斎藤・井川町長が8選果す

 18日に行われた南秋田郡井川町長選挙で、現職の斎藤正寧氏(64歳)が8回目の当選を果しました。斎藤氏は秋田魁新報の記者から政治の道に入り、県議会議員2期目の途中で出身地の井川町長選挙に立候補して初当選。それが今から28年前で36歳、県内最年少の首長として注目されてきました。

 以来、2選目から7選目までは連続6期無投票当選という全国でも稀な実績の持ち主。市町村合併が進んで県内の町村数が60から12団体に激減した一昨年からは、県町村会の会長に就任し、豊富な経験を生かしてリーダーシップを発揮されています。

 井川町の人口は5,847人(平成17年国勢調査)、面積は47・95平方キロメートル。大きな規模の自治体ではありませんが、「日本国花苑」に代表される「さくら」の町づくりや幼保一体の子育て支援など、特色ある地域振興策を展開してきており、(近隣の町村では様々な出来事があった)政争などに無縁の地域。それは斎藤氏が町民の厚い信頼を裏切らず、町政運営に当たってきた証左でもありましょう。

 ところが今回は、告示1週間前に「無投票阻止」を掲げる対立候補が名乗りを上げ、同町では28年ぶりの選挙戦となり、内心では穏やかざる心境だったのではないでしょうか。相手候補は「多選の弊害と退職金のカット、早期の合併」を主張していましたから、斎藤氏の7期28年間の実績を町民がどのように判断するのか、結果が気になっておりました。しかし、それは杞憂でした。開けてみれば斎藤氏2641票で相手候補は1512票。町民の皆さんは町政の転換よりも安定した実績のある斎藤氏を選びました。「ご当選、誠におめでとうございます」

 最近では自治体の不祥事がある度ごとに、首長の「多選禁止」が話題になっていますが、住民にとってはもっとも身近な存在である首長がしっかりと負託に応えてくれていれば、「それでいいではないか」ということでしょう。「相手の票も胸に刻み、新しい井川町の再スタートが切れる」(朝日新聞)と喜びを語ったいう記事に、斎藤氏らしい誠実な人柄を感じました。

 私も羽後町長に就任した頃から斉藤・井川町長にはお世話になってきましたので、今後ともよろしくご指導いただきたいと願っております。

# by shouichiro_sato | 2007-02-19 17:56 | 秋田県 | Comments(0)  

お風呂、パートⅡ

 昨夜の仕事は雨で中止になったものの、その代わりに日曜日の今日は出勤することになり、朝6時半に宿舎を出発。岐阜県内でもっとも有効求人倍率の高い関市の工業団地で、新築中の工場敷地の舗装工事を行ってきました。平日の工事現場には50台以上の作業車が出入りしていますが、構内道路や駐車場の舗装は他の業者の車がない休日に作業することで、効率よく仕事ができますから、日曜出勤も止む終えません。

 天気も回復し、「お日様も長くなったものだ」などと話しながら仕事をしていましたが、終わってみれば午後7時。宿舎へ帰ったら8時を過ぎていました。早速、同僚達はお風呂場に直行したものの、どうしたことか「冷たい状態」。そういえば今日は日曜日で、秋田班全員が関市に行っていましたし他の寮生も自宅に帰っており、宿舎には誰もいませんでしたからお湯が冷まってしまったのでした。早速リーダーがお湯を入れ替えて事なきを得ましたが、笑うに笑えない話です。

 ところで私は、かつて2年間もお風呂のない生活を経験しています。派米農業研修生としてアメリカで生活した時には、ワシントン州モーゼスレークにあるビックベント・カレッジの寮はシャワーだけ。実習で滞在したアイダホ州やオレゴン州の農場の宿舎もシャワーしかなく、ゆっくり湯船につかることはできませんでした。そんな訳で、日本に帰ってきて自宅の小さなお風呂でも、手足を伸ばした時にはつくづく「幸せだな・・・」と感じたものです。

 ビジネスホテルのユニットバスや家庭用の一般的なお風呂にはあまり大きなものはありませんが、やっぱり広々としたお風呂はいいですね。銭湯や温泉施設はもちろんのこと、大きなお風呂は気持ちも安らぐような気がしてきますから不思議です。ちなみに宿舎のお風呂は一度に4~5人が利用できます。

