人気ブログランキング | 話題のタグを見る

がんの自動診断システム

 今夜のNHKニュースは横浜国立大学と横浜市立大学付属病院の研究グループが、がんの自動診断システムを開発したと伝えています。

 人の全身の内部を詳細に撮影できる画像診断装置「PET-CT」でがんなどの病変を見極めるには、色の濃さや微妙な形の違いを読み取る専門的な知識や経験が必要とされています。そうした専門医の分析結果を人工知能に組み込むことで自動的にがんが疑われる部分を診断できる、とのニュースに引き込まれました。すでにこのシステムで31人の患者を診断し、肺がんや乳がんなど10種類のがんを見つけることができたとか。ただし、ぼうこうがんなど一部のがんには対応できていないため、研究グループではさらに症例数を増やして精度を上げていきたいとしています。

がんの自動診断システム_f0081443_20264940.jpg 「がん」を克服するには、早期の発見と早期の治療が生存率を高める第一歩であるだけに、「PET-CT」を使って自動的に発見できるとすれば大きな進歩です。体の内部にある小さな病巣が立体的に表示されることにより、医師が見落としたりするケースも少なくなることでしょう。(写真・「NHKニュース7」から)
 
 昨年末には、京都大学の山中伸弥教授らがヒトの皮膚の細胞から万能細胞をつくることに成功したニュースがありました。「再生医療」が夢でなくなる画期的な研究成果として世界中から注目されています。そして新年早々に、がんの自動診断システムが開発された明るいニュースです。日々著しく進歩しているのが医学研究であり、病んでいる人を一人でも多く救うために、多くの研究者のそうした成果が一日も早く臨床現場に応用されるように願っています。

# by shouichiro_sato | 2008-01-05 20:40 | 社会・話題 | Comments(0)  

議会報告会

 4日は官公庁の仕事始め。過ぎてしまえば、あっという間の正月休みでした。

 午前中にはデジタル放送の共同受信に関する上到米地区の事業説明会が開かれ、羽後町西部の田代・仙道地区で設立する新しい受信組合に参加することを決め、即急な事業化を町当局にお願いすることにしました。そして午後には、阿部久夫・町議会議員の「新春議会報告会」が田代農村総合センターであり、激励のために参加してきました。(写真)

議会報告会_f0081443_2054359.jpg 阿部議員は昨年の12月議会で行った町立羽後病院の経営や今後のあり方について質した一般質問を紹介しています。医師不足や診療報酬の改定で経営難になっている自治体病院の実態に触れ、問題提起している内容は示唆に富んだものでした。国の財政悪化に端を発した構造改革のしわ寄せが身近なところにも表れているようで、話を聞いて心配になりました。

 阿部議員は毎年こうした報告会を開いていますが、他の議員には年4回の定例会毎に「議会報告」の印刷物を配布する方もおられます。しかしながら、大方の議員はそうした目に見える活動とは無縁であり、「選挙の時だけ」という批判の声も聞こえますから、できるだけ住民の声に耳を傾ける機会はつくってほしいものですね。

 羽後町の議会議員選挙は3月23日。候補予定者も有権者も、この機会に町の身近な課題について大いに問題意識を持ち、「元気な羽後町、住みよい羽後町」を創っていきましょう。

# by shouichiro_sato | 2008-01-04 21:26 | 政治活動 | Comments(0)  

初春の舞

 正月3日。きょうは羽後町に隣接する由利本荘市東由利の黄桜温泉「湯楽里(ゆらり)」で新春の催事があり、ご招待いただきました。

 佐藤清菊さん(本名・佐藤増子)が主宰する菊新流清菊会の「初春の舞」。地元を始め、由利本荘市やにかほ市、それに羽後町から駆けつけた舞踊の達人達が日頃のお稽古の成果を発表して、新しい年の始まりをお祝いしました。

 会場となった湯楽里の100畳を超える大広間は、午後0時30分の開演前からすでに超満員。佐藤清菊さんら清菊会の8人による「喜代節・祝いづくし」で幕が開くと、やんやの歓声で熱気ムンムン。友情出演の美扇会、陽千会、舞鶴会、玉扇会の皆さんも熱演し、艶やかな踊りの連続に圧倒されてしまいました。また、舞踊の間には小田島会や遠友会、白雪民謡会の民謡と由利高校民謡部OGの手踊りもあり、素晴らしい歌声に聞きほれた次第です。

