再び、「酒工楽・福乃友」

 先日、「秋田、これでいい会?」事務局スタッフである阿部則夫さん(羽後町)と一緒に秋田市へ出かけ、久しぶりに国道13号を利用した帰り道に(大仙市神宮寺で)思い出したのが「酒工楽(さかぐら)・福乃友」。2004年11月にリニュアールオープンした酒蔵と展示・交流スペースに感激した昨年9月の体験が忘れられず、阿部さんにも紹介しようと寄り道してみました。

 玄関先を覘くと、「あ!、西馬音内盆踊りのポスターがある」。ワクワクしながら帳場(事務室)前から土間の通りを進むと、蔵の前の座敷には「西馬音内盆踊り」で使われる見事な端縫い衣装等が飾られています。蔵の中ではドレスなどの洋服の展示も行なわれており、まるで博物館のような雰囲気。この企画は、福乃友酒造㈱の社長と友人の皆さんによるもので、西馬音内からは和の器と西馬音内盆踊りグッツの店である「花押(かおう)」の代表、阿部恭子さんが協力していました。f0081443_21492130.jpg (写真・盆踊り衣装で案内してくれた阿部さん)

 酒蔵見学といえばお酒の製造工程を見て試飲するのが定番ですが、これから秋までは酒造りの作業はお休みだけに、施設を開放して楽しんでもらおうというのでしょう。見事な庭を眺めることができる立派な座敷に上がって、仕込み水で入れたコーヒー(400円)もいただきました。日曜の午後3時過ぎなのに、多くの女性のお客さんが見えています。お酒の好きな方には試飲コーナーもあり、秋田の伝統や文化にも触れることができる広域的な企画に、嬉しくなった次第です。同地区にある「道の駅」では「西馬音内盆踊り」の記念品なども販売されており、地域が連携して「秋田の魅力情報」を発信する効果は高いことでしょう。

 尚、「酒工楽・福乃友」の次の企画は6月13日から7月16日までの間、人気沸騰中のイラストレーター・つなしまかすみさん(大仙市在住)の展示会が開かれる予定です。 

# by shouichiro_sato | 2007-06-04 22:28 | 産業振興 | Comments(0)  

目指すは東北代表でインターハイ

 この週末は県高校総合体育大会が開かれ、各地で佐賀インターハイ予選を兼ねた東北大会への出場を目指して、高校生達の熱戦が展開されています。ホッケーは2日、羽後町多目的運動広場で由利工業、男鹿海洋、羽後の3校が参加して男子の競技が行なわれ、国体強化指定校である羽後が他チームを圧倒して優勝しました。(写真・10連覇を報じる秋田魁新報の3日付朝刊)f0081443_1871017.jpg

 競技が終わってからの午後5時。西馬音内の巨福会館に会場を移動して、羽後高校ホッケー部保護者会が主催する「東北大会激励会」が開かれ、私も県ホッケー協会会長として駆けつけました。瀧澤正佳・保護者会会長が「県内唯一の人工芝コートと素晴らしい監督やコーチ、指導者に恵まれ、これだけの環境で練習しているのだから、勝って当たり前。東北代表になってインターハイに出場することが、秋の国体にもつながる。もっと闘志をむき出しにして頑張れ」と開会の挨拶。羽後高校の青山清校長先生も「皆さんがインターハイに行く予算は確保してある。是非とも頑張ってほしい」と、生徒を激励しました。

 東北大会は6月15日から福島県棚倉町で行われ、羽後高校は男子と女子(県内に女子チームは1校しかなく、県大会は開催されません)のチームが出場します。東北地区のインターハイ出場枠は男子3校、女子2校。国体に向けて着実に競技力が向上しているだけに、「今年こそ14年ぶりにインターハイ出場へ」という夢が大きくなっています。f0081443_1816272.jpg 
 
 激励会ではさらに、熊林孝・高橋雅美両監督や白鳥祐治・藤原亜希子コーチ、瀧澤友浩・男子主将、宮田舞・女子主将が「インターハイに行きたい。残された2週間はホッケーのことだけに集中して頑張っていきたい」と、力強く決意を表明しました。中締めは県ホッケー協会の藤原要司理事長の発声で、参加者全員が「勝つぞ!勝つぞ!勝つぞ!」の大コールでした。(写真・理事長を真ん中に、監督・コーチ・主将が拳を突き上げました) 

