人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

阿波おどり

 徳島県の夏の風物詩「阿波おどり」があす12日から15日まで行われます。しかし今年は、桟敷席チケットの売り上げが伸び悩んでいる模様です。

 阿波おどりは昨年、主催していた徳島市観光協会などに4億円を超える累積赤字があることが判明。今年は徳島市などで組織する「阿波おどり実行委員会」が主催して行われることに。名物だった1ヵ所の演舞場で行われる「総踊り」を中止し、33の有名連を4ヵ所の演舞場に分散させる演出も企画していますが・・・・・。一時は中止も危惧された阿波おどりだったことから、観光客の出足も鈍くなったのでしょうか。

 さて、当地では16日~18日まで「西馬音内盆踊り」が行われます。西馬音内盆踊りも一時はたくさんのお客さんが来町されて身動きができないほどでしたが、最近は丁度いい人出?で、踊ることも見ることもできるようになりました。16日にはNHK・BSプレミアムのお盆の特別番組(午後6時~9時)で、全国の4ヵ所の行事とともに生中継されます。どうぞお楽しみに。

by shouichiro_sato | 2018-08-11 22:15 | 社会・話題 | Comments(0)  

ひまわり満開

 春には「菜の花と桜ロード」として人気の大潟村の幹線道路。この時季はひまわりが咲き誇っています。
f0081443_20241735.jpg
  (写真・八郎潟町から大潟村へ向かう道路の両側は、ひまわりが満開です)

 四季それぞれに自然の恵みが豊かな秋田県。海も山も、心身のリフレッシュには最高ですが、身近にある農業・農村の景観もまた、見事なものがありますネ。農業のもつ多面的機能への理解が進んできたこともあり、県内では全域で資源保全活動が行われており、小規模なスポット花壇から本格的な道路花壇などを見ることができます。

 そんな景色も今が見頃となっており、地域を明るくしています。是非とも農村地域の素晴らしい景観を楽しんでください。

by shouichiro_sato | 2018-08-10 23:16 | 今日の出来事 | Comments(0)  

北前ザンブリコ

 劇団わらび座のミュージカル「北前ザンブリコ」の公演記念トークショーがきょう、あきた芸術村わらび劇場(仙北市)で行われました。
f0081443_08410605.jpg
  (写真・左から高田氏、石川氏、三浦氏、久保氏。わらび劇場ステージで)

 パネリストは北前船寄港地フォーラム議長・石川好さん、秋田商工会議所会頭・三浦廣巳さん、日本観光振興協会理事長・久保成人さんで、進行役は国土交通省東北運輸局観光部長・高田公生さん。

 石川さんは「文化や経済などの多面的な交流が行われることが北前船を軸とする運動の目的だ」と述べ、10年ほど前から運動を提唱した一人として、ミュージカルとなったことに感銘。三浦さんは北前ザンブリコの公演を秋田市の中心市街地で行うことを紹介し、「北前船文化を身近に感じてほしい」。久保さんは北前船の交易は寄港地の特産物の地域間競争があったとして、現代の観光振興の切り口になると話しています。

 「北前船ザンブリコ」の公演はわらび劇場で11月18日まで。12月12日~平成31年1月26日は、秋田市にぎわい交流館で行われます。

by shouichiro_sato | 2018-08-09 22:26 | 社会・話題 | Comments(0)  

金足農初戦突破

 金足農業が鹿児島実業に5-1で快勝。エースの吉田投手が14奪三振の力投で強力打線を1点に抑え、打線はのびのびと鋭い当たりを飛ばし、さらにはスクイズなどで手堅く得点。力強い勝利でした。

 第100回全国高校野球選手権記念大会は4日目。秋田県代表の金足農業は11年ぶり6回目の出場で、同校としては23年ぶりの初戦突破です。大会屈指の投手として注目される吉田輝星選手は、最速150㌔を投げる本格派。それに打線が頑張ることができれば、この先も楽しみです。2回戦は14日の第2試合でに大垣日大(岐阜県)と対戦します。
f0081443_21382018.jpg
 (写真・吉田投手の力投で金足農が23年ぶりに勝利。NHKニュースより)

by shouichiro_sato | 2018-08-08 21:43 | スポーツ | Comments(0)  

要望活動

 県議会建設委員会ではきょう、国土交通省所管に係る提案と要望書を東北地方整備局や国土交通省に提出するため、仙台市と東京都に出向いています。

 提案・要望事項の骨子は、「社会資本の整備等に必要な公共事業予算の確保について」「県土の骨格を形成する道路ネットワークの整備促進について」「県民の生命・財産を守る治水砂防対策の推進について」「環日本海交流の拠点となる秋田港等の整備促進について」

 「良好な市街地形成に資する街路の整備について」「生活排水処理の広域共同化に係る施設整備予算の確保について」「県・市連携文化施設整備への支援について」です。

by shouichiro_sato | 2018-08-07 22:40 | 秋田県議会 | Comments(0)  

