<   2018年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

猛暑が続く?

 気象庁が発表した1ヵ月予報によると、東・西日本は太平洋高気圧に覆われて、向こう1ヵ月の気温は高い見込みとか。特に7月後半は平年よりかなり高くなる見込みで、北日本も平年並みか高い予想になっています。こうした気象状況は、過去に経験したことがないと思われます。

 この猛暑はまだまだ続きそうですから、体調管理には十分に注意してください。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2018-07-19 20:53 | 社会・話題 | Comments(0)  

ラウンドアバウト

 幹線道路整備における変則交差点の改良手法、ラウンドアバウトを視察しました。同様の交差点は全国に8ヶ所あり、訪ねたのは最も新しい長野県安曇野市にある「本村円(ほんむらまどか)」交差点です。

 ラウンドアバウトとは環状交差点のことで、交差点の中央に円形地帯(中央島)を設けるもの。車輌はこの中央島に沿った環状の道路を一方向に通行し、行き先の道路に流出します。欧米諸国では安全でエコな交差点の制御方式として積極的に導入され、交通事故の減少などの効果も報告されています。
f0081443_08044932.jpg
f0081443_08050580.jpg
 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2018-07-18 21:20 | 秋田県議会 | Comments(0)  

浅川ダム

 県議会建設委員会の調査で、長野県にある浅川ダムを視察しました。信濃川水系一級河川の浅川に治水専用ダムとして昨年3月に運用を開始したものですが、これまでには様々な出来事に翻弄されてきたダムでした。

 昭和52年から計画調査が始まり、平成12年には本体工事契約をしていたものの、同年に当選した田中康夫知事が「脱ダム」を宣言。以来、平成22年に再着工されるまで、事業は凍結されていました。

f0081443_07540939.jpg

f0081443_21235253.jpg

 (写真・浅川ダムは、普段は上流に水が溜まっていない「治水ダム」です)

(執筆中)

by shouichiro_sato | 2018-07-17 22:43 | 秋田県議会 | Comments(0)  

草刈り

 一週間ぶりに自宅にいましたので、今日は朝から自宅周りの草刈りや除草剤の散布。

 西日本や東日本ほどではないにしろ、当地も30℃を超える真夏日が続いており、何度も水を飲みながら、何とか作業を終えました。

 一休みして夕方には秋田市へ。今月末に神奈川県に転勤する知人の送別会で、有志が集って楽しい時間となりました。明日からは県議会建設委員会の調査で、猛暑が続く中部地方に行ってきます。

by shouichiro_sato | 2018-07-16 23:55 | 家族・仲間 | Comments(0)  

猛暑日続く

 きょうもまた、日本全国で猛暑日になりました。そうした状況下に西日本豪雨の被災地では、酷暑の中で行方不明者の捜索や流れ込んだ土砂の撤去、後片付けに追われています。

 最高気温は岐阜県揖斐川町と京都府福知山市で38.8℃になり、昨日の岐阜県多治見市の最高気温を抜いています。全国927観測点のうち200地点で35℃以上の猛暑日になっています。熱中症とみられる症状で救急搬送された人は、全国で2000人を超えた模様。滋賀県で2人、佐賀県で1人が死亡しました。

 この暑さは今週いっぱい続きそうだとか・・・・。くれぐれも体調の管理に気を付けてください。

by shouichiro_sato | 2018-07-15 22:19 | 社会・話題 | Comments(0)  

猛暑列島

 きょうは日本国中、厳しい猛暑に襲われました。岐阜県多治見では最高気温が38.7℃、京都市で38.5℃など、全国にある927の観測点の内、6割を超える613地点で最高気温が30℃を超える真夏日となっています。熱中症とみられる症状で1500人以上が搬送されています。

 ところで今朝は、首都圏在住の大曲農業高校同窓生による「東京大農会」(会長・高橋耕作さん)の総会があり、上京しました。大農会には昭和30~40年頃に卒業した大先輩が多数参加され、思い出話や大農の近況などを話題にして熱気ムンムン。暑さを忘れて盛り上がりました。

 終わって外へ出ると、35℃以上の猛暑。アスファルトとコンクリートに囲まれているためか、意識がボーッとなるほど。今夜は熱帯夜になるようですネ。

by shouichiro_sato | 2018-07-14 22:52 | 今日の出来事 | Comments(0)  

横綱が不在

 大相撲名古屋場所は6日目、きょうから横綱鶴竜が休場。稀勢の里は初日から休場、白鵬も4日目から休場しており、なんと3横綱が不在の場所になってしまいました。新大関で5連勝と元気な栃ノ心は小結玉鷲に小手投げで敗れ、さらに足の指を痛めた模様。序盤から混沌とした状況になってきました。

 看板の横綱が不在で大関の成績が不振となれば、すっかり興味が無くなってしまいますが、ここは関脇御嶽海や前頭遠藤などの若手・人気力士に頑張ってもらわなければなりません。今後の活躍次第では、一気に世代交代の場所になりそうです。

by shouichiro_sato | 2018-07-13 22:17 | スポーツ | Comments(0)  

人口減少

 総務省が発表した今年1月1日現在の人口動態調査によると、国内の日本人の人口は1億2520万9603人で、前年比37万4055人減り、9年連続の減少となりました。減少幅は過去最大を更新しています。41道府県で人口が少なくなった一方、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)だけが増え、人口の3割が集中しています。

 都道府県別で減少数の最多は北海道の3万4805人。減少率の最大は秋田県で1.39%。人口が増えた6都県のうち、出生数が死亡数を上回ったのは沖縄県のみ。埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知は転出より転入が多いことが要因です。

 尚、日本に住民登録している外国人は249万7656人で、前年より17万4228人増えています。

by shouichiro_sato | 2018-07-12 23:20 | 秋田県 | Comments(0)  

知事の意思

 県議会予算特別委員会の総括審査では7人の議員がイージス・アショアの配備について取り上げ、佐竹知事の姿勢を質しました。知事はこれまで、防衛省が行う調査自体は拒否できないとしていましたが、この1ヶ月ほどの動きや説明について不信感があるとして、慎重かつ厳しく対処する意向です。

 県と市が防衛省に提出した質問状への回答が納得できるものでない限り、同省が新屋演習場で進める地質・測量調査に入らないように求めることも表明。回答の内容次第では、強い姿勢で臨む構えです。

 ただ、反対の意思を早く伝えたほうがいいとの問いには、「ノーと言いたいところだが、そこまで言うと国が強行するのではないか。県を交渉相手とみなさず、その後の折衝が出来なくなる」と答え、現時点で明確な意思表示をすることに否定的な見解を示しています。

by shouichiro_sato | 2018-07-11 23:16 | 秋田県議会 | Comments(0)  

新しい文化施設

 予算特別委員会総括審査で、県と秋田市が旧県民会館所在地に連携して進めている新しい文化施設の整備について、見通しの甘さと今後の課題について質しました。当初の計画では総事業費は200億円。しかし昨年12月には、隣接する和洋高校を移転して用地を取得し、立体駐車場を整備すること。埋蔵文化財の調査や解体費用で31億円を増額。さらに今回、建設資材や労務単価の引き上げと県産材の使用などで、23億円を追加。総事業費は254億円と、当初の25%増になることが明らかになりました。

 建設場所を県民会館所在地に決めた時、「駐車場の問題や埋蔵文化財の調査、東日本大震災や2020東京五輪の建設需要でコストが高騰してくる」と指摘していましたが、その通りになってきました。

by shouichiro_sato | 2018-07-10 23:31 | 秋田県議会 | Comments(0)