いきなり!ステーキ

 昨日に続いて、牛肉の話題です。人気のステーキ専門店「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス・東京)の県内第一号店が、きょう秋田市東通にオープンしました。2013年に東京で開店してから国内外で展開してきた同店にとって、これで47都道府県の全てに店を構えることになりました。

 同店の特徴は、お客さんの前で肉の塊を切り分けるサービスや、グラム単位で価格が設定(例えばリブロ―スステーキは1g当たり、6.9円)されていること。平均で男性が350g、女性が300gを食べているそうで、早速、多くのお客さんがジューシーなステーキを堪能しているニュースがありました。

 この日は県外でも3店舗がオープンし、計366店舗になったとのこと。都内などでは「立ち食いスタイル」のステーキ店として話題になりましたが、秋田店はテーブルと椅子が用意されており、子供から高齢者まで利用することができるようです。

# by shouichiro_sato | 2018-11-30 23:49 | 社会・話題 | Comments(0)  

肉の日

 語呂合わせには様々あり、きょう11月29日は「いい肉の日」です。

 県食肉流通公社(秋田市河辺)では恒例となっている第51回秋田錦牛銘柄確立共励会がきょう開かれ、県内の肥育農家が出品した69頭の枝肉が審査されました。最優秀賞には羽後町の肥育農家・佐々木誠綱さんの482.5kgの枝肉が選ばれました。佐々木さんは「きめ細かでくどくない脂になるよう、地元の飼料用米を使った餌を与えて、従業員と丁寧に育ててきた」とのこと。牛舎は当地域の北沢道路の近くにあるだけに、嬉しいですね。

 一方、25日には同所で県産黒毛和牛のブランド・秋田牛の肉質を競う「秋田牛枝肉共励会」があり、最優秀賞のチャンピオン賞には羽後町の遠藤正人さん(JAうご)が出品した590kgの枝肉が選ばれています。8回目となるこの共励会には県内38の農家と団体が、65頭の枝肉を出品。遠藤さんの枝肉は平均重量(537.1kg)を大きく超え、きめ細かな霜降りの状態などが評価されています。

 町内の肥育農家の頑張りに、嬉しくなりました。・・・スタミナをつけるためにも、肉を食べたいですネ。

# by shouichiro_sato | 2018-11-29 20:02 | 産業振興 | Comments(0)  

金農野球部

 夏の甲子園(第100回全国高等学校野球選手権記念大会)で秋田県勢として103年ぶりに準優勝し、「金農旋風」を巻き起こした県立金足農業高校野球部に「秋田県民栄誉章」が贈られました。顕彰式は秋田市文化会館で行われ、1万人を超す応募者から抽選で選ばれた県民約800人を含む1000人が出席し、金農野球部の快挙を称えました。
f0081443_23205681.jpg
  (写真・顕彰式の後、報告会でお礼の挨拶をする吉田輝星選手と金農ナイン)

 ユニホーム姿の選手が客席の後ろから入場すると、会場は大歓声。佐竹敬久知事が「金農野球部は夢舞台で強豪を次々に破り、旋風を起こした。勝負を諦めないひたむきなプレーは深い感動と挑戦する勇気を与えてくれた。秋田の名を高めるとともに、県民に夢と明るい希望をもたらした」と挨拶し、表彰状や盾、メダルを授与。鶴田有司県議会議長が記念品(曲げわっぱと樺細工のトロフィー)を贈呈しました。
f0081443_09352745.jpg
 式後に行われた報告会では、中泉一豊監督が大会の名場面を振り返りながら解説(写真)すると、会場からは再び大きな拍手や歓声が上がりました。野球部員の中学生が質問するコーナーでは、出席した3年生全員がコメント。最後に選手を代表して吉田輝星さんが「力強い応援と周りの方々に支えられて、準優勝という結果が残せた。(自分は、日本ハムの本拠地)北海道から熱いニュースを届けられるように頑張る」と感謝の言葉を述べています。

# by shouichiro_sato | 2018-11-28 23:24 | 秋田県 | Comments(0)  

イノシシ

 今月、湯沢市秋ノ宮と小野地区で捕獲されたイノシシ3頭から、国の基準値を超える放射性セシウムが検出され、秋田県は猟友会を通じて湯沢市や東成瀬村でイノシシの自家消費や流通を控えるように要請しました。県が平成24年度から行っている野生動物を対象にした放射性物質の調査で、国の基準を超える値が検出されたのは初めてです。

 これらのイノシシは、宮城県などから県境を越えて北上してきたものと思われます。

 今までは県内で生息していなかったイノシシですが、ここ数年は各地で目撃情報がありました。今回の出来事で、太平洋側から県内に進出?していることが明らかに。山の環境の変化があるのか、増えている日本シカとともに、注意しなければなりません。