 しかし、日本人のように湯船に浸かって安らぎを感じている人たちは、地球上の人々のほんの一部でしょう。国によって暮らしの環境が違うとはいえ、人間誰でも大きなお風呂に入ったら、幸せな感じになるに違いありません。私は、日本の大きな風呂は世界に誇る文化だと思っています。 

# by shouichiro_sato | 2007-02-18 23:21 | 出稼ぎ | Comments(0)  

お風呂

 私がお世話になっている岐阜市の(㈱)市川工務店の宿舎には、大きなお風呂があります。

 昼勤務のメンバーが利用するのは午後5時過ぎから。夜間勤務から帰った人たちは午前5時頃からと時間はさまざまですが、暖かいお風呂が24時間待ってくれていることで、元気も出てきます。

 年度末が近づいた為に仕事も忙しくなり、土曜の今夜も特別に夜間勤務の予定でしたが、岐阜市は午後から雨が降り続き、作業は中止。体調モードは夜勤体制だったものの、中止となればゆっくりできます。早めのお風呂に入ってゆっくりさせていただきました。特に昨夜は冷え込んでいましたから、こんな時には暖かいお風呂が最高ですね。しみじみとお風呂のありがたさを満喫したひと時でした。

 そんな訳で、今夜は休ませてもらいます。

 

# by shouichiro_sato | 2007-02-17 23:05 | 出稼ぎ | Comments(0)  

全ての県職員の給料を削減へ

 「他人の給料や生活を羨ましく思うことは醜いことだ」と理解していても、最近の県の意見交換会では「県職員の給料が高い」「知事など特別職の報酬や退職金と引き下げろ」といった声が大きくなっています。子育てや教育支援に、新たな県民負担(新税)を求めたいとする寺田知事の姿勢が明らかになってくるにつけ、県民の視線は無駄な事業はないか、人件費は適当かなど、思わぬところで「監視の目」の輝きを増してきました。

 そうした中で昨日、2月定例県議会冒頭の知事説明で寺田知事は、「職員給与の削減に取り組む」方針を表明しました。知事自身は20%、副知事と教育長、常勤監査委員が15%、一般職員は5%を削減するほか、主幹以上(約2500人)に支払われている管理職手当ても20%減。対象者は知事部局、県教育庁、県警などの全職員で約1万7300人。行政改革の一環として今年の6月定例県議会に条例改正案を提案し、可決されれば7月から2年間の臨時的な措置で、年間の人件費が約42億円削減できるとしています。

 「いよいよ懐に手を入れるのか」、職員からはそんなため息が聞こえてきそうです。それ程まで県の財政事情が逼迫してきたということでしょう。市町村には強力に合併を推進しながら、県自体の機構改革は警察署の再編を除けばまだまだ中途半端。今後4年間で知事部局の職員を1300人削減する行財政改革も、結局は団塊の世代の退職者待ちの手法で、伸び続ける人件費を抑制する特効薬にはなっていません。

 それでも県財政課は、「今後の財政運営には300億円程度の基金が必要。19年度末で170億円まで減る主要3基金の状況からして、今回の節減では届かない」として、さらなる改革の必要性を指摘していると秋田魁新報は伝えています。現在でも知事は5%、副知事は3%、出納長は1%の削減を行ったり、人事院勧告に準じて職員給与の引き下げを実施してきましたが、三位一体改革による地方交付税の大幅な減少などにより、県財政は悪化するばかりです。

 この給与改正が行われると秋田県職員(一般行政職)の平均月額は、全国20位から45位に大きく後退します。残任期間があと2年となった寺田知事にとって、最後の仕事が新税導入による県民負担の増加と職員給与の引き下げでは、ますます県民が元気を失うことになるでしょう。

# by shouichiro_sato | 2007-02-16 19:46 | 秋田県 | Comments(0)  

東国原・宮崎県知事が所信表明

 宮崎県でも今日から県議会が始まり、先の出直し選挙で初当選した東国原英夫(そのまんま東)知事が所信表明を行いました。就任以来、鳥インフルエンザへの対応や宮崎県のPRに東奔西走する毎日がマスコミの話題になっていましたが、今日の議場は傍聴席も満杯で、抽選で漏れた人たちは別室でモニターテレビを見たとか。報道陣も在京のテレビ局や雑誌記者など約150人が詰めかけ、「124年の県政史上初めて」(議会事務局)の事態になったようです。

