人気ブログランキング |

<   2020年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

小池氏再選

 5日に投票が行われた東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67歳)が366万票を獲得して圧勝、再選を果たしました。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2020-07-06 22:41 | 国政・時事 | Comments(0)  

熊本豪雨

 3日から4日未明に熊本県南部を襲った豪雨から一夜明けたきょう、球磨川の氾濫や土砂災害で21人が死亡し16人が心肺停止、行方不明者は14人となっています。濁流にのみ込まれた山に囲まれる市街地や泥に埋もれた家屋の様子を見て、言葉を失ってしまいました。

 同県内では約50集落が孤立状態にあり、午後5時現在で人吉市や球磨村などで約20万人に避難指示が続いています。梅雨前線は7日にかけて九州北部に停滞する見通しで、この後も熊本県や宮崎県、鹿児島県では24時間降水量で250ミリの大雨が予想されています。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2020-07-05 22:11 | 今日の出来事 | Comments(0)  

破格のプレミアム

 新型コロナウイルスの影響で大きく落ち込んだ県内の宿泊や飲食関連の事業所を支援するため、県が発行している「プレミアム宿泊券」や「プレミアム飲食券」。同僚は早速それを利用して先週、家族で男鹿半島を巡り、豪華な食事や見事な景観、紫陽花の寺を楽しんできたと満足していました。

 プレミアム券の効果が出てきたようで、ホテルの予約は8月末までほぼ満員の状況とか。特に男鹿市は市内に宿泊するお客さんに一人当たり6千円を補助する事業も行っており(すでに予定数に達して終了)、一気に注目されました。

 同様の支援事業は、温泉地や観光地を抱える仙北市や鹿角市、湯沢市などでも始まっており、宿泊対象者を隣県まで拡大するなどして、来県を呼びかけています。鹿角市では7、8月の2ヶ月間に限って最大で1万円を割り引くプランを発表したところ、発売から3日間で定員の1万人に達したとか。どの地域でも県が発行したプレミアム券も併用できることから、好評のようです。

 何時になればコロナ禍が収束するのか分かりませんが、当分の間は何とか身近なところで、県内の経済循環によって支援していきたいものです。私も昨夜は、半年ぶりとなる秋田市内での飲食を伴う懇談会に出席しました。(ただ、密の状況を避けるために通常8~9人程が着席するテーブルに6人、お酒を注ぎ合う行動は控え、カラオケもない?新しいスタイルでした)

by shouichiro_sato | 2020-07-04 21:25 | 産業振興 | Comments(0)  

コロナ禍

 6月議会では連日、新型コロナウイルス感染に対する今後の取組みやコロナ後の社会・産業ビジョンなどについて、議論が行われています。

 県内では4月14日に16人目となる感染が確認されたものの、その後の新たな感染者はおりません。しかし最近は東京などで感染者が増え、県をまたぐ移動も解除されていることから、地方都市でもクラスターが発生するなど、油断できない状況です。検査態勢の充実や入院病床・医療人材の確保など、今後に備えた準備をすること。経済情勢を見極めながら今後の対策を進めること、などが焦点となっています。

 佐竹敬久知事は「感染は東京から関東周辺、福島、宮城と広がる。地方への帰省や旅行によりお盆の頃に流行の第2波がくるのでは」と推測し、「警戒状態はしばらく続ける必要がある」と述べています。

 昨日ときょう開かれた予算特別委員会の総括審査では、15人の質問者のうち14人が新型コロナウイルスの問題を最初に取り上げ、県の対応について様々な角度から質疑しています。

by shouichiro_sato | 2020-07-03 23:19 | 秋田県議会 | Comments(0)  

感染拡がる

 東京都ではきょう、新型コロナウイルスの感染者が107人確認されました。国内全体では196人で、いずれも緊急事態宣言解除後の最多を更新しています。

 東京では20~30代の若者層や夜の繁華街、新宿や池袋など特定エリアで感染者が増えています。確認された107人に重症者はおらず、20代が37人、30代が34人で全体の約3分の2を占めていました。都内で100人を超えるのは5月2日以来です。

 一方、移動制限がなくなり再び人の往来が活発化してきたことから、感染者の増加が東京から地方に波及する可能性がでてきました。実際、きょうは東京・埼玉・千葉・神奈川などの首都圏のほかに、鹿児島、福岡、岡山、鳥取、大阪、京都、兵庫、岐阜、富山、栃木、茨城の2府9県と北海道で感染者が確認されています。

by shouichiro_sato | 2020-07-02 23:38 | 新型コロナ | Comments(0)  

クマ被害を支援

 秋田県ではきょう、「ツキノワグマ被害対策支援センター」を生活環境部自然保護課内に設置しました。センターにはクマに関する専門的知識を持った職員を含む4人が所属し、市町村とホットラインを開設して休日や夜間もを含めて要請や相談などに素早く対応する態勢を整えました。

 さらに、現地でクマの行動範囲を調べて必要な対策を指導するほか、地域の被害対策を担う人材の育成も行います。 

 県内で4月1日から6月30日までの3ヶ月間に寄せられた目撃情報は、前年同期より49件多い289件あり、3人がケガをしています。

by shouichiro_sato | 2020-07-01 21:14 | 秋田県 | Comments(0)