人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

六魂祭に参加

 東北六魂祭では秋田県内19市町村による郷土芸能イベントも開かれ、本番同様の雰囲気で秋田の魅力をアッピールしました。

 羽後町からは国指定重要無形民俗文化財・西馬音内盆踊り保存会の皆さん、30人が出演。30日には八橋運動公園多目的グランドに設けられた「秋田びじょんまるごと広場」のオープニングで披露したほか、午後には八橋健康広場の「メイン会場」にも登場。31日にはパレード開始前の正午から、再び秋田びじょんまるごと広場で踊っています。

f0081443_2038552.jpg

f0081443_2039992.jpg
  (写真・炎天下の青空のなかで行われた西馬音内盆踊り。会場には多くのお客さんが来場しました。秋田びじょんまるごと広場。30日午前11時過ぎ)

 ところで、昨夜遅くからきょうの明け方までは秋田市内も雨模様。その雨も朝には止み、昼頃からは時々陽も見えるお天気に・・・・。昨日は日差しが強くて暑く、きょうは風の強い天候でしたが、日中は良い天気で何よりでした。これだけ大規模なイベントですから、主催者や関係者はもちろん、多くのお客さんにとっても「良かった」と安堵したに違いありません。本当にお疲れさまでした。

by shouichiro_sato | 2015-05-31 20:53 | 羽後町 | Comments(0)  

東北六魂祭

 東日本大震災からの復興を願い、東北6県を代表する祭が競演する「東北六魂祭2015秋田」が始まり、会場となった山王大通りや八橋公園一帯は笑顔や感動、熱気に包まれました。

 祭のパレードに参加したのは、「福島わらじまつり」(福島市)、「山形花笠まつり」(山形市)、「仙台七夕まつり」(仙台市)、「盛岡さんさ踊り」(盛岡市)、「青森ねぶた祭」(青森市)、「秋田竿燈まつり」(秋田市)の6団体で、総勢1350名。県庁第2庁舎から県生涯学習センターまでの1.2kmのパレードコースには、約15万人もの大観衆が集まり、熱気あふれるパレードに歓声を送っていました。

f0081443_2013728.jpg

f0081443_20204.jpg
  (写真上・パレードに先立ち、航空自衛隊の飛行隊「ブルーインパルス」が編隊飛行を披露。写真下・パレードの復路では6市長がそろって先頭で行進し、「東北の元気」をアッピール。秋田市文化会館前で)

by shouichiro_sato | 2015-05-30 22:46 | 社会・話題 | Comments(0)  

諦めない?

 秋田市では明日から2日間、「東北六魂祭2015秋田」が開かれます。開催期間が決まると同時に、秋田市内のホテルなどは出演者や旅行者のために予約されており、その後1ヶ月以上はどこに電話しても「満室です」。

 県議会開会中に利用しているいつものホテルでも、「申し訳ありませんが、予約はできません」とのこと。こうなれば、「やっぱり六魂祭は無理だろう」と思っていました。

 ところが数日前、きょう秋田市内のホテルで開かれる林業関係の総会・懇親会に県議会農林水産委員長の代理で出席することに。それからというもの、時間を見てはパソコンやスマートフォン相手にホテルの予約に挑戦。
 
 結果、直前になって秋田駅に隣接するホテルで「シングル・残1部屋」の空室にアクセス。料金はお祭価格?でしたが、早速ゲットして、秋田行きとなりました。

 その後、仲間のご夫妻が「六魂祭に行きたいが宿がとれない」とのことで、「万が一にも」と再びスマフォに挑戦したところ、これまた今朝になって予約が実現。

 ホテルでは利用直前になってキャンセルが出る場合があるようで、何事も諦めてはいけませんネ。

by shouichiro_sato | 2015-05-29 22:23 | 今日の出来事 | Comments(0)  

道路整備

 きょうは湯沢雄勝地域の道路整備に関する3つの同盟会の総会が開かれました。「国道108号仙秋ライン整備促進期成同盟会」と「国道398号改良整備期成同盟会」、それに「西栗駒広域縦断道路整備促進期成同盟会」です。

 国道108号は宮城県側の鳴子ダムの南を通る「花渕山バイパス」(延長6.4km)の工事が終盤となり、10月中には全線供用開始の見通し。秋田県側では秋ノ宮地内の狭隘部1.7kmを改良工事中で、年内の降雪前に約1.2kmが、来年には全線が開通する見込みです。

 国道398号は湯沢市稲庭地内のバイパス工事(総延長4.5km)が本格化。羽後町の安良町バイパス(約3km)も用地買収などが始まります。

 一方、東成瀬村から湯沢市小安、秋ノ宮を縦断する道路については、一部で災害防除事業などにより地山補強や落石防止柵の工事などが行われますが、全線改良の見通しはまだまだ先の話のようです。四季折々の自然が楽しめる観光路線でありながら、未だに冬季の通行止め続いています。

