人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大正琴

 横手市十文字の泉谷好子さんから電話をいただいて、「ナンの館」で行なわれた大正琴研修院秋和流無料コンサートに行って来ました。出演したのは秋田市牛島で大正琴の教室を開いている中村翠笙(なかむらすいしょう)さんのグループ「織音会(おりおんかい)」で、アットホームな雰囲気で一時間あまり、「紅葉」や「旅愁」などの秋の歌メドレー、「くちなしの花」、「いい日旅立ち」、「星影のワルツ」、「千の風になって」など13曲の素敵な演奏を堪能してきました。

 皆さんはきょうの午後3時から、十文字に完成した道の駅「まめでらが~」のホールで演奏した後、きっかけを作ってくれた泉谷さんのお店で再び演奏会を開いてくれたのでした。自ら軽快なおしゃべりで進行し、楽しい時間を作ってくれた中村さんは得意の歌まで披露してくださり、大いに盛り上がりました。(写真・中央が中村さんです) 大正琴_f0081443_2144628.jpg
 中村さんが大正琴の教室を開いて、今年で25年。普段は東京での活動が多いようですが、10月29日(月)には午後6時から秋田市のアトリオン音楽ホールにおいて、25周年に感謝するリサイタルが行なわれるとのこと。歌と大正琴で綴る、翠笙のソロステージ「夢のメロデーに乗って」がそれです。深まりゆく秋のひととき、月夜のススキ見気分で聴くカンタービレは最高でしょうね。(入場は無料ですが招待券が必要です。希望する方はナンの館にお問い合わせください。☎0182-42-3322)

 当日は中村さんの25年の集大成が凝縮したステージになることでしょうが、一本の弦や四本の弦、心の琴線に想いを重ねる演奏とのことで、今からワクワクしてきます。きょうの演奏を聴いて、是非とも西馬音内の盆踊り会館でも演奏会をやっていただきたいものだと思いました。客席が150人程度の小さなホールですが、きっと素敵なコンサートになると確信しています。

# by shouichiro_sato | 2007-09-02 22:04 | 今日の出来事 | Comments(0)  

防災の日

 きょう9月1日は「防災の日」。大正12年(1923年)9月1日に発生した「関東大震災」を教訓に、災害への備えをしっかりするために全国各地で防災訓練などが行なわれています。「災害は忘れた頃にやってくる」といわれたのは昔の話で、最近では大規模な地震が頻繁にあったり、集中豪雨などの自然災害が続いていますから、万が一の場合に備えた心構えだけはしっかりもっておきたいものです。

 新聞を読みながらそんなことを考えていた朝でしたが、午前8時前、町内で牛舎を全焼する火事があり、飼育していた肥育牛が焼死したとの連絡がありました。私も日頃からお世話になっている先輩宅で、優秀な畜産経営を実践している地域のリーダーであるだけに、突然の災難にビックリしてしまいました。難を逃れた牛も(火災のショック症状が残るために)飼育困難で処分しなければならず、今まで頑張ってこられたご家族のことを思うと、痛恨の極みです。心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早く立ち直ってくれることを祈念しています。

 思いがけないことは続くもので、昨日の夕方に通った国道7号の由利本荘市・子吉川にかかる「本荘大橋」では、鋼材が破断して午後8時から通行止めになったとか。秋田市に通うには必ず利用していた橋であり、数日前からコンクリートを削って調査を始めていたことは知っていましたが、腐植による欠損が見つかり補修しようとしていた矢先、大型トレーラーが通過したときにH型鋼材が完全に破断したとは、ビックリです。

 今後は専門家の判断を仰いで対策を検討することでしょうが、普段の目視点検では「橋の安全性に問題はない」としていただけに、コンクリートに埋まっていた部分の鋼材が錆びて、穴が開いていたことも驚きです。つい、米国ミネソタ州の高速道路の橋が崩落した事故を思い出してしまいました。

 「安全第一」、何事も慎重に対応することが重要ですね。 

# by shouichiro_sato | 2007-09-01 23:52 | 社会・話題 | Comments(0)  

農試参観デー

 秋田市雄和にある秋田県農業試験場の「参観デー」がきょうから明日まで開かれています。朝から強い雨が降っていましたが、この日を待ちわびていた県内の農家の皆さんが大勢押し寄せ、熱気にあふれておりました。

 畑や水田の現場(展示圃場)はあいにくの風雨のために参観者は少なかったようですが、その分、試験場の本館は大混雑。講堂で行なわれている「農業技術セミナー」は、天気の良い時には参加者が疎ら?なのに、きょうは会場に入れない人たちが廊下で立ち聞きするほどの大盛況。試験場の研究員の皆さんが熱心に研究成果を報告しておりました。

 発表された課題と研究員は―――――――
「甘く、シャリッとした食感の大玉スイカ新品種『あきた夏丸』」 椿主任研究員(野菜・花卉部)
「低アミロース米新認定品種『淡雪こまち』」            小玉主任研究員(作物部)
「水稲の生育状況と今後の管理」                  佐藤主任研究員(作物部)
「水稲直播栽培のポイントと雑草対策」    京谷主幹(技術普及部)・三浦研究員(作物部)農試参観デー_f0081443_2140182.jpg
 