 地元の宮崎放送も、県議会では初の「生中継」を実施。多くの県民の皆さんがテレビを通して新知事の「所信表明」に聞き入ったことでしょう。県議会のホームページでも生中継しましたが、午前10時の開会から同40分ごろまでに、3万4078件のアクセスがありパンク状態。2割程度しか繋がらなかったようですから、全国の関心も高かったのでしょう。事実、全国紙などでは各誌が今日の政治ニュースとして取り上げています。

 知事選挙の(予想を上回る)圧勝でマスコミの注目の的となり3週間。メデアに紹介された宮崎県のPR効果は百数十億円とも言われたり、知事の言動に周囲の目が奪われるのも「タレント」出身者ならではのこと。ただし、パフォーマンスばかりが先行するとかつての大阪や東京、長野県のようにさらに混迷が深まる心配もあリます。そこで、どんな所信表明になるのか興味がありました。

 「前例踏襲や先入観Iに固執していては、社会の変化に対応できない」(読売新聞)、「テゲテゲ(いい加減)では地域間競争に勝ち残れない。おくすることなく宮崎を世界に売り込む」(朝日新聞)、「行政や一部の人だけが考える時代は終わり、総力戦が求められている」(毎日新聞)と、県政改革の重要性を述べ、自らのマニフェストに盛り込んだ財政改革で「単年度で350億円の歳出削減による財源捻出で、事業も見直す」(宮崎日日新聞)考えを示しました。「知事給与の減額幅を10%から20%に引き上げる」という公約に基づいて条例改正案も提案するとのことです。本格的な論戦はこれからですが、今のところの県議会は、オール野党の東国原知事。どんな議論が展開されるか目が離せません。
 
 私も今から30年程前、農業の後継者対策で、宮崎県の「SAP(サップ)」運動が秋田の「農近ゼミ」と並んで全国から注目されたことがあり、その頃から何度も訪問した縁のある土地だけに、東国原知事の登場で同県の話題も多くなり、宮崎への親しみを感じるこの頃です。

# by shouichiro_sato | 2007-02-15 18:30 | 国政・時事 | Comments(0)  

15日から「2月定例県議会」

 15日から来月8日までの22日間の会期で、2月定例県議会が開かれます。4月に県議会議員選挙があることから、例年より早めの新年度予算議会。議員の皆さんにとっては任期中最後の定例会です。

 秋田県が発表している平成19年度一般会計当初予算案は、総額で6935億8100万円で、6年ぶりに前年度予算額4・8%を上回っていますが、これは借金返済のための公債費(特に借換債)が伸びたためで、実質ベースでは前年度比2・3%減の6082億5900万円と、6年連続して前年度を下回りました。三位一体改革の影響で地方譲与税が大幅に落ち込み、一般財源は50億円の減収。一方、県債は31・3%も増。18年度末県債残高は1兆2148億円。財政主要3基金から290億円を取り崩し、その残高も多い時の9分の1程の170億円にまで減少するという、逼迫した財政事情の予算案となっています。

 年々厳しさを増してくる県財政の構造改革に取り組みながら、喫緊の課題である産業振興や子育て・教育支援に有効な政策をどのようにして打ち出していくのか、県当局と議会の議論に注目したいと思います。特に、財源不足を補うために「新税」の導入を前提とした議論を進めるとしている寺田知事に対して、議会はどう考えるのか。積極的に問題提起して県民の関心を高め、アンケート調査や意見交換会などを実施して外堀を埋める県当局の常套手段に、「国際教養大学」や「南ヶ丘ニュータウン」問題のように押し切られてしまうのか。目先の問題に終始するあまり、県予算の歳出全体の構造についての議論がなくなっては困ります。

 また、この定例会を最後に勇退する議員も多くいます。中泉松之助議長をはじめ、議長経験者の北林照助、安杖正義、辻久男の各氏。それに会派代表などを務めたベテランの工藤嘉左衛門、加成義臣、菅原昇、木村友勝、佐藤次男の各氏は次回の選挙には立候補しないことを表明しています。皆さんには長年の経験を通して感じた県政や県議会運営について、意見や提言を是非とも残していただきたいものです。最後だからできる思い切った言動で、県民の負託に応えてくれるように望んでいます。