# by shouichiro_sato | 2007-06-03 18:34 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

金田参議院議員の事務所開き

 参議院議員選挙まであと50日余。現職の金田勝年議員の事務所開きが今日の午前11時から、秋田市で行なわれました。

 選挙本番に備えた新しい後援会事務所(公示後は選挙事務所になります)は・・・・・・・
〒010-0964 秋田市鰌沼10番35号。(秋田市の山王十字路から土崎方面に向かって約1キロ。秋田自動車学校の隣接地です) 電話番号は、018-865-0080。 FAX番号は、018-864-7736。

 
 事務所開きでは最初に神事が行われ、玉串奉奠は金田議員夫妻、津谷永光・自民党県連会長、二田孝治・衆議院議員、御法川信英・衆議院議員、村岡敏英さん、野呂田芳成衆議院議員の奥様、大野忠右エ門・県議会議長、渡邊靖彦・県商工会議所連合会長、渋川喜一・県農協5連会長、佐竹敬久・県市長会会長、斎藤正寧・県町村会会長、斎藤弘子・自民党県連女性部会長の皆さん。県内各地から参集した300人以上の支援団体の代表者などで会場は熱気ムンムン。いよいよ臨戦態勢になる意気込みが感じられ、金田さんも気合の入ったご挨拶をされました。(写真) f0081443_2227349.jpg

 県議会議員選挙のあとだけに、勢力を拡大した自民党の議員団が結集していたのは当然ですが、県議会では寺田知事の与党会派に所属する穂積志県議や瀬田川栄一県議(共に秋田市)、中田潤県議(能代市)、それに東海林洋県議(湯沢市)らも出席しており、会場はなごやかな雰囲気のなかにも、緊張感が漂っている事務所開きでした。

 金田さんは決意表明の中で、「政治には強さと優しさが必要だ」と強調し、中央と地方や大企業と中小企業の格差が拡がる中、地方の声を届けて国政に反映させる代弁者として頑張りたいと力説しておりました。是非とも頑張ってもらいたいと思っています。私はもちろん、「秋田、これでいい会?」も全力を挙げて金田さんの必勝のために頑張ります。

# by shouichiro_sato | 2007-06-02 22:28 | 政治活動 | Comments(0)  

土砂崩れ

 昨年末の12月30日未明、由利本荘市山内の市道「山内畑村線」で大規模な土砂崩れが発生しました。同線は旧国道107号の一部で、市道の南側斜面が高さ50mほどの所から幅100mにわたって崩落。旧国道のアスファルト路面も道路脇を流れる石沢川に押し出されてしまいました。幸いにも同区間は道路改良工事が完了して立派なトンネルと橋梁で結ばれており、普段の通行はほとんどなく、旧矢島町の国道108号で起きたような惨事は免れました。

 それから5ヶ月。まだ復旧の見通しは立っていませんが、周囲の山々の緑が濃くなるごとに災害の恐ろしさが浮き上がってくるようで、あらためて自然の猛威に身が縮む思いです。(写真・由利本荘市山内の土砂崩れ現場。左は国道107号の銀河トンネル。下が石沢川。旧国道は川沿いにあり、大量の土砂に覆われて崩壊しました)
f0081443_214096.jpg


 そういえば今年の2月17日には、宮城県大崎市鳴子温泉の国道108号で土砂崩れが発生して国道が「全面通行止め」となったため、同市鬼首地区が孤立したニュースがありました。こちらは鳴子と秋田県湯沢市を結ぶ大動脈。仮設道路の整備が突貫工事で行なわれ、大型連休前には(45日ぶりに)開通しています。しかし鬼首や(秋田県側の)秋の宮地域の温泉やスキー場は大きな打撃を受けました。

 私も先月、東北ホッケー協会の総会が宮城県であったために同路線を利用しましたが、「どうしてこんな所が崩れるの?」と思われるような現場でした。 「安全・安心な国土づくり」が進んでいるとはいっても、まだまだ油断はできません。道路管理の担当者も、危険防止のための調査・点検に一層の努力をしていただきたいものです。
 
 沖縄・奄美地方に続いて、きょうは九州南部も梅雨入り。大雨や土砂災害、台風、地震などに備えて、心構えだけはしっかり持ちたい日本列島です。 

# by shouichiro_sato | 2007-06-01 22:19 | 社会・話題 | Comments(1)  

秋田県の人口、78万人に

 厚生労働省は29日、今から28年後の2035年の「都道府県別将来推計人口」を発表しました。それによると秋田県の人口は、05年に114万6千人だったものが35年には78万3千人に減少し、その減少率31.7%は全国で最も高いとか。そのうえ65歳以上の老年人口割合も、05年は26.9%で島根県に次いで2位ですが、35年には41%になり1位。さらに75歳以上の後期老年人口割合も26.8%になり、4人に1人が75歳以上になるという著しい高齢化の時代が予想されています。(写真・全国で唯一、人口が3割以上も減少。秋田魁新報より)f0081443_2219276.jpg 

