人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

高校生大活躍

 昨日から湯沢市の中心商店街で開催されている「全国まるごとうどんEXPO(エキスポ)」は、きょうも午前中から大勢の人が訪れ、にぎわっていました。2回目となる今年は16都府県から計30店のご当地うどんが出店し、会場も5ヶ所に拡大。地元の物産展や街のあちこちで音楽イベントが行われるなど、湯沢市で一番の人出となっています。

f0081443_154426100.jpg
  (写真・県内外から来た大勢の人で盛り上がっている湯沢駅前広場。午前11時頃)

f0081443_15492626.jpg ところで、今年の会場では市内の4校から参加している数百人?の高校生ボランティアが、店舗の運営や会場案内、後片付けに大活躍しています。

 「〇〇うどんはいかがですか」「こちらが最後尾ですので並んでください」「いらっしゃいませ。ありがとうございました」などと元気な声を出して、盛り上げていました。

 (写真・北都銀行湯沢支店前でお客さんを案内する高校生ボランティアの皆さん。商店街の交差点では手作りの看板を掲げてご当地うどんをPRする姿も見られました)
f0081443_1671674.jpg

by shouichiro_sato | 2012-09-30 16:03 | 今日の出来事 | Comments(0)  

結婚披露宴

 藤原弘太さんと小山田亮子さんのご結婚披露宴が開かれました。お二人とも羽後町役場に勤務しており、会場には職場の同僚や友人達など、多くの皆さんが出席して、お二人の門出をお祝いしました。

 税務課の弘太さんは高校時代からホッケーの選手として活躍し、インターハイや秋田国体の主力メンバー。現在も現役選手を続けながら、公認審判員やスポーツ少年団の指導、県協会の事務局を担当しています。

 農業委員会の亮子さんは西馬音内盆踊り愛好会のメンバーで、庁内では書道の達人。盆踊りの海外公演にも参加してきました。

f0081443_856504.jpg
  (写真・西馬音内盆踊りを披露した仲間がお二人を祝福。湯沢グランドホテルで)

by shouichiro_sato | 2012-09-29 23:49 | 今日の出来事 | Comments(0)  

稲刈り

 羽後町ではいま、稲刈りの最盛期を迎えています。私もきょうは隣家から依頼されて、モミの運搬作業を応援してきました。

 農林水産省秋田地域センターが今月15日現在で調べた県内のコメの作柄は、平年を100とした作況指数で、県南は100の「平年並み」。しかし当地では先月から今月中旬にかけての記録的な高温と水不足により、もっぱら「思ったより、収量は無い」という声が多く聞こえます。

 ところで、JA全農秋田では27日から、首都圏に向けた「あきたこまち」の新米の出荷を始めています。新米の卸売価格は全国的に高値で推移しており、あきたこまちは前年比で1割ほど高くなっている模様です。

f0081443_22204970.jpg
  (写真・山沿いの水田でもコンバインでの作業が進んでいます。上到米の源内沢で)

by shouichiro_sato | 2012-09-28 22:34 | 今日の出来事 | Comments(0)  

うどんEXPO

f0081443_7473326.jpg 「稲庭うどん」の地元である湯沢市で今月29日(土)と30日(日)、「全国まるごとうどんEXPOin秋田・ゆざわ」が開催されます。

 昨年、讃岐うどん(香川県)や伊勢うどん(三重県)、名古屋きしめん(愛知県)など、全国の有名なご当地うどん9団体が参加して初めて開催された同EXPOは、長蛇の列ができるほどの大盛況でした。

 (写真・27日発行の秋田魁新報「全国まるごとうどんEXPO]特集)

 第2回目となる今回は、地元の稲庭うどん5店舗など、16都府県24産地の30団体が出店し、食数も昨年以上に準備されているとのこと。ご当地うどんはJR湯沢駅前や大町商店街、柳町商店街などの5会場で食べられます。時間は両日とも午前10時~午後5時まで。

 また、駅通り商店街では「湯沢雄勝まるごと来てたんせ特産市」も同時開催されますので、こちらにもご来場ください。

by shouichiro_sato | 2012-09-27 23:30 | 産業振興 | Comments(0)  

自民党総裁選

 自民党総裁選挙が行われ、国会議員198人による決選投票の結果、安倍晋三元首相が108票、石破茂元政調会長が89票、無効1票で、第25代総裁には安倍氏が選出されました。

