人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

防衛相に申入れ

 秋田県の佐竹知事と穂積秋田市長はきょう夕方、河野太郎防衛大臣と面会。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、配備候補地とされている陸上自衛隊新屋演習場は「住宅地に近く、配備には無理がある」との申し入れを行いました。

防衛相に申入れ_f0081443_19450915.jpg
防衛相に申入れ_f0081443_19452778.jpg
 (写真上・防衛省で河野大臣と面会し、申し入れ書の内容を説明する佐竹知事と穂積市長。写真下・終了後の記者会見で「新屋になることはないだろうと思う」と面会の印象を語る穂積市長。NHK「ニュースこまち」より」

by shouichiro_sato | 2020-01-31 19:51 | 秋田県 | Comments(0)  

邦人が帰国

 中国湖北省武漢市を中心に肺炎患者が拡大している問題を受け、現地に滞在している日本人206人がきょう、政府が手配したチャーター便で帰国しました。感染症のまん延を受け政府がチャーター機を派遣するのは初めてで、今後も退避を希望する邦人が約440人いることから、今夜も第2便が武漢市に向けて出発しました。

 ただ、帰国した13人には発熱や咳などの症状があり、12人が入院し、3人が帰宅。残りの皆さんは千葉県内のホテルに滞在しているとのこと。武漢市から来た旅行者を乗せていたバスの運転手やツアーガイドへの感染も明らかになっており、新型コロナウイルスによる肺炎は、まだまだ拡大する状況です。

 どこで誰と接触するか分からない昨今、予防対策にはウイルスの伝搬を防ぐための丁寧な手洗い、咳に対するエチケットとしてマスクを着用することなど、「通常の感染症対策」が重要とのこと。何かと外出する機会が多い自分も、心がけたいと思います。

by shouichiro_sato | 2020-01-30 22:07 | 今日の出来事 | Comments(0)  

寒中見舞い

 松の内が明ける1月7日から立春の2月7日までは、「寒中見舞い」の挨拶状が届きます。年賀状を出せなかった場合や、喪中はがきへの返信などに使われ、まさに寒さが一番厳しい時節を感じるものです。

 ところが今年は、1月も末だというのに雪の少ない穏やかな日が続いています。毎朝の除雪作業や雪下ろしから解放され、道路事情も良好であり、日常の暮らしには「雪がなくで助かるネ」。それでも雪まつりの縮小や中止、スキー場の閉鎖、除雪作業員の失業など、様々な影響が出始めました。・・・・来月の天候はどうなるのか、気になるところです。

寒中見舞い_f0081443_17322121.jpg
 (写真・田代の積雪は48cmですが道路に雪はありません。きょうの自宅前)

by shouichiro_sato | 2020-01-29 22:12 | 家族・仲間 | Comments(0)  

感染拡大

 中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界に拡大しています。日本でも7例目の感染が確認され、武漢市から来た団体旅行客を案内していたバスの運転手が感染するなど、人から人への感染も拡がっています。

感染拡大_f0081443_21260453.jpg
 (写真・世界各国に拡大する新型コロナウイルスの感染。NHKニュースより)

 28日の中国政府の発表によると、死者が106人に達し、中国本土の感染者は4515人となっています。河北省から北京や上海、東北部の黒竜江省、南部の海南省などにも拡大。カナダとドイツでも初めて感染者が確認され、中国では国民に海外渡航の自粛を呼びかけています。

by shouichiro_sato | 2020-01-28 21:24 | 今日の出来事 | Comments(0)  

259人

 秋田県がまとめた2019年度の県内の出稼ぎ労働者数は259人(昨年11月20日現在)で、過去最少となっています。前年度より25人少なく、減少は38年連続。出稼ぎしている方々の高齢化による引退や、若い皆さんの県内就労が増えているためです。

 秋田県の出稼ぎ労働者数が一番多かったのは、昭和46年度(1971年)の7万3028人。丁度、減反政策が始まった翌年頃のことでした。私も当時は高校を卒業して就農したばかりの、社会人一年生。早速その年の冬には、川崎市にあるアルミサッシの工場で塗装工として働いたものでした。羽後町でも3000戸余りの農家から、3700人以上が出稼ぎしていました。

 その時代から50年余り、農村の産業構造も大きく変わり、長寿で少子化の時代になり、地域の人口減少が進んでいます。

by shouichiro_sato | 2020-01-27 21:22 | 秋田県 | Comments(0)  

徳勝龍が優勝

 大相撲初場所は西前頭17枚目の徳勝龍(33歳・木瀬部屋)が大関貴景勝を寄り倒しで破り、14勝1敗の見事な成績で優勝しました。幕尻での優勝は20年ぶりで、勝った瞬間は思わず男泣きした徳勝龍に、テレビ桟敷の自分も感慨一入でした。

徳勝龍が優勝_f0081443_22212527.jpg
徳勝龍が優勝_f0081443_22214746.jpg
徳勝龍が優勝_f0081443_22220947.jpg
 (写真・幕尻ながら千秋楽の結びで大関と対戦、力強い相撲で圧倒した堂々の勝利です。出身地の奈良ではお父さんも男泣き。見事な初優勝でした。NHKの大相撲中継より)

by shouichiro_sato | 2020-01-26 22:28 | スポーツ | Comments(0)  

