人気ブログランキング |

<   2020年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

持久戦

 新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せないため、5月6日までとされていた「緊急事態宣言」の期間が延長される模様です。安倍晋三首相は記者団に「5月7日からかつての日常に戻ることは困難と考える。ある程度の持久戦は覚悟しなければならない」と述べています。

 国内では30日、新たに188人の感染が確認され、累計は1万4288人となりました。中国で新型コロナウイルス感染の疑いが話題になって4ヶ月。今は地球規模の戦いになっています。

 ただ、国内の感染状況を見ると、緊急事態宣言が全国に拡大されてから2週間たち、感染者が拡大している都道府県と抑えられている県がありますから、期間が延長されたとしても学校の再開や事業者への休業要請については、時期や範囲の制限の緩和をそれぞれの自治体が判断してもいいのではないかと思います。

by shouichiro_sato | 2020-04-30 22:07 | 新型コロナ | Comments(0)  

ガラガラGW

 大型連休が始まりましたが、新幹線や空港、観光地はガラガラです。新型コロナウイルス感染拡大を受けて全国に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出自粛が呼び掛けられているためです。予防ワクチンや治療薬がない中で、人との接触を避けることが感染拡大を防止する唯一の方法だけに、ステイホームの呼びかけが浸透しているものと思われます。

 緊急事態宣言の期間は5月6日までですが、これから1週間、ジッと我慢しなければなりません。都市封鎖(ロックダウン)や外出禁止などを強制できない日本にあって、自粛要請等をどれだけ国民が理解・協力できるのか・・・・・、試されています。

 全国的に観光地やレジャーランドなどはほとんどが閉鎖されており、今年のゴールデンウイークは「ステイホーム」での楽しみ方を工夫しなければなりませんネ。

by shouichiro_sato | 2020-04-29 22:12 | 新型コロナ | Comments(0)  

交通安全

 春の交通安全運動は終わっていますが、当地では今も交通安全を呼びかける人?が活躍しています。

交通安全_f0081443_21271394.jpg
 (写真・羽後町田代麓にある県道の交差点で交通安全を呼びかける3人)

 地域にある小学校も休校となり、不要不急の外出が自粛されているためか、車の通行も少なく感じる昨今です。ただ、今月は町内の広域農道(町道)で死亡事故が発生したほか、飲酒運転で検挙される人もいました。気候も良くなってきましたので、くれぐれも注意してください。

by shouichiro_sato | 2020-04-28 23:11 | 地域活動 | Comments(0)  

インターハイ中止

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏に開催予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止されることになりました。主催者の全国高等学校体育連盟が26日、ウエブ会議による臨時理事会を開き、競技中はもちろん移動や宿泊による感染リスクが大きく、生徒らの安全最優先で判断したとのことです。

 今年のインターハイは東京オリンピック・パラリンピックがあるために、東北から九州の21府県で分散開催される予定でした。高校生にとっては集大成となる大会ですが、何とも残念な結果となりました。

 尚、毎年6月に開催されている秋田県の高校総体については、来月8日の県高体連評議員会で開催の可否を決めることにしています。

by shouichiro_sato | 2020-04-27 21:42 | 新型コロナ | Comments(0)  

クリーンアップ

 例年のことながら、大型連休が始まる最初の日曜日は「上到米地区のクリーンアップ」行動日。7集落それぞれに地域内にある峠道で空き缶やビン類、ペットボトルなどのゴミ拾いを行いました。

 上唐松・下唐松集落の担当は国道398号で由利本荘市と接する「夫婦坂」。午前6時前には25人程が集合し、約30分かけて峠道を歩きました。

クリーンアップ_f0081443_10252898.jpg

 ところで、毎日のように利用している由利本荘市東由利の国道107号では、宿河川公園に今年も約100匹のこいのぼりが泳いでいます。
(写真) 地元の宿自治会が30年ほど前から毎年続けているものの、今年は新型コロナウイルス感染防止のために設置されるのか心配していましたが、見事に風にそよいでいました。対岸の旧道沿いにある桜も満開で、明るい気持ちになりました。

by shouichiro_sato | 2020-04-26 23:16 | 地域活動 | Comments(0)  

ふきのとう

《 カメラスケッチ 》

ふきのとう_f0081443_20471772.jpg

 県内はすでに桜が満開になっているところが多いのですが、標高230mにある我が家の庭では、今「ふきのとう」の花が咲いています。スイセンも満開になりました。新型コロナウイルスの脅威が迫る中でも、草木はいつも通りに生育しています。

 自宅や庭木の雪囲いはすでに撤去していますが、今日は雨戸を収納しました。ただし、室内のストーブはそのままです。

by shouichiro_sato | 2020-04-25 20:52 | 家族・仲間 | Comments(0)  

スティホーム

 当地では毎日、朝と夕方には防災無線の放送があり、様々な情報を提供しています。そんな中、最近の放送では新型コロナウイルス感染予防の呼びかけが中心でありながら、今夕は「雪が少なかったこの春は、クマの動きが活発になっています。山には極力入らないでください」とのこと。アイコやコゴミ、サシボなどの山菜が採れる時季となり、山へ出かける人も多くなることから、クマへの注意を呼び掛けたのです。

