人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今日は「上到米地区住民大運動会」

 今日も快晴。羽後町では町内各地で住民運動会が開催されました。

 私の住んでいる上到米地区も、今年で33回目。朝6時前から、各集落の皆さんが会場の旧上到米小学校グランドに集合して、控え所のテント設営。久しぶりに、早朝から活気にあふれていました。(私も大曲の花火から深夜に帰宅。それでも5時には目覚めました) 考えてみれば子供の数が激減し、小学校が統合してからというもの、地域の住民が一堂に会する行事はこの住民運動会だけ。小学校の閉校を受けて、「中止か継続か」の議論もありましたが、せめて、年1回は地域のみんなで交流・親睦を深めようと、一昨年から半日のプログラムで開催することを決定しました。

 午前8時30分、子供達から年輩の方までが一緒になって元気に入場行進。当番集落(会場準備等を担当)の選手が聖火を点火すると、村中に響きわたる花火があがって大歓声。いよいよ運動会の始まりです。
 
 小学生の100m競争では(オリンピックのように)一人ひとりの選手が紹介され、「頑張れ」の大声援。集落対抗の競技では応援合戦にも熱が入ります。特に上到米の伝統種目である「縄ない競争」は男性3人と女性2人の5人が1チームとなり、制限時間の中で綯った縄の長さを競います。当然、選手は経験豊富なお祖父ちゃんやお祖母さん。見事な縄ないの手捌きに会場は盛り上がりました。「集団縄跳び」や「浮気競争」、1年生から6年生までの子供達を色別に分けた対抗リレー、定番の「綱引き」などのプログラムはお昼まで。企画運営はもとより、準備から当日の役員まで、全て地域の住民の皆さんが担当し、学校や役場・公民館の職員は誰ひとり関係していない、手づくりの運動会です。そして、閉会式の万歳三唱は当番集落代表の長谷山堅一実行委員長。「万歳」と言うところを「乾杯」と発声したものですから会場は大爆笑。今年も大盛会で終了しました。

 午後は各集落ごとの反省会(懇親会)。こちらも子供達からお年寄りまで入り乱れて、ワイワイガヤガヤ。元気な笑い声が響いていました。のどかで、幸せな空気につつまれた今日の上到米地区。午後6時、「七つの子」のメロデーが防災スピーカーから放送されたころ、吹く風もようやく爽やかになり、心豊かな気持ちで私も家路につきました。

# by shouichiro_sato | 2006-08-27 18:04 | 地域活動 | Comments(0)  

ホッケー競技はスリル満点、目が離せません

 気になっていたので由利本荘市総合体育館(旧大内町岩谷)に行ってみました。23日に開会式があり、今日から競技が始まっている「全日本ローラーホッケー選手権大会」です。男子は47回、女子は19回目となる今大会は、世界選手権大会の代表選手選考会を兼ねていることもあり、日本を代表する社会人や大学生のチーム(男子14、女子10チーム)が参加しています。

 恥ずかしながら、(県ホッケー協会会長を務める)私も初めて見学しました。配布されている資料によると、ローラーホッケーは南ヨーロッパ各国ではプロチームがあるほど盛んなスポーツで、元IOCのサマランチ会長はバルセロナチームのゴールキーパーだったとか。秋田県では、平成13年(2001年)のワールドゲームズ秋田大会開催を契機に、平成8年に県連盟(現在の正式名称は県ローラースポーツ連盟、会長・初瀬武美さん)が設立され、13年にスピード・フィギュア・ローラーの大会が秋田市で開催されていました。

 しかし、過去15回ほどの大会は長野県で開催されており、今回は県連盟の熱意によって、フェンス・スポーツコートが購入され、屋内体育館で競技できるようになったことと、由利本荘市内の中学校では授業に組み入れていることもあり、普及に努めたいという関係者のご尽力が実を結び、全国大会の誘致となった模様です。

 正規のコートは40m×20m。選手は5人(GK1人含む)。競技時間は20分ハーフです。アイスホッケーのようなスピード感ですが、体当たりなどは禁止。それでも動きが速くてスリル満点、目が離せない試合展開でした。ホッケー競技そのものはイギリスが発祥地で歴史も古いわけですが、グランドから氷上(アイス)へ、そしてローラーへと拡大していったのでしょう。あらためて、その奥行きの深さを知った想いでした。

