人気ブログランキング |

豚コレラ

 豚やイノシシに観戦する家畜伝染病「豚コレラ」が拡大しています。日本では1992年まで感染例があったものの、ワクチン接種を徹底した結果、撲滅に成功して清浄国となっていました。それが昨年9月、国内では26年ぶりに岐阜県の養豚場で感染が確認され、その後は愛知県や三重県、福井県などに拡大。それから一年になった今月には、ついには大生産地である関東地方、埼玉県に拡大してきました。

 肉を食べても人にはうつりませんが、感染した豚は(飼育されている農場の)全てを殺処分しなければならず、養豚農家にとっては死活問題。一日も早く感染の拡大をくい止めなければなりません。

 秋田県内では86の農場で約27万頭が飼育されており、農業産出額では豚肉がコメに次いで2位となる188億円。野生のイノシシが媒介しているとみられるほか、種豚の購入や肉豚の出荷は発生県に隣接する都県にも行われており、油断はできません。県では県内全ての養豚場、食肉処理センターなどで一斉消毒を行う方針を決め、資材の購入費には県の予備費を充てるとしています。

# by shouichiro_sato | 2019-09-25 21:29 | 産業振興 | Comments(0)  

女児不明

 山梨県道志村のキャンプ場で21日午後、千葉県成田市から家族らと約30人で遊びに来ていた小学一年生の女児(7歳)が、行方不明になりました。捜索はきょうで3日目、まだ発見されていません。付近の林道や小川など、県警本部や地元の消防団員が範囲を広げて徹底的に捜索しているものの・・・・・一体、どこに行ってしまったのでしょう?

# by shouichiro_sato | 2019-09-24 23:31 | 事件・事故 | Comments(0)  

気候変動

 世界気象機関(WMO)によると、現在の世界の平均気温は19世紀半ばと比較して、1.1度上昇。特に2015年からの5年間の平均は、15年までの5年間と比べ大気中の二酸化炭素濃度の上昇率が約20%増え、気温が0.2度上がるなど、「過去5年間は観測史上最も暑くなり、海の氷が解けるなどして海面上昇などの深刻な影響がでている」と発表。「温暖化が急速に進んでいる」と報告しています。

 国連本部(米国ニューヨーク)では21日、若者気候サミットが初めて開かれ「地球温暖化の理解促進と対策強化のため、政治家や社会への働きかけを加速させることを確認した」と、報じられています。23日には同所で、各国の閣僚らが集まる国連気候行動サミットが行われます。

# by shouichiro_sato | 2019-09-23 22:12 | 社会・話題 | Comments(0)  

久々の優勝

《 カメラスケッチ・優勝 》

f0081443_20305341.jpg
 プロ野球セ・リーグは21日、読売巨人軍がDeNAと戦い、延長10回3-2で勝ち5年ぶり、37度目の優勝を決めました。今季から3度目、通算13年目の指揮を執った原辰徳監督も涙を浮かべていました。(写真・BS-TBSの生中継より)

f0081443_20401305.jpg
 大相撲秋場所は東西の関脇、御嶽海と貴景勝が12勝3敗で並び、2年ぶりという優勝決定戦に。本割では8日目に敗れていた御嶽海が、力強く寄り切って完勝。昨年の名古屋場所以来7場所ぶり、2度目の優勝を果たしました。貴景勝は大関復帰が決まり、御嶽海は大関へ大きく前進しました。(写真・天皇賜杯を受ける御嶽海)

# by shouichiro_sato | 2019-09-22 20:51 | スポーツ | Comments(0)  

ラグビーW杯

 アジアで初めてとなるラグビーの四年に一度の祭典、ワールドカップ日本大会が20日に始まり、開幕戦に登場した日本はロシアに30-10で勝利。11月2日の決勝まで、44日間にわたる熱戦が展開されます。

 世界ランキング10位の日本は9大会連続出場ながら、今まで1次リーグを突破することができず、悲願の決勝トーナメント進出を目指しています。1次リーグA組の日本は、ロシアに勝って勝ち点5を獲得したものの、次回28日は世界ランキング1位のアイルランドに挑戦。1次リーグは4組に分かれての総当たり戦で、各組2位までが準々決勝に進みます。A組には他に、世界ランキング7位のスコットランド、同16位のサモアがおり、これからどんな戦いが展開されるか、目が離せませんネ。

 W杯には史上初の3連覇を狙うニュージーランドなど20チームが出場しており、全国12会場で計48試合が行われます。ラグビーの代表選手は国籍に縛られておらず、36ヵ月の継続居住などの一定の条件を満たせばその国の代表になることができるため、肌や目の色が違っても桜のジャージーを着て日本チームでプレーできることも、国際色があって魅力的ですね。「頑張れニッポン!」
f0081443_14183470.jpg
 (写真・ラグビーW杯の開幕と日本の勝利を伝える21日の「秋田魁新報」)

