人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

義平福

 秋田県産の黒毛和牛の知名度を上げた県有種雄牛「義平福」(よしひらふく・13歳5ヵ月)が、来月に引退することが報じられています。義平福の子牛は肉質に優れ枝肉の量が多いのが特徴で、2012年に長崎県で開催されたの全国和牛能力共進会では県産子牛で過去最高となる全国2位に輝いています。

 義平福は2006年4月、羽後町上到米の伊藤茂夫さん宅で生まれ。父は「義安福」母は「ふくかつ」で、県が買い上げて育成。種雄牛に採用するための子牛の肉質を測る検定では「抜群の好成績」。すでに1万2千頭棟の子牛が誕生し、県産牛の単価上昇に大きく貢献してきました。さらに、凍結精液はストロー約4万本の備蓄があるとのことで、今後も期待されています。

 種雄牛は15年程度が寿命とされているものの、義平福は蹄の炎症が悪化して衰弱しており、10月10日に飼育されている県畜産試験場で神事を行い、15日に屠畜されます。11月以降には畜産関係者が感謝の集いを開く予定です。

by shouichiro_sato | 2019-09-30 22:37 | 産業振興 | Comments(0)  

旭日中綬章

 雄勝広域森林組合代表理事組合長の佐藤重芳氏(湯沢市稲庭・74歳)が旭日中綬章を受章し、祝賀会が開かれました。佐藤氏は湯沢市でも有数の山林事業者でありながら、旧稲川町議会議員や町長を歴任した後、平成16年に同組合長に就任。19年からは秋田県森林組合連合会代表理事会長を務めています。さらに24年からは2期6年にわたり全国森林組合連合会代表理事会長を歴任。この間には「ウッドファースト社会の実現」に向けた取組を進め、「森林環境税」の創設に尽力されています。
f0081443_06335143.jpg
 (写真・謝辞を述べる佐藤重芳氏と智恵子夫人。湯沢ロイヤルホテル鳳凰殿)

 祝賀会には湯沢市雄勝郡管内の行政や経営者、森林組合関係者など200人余が参加。佐藤氏の青年時代のエピソードや結婚50年の金婚式を迎えたことなどで話が弾み、大盛会でした。尚、県内の森林関係者による祝賀会は7月に秋田市で開かれています。

by shouichiro_sato | 2019-09-29 22:29 | 産業振興 | Comments(0)  

大金星

 ラグビーW杯1次リーグA組の日本は、世界ランキング2位で優勝候補のアイルランドと対戦し、後半に逆転して19-12、歴史的な勝利を挙げました。同リーグ最大の難敵を破り、初めてのベスト8進出に大きく前進しています。
f0081443_22170013.jpg
 (写真・ラグビーW杯で歴史的な勝利を挙げた日本。NHKニュースより)

by shouichiro_sato | 2019-09-28 21:50 | スポーツ | Comments(0)  

田沢湖高原

《 カメラスケッチ・田沢湖高原 》

f0081443_14124129.jpg
f0081443_14131304.jpg
f0081443_14134521.jpg
f0081443_14141142.jpg
 仙北市田沢湖高原で会議があり、その機会に秋田駒ケ岳や乳頭温泉郷に寄ってきました。駒ケ岳8合目(標高1305m)の駐車場から上はすでに紅葉が始まっていました。鶴の湯温泉や孫六温泉には県外ナンバーの車が多数あり、外国人のお客さんも・・・・。写真は上から、田沢湖スキー場から見る秋田駒ケ岳と、8合目付近の紅葉。初秋の佇まいにある鶴の湯温泉、孫六温泉。

by shouichiro_sato | 2019-09-27 22:11 | 今日の出来事 | Comments(0)  

継続審査

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する防衛省の計画を巡って、秋田市議会はきょうの本会議で、配備反対の決議を求めた請願、陳情計13件を継続審査としました。同様の趣旨の請願、陳情は6月議会でも継続審査となっています。

 県内ではこれまでに、11の市町村議会が同趣旨の請願、陳情を採択していますが、配備候補地となっている秋田市議会は、再び結論を先送りしました。
f0081443_09015069.jpg
 (写真・本会議の採決は賛成多数で「継続審査」に。ABSニュースより)

by shouichiro_sato | 2019-09-26 21:54 | 地方自治 | Comments(0)  

豚コレラ

 豚やイノシシに観戦する家畜伝染病「豚コレラ」が拡大しています。日本では1992年まで感染例があったものの、ワクチン接種を徹底した結果、撲滅に成功して清浄国となっていました。それが昨年9月、国内では26年ぶりに岐阜県の養豚場で感染が確認され、その後は愛知県や三重県、福井県などに拡大。それから一年になった今月には、ついには大生産地である関東地方、埼玉県に拡大してきました。