 冬季国体も終わって、秋田の焦点は「県政」に移ります。2月定例県議会が終われば県内は「県議選」一色。私たちもこの機会に、県政の課題について大いに議論していきましょう。

# by shouichiro_sato | 2007-02-14 19:48 | 秋田県 | Comments(0)  

「秋田わか杉国体」冬季大会が閉幕

 10日に開幕した「秋田わか杉国体」冬季大会スキー・バイアスロン競技会は、地元の秋田県選手団が大活躍する中、きょうで4日間の全日程を終了しました。毎日聞こえてくる朗報にワクワクし、昼休みに秋田の知人に電話をしたら、「天気も穏やかで最高です。」とのこと。選手・役員はもちろん、関係者や開催地の皆さん、誠にご苦労様でした。

 振り返ってみると、鹿角市花輪スキー場のノルデックでは成年女子A5kmクラシカル(11日)で、石垣寿美子選手が優勝。複合・成年男子A(12日)は、小林範仁、湊祐介、畠山陽輔の県勢3選手が圧倒的な強さを発揮して表彰台を独占しました。また、仙北市たざわ湖スキー場のアルペンでは、大回転・成年女子A(12日)で東京都出身ながら秋田県内の企業に就職した梅原玲奈選手が優勝。そして今日は、大回転・少年男子で花輪高校2年の中村和司選手が優勝し、有終の美を飾っています。

 一方、由利本荘市の特設会場で12日に行われたバイアスロンでは、競技銃と一般銃のリレー団体で秋田県バイアスロン連盟チームが共に優勝し、選手層の厚いところを全国にアッピールしています。

 特にスキーでは23競技でのべ35人と3チームが入賞し、秋田県は男女総合得点(天皇杯)で国体史上初の(スキー競技)1位を獲得しました。これは秋に行われる本大会に向けて、「県民に元気を与える」快挙と言ってもいいでしょう。関係者の皆さんの喜びが伝わってくるような気がします。

 さて、今度は本大会。県ホッケー協会でもこの勢いをいただいて、悲願の総合優勝(天皇杯)を目指す秋田県チームに貢献できるよう、「なせば成る」意気込みで頑張っていきたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2007-02-13 19:44 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

3日間漂流、無事に発見される

 宮崎県日向市漁協に所属するマグロはえ縄漁船「幸吉丸」(9・1t)が、鹿児島県種子島沖で9日午前から消息不明となり、11日朝に船尾を海面に出して沈没していた事故で、行方が分からなくなっていた船長ら3人が乗った救命ボートがきょう午前、宮崎県串間市都井岬の南南東約185kmの海上で、第10管区海上保安本部のヘリコプターに無事に発見され、正午過ぎに救助されました。

 仕事から宿舎に帰ってこのニュースを知った時には、「すごいなあ」と思わず声を出してしまいました。南の海とはいってもまだ寒い季節。船尾を上にして沈んでいる船の映像を見て、最悪の事態も想像していた自分でしたが、3人とも無事で本当に良かったと思います。地元の「宮崎日日新聞」によると、同漁協の是澤喜幸組合長は11日、「船尾部分に装備していた救命いかだがなくなり、係留ロープも切れていたのを考えると、いかだで漂流している可能性が高い」と語っていました。冷静な船長の判断や海の男達の連携で、生還できたのでしょう。ご家族や関係者の皆さんもどんなに喜んでいることか・・・。良かったですね。

 ところで、沈没した「幸吉丸」には船長と甲板員(ともに日向市)の外に、テレビ東京系列で放送予定の番組「日本の凄腕(すごうで)漁師」の取材で、製作を委託された福岡市のTVカメラマンも同乗していました。最近では青森県大間のマグロ漁など、荒海で大物を狙うドキュメンタリー番組やNHK・BSの「日本釣紀行」など、視聴者に人気のある番組も多く、今回の企画で登場するお二人も、宮崎のマグロ漁師を代表する方なのでしょう。しかし、漁の腕前もさることながら、「船長は機転が利く、判断が素晴らしかった」(漁協組合長)と言われるように、3日間漂流して無事に生還した、海に生きる男の素晴らしさも称えたいものです。必要な装備の点検や訓練、緊急時の適切な判断など、安全第一で備えていくことの重要性を教えてくれた出来事でした。

 それにしても、9日午前10時頃に衝突したとされる、「白い大型船」は許せません。「停止もせずに北東に去った」と救助された3人は話していますから、海上保安本部には早急に捜査を進め、真相を明らかにしてもらいたいと思います。 