豪雨から一ヵ月

 記録的な豪雨で西日本に土砂災害や浸水などの甚大な被害が発生してから、きょうで一ヵ月。まだ、3000人を超す人たちが避難生活を送っています。被災地での死者は岡山、広島、愛媛など15府県で225人、11人が行方不明になっています。

 連日の猛暑の中、行方不明者の捜索や家屋の跡片付けが続いていますが、被災の規模が広範囲で激しいため、なかなか進んでいない様子です。急峻な山沿いに建っている住宅も多く、防災対策の工事が必要な場所もたくさんあり、普段の生活に戻るにはまだまだかかりそうです。

by shouichiro_sato | 2018-08-06 21:43 | 事件・事故 | Comments(0)  

ナガマツが世界一

 バトミントンの世界選手権(中国・南京)で女子ダブルスの決勝に進出した北都銀行の永原和可邦・松本麻佑組(ナガマツペア)が、福島由紀・廣田彩花組(フクヒロペア・岐阜トリッキーパンダーズ)との日本人チーム同士の対決を2-1で逆転勝ちし、この種目で日本勢としては41年ぶりの金メダルを獲得しました。

f0081443_20541091.jpg
 (写真・女子ダブルスは金、銀、銅のメダルを獲得。NHKニュースより)

 22歳のナガマツペアは初出場ながら、3回戦でリオデジャネイロ五輪の金メダリストである高橋・松本組(タカマツペア・日本ユニセス)に勝利。その後も第7シード・タイペアとの準々決勝、第5シード・インドネシアペアとの準決勝をともに2-0で撃破。昨年の世界選手権で準優勝しているフクヒロペアとの決勝戦は、第1ゲームを19-21で先行されながら、第2ゲームは21-19で粘り勝ち。第3ゲームは18-20と追い詰められてから驚異的なレシーブを連発し、4連続得点で決めています。

 尚、昨年のバトミントン・スーパーシリーズファイナル女子ダブルスで初優勝した米元小春・田中志穂組(北都銀行)は準決勝でフクヒロペアに敗れたものの、銅メダルを獲得。北都銀行の選手が大活躍した世界選手権となりました。皆さんのご健闘に、拍手です。

by shouichiro_sato | 2018-08-05 20:54 | スポーツ | Comments(0)  

奈良判定

 日本ボクシング連盟の会長が、試合で奈良県の選手に有利な判定が下されるよう圧力をかけていたとされる「奈良判定」。事実だとすれば、スポーツの根幹を揺るがす大問題です。

 この問題を含め、同連盟には不透明な財政運営など計12項目の不正があるとする告発状が、都道府県連盟幹部や元選手ら関係者333人の有志で組織する「日本ボクシングを再興する会」からJOCや日本スポーツ協会、スポーツ庁などに提出されています。

 会長は不正疑惑に対して「絶対ありません」と否定していますが、告発状が提出されるこの騒動、異様ですネ。

by shouichiro_sato | 2018-08-04 23:47 | スポーツ | Comments(0)  

夏まつり

 8月は東北地方の夏まつりが全開。1~4日の「盛岡さんさ踊り」に続いて2~7日には「青森ねぶた祭」、きょう3日は「秋田竿燈まつり(6日まで)」、「福島わらじまつり(4日まで)」が始まりました。この後は「山形花笠まつり(5~7日)」、「仙台七夕(6~8日)」が行われます。

 さらには、各地域での夏まつりも今月に集中。イベントカレンダーを見ると、毎日どこかで夏まつり開催中。暑い中ですが、是非ともまつり会場に足を運んで、熱気あふれる元気な姿を堪能してください。

f0081443_10043124.jpg
f0081443_10051510.jpg
(写真・久しぶりに「青森ねぶた祭」、盛岡では「伝統さんさ踊り競演会」を見学)

by shouichiro_sato | 2018-08-03 23:02 | 社会・話題 | Comments(0)  

女子を減点

 東京医科大学(東京都)が今年2月の医学部医学学科の入学試験で、女子受験者の得点を一律減点していたことが明らかになりました。こうした女子に不利な対応は2011年頃から続いていたようで、性別を対象とした恣意的な操作が行われたのは極めて異例なことでしょう。

 報道によると、大学幹部らは1次試験の結果などを勘案し、「85%」「90%」などという係数を決めて女子受験者の結果に掛け、2次試験に進む女子受験者を少なくしていました。募集要項には出願要件や定員などは記載されているものの、男女の定員は明記されておらず、受験者側への説明はなかったとのこと。

 女性は結婚や出産を機会に職場を離れるケースが多いため、病院などでの医師不足を回避する目的で得点操作をしていたとされていますが、公平公正であるべき入学試験で女性を差別した行為には違いありません。
f0081443_09380022.jpg
 (写真・合格者の男女比は5:1でした。「AAB報道ステーション」より)

by shouichiro_sato | 2018-08-02 22:33 | 事件・事故 | Comments(0)