人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

住民運動会

 今年で41回目となる上到米地区住民大運動会がきょう開かれ、地域の老若男女250人余が、快晴の下で心地良い汗を流しました。

f0081443_14104954.jpg

f0081443_1492260.jpg
 (運動会のメインイベントは綱引き決勝「蒲生-古米沢」戦。写真上の蒲生はジワリジワリと綱を引き圧勝し、集落対抗でも総合優勝しました。旧上到米小グランドで)

by shouichiro_sato | 2014-08-31 20:49 | 地域活動 | Comments(1)  

延長45回

 兵庫県明石市で開催されている軟式野球の全国高校選手権大会は、準決勝の中京高(岐阜県)-宗徳高(広島県)の試合が0-0のままで3日目となり、延長45回まで戦ったきょうも決着が付かないまま、明日に継続されました。

 3日間の試合時間は合計で9時間を超え、きょうも投げ続けた両校の投手はともに600球を超える球数になっています。1回たりとも後がない、死闘の連続ですネ。

f0081443_23155272.jpg
  (写真・どうなる両校の戦い・・・・。今夜のNHK「ニュース7」より)

by shouichiro_sato | 2014-08-30 23:19 | スポーツ | Comments(0)  

議員研究交流大会

f0081443_1949293.jpg 北海道・東北六県議会議員研究交流大会が青森市で開かれ、出席しました。

 参加したのは各道県の議員100人余で、「人口減少社会と地方議会の役割」についての講演を聴講し、分科会ではそれぞれの取り組みについて報告。情報交換しています。

 (写真・講師はNPO地域政策ネットワーク代表理事などを務める、東京大学名誉教授の大森弥氏。ホテル青森で)

 分科会は「人口減少対策」「国の新たな農業・農村政策への対応」「観光振興対策」の3部門。観光振興では東北ゴールデンルートの開発など、広域的な取り組みを一層強化することなどを確認しました。

by shouichiro_sato | 2014-08-29 23:46 | 地方自治 | Comments(0)  

広告拒否

 「慰安婦が強制連行された」と報じてきた朝日新聞が、記事掲載から32年経った今年の8月5日に「虚偽の証言による報道で、記事を取り消す」とした問題。

 そうした朝日新聞の報道を検証した週刊誌の広告を、朝日新聞が掲載拒否していたことが明らかになりました。自らへの批判が見出しにあるとして、毎週掲載してきた週刊誌の新聞広告を「拒否」するという、なんとも度量?の狭い対応ですネ。今までは日本の言論界のオピニオンリーダーであると思っていた朝日新聞。ただし、(虚偽報道についての)謙虚な反省もなく、開き直った自己主張を展開する姿勢で、(週刊誌の)言論をも拒否した新聞社に、ガッカリしました。

f0081443_22405767.jpg
   (写真・朝日新聞が掲載を拒否したという「週刊新潮」と「週刊文春」の広告)

by shouichiro_sato | 2014-08-28 22:30 | 社会・話題 | Comments(0)  

あなたの街で県議会

 県議会では県民の皆さんの声を議会活動に反映しようと、議員との意見交換会「あなたの街で県議会」を初めて開催しました。会場には約200名ほどの参加があり、発言したのは20人。議会からは議長や各委員会の委員長など35人が出席しています。 

f0081443_22531629.jpg
 (写真・参加者と向かい合って意見交換。秋田市にぎわい交流館AUのホール)

by shouichiro_sato | 2014-08-27 23:54 | 秋田県議会 | Comments(0)  

全国学力テスト

 4月に行なわれた2014年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で秋田県は、小学6年の国語A・B、算数A・Bと中学3年の国語Aで、正答率が47都道府県中1位。中3の国語Bと数学A・Bが福井県に次ぐ2位になり、2007年の調査開始以来、7回連続で全国トップ級の成績でした。

 さらに、家庭で学校の授業の予習や復習をしている小・中学生の割合も、「家庭学習ノート」を取り入れている秋田県が全国トップ級で、中でも「復習をしている」と答えた割合は小6が63.8%(次は宮崎県の46.0%。全国平均は21.9%)、中3は47.4%(次は宮崎県の36.2%。全国平均は17.5%)で、断トツでした。

 一方、「学習塾(家庭教師を含む)に通っていない」と答えた本県の割合は小学生77.4%、中学生69.3%で、ともに全国最多。学校での学習が高い学力の維持に関わっていることも明らかになっています

 同調査は、国語と算数・数学それぞれで基礎知識を問うA問題と、知識の活用力を問うB問題のほか、学習環境や生活慣習を問うアンケートを行なっており、全国の小6と中3の全員が対象になっています。