 時同じくして、25日からは宮城県栗原市で兵庫国体の予選を兼ねた「東北総合体育大会・ホッケー競技」が行われます。秋田国体まであと1年。競技力強化の成果が出てくるか、楽しみです。私も現地で応援するため、早朝に出発します。

# by shouichiro_sato | 2006-08-24 23:23 | 今日の出来事 | Comments(0)  

素晴らしい環境にある「太平山リゾート公園」

 秋田駅から路線バスで35分。または、秋田自動車道秋田中央インターから車で20分。そこには1991年にオープンした温泉とプールのレジャー施設「クアドーム ザブーン」を中心に、約236ヘクタールの広さを誇る「太平山リゾート公園」があります。ここの運営管理にあたっているのが太平山観光開発株式会社。秋田市役所を3月末に退職された伊藤高氏が、6月から社長に就任したこともあって、先日、初めて訪問してきました。

 公園内には温泉旅館の「森林学習館 木こりの宿」、4コース32ホールの「公認グランド・ゴルフ場」、「テニスコート」や「オートキャンプ場」、花の広場、スキー場「オーパス」などがあり、老若男女がアウトドアで自然と親しみながら健康増進できるように工夫されています。猛暑の毎日でも、ここまで来ると正に別天地。大自然の緑に囲まれた、素晴らしい環境でした。

 伊藤社長は、「埼玉県ふじみ野市でのプール事故を教訓に、毎日、何回も安全確認の放送をしています。19日と20日には超人ネイガーショウなどの夏祭りイベントもあり、それは大変な賑わいでした」と、嬉しい悲鳴を上げておりました。少子化時代のこれからは、健康問題に関心の高い高齢者の皆さんの利用拡大が期待できることから、「転倒予防教室」「水中歩行教室」なども実施されており、今後が楽しみです。

 ただし欲を言えば、秋田市添川・山内方向からの県道「秋田八郎潟線」の一部に狭隘な箇所があること。せっかく素晴らしい施設を整備しても、アクセス道路の改良が進まなければ、イメージも悪くて宝の持ち腐れになってしまいます。地元の県会議員さんを始め、地域の皆さんの声を大きくして、速急に実現してください。県道「横山金足線」等、市郊外の道路事情は改善されつつありますから、是非ともお願いいたします。

 豊かな自然環境を活かした施設は県内にも増えています。財政事情が厳しくなる中で、今後はこうした施設整備も抑制されるでしょうが、民間投資の少ない秋田県ですので、(自治体が長期計画を持って)少しずつでも充実されることを期待しています。

# by shouichiro_sato | 2006-08-23 10:43 | 秋田県 | Comments(0)  

10周年迎えた「たざわこ芸術村」

 今や、秋田県を代表する芸術・文化の発信地となっている、仙北市(旧田沢湖町神代)の「わらび座」。1992年に温泉施設がオープンし、95年からは常設公演が始まったわらび劇場を中心に、翌96年4月、「たざわこ芸術村」がスタートしてから今年で10周年。そこで、わらび座結成55周年と合わせた「特別公演」が、同劇場で20日開かれました。

 わらび劇場ではこれまで、数多くのミュージカルが上演されています。記念すべき第1作は「男鹿の於仁丸」。その後、「龍姫」「山神様のおくりもの」「鬼ンこおばこ」「彩風きらり」「アテルイ」「つばめ」「春秋山伏記」「銀河鉄道の夜」「よろけ養安」「棟方志功」、そして今年4月からは「義経」です。これら10年の軌跡の中から、燦めきの名曲を集めた特別ミュージカル「於仁丸から義経へ」(1幕6部構成・上演時間100分)が、披露されました。午前・午後の2回とも満員。駐車場には県外ナンバーの車も目立ちます。

