<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

齋藤光喜さん

 前湯沢市長の齊藤光喜さん(湯沢稲庭町・72歳)がこの春の叙勲で「旭日小綬章」を受章し、今夜は湯沢市で記念の祝賀会が開かれました。今までご縁のあった市議会や市役所、各種団体、市民の方々など230名以上が出席され、心温まるひと時でした。

f0081443_22234118.jpg
  (写真・お礼の言葉を述べる齋藤氏と百合子夫人。湯沢ロイヤルホテルで)

 齊藤さんは東京でのユースホステル協会勤務の後、昭和50年に帰郷。53年には(株)稲庭うどん販売を設立し、稲庭うどんの普及・販売に貢献。平成元年からは同社の専務として、21年に湯沢市長へ就任されるまで勤めています。

 一方、政治活動では平成8年に稲川町議会議員に初当選。合併後の湯沢市議会議員を経て同20年9月に湯沢市長選挙に立候補するために辞職するまで、議員として活躍されています。

 そして21年4月、現職の鈴木俊夫氏を破って市長に初当選。29年4月に勇退するまで2期8年務めました。今夜の祝賀会では、齊藤さんが勇退後に再び市長に返り咲いた鈴木氏が祝辞を述べるなど、和やかな楽しい時間でした。

by shouichiro_sato | 2018-06-30 22:27 | 地方自治 | Comments(0)  

新屋演習場

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の最適候補地とされている秋田市新屋の自衛隊演習場を視察しました。場所は旧秋田空港の隣接地で、敷地は東西約800m、南北約2km。国道7号や主要県道に囲まれた場所ですが、最も近い所で150mのところに住宅地や学校があるなど、県都秋田市の市街地の一画でした。

 そもそも基本的な配備計画について疑問を感じますが、仮にこの場所に配備するとなれば、防衛の拠点となるミサイルシステムの敷地としては狭く、緩衝地帯を設ける余裕もありません。やっぱり「ここは敵地ではない」というのが率直な思いです。

f0081443_21323263.jpg
 (写真・知事や県議会議員はきょう、初めて自衛隊新屋演習場を視察しました)

by shouichiro_sato | 2018-06-29 21:35 | 秋田県議会 | Comments(0)  

田口選手

 バスケットボール男子Bリーグ・秋田ノーザンハピネッツ(NH)の主将である田口成浩選手(28歳)が、B1東地区の千葉に移籍することになりました。

 秋田NHをここまで牽引してきた田口選手が移籍するのは寂しい限りですが、これもプロの世界。田口選手には千葉で頑張り、さらには2020東京五輪を目指してほしいと思います。

 一方、来季はB1でプレーする秋田NHには、これからどんな戦略で更なる頂点を目指すのか。新たな選手の獲得とチームの競技力向上に期待しています。

by shouichiro_sato | 2018-06-28 23:45 | スポーツ | Comments(0)  

党首討論

 きょう行われた党首討論で、安倍晋三首相は立憲民主党の枝野幸男代表に対して、「党首討論の歴史的使命は終わった」と、応戦しました。

 党首討論は国の重要な課題について与野党の党首が議論をする場ではありますが、最近は論議が低調です。モリ・カケ問題で政権のイメージダウン?に躍起な野党に対して、安倍首相は論点を逸らすように?長々と持論を展開。共に時間切れで中途半端なものになっています。

 こうした状況が続くならば、ますます政治への関心が薄れてしまいますネ。

by shouichiro_sato | 2018-06-27 22:52 | 今日の出来事 | Comments(0)  

交番襲撃

 きょう午後2時頃、富山市で交番の所長(46歳)が刃物で刺され、犯人は拳銃を奪って逃走。近くの小学校付近で工事警備員(68歳)に発砲。2人は死亡しました。容疑者の男は駆け付けた警察官によって拳銃で撃たれ、現行犯で逮捕されましたが意識不明の重体とか。

 男は元自衛官で21歳。

 一方、先月には新潟市で小学2年生の女児が殺害されて線路内に遺棄される事件がありました。今月になって逮捕されたのは女児の近くに住む、23歳の男でした。

 まだまだ若い人たちが、こうした凶悪な犯罪を犯すとは・・・・。

by shouichiro_sato | 2018-06-26 21:58 | 事件・事故 | Comments(0)  