 全国的に見ると全47都道府県で人口減少社会になるものの、東京などの南関東4都県への一極集中が進み、地域の格差が拡大する方向にあります。今でさえ県勢が落ち込んでいるのに将来予測が全国ワースト1だとすれば、さらに元気を失ってしまいそうな状況ですから、今こそ県民の英知を結集させて方策を探るべき時でありましょう。

 県の総人口が減り、高齢者が多くなって15歳から65歳未満の生産年齢人口(05年で総人口の60.6%。全国の46位)がさらに減少してくれば、生産や経済活動が低下し、一方で医療や福祉などの社会保障費が増えてくることになります。もちろん自治体財政への影響も避けられません。それだけに、先を見通した政策がますます重要になってきます。若者が定住でき、さらに県外からも人を呼び込めるような雇用の創出。高齢者が安心して暮らせる環境づくり。豊かな自然を活かした生活基盤の整備など、ハンデーを逆手に取った「秋田の国づくり」が必要です。 

 ところで、「あきた100の指標」(平成19年度版)にみる全国の中の秋田県は、農家世帯比率(1位)18.3%。持ち家比率(2位)78.0%。清酒消費量(2位)成人1人当たり13.6㍑。がん死亡率(1位)人口10万人当たり337.8。人口増減率(47位)▲0.93%。婚姻率(47位)人口千人あたり4.3。一人当たり県民所得(41位)平成15年度234.3万円。製造業従事者一人当たり製造品出荷額(47位)平成16年1830万円と、明暗がはっきりしています。課題が浮き彫りになっているのですから、政策も絞り込んでいくべきでしょう。

# by shouichiro_sato | 2007-05-31 22:06 | 秋田県 | Comments(0)  

世間ばなし

 今夜は仲間と一献かわしましたが、お酒に任せて素直な話を聞くことができました。

 最近の秋田県のニュースは悪化する財政状況を反映した「厳しい」ものばかり。それでも昨日、寺田知事が公表したJR秋田駅の東西を結ぶ自動車専用道路「秋田中央道路」が、秋田わか杉国体本大会前の9月15日に開通することで、「便利になるから良かった」という声がある一方、「これだけの投資が必要だったのか」という意見に話題が集まりました。

 総延長は2550メートル、片側1車線のトンネル工事は平成12年度に着工し、今までかかった総事業費は686億円。1メートルあたりの工事費は何と2700万円にもなっています。

 さらに、無理に事業を推進してきた県当局への批判も多く聞かれました。ある人曰く、「この際、中央道路を利用する方から通行料金を徴収したほうがいいのではないか」という意見までありました。子育て教育新税に理解を求めるのも県当局の仕事でしょうが、厳しい財政の中でこれだけの投資をしているのですから「利便性が向上する自動車専用道路の利用者にも、応分の負担をしてもらいたい」という声には共鳴するものがあります。

 秋田中央道路の東西の入口に「100円」でもいいですから、ご協力いただけるような「ゲート」を設置したらいいかも知れません。

# by shouichiro_sato | 2007-05-31 00:09 | 秋田県 | Comments(2)  

村岡敏英さんを囲んで

 今夜6時30分から羽後町仙道地区にある高瀬ケアセンターで、村岡敏英さんを囲む懇親会が開かれ、出席してきました。村岡さんは昨年の衆議院議員選挙に秋田3区から無所属で立候補しましたが、自民党の現職・御法川信英さんや民主党公認の京野公子さんに破れ、現在は浪人中。次回の衆院選で雪辱を果たすべく、精力的に地域活動を展開中です。(写真・挨拶をする村岡さん。隣りは佐藤安治・村岡敏英羽後町後援会会長)f0081443_22533895.jpg

 村岡さんは冒頭、衆院選後の政治姿勢について説明し、「保守系無所属であり、民主党への鞍替えなどは考えたこともない。20年前に自分の仲人を務めてもらった小沢さん(民主党党首)から参院選への協力を要請されたが、断った。むしろ自民党の幹部の方から(一緒に汗を流そうと)誘いを受け、復党することを決意した」と、昨年以降に話題になった政党問題の背景を明らかにしました。

