人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

長野がトップ

 全国で一番長寿な都道府県は、長野県でした。

 厚生労働省は28日、2010年の都道府県別の平均寿命を発表。長野県は男性が80.88歳で1990年から5回連続、女性は87.18歳で初めてトップになりました。都道府県別生命表は1965年から5年毎にまとめており、今回で10回目。鳥取県の女性を除いて、全都道府県の男女で5年前よりも平均寿命が伸びています。

 男性の上位は長野県に続いて滋賀県、福井県、熊本県、神奈川県の順。女性は前回5位の長野県がトップになり、島根県、沖縄県、熊本県、沖縄県と続いています。

 一方、平均寿命が最も短かったのは青森県(男性が77.28歳。女性が85.34歳)で、00年、05年に続い男女とも最下位でした。。男性の下位は秋田県、岩手県、福島県と続き、東北各県が目立っています。尚、秋田県の平均寿命は男性が78.22歳(全国平均79.59歳)、女性は85.93歳(同86.35歳)でした。

 長野県は地域医療を丁寧に続けてきており、公衆衛生でも先進県。がんや心疾患の死亡率が全国平均よりも低く、生活習慣病などの改善が結果に表れているのでしょう。一人当たりの高齢者医療費が低いことも素晴らしいですネ。

by shouichiro_sato | 2013-02-28 22:39 | 社会・話題 | Comments(0)  

「たまげた」

 我が家に引き込まれている電話線が雪に埋まり、掘り出すために上がってみたら、この高さでした。今朝は氷点下15℃まで気温が下がったものの、午後からは気温が上昇。帰宅後には雪で埋まった窓を掘り出すなど、家の周りの点検をしました。

f0081443_22455450.jpg

f0081443_22393187.jpg
 (写真・平屋の建物の屋根まで達した雪。家も一階部分は雪に埋まって真っ暗です)

by shouichiro_sato | 2013-02-27 22:44 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「浪花正宗」

 大阪府阪南市にある老舗の酒造会社が、吟醸酒などに安い酒を混ぜたり、純米大吟醸と偽って出荷していたことが、大阪国税局の調査で明らかになりました。

 同社の社長(52歳)は「販売店で品切れになり、他の会社に取って代わられるのが怖かったため、手元にある商品のラベルを貼り代えた。同じような味なので分からないと思った」と謝罪していますが、言語道断。1.8㍑ビン一本が30,000円もする純米大吟醸「浪花正宗」も、3、4年前から吟醸酒のビンに「純米大吟醸」ラベルを貼るなど、実際とは異なる表示で出荷していることを認めています。・・・・何たることでしょう。

 同社の純米大吟醸酒は、全国新酒鑑評会で去年まで4年連続金賞を受賞したほか、平成20年の北海道洞爺湖サミットで提供された実績がありますが、これでは評価もダイナシです。

 以前、大阪では老舗の料亭が食品偽装表示や料理の使い回しをしていたことが発覚し、廃業に追い込まれましたが、この酒造会社も厳しい評価を受けることでしょう。

 もっとも、売れ残った酒のラベルを貼り代えて、「〇年物・古酒」として販売している所もあるなどという話を聞くことがありますから、酒造業界では混ぜたりするのは「一般的なこと」なのでしょうか。酔ってしまえば酒の味など分からなくなるとしても(私もその一人ですが)・・・・そんなことはありませんよネ。

by shouichiro_sato | 2013-02-26 20:45 | 社会・話題 | Comments(0)  

記者会見

 私はあす26日午前11時から、羽後町コミュニテーセンター会議室で記者会見を行い、秋田県議会議員補欠選挙・湯沢市雄勝郡選挙区(欠員1)への立候補を表明いたします。

 今月20日に行われた佐藤正一郎後援会合同会議で、今までの私の政治活動を支援していただいている皆さんの了解は得ておりましたが、その後も湯沢市雄勝郡の有志の皆さんと意見交換を重ね、正式に表明するに到りました。

