人気ブログランキング |

「パンデミック」

 「パンデミック」とは、感染症とか伝染病が世界的な流行を表す用語。WHO(世界保健機関)は11日、新型コロナウイルス感染症がパンデミックになったと表明しました。感染が世界に拡大し、早期終息が見通せなくなったとの判断です。

 感染者は中国の8万人超を始め、イタリアが1万人以上、イラン9000人、韓国7000人超など、昨日までに世界の120を超える国・地域で12万人を超え、死者は約4700人となっています。

 各国で入国制限が発令されるなど、急速に地球規模で人の移動が制限されており、経済活動も世界的に収縮。アメリカやヨーロッパはもちろんのこと、日本でも株価が大幅に下落しています。東京株式市場では日経平均株価が一時、3年4か月ぶりに1万7000円を下回り、「リーマンショックに匹敵する混乱で、売りが売りを呼ぶ展開だ」と、NHKのニュースは市場関係者の声を伝えています。連日の値下がりは先行きへの不透明感が急速に高まっているからでしょう。

 中国湖北省・武漢市から始まった新型コロナウイルス感染症は地球規模の課題となり、様々な分野への影響が拡大しています。

# by shouichiro_sato | 2020-03-13 21:22 | 新型肺炎 | Comments(0)  

再調査延期

 防衛省は昨日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画を巡り、候補地とされる秋田県・青森県・山形県の国有地20ヵ所で進めている再調査の期限を、今月20日から4月末に延期すると発表しました。天候不良により航空レーザー測量を予定通りに実施できなかったとのことです。

 当時の防衛計画になかったイージス・アショアの導入を突然決定し、「可及的速やかに配備したい」として秋田市にある陸上自衛隊新屋演習場と山口県のむつみ演習場を、配備候補地として公表したのは一昨年のこと。昨年5月に公表した適地調査報告書には、レーダーを遮蔽するという山の角度に関して、ズサンなデータが記載されていたこと等が判明したために、再調査が行われているものですが、何とも緊張感のない状況です。

 防衛システムといえば十分な準備と高度な戦略によって整備されるものでしょうが、「可及的速やかな」計画の基礎となる調査活動がこうしたことでは、信頼性が失われてしまいます。「天候不良で遅れた」という理由も、本当なのでしょうか・・・?

# by shouichiro_sato | 2020-03-12 22:33 | 国政・時事 | Comments(0)  

センバツ中止

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、日本高校野球連盟は兵庫県の甲子園球場で19日から開催する予定だった「第92回選抜高校野球大会」の中止を決めました。同大会は第2次世界大戦の影響で1942年~46年に中断したことはありますが、予定されていた大会が中止されるのは初めてです。

 高野連は4日の臨時理事会で、甲子園大会史上初めてとなる「無観客開催」の方針を示していたものの、11日に開催の可否を最終判断するとしていました。今回の大会には全国各地から選抜された32校が出場する予定でした。

 すでに高校生を対象とした春季の全国大会は、野球を除いて全てが中止になるなど、スポーツ界では自粛の動きが広がっています。誠に残念と言うほかありませんネ。

 そして、きょう3月11日は未曽有の被害が発生した「東日本大震災」の日。新型コロナウイルスの影響で各地の追悼式は、中止や規模の縮小が相次ぎました。私も午後2時46分、県議会の控室で黙祷しました。

# by shouichiro_sato | 2020-03-11 21:33 | 新型肺炎 | Comments(0)  

請願採択

 秋田市議会総務委員会は、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の新屋演習場に配備する計画を巡り、2月定例会に提出された新規の配備反対を求める請願11件を採択しました。19日の本会議でも採択される見込みです。

 同趣旨の請・陳情13件はこれまで3度継続審査になっていましたが、6日の本会議で採択されていました。自民党系の会派・秋水会と公明党は今まで、防衛省の再調査の結果を待って判断するとして継続審査を主張。しかし、佐竹敬久知事と穂積志市長がが河野太郎防衛大臣に「新屋には無理がある」と伝えたことを踏まえ、請願・陳情の採択に方針を変更していました。

請願採択_f0081443_09222320.jpg
 (写真・陳情書を採択した秋田市議会本会議。6日のNHKニュースより)

 同様の請願・陳情は県議会にも提出されており、今後は継続審査を繰り返してきた県議会自民党会派などの対応が注目されます。県議会では18日に総務企画委員会、19日の本会議で採決される予定です。

# by shouichiro_sato | 2020-03-10 23:50 | 地方自治 | Comments(0)  

開幕延期

 プロ野球は臨時の12球団代表者会議をきょう開き、20日に予定されていたセ・パ両リーグの公式戦の開幕を延期することを決定しました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響によるもので、4月中の開幕を目指すとしています。Jリーグと連携して設置している新型コロナウイルス対策連絡会議の専門家チームは、「感染の抑制見通しが立たない」「暖かくなれば消える感染症ではない可能性がある」「数万人が入るスタジアムで消毒液の確保が困難」などの理由で、延期を答申していました。

