人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

成人の日

 きょうは成人の日。全国各地で行われた成人式の模様が、ニュースで紹介されていました。

 法律の改正により、「成人の日」は2000年から1月の第2月曜日に制定されましたが、成人式の日程は自治体によって様々。秋田県内では秋田市、男鹿市、由利本荘市、にかほ市などが以前から(成人の日だった)1月15日に開催していたものの、今ではこの4市も「成人の日」の前日の日曜日に設定。他の21市町村は8月中旬のお盆の頃に開催しており、成人の日のきょうは県内で式典などの行事はありませんでした。

 国民の祝日に関する法律では、成人の日を「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」ことを趣旨としています。「成人の日」と自治体が行う「成人式の日」は一致する必要はないにしても、青年を祝い励ます機会は常にもっていたいものです。

by shouichiro_sato | 2016-01-11 23:06 | 社会・話題 | Comments(0)  

県議会報告会

 きょうの午後は「県議会報告会・2016新春の集い」を開催し、昨年以降の県政の動きやこれからの課題について話をさせていただきました。

 特別ゲストは佐竹敬久秋田県知事で、地方創生などについて県の政策を具体的に紹介。さらに、昨年末に改革結集の会を結成して代表に就任した衆議院議員・村岡敏英氏も(NHKの討論番組終了後に)東京から駆け付け、久々の政治談議。参加された皆さんには熱心に耳を傾けていただきました。

 
 《 カメラスケッチ・綱引き 》

県議会報告会_f0081443_21243478.jpg
 羽後町の正月恒例「第42回新春みかんまき・もちつき大会」が開かれ、500人以上の皆さんが参集。もちつきとみかんまきの間には、子供たちと大人による綱引き3本勝負が行われ、子供たちが2勝1敗で勝利しています。(午前11時ころ、羽後町総合体育館)

by shouichiro_sato | 2016-01-10 22:49 | 今日の出来事 | Comments(0)  

やっぱり「寒中」

 6日は小寒で「寒の入り」。大寒は21日で、2月の立春前日までは暦の上でも最も寒い時節となりました。

 少なかった雪もここにきて本格化。今夜の8時現在、田代の積雪は81cm(秋田の道情報)になっています。日中には屋根の雪下ろしをしている家を、あちらこちらで見かけました。

 気象情報にも雪ダルマのマークが並びだし、気温も低い真冬日の予報が・・・。やっぱり「寒中」、いよいよ冬本番ですネ。

by shouichiro_sato | 2016-01-09 23:36 | 家族・仲間 | Comments(0)  

交通安全

 羽後地区交通安全協会(会長・佐藤安治さん)はきょう、交通死亡事故ゼロ・交通事故撲滅を願って「交通安全祈願祭」を西馬音内の御嶽神社で開き、ことし一年の無事故を祈ってきました。

 羽後町では平成25年12月、スリップによる正面衝突で湯沢市の女性が死亡する事故がありましたが、その後は死亡事故は無く、ゼロの日が昨日までで744日間になりました。

 しかし、昨年9月には山形県新庄市の東北中央自動車道で、軽トラックを運転していた町内の男性(84歳)が逆走して正面衝突し、亡くなっています。さらには高齢者が関わる事故は時々発生しており、交通安全の呼びかけも幅広い年代にしなければなりません。

by shouichiro_sato | 2016-01-08 22:51 | 今日の出来事 | Comments(0)  

勤続40年

 5日に行われた羽後町消防団出初式で、勤続40年以上の団員2名に秋田県知事からの表彰状が伝達されました。消防団員には勤続年数に応じて、羽後町長や県消防協会会長、県知事からの表彰が行われますが、40年以上という団員はそう多くはありません。

 表彰を受けたのは藤原宣一さん(第5分団長)と佐藤久夫さん(第7分団長)。お二人は学校卒業後すぐに消防団員となり、生業の傍ら、40年以上も消防団活動に精励しています。

 様々な現場を体験してきた佐藤さんは、受章者を代表して「日々職務に邁進してきた。町民の安全・安心のため、さらに精進していく」と挨拶。消防団の活動を身近で見てきた一人として、私も深い感銘を受けました。

by shouichiro_sato | 2016-01-07 22:15 | 家族・仲間 | Comments(0)  