初春の舞_f0081443_2292120.jpg 黄桜温泉の正月行事としてすっかり定着した「初春の舞」は、今年で5回目。一年ごとに舞台構成や踊りの技術も向上しているようで、お客さんも大喜びでした。身近なところにある素晴らしい温泉施設を利用して、地元の皆さんが楽しいひと時を過ごすことができる幸せを感じてきました。きょうのように笑顔があふれる地域づくり、大いに応援していきたいですね。

 1月20日(日)には同会場で、東由利民謡同好会35周年記念「新春唄い初め会」が開かれます(写真参照)。 民謡好きが多く、プロの民謡歌手も輩出している当地ならではのビックな企画ですから、これもまた楽しみです。山紫水明の豊かな郷・東由利の黄桜温泉「湯楽里」、皆さん是非ともお訪ねください。

# by shouichiro_sato | 2008-01-03 22:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

箱根駅伝

 正月2日は、何んといっても「箱根駅伝」(第84回東京箱根間往復大学駅伝競走)。わが家では午前7時過ぎからABS秋田放送の生中継にチャンネルを合わせ、選手の皆さんの健闘に一喜一憂していました。

 レース展開は2区で区間新の快走を見せたモグスの活躍で、トップで最終5区に襷をつないだ山梨学院大を、早稲田の主将・駒野が箱根の山登りで逆転し、12年ぶりの往路優勝。総合優勝を狙う駒澤が2位につけており、あすの復路も目を離せない激戦になりそうです。
 箱根駅伝_f0081443_22483244.jpg
 さて、きょうの中継で最も感動したのは昨年の覇者・順天堂大の5区、小野の走りでした。1区から出遅れていた順大も、小野が頑張って18位から12位まで順位を上げてきたものの、ゴール500メートル手前で走れなくなるアクシデント。監督がレースを止めて無念の棄権となってしまいました。毎年、予想できないドラマが展開される箱根駅伝ですが、こうした場面を見ていると涙が出てきてしまいますね。(写真は倒れた小野選手を心配する仲村監督・ABSテレビより)
 
 インターネットで検索すると、視聴者からの投稿も順大がダントツで、小野選手への激励メッセージが多く掲載されていました。この悔しさを力にして、4年生となる来年は是非とも雪辱を果してほしいものです。

 ところで、元日に群馬県で行われた全日本実業団対抗駅伝では秋田県出身の松宮隆行選手(コニカミノルタ)が大活躍して優勝しています。箱根駅伝でも県出身選手が頑張っていますから、うれしいですね。明日もわが家は、朝から「箱根駅伝」です。

# by shouichiro_sato | 2008-01-02 23:14 | 社会・話題 | Comments(1)  

新年明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。
 昨年中は何かとお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 元日恒例の下唐松集落新年会が正午から開かれ、久しぶりに集落の皆さんと懇談してきました。今年の話題の中心は、地上デジタル放送への対応と3月の町議会議員選挙。私の住む集落は出羽丘陵の山々に囲まれた地域であるために(テレビのアンテナは)共同で受信設備を設置しており、まだ地上デジタル放送を受信することができません。アナログ放送からデジタルへの全面移行を前に、他の集落と共同で行う「新しい受信システムに参加するべきではないか」との声も大きく、事業化に向けて検討することになりました。

 一方、町議選は上到米地域の唯一の議員である齊藤吉郎さん(3期目)が、今期限りで引退することを表明していることから、「今度はどんな人が立候補を準備しているの?」。現在は20人の定数(欠員1人で実数は19人)が3月の選挙から16人に減ることや、ベテラン議員が齊藤さんを含めて4人も引退を表明していること。新人の出馬予定者は2人だけの状況から、一人落ちの少数激戦が予想されています。私が26歳で町議選に初挑戦して以来、選挙のたびにお世話になってきた地元集落ですので政治や選挙への関心も高く、「立候補者が少ないのは残念だ」などと、話は盛り上がりました。

 ここで暮らしていくためには、様々な課題をみんなで克服しながら頑張っていく必要があります。集落の一人ひとりがそれぞれの役割を分担しながら、「協力していこう」と確認しあった元日でした。 

# by shouichiro_sato | 2008-01-01 21:24 | 地域活動 | Comments(0)