桜が開花

 ようやく我が家の庭にある桜が、開花しました。

 この桜はいつ植えられたのかは知れませんが、大きくなっては枯れてしまい、若木が芽吹いてきてもなかなか育ちません。昨秋に久方ぶりに樹高が2mを超えたので、根元を野ネズミの食害から守るためにビニールを巻くなどして対応したものの、雪が消えてから見てみると、根元や地上50cm辺りの樹皮がすっかり食べられていました。

 そんな訳で、花が咲くのか心配していましたが、きょう、少ない花芽が見事に開花し、嬉しくなりました。

f0081443_19320707.jpg
(写真・雪消えは平年より10日ほど遅かったものの、我が家でもようやく桜が咲きました)

# by shouichiro_sato | 2018-05-02 19:35 | 家族・仲間 | Comments(0)  

クマ出没

 きょうの夕方、東成瀬村の山林でクマの目撃情報を受けて見回りをしていた猟友会の男性(68歳)が、クマに襲われ顔にケガをしました。先月22日には北秋田市の山林で生息調査をしていた猟友会の男性がクマに襲われてケガをしており、この春の被害者は3人目です。

 鹿角市では一昨年、タケノコ採りで山に入った人が相次いでクマに襲われて4人が死亡しており、現場に通じる道路ではきょう、昨年に続いて通行止めの看板とバリケートを設置する作業が行われています。

 当地でも、すでに北沢峠や横根峠付近でクマの目撃情報があり、山菜採りのシーズンが始まっているだけに注意が必要です。これだけ身近なところでクマが出没するということは、生息数が多くなっているのでしょうネ。

# by shouichiro_sato | 2018-05-01 23:01 | 社会・話題 | Comments(0)  

あと一年

 天皇陛下の退位まで、きょう30日であと一年になりました。2016年8月に天皇陛下が退位の意向を表明してから、昨年6月には天皇の退位を実現する特例法が成立。陛下は退位後、象徴として皇后さまと歩んできた公務から退かれる意向です。

 同じように書くのは恐縮ですが、秋田県議会議員の任期もあと一年になりました。任期は平成31年4月29日までで、平成の終わりとともに私たちも任期満了となります。来年に向けての動きはまだありませんが、先ずは残りの一年、しっかり努めたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2018-04-30 22:32 | 社会・話題 | Comments(0)  

弘前公園

 急遽、一度は行ってみたいと思っていた弘前公園(青森県弘前市)に出かけようと決意し、とんぼ返りで行ってきました。
f0081443_23265380.jpg
f0081443_23271562.jpg
  (写真・花筏が見事な弘前城追手門前。場内は枝垂れ桜が満開で、宴も最高潮)

 ただ、大型連休の日曜日とあって、道路はあちこちで渋滞中。由利本荘市から利用した日本海東北道では岩城IC、秋田南IC、昭和男鹿IC、能代南IC、二ツ井白神ICなどでノロノロ運転。釈迦内PAでは多くの県外ナンバーの車が休憩していました。東北道の碇ヶ関ICの手前まで来ると「大鰐弘前IC出口は渋滞中」の表示あり。

 思い切って?国道7号に降りたところ、道の駅「いかりがせき」までは断続的に渋滞。大鰐弘前ICの手前に「さくらまつり無料駐車場」の案内があり、アップルライン経由でようやく岩木川河川敷の駐車場に到着。朝8時30分に出発して、ここまで4時間かかってしまいました。

 そこから弘前公園までは歩いて20分(約1500m)。ようやくたどり着くも、大勢の人で園内はノロノロ歩行。どうしても午後6時までは帰宅しなければならず、弘前城のある本丸への入場を諦め、1時過ぎに屋台で「津軽そば」を食べ、滞在時間は約30分。再び駐車場まで歩いて、2時に出発したものの、市内の道路は渋滞で大鰐弘前ICにたどり着いたのは3時。東北道と秋田道を利用し、何とか6時直前に自宅に戻りました。尚、走行距離は約550kmでした。

# by shouichiro_sato | 2018-04-29 23:33 | 今日の出来事 | Comments(0)  

メーデー

 連合が主催する「第89回メーデー」が全県下で開かれ、私は湯沢市中央公園の湯沢雄勝地区メーデーに出席。地区内の労組組合員や社民党などの政党関係者約200人が参加し、「真に働く者のための働き方改革を実現しよう」と宣言しました。
f0081443_08002430.jpg
 (写真・満開の桜の中、連合傘下の仲間が結集。湯沢市中央公園野外ステージ)

 《 メーデー宣言の抜粋 》  未だ長時間労働や後を絶たない過労死・過労自死、雇用形態や性別などの違いによる格差問題が深刻化している。加えて、超少子高齢化・人口減少が急速に進み、地域の活力が損なわれるなど深刻な問題が顕在化している。
 春季生活闘争における「底上げ・底支え」「格差是正」の取り組みを県内全体に波及させるとともに、安心と信頼の社会保障制度の確立をめざしていく。真に働く者のための「働き方改革」を実現し、誰もが健やかで安心して働き続けられる社会を今こそ創ろう。