 中央一極集中による格差の拡大や低迷する秋田県の産業構造を改革するために、幅広い人脈とネットワークを活用して「秋田の元気を取り戻したい」と熱っぽく語る村岡さんに、集まった皆さんもうなづいていました。

 ところで国会は、5000万件もの年金納付記録が残っていない問題が発覚して混迷を深めている中で、「政治とカネ」の問題でムリな言い訳を繰り返していた松岡利勝農林水産大臣が、昨日の昼過ぎに議員宿舎で首吊り自殺したことを受け、29日に予定していた社会保険庁改革関連法案の衆院本会議での採決を延期しました。順風満帆に見えた安倍政権も、ここにきて風雲急転の心配もあります。仮に「年金時効撤廃特例法案」を与党が提案し、数の力でこの難局を乗り切ろうとしても、国民が納得する解決策となるのか全く不透明です。

 国会終盤に来て急浮上した年金問題は国民のもっとも関心の高いテーマだけに、対応を誤れば参院選での自民党の苦戦は必至。もしかしたら、ドサクサ紛れの衆参同時選挙も否定できない状況になるのではないか(私の勝手な憶測です)、などと思ったひと時でした。それだけに、次代を担う村岡さんには頑張ってもらいたいと思っています。

# by shouichiro_sato | 2007-05-29 23:46 | 政治活動 | Comments(0)  

「子育て税」、社民党県連が反対決議

 寺田県政の与党である社民党秋田県連(山本喜代宏代表)は27日、秋田市で定期大会を開き、県が導入を目指している「子育て教育税」について反対する決議を採択したと、今朝の秋田魁新報は伝えています。 (写真)f0081443_052893.jpg

 社民党では今まで、「少子高齢化問題については国が対策を示すべきだ」という方針で一貫しており、県議選前の公約でも「県独自の新税創設には反対」の姿勢を明確にしていました。その流れからすると当然ともいえる決議ですが、県当局も本格的な県民アンケート(無作為に抽出した4000人が対象)を準備して9月議会での提案を模索している時期だけに、改めて反対の意思表示がなされたことは今後の進め方にも大きな影響がありそうです。寺田知事はきょうの定例記者会見で社民党の対応について質問されると、「議論する前に門前払いするもので、拙速すぎる」と不快感を表しました。

 県庁の食糧費問題が県民の批判を浴び、佐々木知事が任期半ばで辞職した平成9年の知事選挙に、民主・社民両党、連合などの支援を得て横手市長から果敢に立候補したのが寺田氏。自民党は問題の核心にあった県総務部次長の佐竹氏を擁立。県民は民間の経営感覚を持った清新な寺田氏に県政を託しました。以来、社民党は県政与党の中核政党として寺田氏を支えてきましたが、寺田氏が再選された2期目以降は、本来の社民党の姿勢からすると抵抗するだろうと思われてきた政策などについて反対できず、県財政の悪化や県勢の衰退を許してきた感じがあります。

 社民党や同党県議団が県政与党と自負しても、3選後の寺田知事は子育て教育税導入ばかりか、県職員の給与5%カットを突然に表明するなど、自治労や連合を支持基盤とする社民党のメンツを丸潰しにする政策を発表していますから、大変な事態です。佐々木長秀県議(同会派会長)は定期大会での県議団活動報告の中で、「これからの推移いかんでは、重大な決意をしなければいけないのではないか」と述べたようですが、そうした決断は遅すぎました。(2年前の)知事選挙前に気づくべきでした。

 政党政治である国政の流れをうけて、最近では与党の自民・公明と民主・社民などの野党が対峙する構図が地方政治にまで蔓延っていますが、県民生活に密着している県政にあっては中央政治に翻弄されずに県民の視点で行動してもらいたいものです。戦後の平和国家・日本の国づくり、政治に大きく貢献してきた旧社会党の純粋な精神を忘れることなく、「庶民や労働者の立場で頑張ってもらいたい」と期待している県民は多いはずです。それ故に、権力に寄り添う必要もないし、正々堂々と政策論争を展開してほしいと思います。 

# by shouichiro_sato | 2007-05-28 21:51 | 秋田県 | Comments(0)  

光化学スモッグ

 「光化学スモッグ」という言葉を聞いたのは相当前のことだと思っていたら、きょう福岡県北九州市で「光化学スモッグ注意報」が発令され、市内の85の小学校で予定されていた運動会が中止になりました。北九州市では、4月26日と5月8日、同9日にも光化学スモッグ注意報が発令されています。

