人気ブログランキング |

要望活動

 県議会「みらい」会派の要望活動で県選出国会議員の皆さんを訪問しました。国では新年度予算の編成作業の真っ最中で、県や市町村、各種団体などの様々な要望活動が続いています。

 「みらい」会派に所属する8人の県議の要望書の項目は、次の5点です。

  Ⅰ 地方創生を実現する支援の充実について
  Ⅱ 新たな産業振興とエネルギー戦略について
  Ⅲ 攻めの農林水産業への支援について
  Ⅳ 社会基盤整備と防災・減災対策について
  Ⅴ イージス・アショアの配備について

 具体的には、過疎地域自立促進措置法の失効に伴う新たな法律を制定すること。中小企業の振興と雇用対策。農業農村整備事業や産地パワーアップ事業、畜産クライスター事業等の十分な予算確保。社会資本整備総合交付金の予算拡大。イージス・アショアの新屋演習場への配備計画の撤回・・・・等を求めています。

# by shouichiro_sato | 2019-11-11 22:24 | 地方自治 | Comments(0)  

祝賀御列の儀

 天皇陛下の即位に伴う「祝賀御列の儀」がきょう午後3時から、皇居宮殿からお住いの赤坂御所までの約4.6kmで行われました。沿道には11万9000人が詰めかけて祝福していますが、我家でもその時間にはテレビの前で、にこやかな両陛下のお姿を拝見しました。

f0081443_21305279.jpg
 (写真・皇居宮殿を出発する天皇、皇后両陛下。NHKの生中継より)

 これで、ことし5月から国事行為として行われてきた「即位の礼」は5つの儀式がすべて終わりました。今後は皇室の行事である「大嘗祭」など一連の儀式が続くものの、無事に国事行為が終わったことに、ホッとしました。

# by shouichiro_sato | 2019-11-10 21:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

食品衛生大会

 公益社団法人秋田県食品衛生協会(会長・阿部恭子さん)が主催する「第2回食品衛生大会」が8日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれ出席しました。同協会は県内の飲食店や食材やお菓子などの食品製造業者、宿泊施設など約1万9000の店舗・事業者が加盟しているという、食に関する最大の組織です。

 大会では初めに県食品衛生指導員(推進員)の研修会が開かれ、「食品衛生法の改正 ~営業許可制度の見直し・営業届出制度の創設~」と「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」について、専門家から指導を受けました。続いて食品衛生功労者、食品衛生優良施設、優良食品衛生指導員、食品衛生優良従業員の表彰式があり、日頃お世話になっている飲食店の従業員などの受賞者もいて、嬉しくなりました。

 祝辞の機会に恵まれましたので、「普段、私たちは食の安全・安心を当たり前のものとして享受していますが、この場に臨んでみると、その陰には皆様の並々ならぬご尽力があり、支えられていることを、あらためて痛感せずにはいられません」と述べてきました。

# by shouichiro_sato | 2019-11-09 20:56 | 秋田県 | Comments(0)  

立冬

 《 カメラスケッチ・立冬 》

f0081443_11040079.jpg
f0081443_11042567.jpg
 きょうは「立冬」。由利本荘市宿の国道107号沿いににある銀杏は紅葉の真っ盛り。この木の葉が落ちるとこの地方では初雪が降ると言われています。我が家でも庭や家屋の雪囲いを始めています。当地にも冬の足音が聞こえてきました。

# by shouichiro_sato | 2019-11-08 22:02 | 今日の出来事 | Comments(0)  

知事の行動

 甚大な被害が発生した台風15号が千葉県を直撃した翌日、県庁を離れて自宅に戻り、自家用車で「私的に視察」したとする森田健作知事の行動が注目されています。私的な視察は「私の政治スタイルだ」とする森田知事に対して、「理解出来ない」という声が上がっています。

 非常事態や緊急事態の時に、自治体の首長が取るべき行動が注目されるのは今に始まったことではありませんが、今回の出来事で森田知事の勤務実態?や過去の様々な言動が明らかになってきており、資質?まで問われているようですネ。

# by shouichiro_sato | 2019-11-07 22:49 | 地方自治 | Comments(0)  

タイ王国友好協会

 秋田・タイ王国友好協会(会長・石井資就さん)の総会と懇親会がきょう開かれ、今年はタイ王国パラリンピック協会のチュティナント ピロムバクティ会長らが参加されました。

f0081443_23212517.jpg
 (写真・挨拶するチュティナント プロムバクティ会長。秋田キャッスルホテル)