# by shouichiro_sato | 2018-04-28 22:45 | 今日の出来事 | Comments(0)  

40年目の・・・

 今年はブラジル移民110周年。その中で1962年の春に700名近い移住者を、南米4カ国に運んだ船「あるぜんちな丸」の第12次航。それから40年経った2002年に撮影されたドキュメンタリー、「40年目のビデオレター・アマゾン編」の上映会が今夜、秋田市で行われました。

 制作したのは日本テレビで放送された「すばらしい世界旅行」などの番組デレクターを担当し、1987年にフリーランスとなってブラジルに移住した岡村淳さん(60歳)。97年から自主制作によるドキュメンタリーづくりを始め、ブラジルの日本人移民や社会・環境問題をテーマにした作品の制作を継続しています。上映会には岡村さんも出席し、撮影当時の思い出や今のブラジルの状況について語ってくれました。

 ビデオレターには多くの皆さんが登場していますが、何と私と同姓同名の佐藤正一郎さん(秋田市太平出身)のご家族がいました。満州から帰国して同地で開拓生活を送り、その後に一家皆でブラジルへ渡航。映画では佐藤さんとそのご家族が移住当時の出来事を振り返りながら、今は「暖かいブラジルに来てよかった」と話していることにホッとしました。(撮影時から16年、佐藤さんはその後に亡くなったということです)

 羽後町からもブラジルへ移住した人が多くいますので、いつかの機会に岡村さんのドキュメンタリー映画を上映したいと思っています。

# by shouichiro_sato | 2018-04-27 23:57 | 今日の出来事 | Comments(0)  

髙橋優さん

 シンガーソングライター・高橋優さん(横手市出身、34歳)が仙北市役所で記者会見し、今年の野外音楽フェステバルは9月1、2日に同市の生保内公園野球場で開催することを発表しました。

 フェステバルは高橋さんが県内13市で開催することを目標にして、2016年にスタート。横手市、由利本荘市に続いて今年が3回目となります。過去2回とも高橋さんの音楽仲間のアーティストが10組以上参加し、県内外から1万人を超えるお客さんが来場。大変なにぎわいでした。

 今年の会場は秋田新幹線田沢湖駅にも近く、国道46号線沿いにあって交通アクセスも万全。大いに盛り上がることでしょう。詳細は後日に特設サイトで発表されますが、チケットの一般販売は7月下旬とか。楽しみですネ。

# by shouichiro_sato | 2018-04-26 22:38 | 社会・話題 | Comments(0)  

冬期閉鎖解除

 冬期間の道路閉鎖が行われていた湯沢雄勝管内の国道398号(湯沢市皆瀬~宮城県栗原市)、国道342号(東成瀬村~岩手県)がようやく通行できる見通しになりました。両路線とも27日(金)の正午、閉鎖が解除されます。

 ただし、342号の東成瀬村二郷山と398号の湯沢市皆瀬小安奥山を結ぶ、県道二郷大湯線(通称・栗駒道路)は5月下旬まで冬季閉鎖が続いています。この県道を通行できれば、小安温泉から須川湖を経由して東成瀬村まで周遊が可能となり、観光ドライブコースとして楽しむことができるのですが、一部に雪崩や落雪の心配があり、まだ除雪作業は始まっていません。

# by shouichiro_sato | 2018-04-25 23:54 | 社会・話題 | Comments(0)  

最強官庁財務省

 最強官庁といわれる財務省で、事務方トップの辞任が続きました。学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書の改ざんで、財務省理財局長から国税庁長官に就任した人に続き、きょうはセクハラ疑惑が報じられた事務次官も辞任しました。二人は同期のエリート官僚ですが、忖度をしてつじつまを合わせるため?に文書を改ざんしたり、テレビ局の女性記者から夜に二人きりで取材を受けるなど、何とも軽率で残念な出来事であったと思います。

 現職の事務次官の辞職は以前にあった接待問題(ノーパンしゃぶしゃぶ事件?)以来の出来事で、セクハラ疑惑に対するその後の対応も中途半端。財務省の権威?もすっかり落ちてしまいましたネ。

 それにしても最近の国会は、こうした出来事の応酬と駆け引きばかりで、肝心の政策についての議論が聞こえてきません。

# by shouichiro_sato | 2018-04-24 23:07 | 国政・時事 | Comments(0)  

マナーも金メダル

 昨日、仙台市の中心部で行われた平昌冬季五輪フィギュアスケートで金メダル2連覇を達成した羽生結弦選手(23歳)の凱旋パレード。市民や全国から訪れたファン10万8千人が祝福しました。テレビの映像を見ても、皆さんの喜びが伝わってきて、本当にうれしくなりました。

 そして今、パレード終了後の会場にはゴミがほとんどなかったことが、話題になっています。大勢のボランティアがパレード後の後片づけを行いましたが、集まったゴミは家庭用のゴミ袋でたった12袋とか。前日から場所取りで座り込んでいた人も多いものの、お客さんのマナーも金メダルでしたネ。

f0081443_21555572.jpg
   (写真・大勢のファンが集まった羽生選手の祝賀パレード。NHK「ニュース7」より)

# by shouichiro_sato | 2018-04-23 23:56 | 社会・話題 | Comments(0)