# by shouichiro_sato | 2007-02-12 20:39 | 社会・話題 | Comments(0)  

梅も見ごろになりました

 建国記念日のきょう、「岐阜市でも梅の花が開いている」という同僚の話を聞いて、「梅林公園」に行ってきました。市の中心部から車で10分、住所は岐阜市梅林南町です。

 この公園は今から130年以上前、故篠田祐助氏が私有地を整備して「篠ヶ谷園」として市民に公開したのが始まりとか。そして昭和23年、公園の土地を岐阜市に寄贈して「岐阜市梅林公園」となった歴史があり、園内には約50種類、1300本の梅が植えられています。今年は暖冬の影響で開花も早まって1月中旬から咲き始め、既に園内の3分の1位の木が紅や白の花をつけていました。

 ところで「梅」は、NHK秋田放送局の呼びかけがきっかけで、羽後町が昭和42年に制定した「町の木」でもあります。ちなみに、町の花は「福寿草」。町の鳥は「うぐいす」。ともに平成元年に制定されています。梅は「花も見事であり、実は梅干、梅酒などに利用でき、経済と美化はその木を大事にすることにつながる。また、梅は昔から災難逃れとして親しまれてきた」というのが、当時の選定理由になっています。しかし、町内に梅林公園はありません。

 町議会の議論でも何度か、「町の花・鳥・木」を普及させようという声が上がり、子どもの誕生祝に「梅の苗木」を配布したこともありますが、結局はうまく育たず、(育たなければ縁起が悪いと)長続きしなかった苦い思い出もあります。町の木に梅を選んだ願い(思惑?)と羽後町の土地や自然環境が上手く結びつかなかったのでしょうか。そんなことを考えながら園内を散策してきました。

 帰り道には市内にある伊奈波神社や鏡島弘法大師、瑞穂市の美江寺にも立ち寄り、旧中仙道沿いの史跡も見てきました。祝日だったためか、何処でも地域の氏子や信者の皆さんが多く集まっていて、境内の掃除をしたり案内をしており、私まで心が豊かになるひと時を過ごさせていただきました。

 それにしても、この地方の皆さんは神社仏閣、史跡、公園などを大事にしている気がします。個人の墓石には大きい物はないのに、神社仏閣への寄進は惜しまない。秋田とは違う文化に触れているようで、興味が尽きません。

# by shouichiro_sato | 2007-02-11 21:57 | 出稼ぎ | Comments(0)  

きょうの「秋田」は、最高ですね

 ここ数日は秋田県の天気を気にしていました。そして今朝も、パソコンで秋田県仙北市田沢湖町の時間予報を確認して、ホッとしたんです。

 第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」冬季大会スキー・バイアスロン競技会の開会式が、田沢湖スポーツセンター陸上競技場で華やかに行われたニュースを見て、「本当に良かった」と思いました。今年は秋の国体本番を控え、秋田県がスポーツを通して全国に情報発信するビックイヤー。準備を担当した県や開催地もさることながら、県民の皆さん一人ひとりも、今日の開会式の様子に心を躍らせたことでしょう。

 このところの暖冬小雪で、雪不足にハラハラしたものの、お天道様も一生懸命に頑張っている関係者を見捨てることはなく、会場整備は万全とか。明日からはいよいよ競技が始まりますが、県選手団はもちろん、全国から参加した選手の活躍と応援団、地元の皆さんの温かい歓迎で、心に残る大会にして欲しいと願っています。「見栄っ張りと世話好き?」といわれる県民性も、この際は大いに発揮して、秋田の魅力もPRしましょう。

 そして今日からは、秋田を代表する冬祭りが一斉に始まりました。大館市の「アメッコ市」、湯沢市の「犬っこまつり」、仙北市西木町の「紙風船上げ」、大仙市の「刈和野の大綱引き」と、秋田魁新報のインターネットニュース「さきがけonTheWeb」は、時間の経過とともに写真付きで紹介してくれています。どの記事からも、まつりにかける地域の皆さんの熱意や歓声に沸く会場の様子が伝わってくるようで、嬉しいニュースです。

 今日の「秋田」は、最高ですね。

# by shouichiro_sato | 2007-02-10 20:07 | 秋田県 | Comments(0)