 秋田県とタイ王国は産業分野のみならず、高校生や教員の交流などの教育、バトミントンやボッチャなどのスポーツ、秋田の農畜産物の輸出、観光・交流活動など、近年急速に拡大しています。10月末からは仙台空港とタイ・バンコクとの国際定期便(タイ航空・週3往復)が5年ぶりに復活し、さらに便利になりましたから、益々、交流が進むことでしょう。

 尚、県内の企業や市町村の関係者250人余が出席した総会では、元国連事務次長の明石康さん(旧比内町出身)が「この国の国際化に必要なこと」のテーマで記念講演を行っています。

# by shouichiro_sato | 2019-11-06 23:24 | 秋田県 | Comments(0)  

英語民間試験

 来年度から導入が予定されていた大学入学共通テストでの英語の民間検定試験は、登録が始まる今月の1日に萩生田光一文部科学大臣が見送りを発表し、延期されることになりました。民間試験を導入する方針が決まった時から多くの課題が指摘されており、直前になってのドタキャンは、文科省にとって大きな失態。何故こうなったのか、しっかり検証する必要があります。

 民間検定試験の導入は「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測ることを前提に進められてきましたが、受験できる会場が都市部であったりする地域格差、2回までできる試験の費用(受験料)が民間の機関によって違うなどの経済格差があるとされ、高校などの教育現場からも反対の声が挙がっていました。

 それでも、押し切ろうとしていた文科省。内閣改造で就任した萩生田文科相が就任早々、同試験について「自分の身の丈に合わせて、頑張ったもらえれば」などと発言したことで、試験への格差問題の議論が再燃。改めて試験の在り方そのものから再検討することになったもの。無理やり突き進んで、混乱するよりは賢明な?判断というべきでしょう。

# by shouichiro_sato | 2019-11-05 23:31 | 国政・時事 | Comments(0)  

明日から閉鎖

 《 カメラスケッチ・栗駒山麓 》

f0081443_08143220.jpg
f0081443_08145485.jpg
 栗駒山麓の周遊道路、国道342号の東成瀬村椿川仁郷から岩手県境、県道「仁郷大湯線(栗駒道路)」はあす5日正午から、冬季閉鎖が行われます。鳥海山では先月28日に初冠雪が観測されましたが、平年と比べて18日も遅くなっており、栗駒山もこれから・・・。雪囲いなど、冬支度をする時を迎えています。(写真上・国道398号の湯沢市奥小安。下・国道342号の椿川仁郷。10月31日撮影)

# by shouichiro_sato | 2019-11-04 22:12 | 社会・話題 | Comments(0)  

町芸能祭

 文化の日のきょう、羽後町では「第27回羽後町芸能祭」が開かれ、町文化協会に参加している民謡や舞踊、カラオケなどの各団体が日ごろの成果を発表しました。

f0081443_20340948.jpg
f0081443_20370046.jpg
f0081443_20350198.jpg
f0081443_20382408.jpg

 その中でも特筆されるのは、地元に根差した音楽や郷土芸能を伝承している小中学生や高校生の活躍です。

 今回の芸能祭には (写真上から) 高瀬小学校の和太鼓グループ「サウンドリング 響」による演奏、羽後高校郷土芸能部の「西馬音内盆踊り」、元城獅子舞保存会の舞では故郷に帰ってきた女性が勇壮に「信夫」を熱演。さらに仙道地区の子ども番楽団は鳥舞と三番叟を披露し、万雷の拍手に包まれています。

 私も久しぶりに、開演から終わりまでの42番のプログラムを満喫し、皆さんの熱演に感動してきました。

# by shouichiro_sato | 2019-11-03 20:53 | 羽後町 | Comments(0)  

南アフリカ優勝

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は今夜、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランキング3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で下し、2007年以来3大会ぶり3回目の優勝を果たしました。

f0081443_21161523.jpg
 (写真・優勝杯を手にし、歓喜に沸く南アフリカ。「NHK・BS1」より)

 約一ヶ月半にわたって繰り広げられたラグビーW杯。今までラグビーに馴染みのなかった私も、1次リーグを4連勝して決勝トーナメントに進んだ日本チームの活躍もあり、興奮する毎日でした。強靭な選手がぶつかり合い、前へ前へと突進するゲーム展開で、テレビ中継される試合には見とれて?しまいました。さらに素晴らしかったのは、外国出身の選手でも条件を満たせばナショナルチームのメンバーであること。日本にもそうした選手が多くいて、一緒に全力プレーする姿には感動しました。

 試合のルールも紳士的で、終わった後は勝敗に関わらず「ノーサイド」。闘志をむき出した試合でも、お互いを称え合う姿が印象的でした。こうしたワールドカップであれば、再び日本に誘致してほしいものですネ。

# by shouichiro_sato | 2019-11-02 21:35 | スポーツ | Comments(0)