トンネル貫通

 東成瀬村で進められている成瀬ダム建設に関連する「成瀬ダム国道付替2号トンネル工事」の貫通式が、24日に現地で行われました。

 椿川地内に設けられる同トンネルは延長1800m、平成28年4月に着工して今年11月28日までの期限で工事が進んでいます。豪雪地域にありながら冬季も休みなく、昼夜を通して掘削作業が行われており、見事な工事の施工に感激です。工事請負者は鹿島建設株式会社で、同社はダムの本体工事も受注しています。
f0081443_20123699.jpg
  (写真・貫通発破が行われると、一気に明るい光が差し込みました)

# by shouichiro_sato | 2018-07-25 20:14 | 産業振興 | Comments(0)  

国内最高気温

 連日うだるような暑さが続いている日本列島。昨日は埼玉県熊谷市で午後2時過ぎに41.1℃を記録し、国内最高記録を5年ぶりに更新しました。

 気象庁によると23日は、全国927観測点の7割に迫る627地点で30℃を超え、このうち241地点で35℃以上の猛暑日となっています。22日までに熱中症と思われる症状で救急搬送された人は、全国で2万1千人を超えています。今後も当分の間、暑い日が続くようですから、厳重な注意が必要です。
f0081443_22241550.jpg
  (写真・全国で記録的な猛暑になっている日本列島。NHKニュース9より)

# by shouichiro_sato | 2018-07-24 22:27 | 社会・話題 | Comments(0)  

御嶽海

 きのう千秋楽となった大相撲名古屋場所は、関脇・御嶽海(出羽ノ海部屋・25歳)が13勝2敗で初優勝しました。初日に横綱・稀勢の里、場所中に白鵬、鶴竜の2横綱と新大関・栃ノ心が休場するという異常事態?となったものの、御嶽海の快進撃で終盤は盛り上がる土俵となりました。
f0081443_20041946.jpg
  (写真・初優勝に殊勲賞と技能賞を獲得した御嶽海。NHK総合テレビで)

 幕内で2ケタ勝利を挙げたのは、貴景勝(前頭3枚目・21歳)、豊山(同9枚目・24歳)、阿武咲(同11枚目・22歳)、朝乃山(同13枚目・24歳)などで、大相撲の次世代を担う若手の活躍が目立ちました。千秋楽の御嶽海は豊山と対戦し、大熱戦を展開。最後は豊山の掛け投げに屈して有終の美は飾れなかったものの、今後の相撲が楽しみな一番となりました。

# by shouichiro_sato | 2018-07-23 20:22 | スポーツ | Comments(0)  

岩手勢強し

 羽後町スポーツ少年団ホッケー交流大会は今回で14回目。今年も岩手県勢の活躍が目立つ大会でした。

 男子決勝戦は久保・一方井(岩手)が3-2で沼宮内(岩手)との激闘を制し、合同チームとしては初優勝。3位決定戦では川口(岩手)が8-0で川西(山形)に快勝しました。

 女子決勝戦は沼宮内が5-0で久保・一方井に勝ち、単独チームでは初優勝。3位決定戦は築館(宮城)が2-1で川西に競り勝っています。

 尚、MVP(最優秀選手)には男子で今松快維君(一方井小6年)、女子は森子紗希さん(沼宮内小6年)が選ばれました。以前の同大会で活躍した選手の皆さんは、高校や大学・社会人でも頑張っており、今後が楽しみです。

f0081443_18221502.jpg
f0081443_18260737.jpg
  (写真上・男子優勝の久保・一方井スポ少、下は女子優勝の沼宮内スポ少)

# by shouichiro_sato | 2018-07-22 18:23 | ホッケー | Comments(0)  

スポ少大会

 第14回AAB杯「羽後町スポーツ少年団ホッケー交流大会」が始まり、東北6県から16チームが参加して熱戦が展開されています。きょうは予選リーグ戦で、明日22日は決勝トーナメント戦が行われます。
f0081443_08211207.jpg
 (写真・羽後町多目的広場の人工芝コートにはチームの激励幕が張られています)

