ハピネッツ

 バスケットボール男子Bリーグ1部の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は6日と7日、2018~19年シーズンの開幕戦で昨季西地区1位の琉球と対戦。結果は67-84、66-71で2連敗し、B1復帰戦の第1節で勝利することはできませんでした。
f0081443_07173907.jpg
 (写真・秋田NHは開幕2連敗。NHKBS「熱血解剖!Bリーグ」より)

 2季ぶりのB1では黒星スタートとなった秋田NH。(テレビ観戦した)琉球との開幕戦では互角に戦うクォーターがあり、見せ場も十分。シュートの決定力がさらに高まれば・・・・と、期待の持てる試合展開でした。B1は初代チャンピオンの栃木や昨年の覇者A東京、秋田での活躍した冨樫や田口選手がいる千葉、それに川崎、名古屋Dなど強豪ぞろいであり、どこまで食い込んでいけるか、楽しみです。

 尚、ブースターの盛り上がりは「秋田が一番」だと、テレビは紹介していました。

# by shouichiro_sato | 2018-10-08 21:55 | スポーツ | Comments(0)  

秋田の先覚

 秋田の先覚で古代アンデス文明の研究に生涯を捧げた海外日系最高の文化人、天野芳太郎先生を偲ぶ記念会がきょう、男鹿市脇本公民館で開かれました。
f0081443_22242695.jpg
(写真・挨拶をする天野芳太郎顕彰会世話人代表の高桑繁さん。脇本公民館ホール)

 同公民館の前庭には平成4年に建立された「天野芳太郎先生顕彰碑」があり、例年は顕彰碑前で献花をしていました。しかし、台風25号の影響で風雨が強く、記念式典は天野芳太郎コーナーがある公民館内ホールで開催。男鹿市や顕彰会会員、出身校である秋田工業高校同窓会、あきた南米交流会などの関係者50人程が参加しました。

 顕彰碑には「昭和57年10月14日朝、心不全のため博物館隣接の自宅で死去した。84歳。世界に誇る偉大な先覚の逝去10周年に当たり、ここに顕彰碑を建立して永く遺徳を偲びたい」と記されています。

# by shouichiro_sato | 2018-10-07 22:29 | 秋田県 | Comments(0)  

最高気温

 台風25号の影響なのか、フエーン現象が起きて日中の気温が急上昇しました。新潟県三条市では10月としては日本国内の最高気温となる36℃を記録するなど、日本海側では季節外れの暑さとなりました。
f0081443_20015967.jpg
(写真・仙北市からの帰りに大仙市「道の駅なかせん」を通ると、35℃の表示が)

 今夜からあす未明にかけて、台風25号は日本海を北上して温帯低気圧に変わるものの、東北地方や北海道は風が強く豪雨となることが予想されており、警戒が必要です。

# by shouichiro_sato | 2018-10-06 20:08 | 社会・話題 | Comments(0)  

新米こまち

 JA全農あきたは4日、今年産米の県外出荷を始めました。すでに県内では新米が出回ってきており、滞在中の秋田市のホテルでも2日ほど前から、美味しい新米の「あきたこまち」が提供されています。

 全農秋田の今年の集荷・販売計画量は約17万1千トン。コメ取引で問題が発覚したJA秋田おばこが全量を委託販売するため、昨年より約4万トン増えています。コメの消費量が減る中で、「あきたこまち」は値ごろ感もあって消費者の人気は高いものの、他産地からは食味の優れた新品種が次々と市場に出てきており、販売競争も激化。

 ところで、秋田県も次の県産米のエースを目指した品種改良に取り組んでおり、先日には県農業試験場で最終選抜に残った2品種の稲刈りが行われました。この後にさらなる試験が行われ、来年早々には1品種に絞られるとか・・・。楽しみです。

# by shouichiro_sato | 2018-10-05 22:38 | 産業振興 | Comments(0)  

建設技能組合

 県議会の技能議員連盟(会長・北林康司議員)と県建設技能組合連合会(会長・柳谷金悦さん)との意見交換会が開かれ、大工などの職人さんがおかれている厳しい状況や後継者不足の現実について、話を聞きました。

 特に、「健康保険組合について」「住宅リフォーム支援事業の継続」「県産材利用促進事業の拡充」「技能後継者対策」などについて要望されており、同連盟では県に働きかけることにしました。また、中古住宅の流通促進や増加が見込まれる外国人労働者への対応についても、意見がありました。

# by shouichiro_sato | 2018-10-04 23:39 | 産業振興 | Comments(0)  

知事の発言

 きょうまで2日間行われた県議会予算特別委員会の総括審査で、イージス・アショアの配備について佐竹敬久知事は「県選出の与党議員(5人)が賛成している中で、私に配備の判断の是非を投げかけられても困る」。「ある国会議員が、私が配備反対のような態度をとっているのが面白くないと言ってきた。私はガタガタいうと(選挙で)落とすぞと言い返した」と、何とも無責任?で不誠実な答弁をしています。

 また、政治生命をかけて国と対峙するように求められると「この程度のことで、政治生命とか大袈裟なことは考えていない」。県民の関心が高いイージスアショアの問題を「この程度」と捉えているとすれば、チョッと感覚が違いますネ。