 尚、国道398号から栗駒山荘に向かう「仁郷大湯線」は6月2日、湯沢市泥湯と秋ノ宮を結ぶ「秋ノ宮小安温泉線」は6月9日に通行止め解除の見通しです。

by shouichiro_sato | 2015-05-28 23:17 | 秋田県 | Comments(0)  

キツネに出会う

 西馬音内から自宅に戻る途中、北沢道路の五輪坂草地でキツネに出会いました。

f0081443_9232987.jpg
   (写真・牧草の刈り取りが始まった五輪坂草地に現れたキツネ。午後2時ころ)

by shouichiro_sato | 2015-05-27 22:31 | 今日の出来事 | Comments(0)  

県森林組合連合会

 秋田県森林組合連合会(会長・佐藤重芳雄勝広域森林組合長)の総会がきょう開かれ、菅原広二・県議会農林水産委員長の代理で出席しました。

 平成26年度の事業報告によると----

 「秋田スギ原木の流通動向は、消費増税前の駆け込み需要の反動減があり、前半は価格・需要とも落ち込んだが、秋以降は回復して消費税引き上げ前まで近づいた」

 「国産材の利用拡大と森林・林業再生運動の実現に向け、木材ニーズに対応した原木生産や販売体制を強化して37万立方メートルの秋田スギ等の原木を供給した」

 「低コスト名林業生産体制については若い林業技術者養成のため、各種の研修会を開催。16名が森林施業プランナーの認定を受けた」

 県内では素材生産量が伸びているほか、東北一のバイオマス発電事業が計画されていること。林業大学校が今春に開校し、若い担い手が多数入学したことなど、森林・林業に対する期待が高まっています。同連合会は県内12森林組合が組織するもので、一層の発展が望まれます。

by shouichiro_sato | 2015-05-26 23:50 | 産業振興 | Comments(0)  

山葵沢地熱発電所

 湯沢市に建設される山葵沢(わさびざわ)地熱発電所の起工式が行なわれました。最大出力は42,000kWで、運転開始は4年後の2019年5月の予定。

 同事業は電源開発、三菱マテリアル、三菱ガス化学の3社が出資する湯沢地熱株式会社(本社・湯沢市秋の宮、佐藤敏之社長)が行なうもので、、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が調査井戸を掘削してから20年以上の調査を経て、ようやく着工されることになりました。

f0081443_22473538.jpg
   (写真・地熱発電所は湯沢市秋ノ宮、高松地区にまたがる地域に建設される)

 出力が1万kW以上の大規模な地熱発電所は、大分県九重町に九州電力滝上地熱発電所が稼動して以来、約20年ぶり。総事業費は300億円規模で、年間発電量は一般家庭8万世帯分の消費電力に相当。稼動すれば地熱発電所としては国内で5番目の大きな出力規模となる見通しです。

by shouichiro_sato | 2015-05-25 22:48 | 産業振興 | Comments(0)  

照ノ富士

 大相撲夏場所千秋楽(24日、両国国技館)は、関脇・照ノ富士が平幕の碧山を破って12勝3敗。3敗で並んでいた横綱・白鵬は結びの一番で横綱・日馬富士に敗れ、照ノ富士が初優勝。場所後の大関昇進も確実となりました。

 照ノ富士は優勝インタビューで「夢みたい」「お母さん、お父さんに感謝したい。応援してくれる人、親方、おかみさん、部屋の皆さんに感謝の気持でいっぱい」と、満面の笑み。柔らかい足腰と、力強い相撲でイッキに注目されてきました。モンゴル出身の23歳。今年の目標にしていた「大関」が早くも確実になり、この勢いだと年内に「横綱」の声も掛かりそうです。

by shouichiro_sato | 2015-05-24 23:26 | スポーツ | Comments(0)  

下唐松

 今夜は下唐松集落の常会。今年の事業や予算などについて協議しました。

 最も多かった時は30世帯だった当集落は、現在21世帯。その中には、一人暮らしや高齢者だけの世帯が7世帯あり、集落での共同作業なども困難になってきています。

by shouichiro_sato | 2015-05-23 23:45 | 地域活動 | Comments(0)  

山形新幹線延伸

 山形新幹線延伸早期実現期成同盟会(会長・山尾順紀新庄市長)の平成27年度総会がきょう新庄市で開かれ、初期の目的である山形新幹線の大曲延伸をめざして運動を続けていくことを確認しました。

 山形新幹線(ミニ新幹線)が平成4年に山形駅まで開通したことを受け、同年4月に山形以北と秋田県南の奥羽本線沿線の自治体が期成同盟会を発足。同11年には新庄までの延伸が実現しています。

 秋田県では盛岡~秋田間に新幹線乗り入れ特急(ミニ新幹線)が開通したものの、大曲以南の新幹線化については、同同盟会の活動以外には目立った動きがありません。

 山形県では吉村美栄子知事が山形新幹線や羽越新幹線のフル規格化をめざして、今年1月に技術的な課題などを検討するワーキングチームを立ち上げ、酒田市や鶴岡市では山形新幹線の延伸や羽越新幹線を求めるなど、積極的です。

by shouichiro_sato | 2015-05-22 22:25 | 秋田県 | Comments(0)