 昨年は豪雨の悪天候となり1日目で中止になった同大会。今年は一転猛暑となり、熱中症予防を呼びかけながらの
運営となっていますが、選手たちは一生懸命に白球を追い、グランドを走り回っています。

# by shouichiro_sato | 2018-07-21 22:17 | ホッケー | Comments(0)  

縄文遺跡群

 国の文化審議会は大湯環状列石(鹿角市)と伊勢堂岱遺跡(北秋田市)を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を、世界文化遺産の新たな候補に選びました。同遺跡群は2013年から推薦獲得を目指してきましたが、5年連続見送りとなっており、今回が6度目の挑戦でした。

 ただし、政府からユネスコへの推薦枠は、文化、自然合わせて1年1件に制限されており、2020年の登録には自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」と競合しており、来年2月1日までにどちらを推薦するか検討するとしています。

# by shouichiro_sato | 2018-07-20 23:55 | 社会・話題 | Comments(0)  

猛暑が続く?

 気象庁が発表した1ヵ月予報によると、東・西日本は太平洋高気圧に覆われて、向こう1ヵ月の気温は高い見込みとか。特に7月後半は平年よりかなり高くなる見込みで、北日本も平年並みか高い予想になっています。こうした気象状況は、過去に経験したことがないと思われます。

 この猛暑はまだまだ続きそうですから、「命を守る行動」を心がけ、体調管理には十分に注意してください。

# by shouichiro_sato | 2018-07-19 20:53 | 社会・話題 | Comments(0)  

ラウンドアバウト

 幹線道路整備における変則交差点の改良手法、ラウンドアバウトを視察しました。同様の交差点は全国に8ヶ所あり、訪ねたのは最も新しい長野県安曇野市にある「本村円(ほんむらまどか)」交差点です。

 ラウンドアバウトとは環状交差点のことで、交差点の中央に円形地帯(中央島)を設けるもの。車輌はこの中央島に沿った環状の道路を一方向に通行し、行き先の道路に流出します。欧米諸国では安全でエコな交差点の制御方式として積極的に導入され、交通事故の減少などの効果も報告されています。

f0081443_08044932.jpg
f0081443_08050580.jpg
(写真・ラウンドアバウトでスムーズな交通を確保した安曇野市の本村円交差点)

# by shouichiro_sato | 2018-07-18 21:20 | 秋田県議会 | Comments(0)  

浅川ダム

 県議会建設委員会の調査で、長野県にある浅川ダムを視察しました。信濃川水系一級河川の浅川に治水専用ダムとして昨年3月に運用を開始したものですが、これまでには様々な出来事に翻弄されてきたダムでした。

 昭和52年から計画調査が始まり、平成12年には本体工事契約をしていたものの、同年に当選した田中康夫知事が「脱ダム」を宣言。以来、平成22年に再着工されるまで、事業は凍結されていました。

 しかし、大雨災害を防止する手段としては河川改修や堤防の嵩上げだけでは課題があるとして、知恵を絞った結果が治水専用ダムの建設です。普段は水が流れているものの、いざ上流で大雨になると流れる一定量以上の水は溜まるようにできており、その仕組みや内部構造をしっかりと確認することができました。
f0081443_07540939.jpg
f0081443_21235253.jpg
 (写真・浅川ダムは、普段は上流に水が溜まっていない「治水ダム」です)

# by shouichiro_sato | 2018-07-17 22:43 | 秋田県議会 | Comments(0)  

草刈り

 一週間ぶりに自宅にいましたので、今日は朝から自宅周りの草刈りや除草剤の散布。

 西日本や東日本ほどではないにしろ、当地も30℃を超える真夏日が続いており、何度も水を飲みながら、何とか作業を終えました。

 一休みして夕方には秋田市へ。今月末に神奈川県に転勤する知人の送別会で、有志が集って楽しい時間となりました。明日からは県議会建設委員会の調査で、猛暑が続く中部地方に行ってきます。

# by shouichiro_sato | 2018-07-16 23:55 | 家族・仲間 | Comments(0)