<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

小平選手金メダル

 平昌五輪スピードスケート・女子500mで日本の小平奈緒選手が、五輪新記録で見事に優勝。日本2個目の金メダルを獲得しました。素晴らしいレースに、心から賛辞を贈りたいと思います。

f0081443_21444893.jpg
  (写真・素晴らしいレースを展開し、日本人女子初の金メダルを獲得した小平選手)

by shouichiro_sato | 2018-02-18 21:47 | スポーツ  

羽生選手金メダル

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で、前回のソチ五輪の金メダリスト羽生結弦選手(23歳)が昨日のショートプログラムに続いて今日のフリーでも圧巻の演技を披露。見事に五輪2連覇を達成しました。

 羽生選手は昨年11月に右足首を大けがし一時は出場も危ぶまれていましたが、SPでは2度の4回転ジャンプを決める完璧出来映え。フリーでも善戦して、日本選手として冬季五輪の個人種目で初めての連続金メダルです。

f0081443_21221398.jpg
  (写真・羽生選手が金、宇野選手が銀メダルを獲得した男子フィギュアスケート)

 午前中から外出していましたが、羽生選手の登場前に帰宅してテレビ観戦。ハラハラドキドキしながら見つめていました。羽生選手の演技が終わった瞬間に、思わず「やった!」「勝った!」と、叫んでいます。日本中が歓喜に沸いたこの瞬間。最終滑走で出場した宇野選手の頑張りも素晴らしく、日本の二枚看板が表彰台に上がりました。

by shouichiro_sato | 2018-02-17 21:39 | スポーツ | Comments(0)  

山形県朝日町

 湯沢雄勝北都会の総会と講演会が開かれ、出席してきました。講演会の講師は山形県朝日町の鈴木浩幸町長(57歳)で、演題は「チャレンジの輪がつながり希望溢れるくらしのあるまち」。国内でも評価の高い「朝日ワイン」や日本一の品質といわれるリンゴ「無袋ふじ」の産地であり、先人たちが取りくんできた地域資源を活かした「ブランド=引力」のまちづくりのお話に、目から鱗が出る思いでした。
 
f0081443_22005885.jpg
 (写真・鈴木町長は画面を駆使して資料を紹介。説得力のある話に引き込まれました)

by shouichiro_sato | 2018-02-16 21:58 | 今日の出来事 | Comments(0)  

メダル獲得

 平昌五輪でいよいよ、日本選手団が力を発揮してきました。スピードスケート女子1500mで銀メダルを獲得した高木美帆選手(23歳)、銅メダルを獲得したジャンプ女子の高梨沙羅選手(21歳)とフリースタイルスキー男子モーグルの原大智選手(20歳)に14日、メダルの授与式が行われています。

 15歳の中学生で五輪出場の経験がある高木選手は、前回のソチ五輪には代表に選ばれていません。女子ジャンプの高梨選手はワールドカップなどで連勝していたことから、金メダルの本命と思われていましたが、4位でメダルに届きませんでした。原選手はライバルの選手たちに関心が集まり、知名度は決して高くありません。

 そんな3人が見事に表彰台に上がったのですから、嬉しくなりました。高木選手は出場するレースがまだ残っており、さらなる飛躍が期待されます。高梨選手は「次こそ金メダルを狙いたい」、次に向けた頼もしいコメントを発していました。

 平昌五輪はこれからも、スピードスケートやジャンプ競技、ノルデック複合、フィギュアスケートなどが行われます。日本選手の奮闘に大いに期待したいと、今夜もテレビの前で応援しています。

by shouichiro_sato | 2018-02-15 23:11 | スポーツ | Comments(0)  

知事の説明

 県議会初日のきょう、佐竹知事は本会議の知事説明で「人口減少の克服に全力で取り組んでいきたい」と述べました。

 今議会には平成30年度から4年間の県政運営の指針となる「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」(成案)が提出されています。知事は第3期プランに込めた「人口減少の克服」「産業振興」「交流人口の拡大」「誰もが元気で活躍できる社会づくり」「未来を支える人材の育成」「地域課題への対応」について、自らの考えを表明。それぞれに具体的な戦略と目標とする数値を示しました。

 尚、平成30年度の一般会計予算額は5802億6000万円で、前年度の6月補正後予算と比較すると、83億17万円の減となっています。人口減少などにより基準財政需要額が減っていることから、地方交付税も伸びが期待できず、ここ数年の当初予算額は前年度を下回る傾向が続いています。

by shouichiro_sato | 2018-02-14 22:19 | 秋田県議会 | Comments(0)  