除雪費が高騰

 2017年度の県内自治体の除排雪費は県と9市で過去最高となっていることが分かりました。県内の累計降雪量は872cm(49地点の平均)で、過去5ヵ年平均の1.2倍。特に内陸南部では記録的な大雪が続いていました。

 一方、北陸地方も大雪になって、福井市では2月に37年ぶりに積雪が1m40cmを超え、主要国道で1500台もの車が立ち往生。解消に3日間もかかる出来事がありました。同市では除雪費用が平年の7.4倍に当たる50億円余に高騰。国からの特別交付税や市の災害対策基金、それに財政調整基金の全額を充当しても一般会計で2億円の赤字になっているとか。

 そうしたことから新年度予算編成では財源不足となり、公共事業の中止や計画していた建設事業も延期に。さらには市職員の給与を削減する条例案を6月議会に提案しています。7月から来年3月までの9ヶ月間、平均で月額1万9000円の減額です。

 春になると消えてしまう雪ですが、住民生活にとって欠かすことのできない除排雪事業。しかし、費用は膨大です。

by shouichiro_sato | 2018-06-25 23:59 | 地方自治 | Comments(0)  

後援会

 佐藤正一郎後援会(会長・加藤忠紀さん)の役員会を開き、来年春に任期満了で予定されている県議会議員選挙に、3選を目指して出馬することに同意いただきました。選挙まではまだ10ヵ月もありますが、周辺での動きも早いためにこの時期に確認いただき、しっかり準備していくことにしています。

by shouichiro_sato | 2018-06-24 22:52 | 政治活動 | Comments(0)  

同級会

 自分たちが還暦を迎えてから、もう5年。今年は5年ぶりに同級会を開こうと春から準備を進めてきましたが、今夜は地域にいる仲間で実行委員会(実行委員長・渡部完治さん)。9人が集まり、9月に予定されている会合の出欠状況などを確認しました。

 72人いる同級生の内、4人が逝去。それでも全員と連絡がつき、半分以上の方から参加できるとの返信があったとか。参加できない方からも、事務局には様々なメッセージが届きました。

 今から皆さんと会える日を、楽しみにしております。

by shouichiro_sato | 2018-06-23 23:55 | 家族・仲間 | Comments(0)  

サクランボ

 初夏の味覚「サクランボ」の収穫が各地で始まりました。

 サクランボといえば山形県が有名ですが、本県でも横手市十文字地区や湯沢市三関地区で栽培されており、特に三関産のサクランボは品質が日本一と言われています。きょうから主力品種である「佐藤錦」の首都圏向け出荷が本格的に始まり、同所にあるJAこまちゆざわフルーツセンターでは出発式が行われました。

 三関地区などでは昨年、5月に降雹被害があって生産量が落ち込みまし。しかし、今年は開花と受粉時に好天に恵まれ、その後の天候も良かったことから、糖度も十分で大きな実がついています。生産者の皆さんは早朝から収穫作業に追われており、来月中旬まで続きます。皆さんも是非、ご賞味ください。

by shouichiro_sato | 2018-06-22 22:37 | 産業振興 | Comments(0)  

理解と協力

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備について、小野寺防衛大臣は「地域の理解と協力」を得て進めたいと話していましたが、防衛省東北防衛局はきょう、候補地とする陸上自衛隊新屋演習場の地質測量調査の入札を公告しました。県議会や秋田市議会、新屋演習場周辺の住民代表への説明会は実施したものの、住民の不安が大きくて理解が得られたとはとても思われていないのに、突然の入札公告に唖然としました。

 あす22日夕方には小野寺防衛大臣が秋田に来て、知事や市長などに説明する予定になっていますが、そうしたことにも関係なく調査の入札を公告するとは、佐竹知事でなくとも「話し合いの余地がなく、不愉快だ」のは当然です。

 きょうから始まった県議会6月議会では、イージスアショアへの対応が最大の焦点です。

by shouichiro_sato | 2018-06-21 21:43 | 秋田県議会 | Comments(0)