新春祝賀会

 「2016年羽後町新春祝賀会」がきょう開かれ、講演を拝聴し、参加された皆さんとの懇親を深めてきました。

新春祝賀会_f0081443_220245.jpg 講演会の講師はテレビ番組にもレギュラー出演している萩谷順氏(法政大学法学部教授、ジャーナリスト)で、テーマは「今後の日本経済・政局についてー 地方活性化のために」。

 (写真・萩谷氏。町活性化センター)

 安倍政権を支持していると思われる萩谷氏は、アベノミクスの成功に必要な要素として「イノベーション」「日本人の働き方の根本的改革」「教育」が重要な3本の柱だと指摘。

 「成果主義」「年功序列の撤廃」「男女格差の解消」「正規労働者と非正規労働者の区分けに解消」などの、既得権の解消が求められると強調しています。

 尚、今後の政局については、7月の参院選後に(衆参ダブル選挙より)「消費税上げない解散」の可能性もあると話していました。いずれ、今年は政局に動きのある年になりそうです。

by shouichiro_sato | 2016-01-06 22:51 | 羽後町 | Comments(0)  

初競り

 全国の家畜市場のトップを切って、あきた総合家畜市場(由利本荘市)で子牛の初競りが行われ、260頭余りが上場されました。

初競り_f0081443_21145669.jpg
 (写真・出場の第1号は義平福の子牛で、競り値は80万6千円。あきた総合家畜市場)

 出場した子牛の内、人気の県有種雄牛「義平福」の子牛は71頭。全体の平均価格は昨年末の12月市場と同水準の75万円ほどですが、昨年の同期の初競りに比べて16万円以上値上がりしています。生産農家の減少にともない、子牛の頭数が減っており、この高値基調は当分続くと思われます。

 ただし、子牛を購入する肥育農家にとっては肉牛として出荷するまでに、40万円前後の経費が掛かると推察され、今後の肉牛価格の動向も心配です。高値で取引される一方で、複雑な心境を語る農家も多くおりました。

by shouichiro_sato | 2016-01-05 21:32 | 産業振興 | Comments(0)  

町議選挙

 この正月、3月に任期満了を迎える羽後町議会議員選挙(定数16)への動きが明らかになってきました。

 すでに今期限りで勇退を表明している議員は、4~10期(16~40年)を経験しているベテランの4人。一方、立候補を模索している新人は現段階で6人。中でも無所属の5人は、会社経営やPTA、農業などで頑張っている30~50代の新進気鋭な皆さんです。

 4年前の町議選では定数を超える立候補者がなく、無競争。その前の平成20年の町議選(定数20)は1名落ちの少数激戦。それだけに久しぶりに多くの新人が立候補を予定している今回の選挙には、町民の関心も徐々に高まっています。

 新人の後援会が制作したパンフレット(討議資料)には、「若さ漲(みなぎ)る羽後町に」「羽後町に若さを」など、意欲あふれる言葉が目立っています。

by shouichiro_sato | 2016-01-04 22:48 | 羽後町 | Comments(0)  

青山学院大

 箱根駅伝の復路は、往路トップの青山学院大学がそのままゴールテープを切り、2年連続2度目の総合優勝。それも往路の1区から最終の10区まで、一度も首位を奪われることがない完全優勝でした。

青山学院大_f0081443_23154650.jpg
  (写真・ゴールに飛び込む青山学院大のアンカー渡辺利典選手。ABS秋田放送で)

 それにしても、この頃の正月2~3日は「箱根駅伝」ですネ。朝からテレビをつけっぱなしにして、野暮用?をしながらも、テレビをのぞき込んではレース展開に一喜一憂。きょうの昼は羽後町内の集落の新年会に参加してきましたが、その行帰りの車中でも「箱根駅伝」のラジオ放送を聞いておりました。

 競技結果もそうですが、一生懸命に走っているランナーの皆さんの姿に、自分自身が「今年も頑張ろう」という力をもらえるような気がして、引き込まれてしまいます。

by shouichiro_sato | 2016-01-03 23:19 | スポーツ | Comments(0)  

箱根駅伝

 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)はきょう、往路5区間107.5kmが行われ、昨年総合優勝の青山学院大学が5時間25分55秒で往路2連覇。東洋大学が3分4秒差で2位となっています。青山学院は1区から5区まで首位を譲らない、完全優勝でした。

箱根駅伝_f0081443_2321453.jpg
  (写真・昨年に続きゴールテープを切る青山学院大の神野大地選手。BS日テレより)

by shouichiro_sato | 2016-01-02 23:06 | スポーツ | Comments(0)