人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マスク不要

 新型コロナウイルス禍ですっかり定着したマスクの着用について、ここにきて臨機応変な対応を求める声が大きくなってきました。猛暑が続いて熱中症の危険が高まってきたことや、屋外はもちろん、屋内でも適切な距離があり会話がない場合などは「マスクは必要ない」と、国や地方の首長、医師会などが呼びかけています。

 ただ、3年間もマスクをする生活が続き、店舗や施設の入り口には「マスクの着用・手指の消毒」の表示があることから、「つけていないと安心できない」「周りから指摘されるのではないか」など、マスクを外せない方々が大半ですネ。

 私はマスクを常に持ち歩いているものの、その場の環境、状況に応じて着けたり外したり・・・・・。どちらかというと着けない場所や時間の方が多くなりました。

# by shouichiro_sato | 2022-06-29 21:43 | 社会・話題 | Comments(0)  

政見放送

 参院選が公示されて7日目。秋田県選挙区の政見放送がようやく始まりました。現職や普段から政治活動をしている候補者は知名度があるものの、大半の候補者にとっては公示後の選挙運動で政策や経歴、人柄などを知ってもらうことになります。ただ、公職選挙法では運動についての様々な規制があります。

 特に配布できる文書はハガキとビラ以外は認められておらず、枚数に制限があります。新聞などのマスコミは公示後に独自の調査(アンケート等)に基づく報道を、公平に(記事の分量やスペース、時間配分など)報道しています。

 一方、候補者や政党はそれぞれが提出した文書を掲載した「選挙公報」の配布と、録画・録音された「政見放送」を行うことができます。こちらは公費ですが、有権者にそれらが届くにはある程度の時間がかかりますから、政策等を比較・確認して判断するには、公示から1週間経っても、まだまだ情報が足りません。

 すでに期日前投票が始まり、3年前に比べると「出足が良く」、定数1人区では現職が優勢との報道がありました。早々と投票したのは支持する候補者が決まっている方々でしょうから、当然の成り行きです。無党派層の票の行先はこれからであり、「物価高への対策」など新たな争点も浮上してきましたから、これから関心が高まってくることでしょう。街頭演説などではそうした様々な課題について、候補者が的確に対応できるのか・・・・も、判断材料になることでしょう。政見放送はしっかり見させていただきました。

政見放送_f0081443_22242644.jpg
 (写真・秋田県選挙区の政見放送が始まりました。NHKで午後6時25分から)

# by shouichiro_sato | 2022-06-28 22:27 | 22・参院選 | Comments(0)  

猛暑と豪雨

 25日に群馬県伊勢崎市では6月としては国内観測史上初となる40.2℃の最高気温を記録。そして昨日も今日も、関東地方では36℃を超える猛暑日となっています。北日本から西日本では当面、気温がかなり高くなる日が続くと見られています。そんな中できょうは関東甲信、東海、九州南部では梅雨明けも発表されました。

 一方、秋田県南部では早朝から局地的に豪雨がありました。梅雨前線が北上しており、こうした状況はあす以降も続きそうです。

# by shouichiro_sato | 2022-06-27 22:38 | 社会・話題 | Comments(0)  

消防訓練大会

 《 カメラスケッチ 消防団総合訓練大会 》

消防訓練大会_f0081443_19290566.jpg
消防訓練大会_f0081443_19291899.jpg
消防訓練大会_f0081443_19285048.jpg
 新型コロナ禍で実施できなかった羽後町消防団(佐藤良友団長)の「総合訓練大会」が、3年ぶりに開催されました。会場の羽後町多目的広場には、早朝から300名程の団員や関係者が参加し、猛暑の中で日頃の訓練の成果を発揮しています。仕事をもちながら、さらにはコロナ禍でありながら訓練を重ねてきた団員の皆さんの行動に感謝し、頼もしく感じました。

 大会は規律訓練(礼式)と小型ポンプ操法の2部門で審査され、両部門で1位となった第6分団(原田千代志分団長)が総合成績でも優勝。来月に行われる湯沢市雄勝郡大会に出場します。

# by shouichiro_sato | 2022-06-26 19:48 | 羽後町 | Comments(0)  

賃金引上げ

 秋田弁護士会(松本和人会長)は24日、秋田県の最低賃金を大幅に引き上げることを求める会長声明を発表し、県と秋田労働局、秋田地方最低賃金審議会などに送付したと、きょうの秋田魁新報が伝えています。秋田県の最低賃金(1時間822円)は全国平均を大きく下回り、生活のために必要な費用に対して「絶対的に不足している」としています。

 最低賃金の地域間格差の是正が必要だとし、企業側が引き上げに対応できるよう、税や社会保険料の減免措置、助成金制度の改革などの支援策を求めました。全くその通りであり、参議院議員選挙でも各候補者の主張が注目されます。

 ここにきて、賃金や年金が実質的に減っている中で、急激に進む「物価の高騰」への関心が高まってきました。

# by shouichiro_sato | 2022-06-25 20:00 | 秋田県 | Comments(0)