 振り返ってみるに、大規模なコンビナート開発が進んだ1970年代に目や喉の痛みを訴える人が多くなり、健康に悪影響をあたえる大気汚染として大きな問題になりました。そうした反省から大気汚染の防止対策が講じられ、日本では発生しない公害だと思っていました。しかし最近は、そうした工業地帯でもない九州北部などで被害が出てきました。その原因は工業開発が進み経済発展が著しいのに、「大気汚染への法的規制が進んでいない中国にある」というのが、専門家の一致した見方です。

 一方、一昨日から日本にやってきた「黄砂」も迷惑なこと。外に置いた車は泥がついたようになり、雨が降って流れると思いきや、さらに汚れてしまうほどでした。 (写真・自家用車にも黄砂の跡が残っています)f0081443_2330738.jpg

 この黄砂も、元をただせば遠く中国大陸から飛んできた土の微粒子。日本各地で視界が悪くなったり、雨に含まれては汚れを撒き散らしているのですから、迷惑な現象です。我が国がいくら環境問題への認識を高め、国民が環境を守るために努力しても、隣国の環境が破壊されていては話になりません。「スモッグ」と「黄砂」が激しくなっている最近の状況からして、(例えば、隣の庭木の落ち葉が我家に落ちてくる、風の強い日には屋根のトタンがいつも我が家に飛んでくるような事ですが・・・)我が国も環境改善のための積極的な関与、支援をするべきだと思います。

 自然現象といえばそれまでですが、人為的に防ぐことや緩和することができるのであれば、公害を克服してきた日本の環境対策技術をアッピールしたいものです。

# by shouichiro_sato | 2007-05-27 23:53 | 社会・話題 | Comments(0)  

「かがり火天国」の企画まとまる

 羽後町の中心地である西馬音内本町通りでは、7月7日(土)午後6時30分~9時30分まで、「うご夏の夢市・『かがり火天国』」が開催されることになり、同実行委員会(実行委員長・飯塚平太郎さん)から詳しい企画内容が発表されました。それによると、「出店、フリーマーケット(ただし羽後町在住者)」「路上発表(芸能・音楽・各種展示・パフォーマンスなど)」「かがり美少女イラスト・コンテスト(西馬音内盆踊りのキャラクターイラスト)」などを募集し、歩行者天国となる本町通りで初夏の一夜を楽しもうというものです。(写真・2枚とも西馬音内盆踊り会館前に張られているポスター)f0081443_214219.jpg
 西馬音内本町通りの商店では毎年この時期に実行委員会を組織し、通りを歩行者天国にして出店やバザー、ゲームコーナーなどのイベントを内容とした「よ市(夜市)」を開催し、多くの子どもたちや家族連れで賑わってきました。その行事も昨年で20回となったことから、今回は名称や内容もリニュアールして盛り上げようと、全国から参加できるイラストコンテストを企画するなど、話題も多くなりました。

 実際、今月24日に「盆踊りのイラスト募集」が地元の新聞・秋田魁新報朝刊で紹介されると、コンテストの発案者であり事務局を担当する山内貴範さん(大学4年生)には問い合わせのメールが殺到しました。その日の昼休みには山内さんから私に電話があり、「凄いことになりそうです。賛否両論の意見が来ていますが、『よくやってくれた。新しい文化を創っていこう』というのが7割。『盆踊りは伝統ある行事。遊びで取り上げるのは問題だ』という反対の意見も3割ほど寄せられています」と、嬉しい悲鳴を上げていました。私はもちろん主催者の応援団。是非ともこの機会に、普段は羽後町とご縁のなかった方々にもご来遊いただき、美味しい蕎麦や饅頭、羽後牛のステーキにも挑戦してもらいたい(町内のお店をご利用ください)と願っています。 f0081443_2123133.jpg

 ところで、5月8日のブログでいち早く皆さんにお知らせした「かがり美少女イラスト・コンテスト」の締め切り日、6月末日と書きましたが誤りでした。(写真参照) 

 締め切りは6月20日(必着)。
 作品の送付先は〒012-1131 
 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内
本町108-1西馬音内盆踊り会館 
   「かがり美少女コンテスト」係。 
 問合せは☎0183-78-4187


 寄せられた作品は7月7日に「かがり火天国」の会場に展示し、来場者の投票で優秀作品を決定します。当日は著名なイラストレーターの来町も予定されておりますから、皆さん是非ともご応募のうえ、ご来遊ください。
 

# by shouichiro_sato | 2007-05-26 21:38 | 羽後町 | Comments(1)