 Jリーグも18日に目指していた公式戦の再会を断念し、中断期間を延期します。

 国内ではきょうも、新たに28人の感染が確認されました。クルーズ船の乗船者(696人が感染)やチャーター機での帰国者(14人が感染)を除くと、今までに感染例の最も多いのは北海道で108人、次いで愛知県86人、東京都64人、大阪府55人、神奈川県41人、千葉県22人、兵庫県16人、和歌山県14人、京都府と高知県が12人など、合わせて507人となっています。

# by shouichiro_sato | 2020-03-09 23:03 | 新型肺炎 | Comments(0)  

無観客で大相撲

 大相撲春場所が大阪府立体育館できょう初日を迎えましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客での開催となりました。大相撲史上、初めてのことです。プロ野球オープン戦や東京五輪の選手選考に関するレスリングの大会など、開催されているスポーツのほとんどは「無観客」で行われています・・・・何とも異様な状況ですネ。

無観客で大相撲_f0081443_20464973.jpg
無観客で大相撲_f0081443_20472435.jpg
 (写真・初めて見る光景の大相撲本場所。NHKニュースと生中継より)

# by shouichiro_sato | 2020-03-08 20:53 | 新型肺炎 | Comments(0)  

女児も感染

 秋田市は昨夜10時半過ぎ、市内に滞在していた北海道在住の10歳未満の女児が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。昨日はクルーズ船に乗船していた60代の男性の陽性が確認されており、県内での感染確認は2例目です。

 女児は先月28日頃に北海道から家族と秋田市に来ており、熱やせきの症状があったことから5日に「帰国者接触者外来」のある医療機関を受診。秋田市保健所の検査で昨夜9時過ぎに陽性と判明しました。

 佐竹敬久知事は昨夜の記者会見で「過剰に心配することなく、手洗いや咳エチケットの徹底など、基本的な対策をお願いしたい」と呼びかけるとともに、「(集会について)これまで以上に目的をよく検討し、できるだけ多人数の集会は避けていただきた」と述べています。

# by shouichiro_sato | 2020-03-07 20:51 | 新型肺炎 | Comments(0)  

秋田でも感染者

 秋田県でも新型コロナウイルスに感染した人が確認されました。県によると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた秋田市の60代男性で、船内で先月19日に陽性と判定され、東京都内の医療機関に入院していました。その後の2回の検査で陰性が確認されたために28日に退院し、29日に航空機で秋田空港に戻り、タクシーで帰宅していました。しかしきょう再びウイルス検査したところ、無症状ながら夕方に陽性と判定されました。

 帰宅してからの行動や濃厚接触者などについては現在調査中で、同居者はいないとのことです。

秋田でも感染者_f0081443_21402438.jpg
 (写真・県庁で記者会見する佐竹知事と諸富健康福祉部長。NHKのライブより)

# by shouichiro_sato | 2020-03-06 21:49 | 新型肺炎 | Comments(0)  

入国制限

 新型コロナウイルスのの水際対策として、安倍晋三首相は中国と韓国からの入国者への検疫を強化し、政府指定の施設などで2週間待機することを要請すると表明。中国と韓国にある日本大使館が発行した査証(ビザ)の効力も停止し、事実上の「入国制限」を実施します。

 安倍首相は「今が正念場で、国内対策はもとより、水際対策も躊躇なく断行することが不可欠だ」と述べ、両国からの入国者数を抑制するために、航空便の到着先を成田と関西の2空港に限定。船舶での旅客運送も停止を求めました。

 一方これに先立ち、日本と中国の両政府は4月に予定していた習近平・中国国家主席の来日の延期を発表しています。新型コロナウイルスの影響が広がる中では、両国とも終息に向けた国内対策を優先せざる得ません。

# by shouichiro_sato | 2020-03-05 22:09 | 新型肺炎 | Comments(0)  

金融支援

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、秋田県では業績が悪化している中小企業を支援するため、通常よりも低い利率で融資を受けられる金融支援策を行います。きょうまでに県内に感染者はいませんが、飲食・観光、サービス業を中心に売り上げが大きく減少しており、経営が困難な中小企業が増え始めているためです。

 限度額は1件あたり5000万円で、9日から県内の17金融機関で申し込みを受け付けます。対象となるのは直近3ヵ月間の受注高や売上げ高が前年同期と比べて減少した業者。並びに直近1ヵ月(又は2ヵ月)の実績とその後の2ヵ月(又は1ヵ月)の見込みを合算し、前年同期を下回る場合も対象となります。

# by shouichiro_sato | 2020-03-04 23:45 | 新型肺炎 | Comments(0)