人気ブログランキング | 話題のタグを見る

デジタル庁

 「複数の役所に分かれている政策を強力に進める体制としてデジタル庁を新設したい」として、昨年9月に就任した菅首相が表明していたデジタル庁が、きょう発足しました。職員は約600人体制で、3分の1に当たる約200人をIT企業など外部から起用し、民間のノウハウを活用しながら行政のオンライン化に取り組みます。

 初代デジタル相には平井卓也デジタル改革担当相、事務方トップのデジタル監には石倉洋子氏(一橋大学名誉教授)が就任しました。

 同庁は行政オンライン化に必要な基盤整備が大きな役割で、自治体などが使っている情報システムの改善やマイナンバーカードの普及、マイナンバーが使える行政事務の拡大などを進めます。

 デジタル化は社会のあらゆる分野で進んでおり、地方の自治体でも専門の部署や担当監を設置して、取り組みを強化しています。

# by shouichiro_sato | 2021-09-01 21:57 | 国政・時事 | Comments(0)  

500万円分廃棄

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会はきょう、8月8日に閉幕した東京五輪の競技会場で、大量のマスクや消毒液、ガウンなど約500万円相当分が廃棄されていたと発表しました。会場撤去に伴い、撤収に時間がなく保管場所も用意していなかったことが原因だと説明していますが、物を大事にしない呆れた判断であり、憤慨ものです。

 廃棄されたのは50枚入りのマスクが660箱、消毒液は380本、ガウンは3420枚。都内や地方の9会場で処分されており、パラリンピックの会場で使おうとしたところ、すでに無くなっていたとか。使用する道具や備品、消耗品などの管理について、終了後の取扱いを定めていなかったのでしょうか。弁当などの大量廃棄もそうでしたが、こうしたことがあるとガッカリしてしまいますネ。

 開催の1年延期や新型コロナウイルスの感染拡大など、予期せぬ出来事が多かったとはいえ、巨額の費用が掛かかる事業であり、無駄のない緻密な執行が求められます。

# by shouichiro_sato | 2021-08-31 20:03 | 東京オリ・パラ | Comments(0)  

広告が少ない?

 私の朝は、毎日、新聞に目を通すことから始まります。もちろん、政治や経済や社会の出来事について記事から情報を得るためですが、新聞広告にも世の中の動きを感じるものとして興味があります。そんな思いで見ていると、最近の地元紙に掲載されいる広告の出稿量が少なくなっているように思います。

 大型の公共施設の竣工や企画ものの特集ページがある時は県内企業が多く出稿されていますが、普段は全国的な健康機能食品や通信販売などが目立つようになりました。

 例えば今日の紙面。全部で30ページありましたが、全面広告は全国展開する通信販売の1ページのみで、同類のもので紙面下2~3段を使ったものが5ページ。発行している新聞社の関わっている事業や関連団体のものが紙面下2~5段で11ページ。県内企業のものは社会面の下3~4段で4ページなど・・・・。広告の無い紙面が9ページありました。

 情報の発信がテレビやラジオというものから、インターネット、スマートフォンなどと多彩になっていく中で、広告もまた媒体が大きく変わってきたのでしょう。

# by shouichiro_sato | 2021-08-30 22:09 | 産業振興 | Comments(0)  

県の記念日

 8月29日は「県の記念日」です。1871年(明治4年)の廃藩置県によって初めて「秋田県」という名称が登場した日で、今年は秋田県の誕生から150年となります。

 県公文書館(秋田市山王・県立図書館に併設)では記念事業として、「廃藩置県150年 公文書で見る秋田の歴史」を開催中で、所蔵している関連公文書のパネルや原本、写真などで、この1世紀半の大きな出来事を振り返ることができます。前後期の2期開催で、前期は9月21日まで(後期は10月28日から11月30日まで)。

 入場は無料。午前10時~午後5時(水曜日は休館)。是非ともご覧ください。

# by shouichiro_sato | 2021-08-29 22:12 | 秋田県 | Comments(0)  

寄港ゼロ

 クルーズ船が今年、秋田や船川、能代の県内3港に寄港する計画はすべて中止になりました。クルーズ船の県内寄港がゼロになるのは2年連続です。

 理由は新型コロナウイルスの感染が止まらないこと。県ではクルーズ船の受け入れについて、(県独自の)警戒レベルが1か2の場合は受け入れ、3以上では受け入れないとする指針を今年3月に設定しており、警戒レベル4が引き上げられたことを船の運行会社に伝えていました。

 今年は秋田港を中心に約30回の寄港が見込まれており、このうち12回のツアーは商品が発表された後に中止になっています。残念ですネ。

# by shouichiro_sato | 2021-08-28 22:25 | 産業振興 | Comments(0)