# by shouichiro_sato | 2018-11-27 23:58 | 事件・事故 | Comments(0)  

木造船

 きょう男鹿市鵜ノ崎の海岸で北朝鮮のものとみられる木造船が見つかりました。船にはハングル文字が書かれており、中には漁具があったとのこと。今月になって県内に漂着した木造船は、これで7件目です。

 昨年の11月23日には由利本荘市の海岸に北朝鮮の木造船が漂着し、乗組員8人が保護されていますが、同時期に男鹿市では遺体も収容されています。例年この時期は日本海側の各地に木造船が漂着しているものの、今年は数も多くなっているとか。県警察でも、沿岸部のパトロールを強化しています。

# by shouichiro_sato | 2018-11-26 23:45 | 事件・事故 | Comments(0)  

首都圏羽後町会

 首都圏羽後町会(会長・佐藤順輔さん)の「第33回総会・ふる里祭り」が都内で開かれ、出席しました。
f0081443_17041203.jpg
(写真・三輪地区の皆さんの記念写真。参加者全員が出身地ごとに撮影しました)

 参加したのは羽後町出身者で首都圏に在住する200人余でしたが、初参加の方が53人もいて、大盛況でした。故郷からは安藤豊町長や藤原義美町議会議長らが駆け付け、昨今の町の状況を報告。田代地区の加工グループや町内の商店主がふるさとの逸品を持ち込んで即売会も開かれ、懐かしい味を求める人で賑ったほか、演歌歌手・岩本公水さんの歌や会員有志による歌と踊りも披露されています。

# by shouichiro_sato | 2018-11-25 17:08 | Comments(0)  

拡大役員会議

 昨日、佐藤正一郎後援会の拡大役員会議を開き、来春の県議選に向けて準備を進めることを確認していただきました。

 尚、12月議会では4日に一般質問を行う予定であり、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備が計画されている地上配備型迎撃ミサイルシステム(イージス・アショア)について、ポーランドやルーマニアでの調査を踏まえて問題点を質します。拡大役員会議でも、イージス・アショアについて多くの関心が寄せられています。

 また、例年開催している「県議会報告会・新春の集い」は平成31年1月20日(日)、午後2時から西馬音内で予定しています。詳しくは来月中旬以降、ご案内いたします。

# by shouichiro_sato | 2018-11-24 22:55 | 政治活動 | Comments(0)  

雪が降る

 ようやく、当地にも雪が降りました。平年より10日ほど、昨年より1週間ほど遅い初雪ですが、いよいよその季節になりました。
f0081443_22240742.jpg
  (写真・初雪が降った今朝の自宅前。当地では10cmほど積りました)

 それでも、この冬の気象予報は「暖冬」の見込み。冬支度は完了していますが、あまり降らないでもらいたいと願っています。

# by shouichiro_sato | 2018-11-23 22:20 | 今日の出来事 | Comments(0)  

11月22日

 11月22日は、そのまま読んで「いい ふうふ」の日だそうです。そんな話題を聞きながら、「良い夫婦」とはどんな夫婦かと、自問自答しています。

 結婚して35年余。何かと(私が一方的に・・・)心配や迷惑?をかけてきた夫婦ですが、ただただ感謝の言葉しかありませんネ。

 一方、中国では独り者を表す「1」が四つ並んでいる11月11日は「光棍節」で「独身の日」。しかし昨今、この日から一週間ほどは大規模な「ネットセール」が行われているとかで、「セールの日」に様変わり。

 日本では未婚の皆さんが増えていますが、中国も同じ。しかし、皆さんには良きパートナーと巡り合えますよう、願っております。

# by shouichiro_sato | 2018-11-22 23:24 | 家族・仲間 | Comments(0)  

ふるさと納税

 ふるさと納税の返礼品について、総務省は納税額の3割以下にするよう求めるなど何かと話題になっていますが、湯沢市では10月から「家事代行サービス」が加わり、早速第一号の利用者がありました。

 返礼品としての家事代行サービスは、県外で暮らす市出身者が、ふるさとで暮らす親等へのプレゼントを想定して取り入れたもので、同市では一口2万円の寄付で3時間受けられるとか。

 市内で一人暮らしの女性(86歳)は、首都圏で暮らす次男がふるさと納税の返礼品として家事代行サービスを選んだことで、家事代行業者の女性が部屋や台所などを丁寧に清掃したとのことです。「納税と親孝行」、一石二鳥の出来事ですネ。

# by shouichiro_sato | 2018-11-21 22:48 | 地方自治 | Comments(0)