 「わらび座」といえば私も小学生の頃から、学校公演などでの一生懸命な踊りや演奏を聴いて感激したものです。さらには10年前、町内の青年有志で実行委員会を組織して、「男鹿の於仁丸」公演を総合体育館で実施したり、町の成人式で(主役を務めている看板女優さんに)記念講演をお願いするなど、次第にご縁も深くなってきました。以来、常設公演にも度々足を運んできました。

 この間、たざわこ芸術村では森林工芸館やデジタルアートファクトリー(DAF)のスタート。97年に県内初の地ビール工場とレストラン、「田沢湖ビール」がオープン。98年化石館オープン。99年には北東北知事サミットの会場。04年には経営難だった県営施設を買収して「男鹿桜島リゾートHOTELきららか」オープン。そして今年4月、愛媛県に「坊ちゃん劇場」開設など、多角的な取り組みが展開されてきました。これらの活動に対して、「秋田県文化功労賞」「河北文化賞」「第1回オーライ!ニッポン大賞」「田沢湖町産業振興功労者」などが贈られています。

 県内の身近なところにこうした拠点があることは、県民の誇るべき財産です。これからも、事業の中心である「わらび劇場」での公演を一層充実し、私たちを楽しませていただきたいと思います。劇団「わらび座」から始まって、文化・芸術・交流の総合産業になりつつある「たざわこ芸術村」。私は(勝手連の)応援団員です。 

# by shouichiro_sato | 2006-08-21 12:12 | 産業振興 | Comments(0)  

今夜は特別に、「西馬音内盆踊り」

 実は今夜、「西馬音内盆踊り」を見てきました。場所は、羽後町西馬音内堀回にある「西蔵寺(住職・柿崎隆光さん)」の境内です。踊り手は7人(藍染浴衣に彦三頭巾3人、同編笠1人、端縫い3人)でしたが、皆さん保存会のメンバーで、お囃子も保存会の大ベテランばかり。見事でした。

 西馬音内盆踊りの起源のひとつに、西馬音内城主・小野寺氏の物語があります。それによると、西馬音内城は奥州征伐の功績でこの地方を領有した小野寺氏によって、群雄割拠する由利地方の押さえとして築城され、堀回もこのとき、城下として町割されたといわれます。その後、320年もの永い間、周辺諸将との戦場になることもなく、平和な時が流れましたが、豊臣政権への画策で雄勝郡を手に入れた最上氏は、その実質支配を目指して雄勝に侵攻。迫り来る最上勢を前に小野寺氏は自ら仕置きとして、城に火を放って退出、その歴史を閉じました。

 この西馬音内城の悲運の終焉から、今年で405年。今夜は小野寺氏の墓所がある「西蔵寺」の境内に、ふるさとの伝統芸能が集いました。「元城太鼓」「仙道子ども番楽」「元城盆踊り」「元城獅子舞」、そして「西馬音内盆踊り」です。

 西蔵寺は西馬音内川のほとり、山の裾野にあります。日が暮れて、傾斜地にほど良く配置された多くのお墓には蝋燭の火がともり、まるで「万燈会」。境内の巨木もライトアップされて、別世界です。改めて、身近な所にある新しい魅力を再発見し、感激しました。いつだったか、京都で見たことのある「万燈」より、立体的で素晴らしいものでした。「これは、羽後町の宝物になる」と、密かに微笑んでしまいました。

 寺では今秋、新参式が予定されています。ご住職のご子息が後を継ぎますが、そうした節目の機会にいい催しが開かれました。「この機会に地域の皆が難儀をし、協力し合うことで連帯感を取り戻したい」という願いで主催した、「堀回コミュニテー推進委員会(会長・長谷山英雄さん)」に感謝して帰ってきました。
 
 尚、この催しには「秋田県元気なふるさとづくり支援事業」の補助がありました。金額の多少は別として、きっかけ作りになれば効果があるというもの。お礼申し上げたいと思い、予算を執行している雄勝地域振興局の方々を会場で探しましたが、お目にかかれませんでした。(土曜日で休みですから仕方ありません。でも、昨日の西馬音内盆踊りにはたくさんおりましたのに) 残念でした。

# by shouichiro_sato | 2006-08-19 23:45 | 羽後町 | Comments(0)