# by shouichiro_sato | 2019-09-21 20:38 | スポーツ | Comments(0)  

鎌鼬の里芸術祭

 羽後町田代の旧長谷山邸を中心に、21日~22日の2日間、「鎌鼬(かまいたち)の里芸術祭」が開かれます。舞踏やダンス、民俗芸能、ジャズライブ、ワークショップ、シンポジュウムなど、盛りだくさんの内容です。
f0081443_09040847.jpg

 (写真・細江英公さんの写真が目を引く「鎌鼬の里芸術祭2019」のポスター)


 写真家の細江英公さんが舞踏家の土方巽を田代地区で撮影して出版した写真集「鎌鼬」にちなんで、両氏の業績を広く国内外に伝え、写真芸術や舞踏の発展を支援するために発足した、NPO法人鎌鼬の会(理事長・菅原弘助さん)の主催で、今年で4回目。秀島実さん、池宮中夫さんら日本の舞踏家、ポーランド、デンマーク、台湾、米国などからのダンサーなど、国内外の多彩な仲間が集います。

# by shouichiro_sato | 2019-09-20 21:49 | 羽後町 | Comments(0)  

韓国人訪日客

 観光庁の推計によると、8月に日本を訪れた韓国人旅行者は30万8700人で、前年同月に比べて48.0%減ったとのこと。日韓の対立が響いているためで、関係改善の見通しは立っていません。航空路線の運休も拡大しています。

 一方、8月に訪韓した日本人は33万4000人で、4.8%の増。日韓対立が表面化する前から、夏休みの旅行先として予約していた人も多いと見られます。

 8月の訪日客を国別でみると、トップは中国の100万600人で16.3%の増。2位は台湾で42万300人で6.5%増。3位は韓国、4位は香港の19万300人(4.0%傳)、5位はアメリカで11万7800人、14.3%増。今年1月~8月の累計では、前年同期比3.9%増の、2214万4900人で、過去最高ペースは維持しています。

# by shouichiro_sato | 2019-09-19 22:37 | 社会・話題 | Comments(0)  

イージス・アショア

 県議会は一般質問が始まり、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備地に関する防衛省の再調査と県の対応について、東海林洋議員(みらい・湯沢市雄勝郡)と薄井司議員(社民党・能代市山本郡)が佐竹敬久知事の考えを質しました。自民党の議員は2人が登壇しましたが、イージス・アショアについては質問しませんでした。

 佐竹知事は東海林議員への答弁で、「住民の安全を脅かす可能性が高い場所への配備は、軍事常識からいっても避けるべきだ」とした上で、来月にも河野太郎防衛大臣にたいして「ゼロベースで公平な観点から調査するよう申し入れる」とし、その際は「候補地の検討では住宅地等からの距離を重要な要素とすることに加え、秋田への配備が効果的とする根拠、住民の安全対策を説明することも申し入れ、再調査の結果や再説明で申し入れ事項が果たされているか厳しく見極める」と述べています。

 佐竹知事は今月2日の記者会見で、配備に関する適地の基準を問われ、「少なくとも半径2~3kmに人家がないところ」と述べ、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地にすることに否定的な、踏み込んだ発言をしていました。

# by shouichiro_sato | 2019-09-18 21:30 | 秋田県議会 | Comments(0)  

百歳以上

 9月15日時点での調査によると、秋田県内で百歳以上となられた方は、669人。前年度に比べ27人増えています。

 男女別でみると男性が80人、女性は589人で、圧倒的に女性が多くなっています。さらに、本年度中に百歳の誕生日(大正8年9月16日~9年3月31日生まれ)を迎える方は男性51人、女性200人で、合わせて251人が予定されています。以前は百歳を迎えることは稀でしたが、今では身近なところにもいる世の中になりましたネ。

 尚、9月1日現在の調査による県内の最高齢者は、男性が明治44年4月7日生まれの小松忠藏さん(108歳・由利本荘市)、女性は明治41年3月4日生まれの畠山ミヨさん(111歳・北秋田市)です。素晴らしいですネ。

# by shouichiro_sato | 2019-09-17 20:21 | 秋田県 | Comments(0)  

37.1%

 きょうは敬老の日。秋田県がまとめた高齢者に関する調査によると、県人口に占める65歳以上の割合を示す高齢化率は37.1%となり、前年から0.8ポイント上昇して、過去最高を更新しています。さらに75歳以上を見ると、県人口に占める割合は20.0%でした。

 市町村別にみると、高齢化率の最も高いのは上小阿仁村で55.2%。藤里町50.1%、五城目町48.2%と続いています。最も低いのは秋田市で31.1%。次に大潟村が33.1%です。私も対象となっている羽後町は39.6%でした。

 また、県内で高齢者だけの世帯は12万3961で、総世帯数の31.8%。そのうち一人暮らしの世帯は6万8252で、17.5%でした。

 尚、総務省が15日に発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者は全国で3588万人。総人口に占める割合は0.3ポイント増の28.4%と、過去最高です。今後はさらに増加することでしょう。

# by shouichiro_sato | 2019-09-16 22:47 | 社会・話題 | Comments(0)