 街へ出かければ人との接触が多くなり「コロナウイルイス」、山へ行けば「クマと遭遇」の心配。夕餉の時間に家族で聞いた防災無線の放送に、思わず溜息をついてしまいました。

 秋田県内ではあす25日から大型連休を含む5月6日まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のために遊興施設などの休業や飲食店等の営業時間短縮が要請されています。公共施設はもとより観光地や温泉施設なども閉鎖、休業されることになっており「家に留まる」ことが求められています。

 明日から12日間は、命を守るために家にいる「スティーホーム週間」。秋田県の田舎、過疎地といえども、ここは家で我慢?するしかありませんネ・・・・。

by shouichiro_sato | 2020-04-24 21:05 | 家族・仲間 | Comments(0)  

協力金

 新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、各自治体が遊興施設や事業所への休業要請に伴い協力金を支給する動きが広まっています。ただ自治体の財政力によってばらつきがあり、10~50万円から最大で100万円となっています。

 秋田県では1事業者当たり30万円を支給する計画ですが、秋田市はこれに20万円を上乗せすることを公表しました。財源には降雪量が少なくて使われなかった除雪費や新型コロナウイルスの影響で中止になったイベントの事業費、国の交付金などを充てるということです。穂積市長は「県の協力金と合わせて家賃や光熱費など、2か月程度頑張れる額にした」「感染拡大防止に協力して休業する事業者を支援するという思いを込めた」と話しています。

 県や市町村単独では財源にも限界がありますが、それぞれのできる範囲で協力し合えれば、大きな支援になります。国や県が行う融資制度についても、市町村の助成によって事業者が負担する利子の軽減が可能ですから、地域の実情に合った対応をしてほしいものです。

 一方、休業や営業時間の短縮を要請する対象についてはすでに公表されていますが、事業者にとっては線引きに困惑しているところも見られます。特に食事の提供施設では、営業時間を午前5時から午後8時までの範囲に短縮した場合や終日休業した場合は対象となるのに、(通常は)午前5時から午後8時までの範囲内で営業している飲食店が終日休業した場合は対象とならないのか・・・。人との密集・密接などを避けるために休業要請するのであれば、飲食業の場合は要請期間中に終日休業する事業者も対象にするべきであり、そうした内容についてさらに要望していきたいと思います。

by shouichiro_sato | 2020-04-23 22:04 | 地方自治 | Comments(0)  

異常事態

 秋田魁新報の情報ひろばに掲載されている「キップ情報」。あちらこちらに移動することが多い私にとっては、毎日チェックしているコーナーですが、何と今週からは秋田—東京間の飛行機が一往復しか運航していないという、異常な事態になっています。たぶん秋田空港開港以来、初めてのことでしょう。

異常事態_f0081443_08533521.jpg
 (写真・22日のキップ情報には※印ばかり。東京便の運航は夕方のみです)

 新型コロナウイルスの感染が拡大してきた先月あたりから、東京都などの首都圏と往来する人が激減。さらに外出自粛が要請されていることから県外への移動がほとんどなくなっています、秋田新幹線は通常通り運転されていますが乗客はほとんどなく、大型連休を中心に編成されていた臨時列車は全て運休。首都圏と秋田県内を結ぶ秋田中央交通・秋北バス・羽後交通の高速バスは、全て運休となっています。

 今のところ県外へ出かける用事は全てキャンセルされていますが、極力「在宅(スティーホーム)」に徹するしかありません。

by shouichiro_sato | 2020-04-22 22:09 | 社会・話題 | Comments(0)  

休業要請

 秋田県は新型コロナウイルスの感染拡大への対応として緊急事態宣言が出されたことを受け、休業を要請する施設や店舗の業種を決めました。県内全域を対象に、バーやカラオケボックスなどの遊興施設や運動施設、パチンコ店、映画館、学習塾、展示施設、生活必需品を販売する店舗を除く商業施設などで、要請期間は今月25日から5月6日までです。

 さらに、飲食店や居酒屋といった食事の提供施設には、営業時間を午前5時~午後8時まで短縮するように要請。酒類の提供は午後7時まで(宅配やテークアウトを除く)としています。

 要請に応じた事業者(全県で7000件を想定)には1事業者当たり30万円、2施設以上を営む事業者には60万円の協力金を支給するとし、24日に県議会へ必要経費約21億円の補正予算案を提出する予定です。協力金の申請受付は来月7日から開始します。

 休業要請や感染防止策に協力を依頼する施設、協力金の支給要件については、詳細な内容を秋田県のホームページに掲載しています。きょう午後には相談センターを開設しており、土日祝日を含めて午前9時から午後5時まで電話 ☎018-860-5071 で対応しています。

by shouichiro_sato | 2020-04-21 22:22 | 秋田県 | Comments(0)