人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

ベースアップ

 賃金水準を底上げするベースアップについてトヨタ自動車や日産自動車が、今年の春闘で労働組合から出ている要求に対して、「満額回答」の方針を決定。日立製作所やパナソニック、新日鉄住金などの大手製造業でもベースアップ実施の方針が決まりました。

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」により円安、株高が進み、自動車業界など輸出関連の業績が上向いていることもあり、ようやく賃金に反映されることになってきました。

 ただし、業績が回復しない企業も多く、さらに中小企業が大半の地方まで波及するかといえば、まだまだ・・・・ですネ。

by shouichiro_sato | 2014-03-06 22:25 | 産業振興 | Comments(0)  

減反廃止

 県が農業法人を含む県内農家3000戸を対象にした調査結果によると、2018年度をめどとしたコメの生産調整(減反)廃止について、50.9%が反対、賛成は19.1%でした。

 減反の廃止で生産が過剰になり、米価が下落するなどの先行きを心配する生産者が多く、規模の大きい農家ほど反対の傾向が強いこともわかりました。

 減反廃止後(2018年以降)も飼料用米や加工用米を中心に転作を継続するという農家は50.8%、復田して主食用米を増産するは16.8%。10.2%が耕作を放棄と回答しています。

by shouichiro_sato | 2014-03-05 23:11 | 産業振興 | Comments(0)  

ソチ五輪

 ソチ五輪で獲得した日本のメダルは、8個。フュギアスケート男子の羽生選手の金メダル以外は全て、ソノーボードやジャンプ、コンバインドなどのスキー競技でした。

ソチ五輪_f0081443_831853.jpg きょうは全日本スキー連盟会長の鈴木洋一氏(秋田県議会議員・秋田県体育協会会長)から、メダル獲得を目指した選手強化などについて、話を聞く機会がありました。

 (写真・ソチ冬季五輪を語る鈴木会長。秋田キャッスルホテで)

 日本のスキー競技では、2002年ソルトレーク五輪で里谷多英選手(モーグルが)銅メダルを獲得して以来のこと。12年もの間メダルから遠ざかっていたために、同連盟では前回のバンクーバー五輪以降、「選択と集中」で競技力の向上を目指してきたとか。ジャンプやコンバインドなど、メダルが有力な競技に絞った強化を実施。そのために今回の五輪では、アルペン種目の出場選手は少ない状態でした。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2014-03-04 23:16 | スポーツ | Comments(0)  

広小路

広小路_f0081443_8153768.jpg

 秋田市の中心市街地・広小路の歩道には、まだ雪がありました。 (写真・なかいちからアトリオンに向かう歩道で。3日午後4時ころ)

 同地区はにぎわいを創出するとして、県や市が多額の費用を投じて県立美術館や商業棟、交流施設などを整備したものの、商業施設からは入居しているテナントが「売り上げが少ない」として、3月末に撤退することを表明しています。

 一方、広小路に設置されていたアーケードは、商店街が負担していた維持管理費用の捻出が難しくなったとして昨年末までに撤去され、降雪の後はご覧の状況。県では新年度に融雪歩道の整備を進める計画ですが、こちらの費用は数億円規模とのこと。

 当初に描いた構想からすると、新たな課題も多くなってきた中心市街地の再開発計画です。

by shouichiro_sato | 2014-03-03 22:15 | 秋田市中央街区 | Comments(0)  

不祥事

 秋田県警の交通部長(59歳)が「パワーハラスメント」を繰り返していたとして、2月7日に本部長訓戒処分(同日依願退職)を受けていた事件で、9年前の平成17年7月、本荘警察署副署長で勤務していた当時、部下の地域課長の男性(48歳)が「パワハラ」を受けて、自殺していたことが明らかになりました。

 元部長はその後、秋田東警察署長や監察官などの要職を歴任しており、こうした普段の傲慢な態度に多くの職員が悩まされてきた模様です。そうした事実が今まで公になっていない、警察の隠蔽体質も表面化。県議会教育公安常任委員会にも、記録の残らない協議会の開催を求め、報告するだけで処理していました。

 さらにきょうは、県職員の男性(42歳)が、コンビニで2回も下半身を露出したとして、公然わいせつの容疑で逮捕されています。

 こうした不祥事は、何んとも情けない、県民の信頼を大きく失墜する出来事です。

by shouichiro_sato | 2014-03-02 22:18 | 事件・事故 | Comments(1)  

卒業式

 きょうから3月。県内では高等学校の卒業式が始まり、雄勝高校と湯沢高校の卒業式に出席してきました。

 3年間の学び舎を巣立ち、進学や就職に進む卒業生の立派な姿を見て、感激。それぞれ述べられた「答辞」には、高校生活で得た知識が詰まっており、これからの未来に挑戦していく意気込みを感じました。

 2日は、羽後高校と湯沢翔北高校の卒業式です。

by shouichiro_sato | 2014-03-01 22:11 | 今日の出来事 | Comments(0)