 ところで、文部科学省は今年度から学校別の成績公表を認めたものの、県内25市町村教育委員会では、教育現場がむやみな競争に追い立てられる負の側面が懸念され「学校の序列化につながりかねない」として、非公開を決めています。・・・・・がしかし、各学校ごとに内容を分析し、児童生徒の学力を伸ばす努力は今後も必要です。

by shouichiro_sato | 2014-08-26 22:27 | 秋田県 | Comments(0)  

ガラケー

 ガラケーとは「ガラパゴス携帯」の通称で、様々な機能を持つスマートフォンではない、従来型の携帯電話です。

 通話やメールの利用が中心なら、何も高価な携帯電話にする必要はなく、シンプルなつくりと低価格なガラケーのファンも多いとか。2014年の総務省の情報通信白書によれば、従来型の携帯電話の保有率は28.7%で、米英や韓国など世界6ヵ国の中では最高でした。長寿社会になった日本では、高齢者を中心に利用者が多いようです。

 先週、カバンに入れていた家内の「ガラケー」が、雨が染み込んだためか使用不能(赤いマーカーが出現)になってしまいました。幸いにもデータのバックアップをしていましたから、すぐに機種交換してきましたが、「今まで通りにガラケーにした」とのこと。

 今朝の秋田魁新報によると、「国内の端末メーカーではスマホのように安売り競争に巻き込まれることもなく、数は少ないが、求める層がピンポイントでいる」。・・・納得しました。

by shouichiro_sato | 2014-08-25 21:47 | 社会・話題 | Comments(0)  

各地で豪雨

 20日未明に発生した広島市の土砂災害は、50人が死亡、38人が行方不明となっているおそれがあるなど、未曾有の大惨事になりました。その後も雨は断続的に降り続き、二次災害の危険もあることから多くの市民が避難するなど、被害が拡大しています。

 さらに、集中豪雨は西日本から北日本までの各地で発生。北海道礼文町では50年に一度の記録的な雨になっており、土砂崩れで2人が亡くなりました。

 急激に変化する気象状況。住んでいる場所の地形的特徴や災害への備えなど、住民や自治体の想定を超える出来事が続いていますから、何処にいても油断はできません。「避難勧告」や「避難指示」にしても、屋外の状況や時間帯によっては、外出するとかえって危険なこともあり、自治体の判断も難しいことが予想されます。

 東日本大震災で経験した津波の破壊力と恐ろしさ。集中豪雨による土石流による災害など、身近なところで発生した自然災害の教訓はもちろん、地域の歴史を知っている先人の言い伝えなど、いま一度確認しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2014-08-24 23:22 | 事件・事故 | Comments(0)  

大曲の花火

 《 カメラスケッチ 》

f0081443_2110268.jpg

f0081443_20424987.jpg

f0081443_20441813.jpg

f0081443_20433515.jpg

 (写真・第88回全国花火競技大会「大曲の花火」は23日に開催され、全国から選ばれた27業者が技を競い合いました。今年は創造花火が生まれてから50年の節目で、テーマは「創造花火半世紀 先人を讃え、新たなステージへ 守・破・離」。カメラからあふれる迫力に圧倒されました。観客は72万人。)

by shouichiro_sato | 2014-08-23 23:38 | 秋田県 | Comments(0)  

矢祭町

 平成の大合併が進められる中で、2001年(平成13年)10月、全国に先駆けて「市町村合併をしない宣言」を町議会が可決した福島県矢祭町(人口6250人、平成26年8月1日現在)を訪問し、古張允町長と町づくりについて意見交換し、町内を視察してきました。

 矢祭町の前町長・根本良一さん(2007年4月まで6期24年間在職)には、「全国小さくても輝く自治体フォーラム」のメンバーとして私もお世話になってきましたので、その後の町づくりがどうなっているのか関心がありました。昨夜は根本さんとも電話で話す事ができ、町の皆さんの声も聞くことができました。

 同町は町独自の行財政改革に取り組み、財政の歳出削減を実践。議員定数を18人から10人に削減し、報酬も日当制。職員の削減に伴なう組織の変更、庁舎の清掃も自ら実施。役場窓口にフレックスタイムを導入した上、年中無休に。保育所と幼稚園の一元化。役場職員による消防隊結成。住民基本台帳ネットワークに不参加(全国で唯一)・・・・・など、地方自治体としての自立の試みで全国的に有名になっています。

 最近では「すこやか赤ちゃん誕生祝金」や他市町村より低い公共料金(水道料金、保育料や給食費等)などの施策の効果が現れ、人口減少に歯止めがかかっていました。

f0081443_9323665.jpg
  (写真・全国からの寄贈図書で、2007年に開館した「矢祭もったいない図書館」。開架書庫に6万冊、建物の奥にある閉架書庫には約36万9千冊の蔵書がありました) 

by shouichiro_sato | 2014-08-22 21:18 | 地方自治 | Comments(0)