人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

「コメ」の責任?

 6月16日から開かれる6月県議会で、私は23日(午前11時過ぎから)に一般質問を行ないます。取上げる課題は、著しい人口減少の根本にはコメがあると発言している佐竹敬久知事の認識や、県と秋田市が協働で建設しようとしている「文化交流施設」、再生可能エネルギーと未利用県有地などの問題です。

 今回、一般質問を予定しているのは自民党5人、新みらい2人、社民党1人、いぶき1人の9人です。質問主意書の提出は18日正午まで。

by shouichiro_sato | 2014-06-10 22:20 | 秋田県議会 | Comments(0)  

休刊日

 きょうは新聞の休刊日。販売店や新聞配達の皆さんのことを思うと、ホッとする朝に違いありませんが、朝に新聞を見るのが日課?になっている者としては、これほど物足りない朝はありません。

 愛読している地元紙の告知チラシによると、今年は正月2日と(2、3、10月を除く)6回の月曜日、2回の連休明けの、9回が設定されていました。

 新聞が休みでもテレビやラジオ、インターネットでニュースは確認できるものの、テーブルの上にあるのは一日前の新聞。特に休日にはスポーツ関係の行事が多いだけに、翌日が休刊日なのは、寂しいですネ。

 ところで、自身の休肝日はなかなか設定できません。こちらは毎週1回は取るように勧められているものの、不規則な生活が続いています。(反省)

by shouichiro_sato | 2014-06-09 23:06 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「満席」

 東京から帰る夕方の飛行機は満席でした。使用する機材の到着が遅れ、定刻より20分も遅い出発でしたが、キャンセル待ちの人も搭乗できない状況です。

 そんな中で聞こえてきたフロアのアナウンス。「関西空港行きの搭乗券をお持ちのお客様で、その後の伊丹空港便に変更いただけるお客様はおられませんか。ご協力いただければ1万円をお支払いしますとともに、市内までの交通費として3千円を負担いたします。お急ぎでないお客様には、何とぞご協力下さいますようお願いいたします」

 日曜日とあって、家族連れのお客さんが目立ちます。旅行が増えるということは、景気も少しは上向いてきたのでしょうか。

 一方、秋田空港発着の韓国便は、最近の搭乗率が30%台に低迷しており、このままでは運休となる可能性も出てきました。韓国国内での船舶や地下鉄の事故、政府の反日感情の高まりなど、不安な要素が多いようでは、旅行先には選ばれませんネ。

by shouichiro_sato | 2014-06-08 22:11 | Comments(0)  

日本ホッケー協会

 日本ホッケー協会はきょうの定時総会で、執行部を批判している「新しい日本のホッケーを考える会」のメンバーが提出した、吉田大士会長を含む8人の理事の解任を賛成多数で可決しました。

 会議の冒頭から出席者の確認などに大きな声が飛び交い、議長の選出も多数決で行うなど、今まで経験したことがない、波乱の幕開け。多数派から議長が選出されたことから、諸般の報告や会長の挨拶もないままに、理事の解任と新しい理事の選任が議題となり、どれもが賛成多数で決まるという異例な事態となりました。

 問題の発端は、一昨年9月に決まった男子日本代表チームの単独チーム制。それが日本リーグのボイコット問題や活動停止処分、謝罪を求める提訴に発展し、現場からは反発する声が広がっていました。既に単独チーム制の見直し方針は示されているものの、これからの支援体制の確立や新会長の選任など、まだまだ課題は山積しています。

 ただし、(議長に会議運営の権限はあるとはいえ)総会の進め方や議案の内容については、疑問が残る会議でした。

by shouichiro_sato | 2014-06-07 22:44 | ホッケー | Comments(0)  

農友会総会

 県立大曲農業高校の同窓生で組織する「農友会」の総会が、6月29日(日)午後2時から、グランドパレス川端(大仙市大曲)で開かれます。

 創立122年の歴史がある大農は卒業生も2万人を超えており、今まで(農友会の規約では3年に一度開くことになっていた)総会を開くことはできませんでした。評議員会が総会の役割を代行していました。

 しかし、大農で学んだことに感謝し、母校の発展と充実を目指して、広く同窓生に周知して一同に会することになりました。是非とも、ご出席ください。

農友会総会_f0081443_22485589.jpg
  (写真・「大農農友会」では初めてとなる総会を案内する、秋田魁新報の新聞広告)

by shouichiro_sato | 2014-06-06 22:52 | 地域活動 | Comments(0)  

プロデュース力

 秋田市中通の「エリアなかいち」の商業施設を運営する「秋田まちづくり」は、取締役9人のうち社長を含む7人が退任し、秋田市役所OBら3人による新体制で経営に当たることになりました。