 午後からは椿主任研究員が開発したスイカのオリジナル品種「あきた夏丸」の試食会(写真)も行なわれ、「甘いよ」「シャリッとしてる」「合格だ」と、大好評の反応がありました。会場では県内にある畜産・果樹・水産など6試験研究機関のイチオシの食材を集めて作った特製弁当(700円)も販売されており、新品種「淡雪こまち」(鹿角産)も初めて食べることが出来ました。粒が大きい感じでふっくらしており、食味も上々です。ただし、この特製弁当は限定100食で、明日は午前11時から販売されます。

 予報ではこの後の天気も回復するようですから、皆さんも是非とも農業試験場に足を運んでみてください。農業県秋田の復興のためには牽引車になってもらいたい期待があるだけに、私は研究者の皆さんを大いに激励し、応援していきたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2007-08-31 21:57 | 産業振興 | Comments(0)  

結団式

 第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」に参加する秋田県選手団の結団式が、きょう午後3時から秋田市の県立武道館で行なわれました。
結団式_f0081443_15484658.jpg

 いよいよ1ヶ月後に迫った国体には開催県として1000人を超える役員・選手団が出場します。結団式には約800人の代表が参加し、観客席を埋めた多くの県民の熱い激励を受けました。(写真・ホッケー競技には成年、少年の男女に55人の選手が出場します)
 
 ところで、私も競技団体関係者の立場で2階席におりましたが、率直な感想としては秋田県選手団に「元気」を感じることが出来ず、チョッと心配でした。入場行進できびきびした態度を示していたのは「なぎなた」の女子チームだけで、他の選手は今ひとつ覇気が無いように感じました。開会のことばに続いて行なわれた「県民歌斉唱」でも、県警音楽隊の演奏で始まったものの、会場にいる選手団の歌声は(2階席にいる私には)聞こえませんでした。選手の皆さんは選ばれて国体に参加できるのですから、歌声ひとつにしても、秋田県代表としての自覚と意欲をもって欲しいと思いました。

 堂々と行進したり、大声を出して歌うことが、恥ずかしいのでしょうか?。そんなことはないと思います。いつもの「気合」で、元気を出して、他県の選手を圧倒してください。9月29日の総合開会式までにはもう少し態勢を整えて、整然かつ元気いっぱいの入場行進を見せてください。それぞれの競技での活躍の前に、開会式での素晴らしい態度を全国に発信してください。

 私たち県民一人ひとりも、明るく元気な態度で大会運営や応援に努めたいものです。 

# by shouichiro_sato | 2007-08-30 23:56 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

9月補正予算案

 秋田県は来月5日に招集する9月定例県議会を前にきょう、総額15億円余の9月補正予算案を県議会の各会派に内示しました。今回の補正は国庫補助事業の割当てが確定したものや緊急を要する県単独事業が主なもので、秋田中央道路整備事業に伴う国学館高校の事業損失に対して補償する費用、4億9000万円が計上されています。

 秋田駅の東西をトンネルで結ぶ「秋田中央道路」は平成12年から用地取得・補償事業が始まり、同13年に千秋公園前のお堀工事に着手。以来7年余りの工事期間を経て、いよいよ9月15日午後4時に供用開始されます。総事業費は約700億円です。しかし、事前の調査で工事区間が予想以上の水分を含む軟弱地盤であることが判明し、専門家からは危惧する声も出ていたとか。それが現実問題となってきました。

 今回の補正予算で補償対象となる国学館高校には、本校舎と講堂の壁クラック・建具の不具合に9885万円。同じ本校舎の床面レベルの調整に2億7836万円。工事期間中の仮校舎整備にに3億2811万円、合わせて7億532万円もの費用がかかるようです。当初予算等に計上してある補償費や工事請負差額を充てても不足する分、4億9000万円が今回の補正額です。施工業者はこの費用を負担する意思がないようで、寺田知事は自民党への説明の中で「今後は業者に対して訴訟も検討する」と述べていましたから、問題は長期化する模様です。

 さらに、広小路側などでも地盤沈下の現象が現れてきており、被害の拡大に伴う情報交換や緊急会議が開かれている他、中央道路に反対してきた市民グループは(きょう)県議会議長に陳情書を提出しました。建設計画が議論されていた当初から反対の声が強くあった中央道路は、供用開始後も大きな課題を抱えることになりそうです。ここは市民生活に影響が無いよう、しっかりとした調査と今後の対策を示していく必要があります。

 それにしても、地盤沈下が起きて補償費が支払われていたことを(数ヶ月前まで)知事自身が知らなかったとは驚きです。きょうも「情報公開が遅れ、遺憾に思う」と知事が陳謝していました。この際はそうした問題が隠蔽されてきた経緯についても、県議会で検証してもらいたいと思います。「秋田わか杉国体」直前だけに、県政の重要課題は全て12月議会に先送りされた感じでしたが、補償費の取り扱いがどんな議論になるのか注目されます。

# by shouichiro_sato | 2007-08-29 21:33 | 秋田県 | Comments(1)