第1回定例会

 平成30年第1回定例会は14日から始まります。定例会の会期は7月13日までの150日間の予定ですが、2月議会には新年度の一般会計当初予算等が提案されるほか、今後4年間の県政運営の指針となる「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」についても質疑が行われます。さらに「サッカースタジアム」の整備、「イージス・アショア(地上迎撃システム)」の本県への配置計画などについても議論の焦点となることでしょう。
 
 2月議会では5人以上の議員が所属する会派の「自民党」と「みらい」が20日に代表質問を行った後、21日から23日まで一般質問があります。私も22日に、第3期ふるさと秋田元気創造プランや行財政改革大綱などについて登壇する予定です。本会議の模様はインターネット(スマートフォンも可)で中継されていますので、是非ともご覧ください。

by shouichiro_sato | 2018-02-13 23:23 | 秋田県議会 | Comments(0)  

大雪続く

 この頃は大雪に関するニュースが多くなっていますが、きょうの当地はこの冬一番の降雪になりました。

 特に昨日からの降雪量は、一晩で約70cm。午後8時現在の積雪は2m66cmに達しています。全国的には山形県大蔵村肘折で午後5時現在4m16cmとなり、統計を取り始めてから最も多くなっているとか。24時間の降雪量が95cmとのことで、大変な大雪です。

f0081443_21305042.jpg
 (写真・今朝は除雪機の限界?まで降雪が。自宅は屋根より高い雪に囲まれています)

by shouichiro_sato | 2018-02-12 21:29 | 今日の出来事 | Comments(0)  

平昌冬季五輪

 9日に開会した平昌冬季五輪。競技は本格化してきましたが、話題は北朝鮮の代表団と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の動向です。北朝鮮は韓国との合同チームに参加し、応援団も派遣。開会式には国家元首の役割を担う最高人民会議常任委員長や朝鮮労働党委員長の妹も出席し、「ほほ笑み外交」を展開。スポーツの祭典よりも、すっかり政治の舞台になってきた印象です。

 平昌は風が強く気温も低いなど、選手にとってコンデションは悪いよう。さらに、競技が行われる時間がテレビ放映権を持つアメリカなどの放送時間に合わせているため、午前の早い時間や夜遅い時間に設定されるなど、「競技・アスリートファースト」ではないことから、普段の力を発揮できない?選手が続出しているようです。

 それでもやっぱり、日本人選手の活躍に期待して、テレビ観戦をしています。

by shouichiro_sato | 2018-02-11 22:33 | スポーツ | Comments(0)  

雪に埋もれ死亡

 福井県の国道364号線で今月7日、雪で埋もれた車の中で一酸化炭素中毒になり死亡した19歳の男性が、発見される9時間前に「身動きが取れない」と警察に通報していましたが、道路を管理する福井県には伝えられていなかったことが明らかになりました。

 県によると本来、大雪などによる立ち往生の情報は警察などから道路管理者に連絡される運用になっているとか。現場ではこのほかにも立ち往生している車があり、県からの委託を受けた業者が除雪作業中、通報から4時間後に偶然にこの車を発見したとのことですが、外からは車の中に人の姿が見えず、別の車の除雪作業のためにその場を離れた模様です。何とも残念な出来事です。

 同県内では記録的な豪雪となり、6日から国道8号線で1500台もの車が立ち往生。9日未明にようやく解消されましたが、何と60時間以上も要する事態になりました。この大雪による新潟県と富山、石川、福井の北陸3県での死者は9人、除雪中に転倒するなどして約150人が重軽傷を負っています。

 9、10日は南からの暖かい空気が入って気温も緩みましたが、明日以降は再び冬型が強まり、日本海側は大雪になる予報です。まだまだ油断できません。

by shouichiro_sato | 2018-02-10 21:17 | 事件・事故 | Comments(0)  

国会審議

 政府が国内の2ヶ所に配備を計画しているイージス・アショアについて、候補地の選定に関わる具体的な質疑がようやく国会で行われました。衆議院予算委員会で寺田学議員(希望の党・東北比例)が小野寺防衛大臣に、地元の理解と同意が必要なのか、どのように求めていくのかを質しています。

 小野寺防衛大臣は候補地が決まっているわけではないとしながらも、寺田氏の追及に「地元の理解と協力が必須」と答弁しています。候補地として報道されている秋田市新屋地区の自衛隊演習場は、住宅地に近いことから不安の声が大きくなっています。防衛政策は国の専権事項ではあるものの、「地元への相談なしに配備を決めるのは言語道断」(野呂田芳成元防衛庁長官)であり、慎重な対応が必要です。

by shouichiro_sato | 2018-02-09 22:41 | 国政・時事 | Comments(0)