 オープンから2年も経たないというのに、食品売り場を構成していた店舗が撤退し、売り場面積の4割が空きスペース。現在は、秋田市が主体となってテナント誘致を進めています。

 新社長は「にぎわいとはイベントで集客することではない。自然と人が集まる場にする必要がある」と述べたとのこと。佐竹知事と穂積市長は「(前経営陣は)プロデュース力が足りない」と発言していましたが、新社長も「的を射たもの。同じ思いがある」と語ったとか。

 新体制には是非とも、起死回生の経営をして欲しいと期待しています。

 ただし、規模的にも内容的にも中途半端?な県立美術館と類似施設が多い市の交流館、それにマンションと福祉施設、商業施設の組み合わせが「にぎわい創出」につながるかといえば、はなはだ疑問です。「エリアなかいち」そのもののプロデュース力がどうなのか。県も市も、他人事ではありませんヨ。

by shouichiro_sato | 2014-06-05 22:24 | 産業振興 | Comments(0)  

公水さん

 羽後町上到米出身の演歌歌手・岩本公水さんが帰省し、ファンの集いが開かれました。

 公水さんは今年でデビュー20周年。きょうは実家の水田で「くみこまち(あきたこまち)」の田植を行い、その後は田代小学校で4~6年生を対象にした公開授業。

 さらに、20周年記念アルバム「うたこまち」の発売日であり、公水さんの誕生日とも重なったことから、聞きつけた多くのファンが集まり、「ハピバースデー」を歌ってお祝いしました。

公水さん_f0081443_21325929.jpg
  (写真・ファンの皆さんと歌う公水さん。前列左から4人目、田代農村総合センター)

by shouichiro_sato | 2014-06-04 23:46 | 家族・仲間 | Comments(0)  

ブラジル県人会

 ブラジル秋田県人会の川合昭会長(秋田市出身・78歳)が7年ぶりに来県し、あきた南米交流会の有志と懇談する機会に恵まれました。

 本県出身者や2~4世など約250人が参加している同県人会は、来年で創立55周年。今年10月に本県で開催される国民文化祭に合わせて来日する訪問団の日程調整、来年8月に開く55周年記念式典に佐竹敬久知事らの出席を要請しています。

 また、今月開幕するサッカーW杯ブラジル大会では、日本から来るサポーターのために他の県人会と協力して「緊急支援チーム」を組織するなど、在伯日本人会の中心で頑張っておられます。

 参加した有志の中には昨年開催された「ブラジル日本戦後移住60周年記念式典」や、今年1月にブラジルの農場を訪問したメンバーもいて、話は尽きませんでした。

 あきた南米交流会では来年8月に、ブラジル等を訪問する企画を検討しています。

by shouichiro_sato | 2014-06-03 23:36 | 秋田県 | Comments(0)  

ことし最高

ことし最高_f0081443_20163828.jpg  このところ暑い日が続いています。県内の最高気温は大館市で33.8℃。当地に近い由利本荘市東由利でも33.5℃を記録しました。

 (写真・湯沢市院内の国道13号では午後1時半ごろ、「只今の気温34℃」の表示がありました)

 気象予報によると、秋田県地方の高温状態はあと3~4日は続く模様で、明日の最高気温は横手市で33℃が予想されています。くれぐれも熱中症などにはご注意ください。

 田植の終わった水稲は活着もよく、生育は良好ですが、野菜の一部には高温障害もみられます。3ヶ月予報ではエルニーニョ現象による「気温の低い夏になる」といわれており、極端な天候の推移は心配です。

by shouichiro_sato | 2014-06-02 20:44 | 今日の出来事 | Comments(0)  

クラゲ水族館

 展示しているクラゲの種類数では世界一を誇る山形県鶴岡市の加茂水族館(愛称・クラゲドリーム館、村上龍男館長)がきょう、リニューアルオープンしました。

 施設の老朽化やレジャーが多様化する中で、水族館存続の危機を救ったのはクラゲ。15年程前からクラゲの展示を始め、飼育数や種類を増やして専用展示室化(クラネタリウム)。そして、平成17年にはクラゲ展示種類数世界一に。こうした取り組みは大きな話題になりました。

 今までの規模からすると4倍になり、総工費30億円余で建設された新水族館。改築費用には住民参加型の公募債である「加茂水族館クラゲドリーム債」も発行されています。

 オープン初日の入場者は3644人。待ちわびていたファンが全国からやってきたようです。

 
 《 追伸・熊牧場 》

 北秋田市阿仁の熊牧場に整備中の「ヒグマ舎」は、7月19日にオープンすることが決まりました。鹿角市八幡平から移設したヒグマを、自然に近い状態で観察することができます。

by shouichiro_sato | 2014-06-01 23:29 | 社会・話題 | Comments(0)