 予想される3月29日の告示までは1ヶ月しかありませんが、「後援会の連絡所」を知事選挙の際にお世話になった羽後町西馬音内字本町116番地の阿部昭二さん宅に開設し、しっかりと準備を進めてまいります。

 尚、佐藤正一郎後援会(会長・加藤忠紀さん)では3月10日(日)午後6時から、羽後町三輪にある文化交流施設「美里音」で、「佐藤正一郎を励ます会」を開催していただけるとのこと。後援会関係者や私が今までお世話になってきた皆様には(封筒や文書の印刷がこれからですので)来週初めまでにはご案内があると思いますが、それとて限られた範囲ですから、興味のある方は遠慮なくご来場いただきたいと思います。

by shouichiro_sato | 2013-02-25 22:47 | 政治活動 | Comments(0)  

今世紀最強?

 昨夜からの猛吹雪はきょうも続き、町内では吹き溜まりに車が突っ込み動けなくなったり、前が見えなくなって接触したり追突する事故が続発しました。TBS系のテレビニュースでは「今世紀最強クラスの寒波が襲来」と伝えていましたから、大変です。青森県酸ヶ湯では過去最高となる積雪、523cmを記録しています。羽後町田代も午後10時現在で254cmになっています。

 そんな中で、午前10時前には羽後町文化協会会長の佐藤藤男さんを車に乗せ、猛吹雪で通行が困難になった北沢峠を避けて横根峠経由で五輪坂温泉へ。「羽後町なつめろ同好会」(会長・高橋源一さん)の通常総会でした。

 午後は1時から町文化交流施設・美里音で、「平成24年羽後町スポーツ賞」の表彰式。昨年活躍した町内の小中・高校生、一般のスポーツマン42名と6団体。さらに体育の普及・指導に功労のあった町体育協会の4名が町教育委員会から表彰されています。

 一旦自宅に帰って、妻に送られ今度は西馬音内の巨福会館。スポーツ賞体育普及賞を受賞した松田恵美子さん(柔道)、岩野信一さん(剣道)、佐藤勉さん(バスケットボール)、菅原勉さん(剣道)の受賞祝賀会に出席しました。

 4時30分には横手市へ。6時からセントラルホテルで開かれた「柴田まさとし ファーストスプリングフォーラム2013」へ参加。今世紀最強?の天候も気になって、乾杯してすぐに退席(申し訳ありません)。

 9時に帰宅して、週間アキタの今週号「秋田論壇」の原稿を執筆。締め切り時間に何とか間に合わせなければなりません。


 《 追 伸 》

 さとう正一郎日記「元気な秋田を創造しよう」は今回、通算2400号となりました。アクセスしていただいた皆様に感謝しながら、自らの記録としても大切なものになっています。この節目は、私の50代最後の日とも重なりました。あと1分で、いよいよ満60歳となります。

by shouichiro_sato | 2013-02-24 23:59 | 今日の出来事 | Comments(1)  

キルト展

 羽後町のパッチワーク愛好家29名とドール製作者4名による「愛好家たちのキルト展2013」が、西馬音内盆踊り会館で開かれています。

f0081443_20401295.jpg
  (写真・ステージには16人が共同製作したハワイアンキルト。手前は20人によるサンプラーキルト「希・のぞみ」など、約200点の作品が展示されているキルト展。)

 出展している皆さんは30代から80代の愛好家の皆さんで、一針、一針心をこめて縫い上げた作品ばかり。見事な出来栄えでした。皆さん、どうぞご来場ください。あす24日(日)まで、入場無料。

by shouichiro_sato | 2013-02-23 20:58 | 羽後町 | Comments(0)  

花嫁道中

 今夜のNHK「東北Z」は、「雪峠を越えて 羽後の花嫁道中」。この春に結婚するお二人とそのご家族、羽後町で行われている真冬の行事「ゆきとぴあ七曲・花嫁道中」に参加した模様。それを支える地域の人たちの想いを描いた番組でした。(写真・NHKの番組タイトル)

f0081443_21293432.jpg


 番組後半のナレーションでは、「嫁こいデモから30年」のフレーズあり。田代後継者会が取組んできた今までの出来事を、思い出しておりました。


《 余談ですが・・・》

 番組では西馬音内から七曲峠を経て田代までの様子を、綺麗な空撮の映像で紹介されましたが、「標高差600m」「悲しみ峠」との大袈裟?なテロップが・・・。実際には標高差約200mで、当地で悲しい峠と表現している人はおりません。何方からの情報でしょうネ。

by shouichiro_sato | 2013-02-22 21:44 | 地域活動 | Comments(0)  