 肉を食べても人にはうつりませんが、感染した豚は(飼育されている農場の)全てを殺処分しなければならず、養豚農家にとっては死活問題。一日も早く感染の拡大をくい止めなければなりません。

 秋田県内では86の農場で約27万頭が飼育されており、農業産出額では豚肉がコメに次いで2位となる188億円。野生のイノシシが媒介しているとみられるほか、種豚の購入や肉豚の出荷は発生県に隣接する都県にも行われており、油断はできません。県では県内全ての養豚場、食肉処理センターなどで一斉消毒を行う方針を決め、資材の購入費には県の予備費を充てるとしています。

by shouichiro_sato | 2019-09-25 21:29 | 産業振興 | Comments(0)  

女児不明

 山梨県道志村のキャンプ場で21日午後、千葉県成田市から家族らと約30人で遊びに来ていた小学一年生の女児(7歳)が、行方不明になりました。捜索はきょうで3日目、まだ発見されていません。付近の林道や小川など、県警本部や地元の消防団員が範囲を広げて徹底的に捜索しているものの・・・・・一体、どこに行ってしまったのでしょう?

by shouichiro_sato | 2019-09-24 23:31 | 事件・事故 | Comments(0)  

気候変動

 世界気象機関(WMO)によると、現在の世界の平均気温は19世紀半ばと比較して、1.1度上昇。特に2015年からの5年間の平均は、15年までの5年間と比べ大気中の二酸化炭素濃度の上昇率が約20%増え、気温が0.2度上がるなど、「過去5年間は観測史上最も暑くなり、海の氷が解けるなどして海面上昇などの深刻な影響がでている」と発表。「温暖化が急速に進んでいる」と報告しています。

 国連本部(米国ニューヨーク)では21日、若者気候サミットが初めて開かれ「地球温暖化の理解促進と対策強化のため、政治家や社会への働きかけを加速させることを確認した」と、報じられています。23日には同所で、各国の閣僚らが集まる国連気候行動サミットが行われます。

by shouichiro_sato | 2019-09-23 22:12 | 社会・話題 | Comments(0)  

久々の優勝

《 カメラスケッチ・優勝 》

f0081443_20305341.jpg
 プロ野球セ・リーグは21日、読売巨人軍がDeNAと戦い、延長10回3-2で勝ち5年ぶり、37度目の優勝を決めました。今季から3度目、通算13年目の指揮を執った原辰徳監督も涙を浮かべていました。(写真・BS-TBSの生中継より)

f0081443_20401305.jpg
 大相撲秋場所は東西の関脇、御嶽海と貴景勝が12勝3敗で並び、2年ぶりという優勝決定戦に。本割では8日目に敗れていた御嶽海が、力強く寄り切って完勝。昨年の名古屋場所以来7場所ぶり、2度目の優勝を果たしました。貴景勝は大関復帰が決まり、御嶽海は大関へ大きく前進しました。(写真・天皇賜杯を受ける御嶽海)

by shouichiro_sato | 2019-09-22 20:51 | スポーツ | Comments(0)  

ラグビーW杯

 アジアで初めてとなるラグビーの四年に一度の祭典、ワールドカップ日本大会が20日に始まり、開幕戦に登場した日本はロシアに30-10で勝利。11月2日の決勝まで、44日間にわたる熱戦が展開されます。

 世界ランキング10位の日本は9大会連続出場ながら、今まで1次リーグを突破することができず、悲願の決勝トーナメント進出を目指しています。1次リーグA組の日本は、ロシアに勝って勝ち点5を獲得したものの、次回28日は世界ランキング1位のアイルランドに挑戦。1次リーグは4組に分かれての総当たり戦で、各組2位までが準々決勝に進みます。A組には他に、世界ランキング7位のスコットランド、同16位のサモアがおり、これからどんな戦いが展開されるか、目が離せませんネ。

 W杯には史上初の3連覇を狙うニュージーランドなど20チームが出場しており、全国12会場で計48試合が行われます。ラグビーの代表選手は国籍に縛られておらず、36ヵ月の継続居住などの一定の条件を満たせばその国の代表になることができるため、肌や目の色が違っても桜のジャージーを着て日本チームでプレーできることも、国際色があって魅力的ですね。「頑張れニッポン!」
f0081443_14183470.jpg
 (写真・ラグビーW杯の開幕と日本の勝利を伝える21日の「秋田魁新報」)

by shouichiro_sato | 2019-09-21 20:38 | スポーツ | Comments(0)