花嫁道中

 《 カメラスケッチ・馬車で道中 》

花嫁道中_f0081443_21573839.jpg

花嫁道中_f0081443_21580076.jpg
 ゆきとぴあ七曲のメイン行事「花嫁道中」がきょう午後行われ、西馬音内の道の駅・端縫いの郷から田代・長谷山邸までの12kmを進みました。35回目となる今年は道路に雪がなく、全行程が馬車での道中となりましたが、町内の各地で大勢の皆さんに祝福されています。新郎新婦は長谷山邸の蔵を利用して3年前開設された鎌鼬美術館で出会ったという、秋田市在住の映像作家・宮岡秀行さん(広島市出身)と詩人・撓子さん(鹿角市出身)。会場に設置された雪堂の神前で結婚式を挙げました。

by shouichiro_sato | 2020-01-25 22:27 | 今日の出来事 | Comments(0)  

代表質問

 通常国会の冒頭に行われる衆参両院の代表質問が終わりました。安倍晋三首相は「桜を見る会」の問題などでは守りの答弁を繰り返し、自衛隊の中東派遣やIR(統合型リゾート施設)事業でも従来の姿勢を貫いています。

 桜を見る会に首相の後援会員が多数招待されていた問題について公職選挙法違反ではないかと指摘されると、「公選法に抵触するとの指摘は当たらない。招待者名簿はすでに廃棄され、改めて調査を指示することは考えていない」と答弁。憲法改正について自民党の改憲4項目の条文案を取り下げを求められると、「自民党案はあくまでもたたき台だ。問題があるなら党の案や考え方を憲法審査会の場で提示してほしい」。

 自衛隊の中東派遣は米国・トランプ大統領が呼び掛けた有志連合に事実上応える形だと質すと、「米国の指揮統制を受けることはない。わが国独自の取組みで、武力紛争に巻き込まれる形で行うものではない」。IRについては「家族で楽しめるエンターテイメント施設として観光先進国の実現を後押しする」。二人の閣僚が辞任した事態について問われると、「任命責任を痛感している。捜査に関する事柄は答を差し控える」。

 3日間の代表質問に関する報道を見ていると、答弁の内容が初めから想定されている範囲で、どうも形式的?な議論ばかりが交わされているような、物足りない感じです。

by shouichiro_sato | 2020-01-24 22:00 | 国政・時事 | Comments(0)  

平幕二人

 大相撲初場所は12日目、西前頭4枚目の正代(28歳・時津風部屋)と同17枚目の徳勝龍(33歳・木瀬部屋)がともに勝って1敗をキープ。平幕の二人がトップに並ぶのは、1場所15日制が定着した1949年(昭和24年)以降初めてです。

 横綱白鵬と鶴竜が序盤で早々と休場し、大関豪栄道もきょう負け越しが決まるなど、上位陣が弱い今場所。期待の関脇朝乃山や小結阿炎、前頭筆頭の遠藤などが、中盤以降で取りこぼしが続く中、正代と徳勝龍はここにきて勝運?にも恵まれているような土俵際の逆転劇で、白星を積み上げてきました。

 さらに、西前頭5枚目の炎鵬(25歳・宮城野部屋)は幕内最小の小兵ながら、頭脳的?な相撲で大関・関脇との戦いを3勝1敗。きょうは関脇高安を下手投げで破って7勝目をあげ勝ち越しに大手。連日、その日一番の大歓声を浴びています。

 初場所は残り3日。平幕の二人がこのまま勝ち続けるのか、ただ一人2敗で追う大関貴景勝(23歳・千賀浦部屋)は逆転優勝できるのか。そして炎鵬は自己最高位での勝ち越しなるか・・・・・・、目が離せなくなってきました。

by shouichiro_sato | 2020-01-23 22:55 | スポーツ | Comments(0)  

無断キャンセル

 宿泊予約サイトで4つのホテルを予約し、無断でキャンセルしてホテル業務を妨害したとして京都府警は22日、住所不定(ホテルを転々として生活していた?)の女(51歳)と息子(31歳)を私電磁的記録不正作出・同供用、偽計業務妨害の両容疑で逮捕しました。

 警察では容疑者が昨年2月~10月に、全国で無断キャンセルを2200回以上繰り返し、宿泊予約サイトで宿泊料金の数パーセントが還元されるポイントを、不正に取得していたとみています。約190万円分を取得し、ポイントを使ってホテル暮らしをしていたようです。

 一方、この正月には栃木県の那須塩原市や日光市などの温泉施設で無断キャンセルが相次ぎ、少なくとも7施設で計250万円もの被害が明らかになりました。いずれも同一とみられる人物から電話で予約されていたとか・・・・。何とも卑怯な事件が続いていますネ。

by shouichiro_sato | 2020-01-22 23:12 | 事件・事故 | Comments(0)