再び、雪が降る

 再び寒波の襲来です。当地も最高気温が氷点下の真冬日で、断続的に風雪が舞う一日。積雪は今夜8時現在で234cm(秋田県のみち情報)に達しました。

 全国をみると青森県八甲田山系の酸ヶ湯では、午後1時の積雪が515cmになり、現在も観測が続けられている国内の地点では「史上最高」を記録。昨日からの24時間で50cmもの雪が積もった模様です。北海道などでも記録的な積雪になっています。(最も、国内の最高記録は昭和2年2月に、滋賀県で11m82cmの積雪があったとか。これには、・・・・・想像がつきません。どんな状況だったのでしょう)

 秋田市では2月下旬のこの時期で、平年の4倍となる60センチを超える積雪。一昨日から市内を自家用車で走っていましたが、道路状況は最悪。たった60cmでこの状況とは、雪国秋田の県都として「一体何をやってきたのか」と、恨み節も吐きたくなる気持です。横手市や湯沢市など積雪地帯の県南部、当然わが羽後町も2m前後の積雪ながら、道路事情は見事なものですヨ。

 ここにきて県や秋田市も雪対策の見直しを表明していますが、日頃からの危機管理意識が足りませんネ。やがて春が来れば消える雪だけに、「喉もと過ぎれば、熱さ忘れる」となりませんよう、佐竹さん、穂積さん、よろしくお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2013-02-21 21:54 | 社会・話題 | Comments(0)  

後援会合同会議

 今夜、佐藤正一郎後援会(会長・佐藤正夫さん)など私の政治活動を支援してくださる有志の皆さんが集まり、今後の進むべき道について了解していただきました。

 任期満了に伴ない4月7日に行われる羽後町長選挙に安藤豊県議会議員(羽後町郡山)が出馬を表明し、今月18日に議員を辞職したことから、県議会議員湯沢市雄勝郡選挙区の補欠選挙が同じ投開票日で執行される予定となり、急遽、私が同選挙に立候補することを決意したのです。

 過去2回の知事選挙では落選したものの、「閉塞感漂う秋田県を変えたい」と訴えたものとして、立場は違いますが、自分ができることに精一杯励んでいこうと思っております。

 尚、休眠状態だった後援会活動を刷新するため、新しい後援会長に加藤忠紀さん(羽後町貝沢)が就任されました。

by shouichiro_sato | 2013-02-20 23:41 | 政治活動 | Comments(0)  

研修報告会

 中国と南米から来県している研修員3人の報告会が県庁で開かれ、南米交流会のメンバーとして出席してきました。昨年9月から6ヶ月間の研修を終えたのは、甘粛省技術研修員の韓琳(カンリン)さんと、南米ネットワーク構築事業研修員のブラジル秋田県人会・西岡美幸デニーゼさん、在亜秋田千秋会(アルゼンチン)の岩間ルシアさんです。

f0081443_2336171.jpg
 (写真・修了証書を手にする左から韓さん、岩間さん、西岡さん。県庁73会議室で)

 甘粛省の地方政府で出入国などの手続きなどを担当していた韓さんは、「日本文化に対する理解が深まった。仕事に対する姿勢が変わった」。日系3世の西岡さんは「いい経験をしたし、人生が変わった。帰りたくない」。大仙市に祖母の実家がある岩間さんは「親戚にも会えた。30年前には母も研修で秋田に来ており、感激した」と、上達した日本語でお話されています。

 3人には元気にご活躍されることを祈っています。

by shouichiro_sato | 2013-02-19 23:39 | 秋田県 | Comments(0)