、「Gallery 彩」を開設し、自身の製作した陶器や絵画を展示するなどしていますから、この度の「ゆめりあ」の企画申出に快く協力してくれた柳葉さんに、私も感謝したいと思います。

 秋田へ帰ったときの楽しみが、また一つ増えました。

# by shouichiro_sato | 2006-11-21 18:05 | 秋田県 | Comments(1)  

「あきたこまち」と「ハタハタ」

 日曜日は宿舎の食堂が休みのため、徳山ダムからの帰りに同僚と近くのスーパーに買出しに行ってきました。岐阜市内でも中堅の店で、多くの家族連れで賑わっています。

 私はスーパーに行くと必ず食品売り場、特に野菜や魚、肉などのコーナーを見て回ります。「新米入荷中」の張り紙に目が留まったのでお米の売り場に行くと、なんと「あきたこまち」がありました。それも、全農秋田精米センター(秋田市寺内)で産地精米した新米です。よく見ると、そこに山積みされているのは地元の岐阜県産「ハツシモ」と我が秋田県の「あきたこまち」だけ。何となく嬉しくなり、5kgと10kgの袋を取って何度も確認してしまいました。「あきたこまち」の袋には消費者へのプレゼントとして、「劇団四季」の観劇券などが当たるシールも付いていて、販売促進活動もバッチリの様子です。

 「もしかしたら、ハタハタもあるかもしれない」と思ったのは秋田県人だからでしょう。鮮魚コーナーを探すと、冷凍物がありました。野菜でも果実でも、魚でも肉でも地域差などなくなっているんですね。全国の食材が何処でも手に入るのですから、流通業界の進歩は素晴らしいものです。

 同店の年末商戦のカタログを見れば、全国の食べ物や名物が満載されています。しかし、秋田県産の品物は少なく、残念です。優れた食材は豊富にあるのですから、商品化する知恵と販促技術(売り込み)を開発しましょう。しっかりした商品で流通ルートに乗ることができれば、すぐにも全国展開が可能な時代ですが、「きりたんぽセット」や「稲庭うどん」などの商品しか紹介されていませんでした。

 ところで、秋田の初冬といえば「季節ハタハタ」。このところは高級食材になってしまった感じですが、もうそろそろでしょうか。今では年中売られているものの、やっぱりこれからの生ものがいいですね。岐阜でも店頭にでるかしら?。

# by shouichiro_sato | 2006-11-20 18:03 | 出稼ぎ | Comments(0)  

まもなく水没、「徳山村」

 「徳山村」は岐阜県の北西部、揖斐川の最上流にあった村。1957年に調査が始まった多目的の徳山ダムの建設により、1987年4月には全ての家屋が移転して無人となり、この秋からいよいよ水を溜める試験が始まっています。最後の住民は466戸、1583人でした。

 日曜日の19日、紅葉前線も中部地方に来ていると聞きましたから、宿舎から片道1時間30分にある紅葉の名所、揖斐川渓谷と徳山ダムの建設地まで行ってきました。ダム本体を過ぎて旧徳山村に入ると、20年前に移転を完了した集落の面影はなく、水没間じかの橋や道路だけがありました。全山紅葉の冠山(標高1200メートル、国道417号線は行止まりで、その先は工事中)の途中には猿が道端にいたりして、かつてここに人々の暮らしがあったとは想像できない状況です。

 終点からの帰り道に揖斐川町藤崎(徳山村が無人になってから合併した村)にある、「徳山民俗資料収蔵庫」に立ち寄りました。徳山村は、ブナやミズナラ、トチノキ、ケヤキなどの巨樹の生い茂る樹林に囲まれ、そこで営まれる山村の生活の具体相を知ることができる日本の最西端。伝統的な生活様式を解き明かすために、欠かせない地域として早くから注目され、学術的にも重要視されていたのです。同収蔵庫には、長い間に培われてきた山樵や木地屋用具、農具、紡織用具、紙すき、養蚕、狩猟、漁撈、衣生活・食生活、信仰・儀礼等の道具が保存されており、5890点もの「徳山の山村生産用具」は、国の重要有形民族文化財に登録されていました。

 それらの資料を見ると、「人間とは逞しいものだ。生活の知恵の結晶だ」と感動してしまいます。今日の私達の生活も、こうした先祖のたゆまぬ努力があってこそあるのだと、訴えてくるものがあり、自然の恵みと共生してきた当時の人達の姿が目に浮かんできました。

 世の中はさらに変化していきます。果たして、これからの私達にはそうした逞しさがあるでしょうか。人間の知恵は無限かもしれませんが、「逞しく生きるため」には水没する徳山村の歴史を後世に伝える責任があると考えた、一日でした。 

# by shouichiro_sato | 2006-11-19 19:26 | 出稼ぎ | Comments(0)