 「地元の理解や判断を尊重しながら、適切に対応していく」と答える一方で、質疑の本質から外れる言葉もあり、一貫性に欠ける対応が目立っています。

# by shouichiro_sato | 2018-10-03 23:59 | 秋田県議会 | Comments(0)  

県民栄誉章

 今年8月に中国で行われた世界バトミントン選手権大会・女子ダブルスで優勝した永原和可那選手(22歳)と松本麻佑選手(23歳)の二人に、秋田県県民栄誉章が贈られました。
f0081443_21300954.jpg
  (写真・県民栄誉章を受章した右から松本選手と永原選手。県正庁で)

 永原選手は北海道河西郡芽室町出身で、青森山田高校卒業。松本選手は北海道札幌市出身で、とわの森三愛高校卒業。二人とも平成26年4月に北都銀行(本店・秋田市)に入社し、同行のバトミントン部に所属。昨年から日本代表ペアとして国際大会に出場するようになり、カナダオープンで優勝など、メキメキと上位ランク入り。そして今年は7月のインドネシアオープンで準優勝し、8月の世界選手権大会では初出場ながら、日本勢41年ぶりの優勝という快挙を達成しました。

 バトミントンでは日本チームが世界のトップレベルにあり、今後は2020東京オリンピックに向けて日本代表に選ばれることが最大の目標。今年1月に県民栄誉賞を受賞した北都銀行の米本小春選手と田中志穂選手のペアとともに、さらなるご活躍を期待しています。

# by shouichiro_sato | 2018-10-02 21:32 | 秋田県 | Comments(0)  

沖縄県知事選挙

 きのう投開票が行われた沖縄県知事選挙は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する前衆議院議員・玉城デニー氏(58歳)が、安倍政権が支援した前宜野湾市長・佐喜真淳氏(54歳)ら3人を大差で破り、初当選しました。

 自民、公明、維新、希望の各党から推薦を受け、自民党の二階幹事長や小泉副幹事長、菅官房長官などが何回も沖縄入りし、公明党の山口代表も沖縄で全面支援に回るなど、国政選挙以上の組織選挙を展開したにもかかわらず、佐喜真氏の得票は玉城氏と8万票以上開きました。玉城氏の得票は39万6632票で、1998年の知事選挙で稲峰恵一氏が獲得した同選挙の最多記録(37万4833票)をも上回る圧勝です。

 先に自民党総裁選挙で3選を果たした安倍晋三首相にとって、同選挙の党員・党友の地方票で石破茂元幹事長に善戦され、来年に予定される参議院議員選挙での求心力が懸念される中、政府与党が一体となって県政奪還を目指した戦いで敗れ、出鼻をくじかれた結果となりました。

 安倍首相は2日、党人事と内閣改造を断行して新体制を発足させますが、最近目立ってきた「安倍政権の強圧的な手法」との批判にどう対応するのか、今後の政権運営が注目されます。

# by shouichiro_sato | 2018-10-01 19:32 | 国政・時事 | Comments(0)  

「やや不良」

 農林水産省が28日に発表した2018年産水稲の作況指数(9月15日現在)によると、秋田県は「やや不良」の98(平年作は100)でした。8月中旬以降の低温と日照不足で、登熟が不十分とのこと。地域別でも県北、中央、県南のいずれも「やや不良」の98となっています。

 イネの収量を決める要素には「茎数、粒数、登熟歩合、千粒重」の4つがあり、それぞれが形成される時期の気象条件が大きく影響します。今年は暑い夏でしたが、イネの生育から見ると秋田県の場合、大事な時期の気温が低かったり日照時間が少なかったことが、作柄に影響していると思われます。

 当地でも稲刈りが進んでいますが、「平年より収量がない」とのこと。概算払い金は昨年より上がっているものの、収量が減るので、厳しい出来秋になりそうです。

# by shouichiro_sato | 2018-09-30 23:09 | 産業振興 | Comments(0)  

ようこそ秋田へ

 南米のブラジルとアルゼンチンから秋田県が招聘した研修生を囲んで、あきた南米交流会ではきょう、歓迎会を行いました。来日しているのはブラジル・サンパウロ市から斉籐ちえみさんと川合ひろみさん、アルゼンチン・ブエノスアイレス市の押田(大信田)貴子さんの3人です。
f0081443_21392106.jpg
(写真・前列左2人目から斉籐さん、川合さん、押田さん。秋田パークホテルで)

 斉籐さんはブラジルの銀行に勤務していますが、一時休職して来日。一昨年には兄さんも来県しており、その時果たせなかったルーツ(先祖は旧昭和町)を探したいとか。川合さんはブラジル秋田県人会・川合昭会長のお孫さんで、秋田を訪ねるのが夢だったとのこと。押田さんは先祖が旧太田町にあり、私も南米訪問時に御祖父さんやご家族に会っており、1年ぶりの再会となりました。

 三人は日本語学習や職場訪問、ホームスティなどを通して日本の文化を体験します。週末には県内各地を訪ねたいと話しており、見かけたときには声をかけてやってください。

# by shouichiro_sato | 2018-09-29 21:41 | 今日の出来事 | Comments(0)