 党員・党友の投票による地方票(300票)と国会議員票(197票)の投票では、石破氏が199票、安倍氏が141票、石原伸晃幹事長が96票、町村信孝元外相が34票、林芳正政調会長代理が27票となり、過半数の得票者がいなかったために、上位2人の決選投票に。

 1回目の投票では地方票の過半数となる165票を獲得した石破氏(安倍氏は87票)でしたが、決選投票では「脱派閥」を掲げる石破氏に対抗する「反石破」派閥連合の国会議員が安倍氏にまとまり、逆転しています。決選投票では地方票が反映されない制度でした

 この結果に同党秋田県連(会長・大野忠右ェ門県議)では「旧態以前とした派閥政治で民意が反映されていない。地方の声が反映されないなら、最初から国会議員だけでやればいい」として、会長、幹事長、総務会長、政調会長の党4役が役職を辞任することを表明しています。

 仮に、決選投票でも上位2人の候補者が獲得した地方票を有効にし、国会議員の再投票の結果を上乗せする方式だと、石破氏は(165+89)で254票。安倍氏は(87+108)で195票となり、石破氏が選ばれていました。

 もっとも、選挙制度には党利党略や時の権力者の思惑がつきものです。先週行われた民主党代表選挙でも、地方の1票と国会議員の1票にポイントの差があり、何んとも分かりにくい仕組みでした。両党とも選挙の仕組みを決めるのは国会議員でしょうから、最後は自分のこと?を優先してしまうのでしょう。

 党員・党友の選択とは違った結果となったものの、安倍氏は「石破氏は党員票の過半数を取った。重く受け止めなければならない」と述べ、石破氏を党の重要ポストに充てる考えを示唆し、次期総選挙での政権奪還を誓っています。 

by shouichiro_sato | 2012-09-26 23:06 | 国政・時事 | Comments(0)  

ジオパーク

 ジオパークとは「地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園(大地の公園)」のことですが、日本では2008年に国内の認定機関として日本ジオパーク委員会が発足し、これまで洞爺湖有珠山(北海道)や島原半島(長崎県)、男鹿半島・大潟(秋田県)など、20ヶ所が選ばれています。
 
 同委員会は24日、八峰町の「八峰白神」と湯沢市の「ゆざわ」を含む全国の5地域について、新たに認定しました。これで県内の認定地域は3ヶ所となり、都道府県では北海道とともに国内最多となっています。

 八峰町では2010年から、湯沢市では昨年からそれぞれ「ジオパーク推進協議会」を結成し、認定に向けた活動をしてきました。「八峰白神」地域では特異な岩石が残る沿岸部や白神山地の隆起によってできた段丘など、見どころとして19ヶ所を設定(今後はさらに10ヶ所以上を加える予定)。「ゆざわ」地域では地熱・水・鉱山の3つがテーマで、川原毛地獄や力水、小安峡大噴湯、院内銀山跡地などを網羅する16のエリアで、見どころは計153ヶ所が設定されています。

 両地域は男鹿半島・大潟地域と同様に、今後は世界ジオパーク認定を目指して活動を強化することにしています。

by shouichiro_sato | 2012-09-25 23:35 | 秋田県 | Comments(0)  

輿石幹事長

 民主党代表に再選された野田佳彦首相は、輿石東幹事長を留任するなど党役員人事を内定しましたが、低迷する支持率を回復させることよりも、離党者の増加や党の分裂を防止するためと思われる布陣のようで・・・・甚だ疑問です。

 野田首相は「幹事長は、この一年間ずっと献身的に支えていただいた輿石氏に引き続きお願いした。一蓮托生だと思っており、これからもしっかり党運営の中心として力を尽くしていただきたい」と起用理由を説明したうえで、「社会保障と税の一体改革を巡る3党合意を着実に進めていくことが、われわれの責任であり、そういう態勢を作ったつもりだ」と述べています。

 輿石氏は同党参院議員会長で小沢一郎元代表にも近く、野田氏が代表に選ばれた昨年9月に、党内融和の象徴として幹事長に起用されたサプライズ?人事でした。消費増税を巡る路線の対立から小沢氏ら70人程が離党した後も、社会保障と税の一体改革を主張する野田首相を支えてきましたが、衆院の解散には「先送り論」の慎重派。「(近いうちの解散には)こだわる必要はない」として、「来年夏の衆・参同時選挙が望ましい」姿勢であり、民主党内には解散は先送りされるという期待?も広がっています。

 赤字国債を発行するための特例公債法案や、違憲判決が出ている衆議院選挙の一票の格差問題など、喫緊の課題については消極的?にみえる輿石氏の続投には、「(解散は)近いうちに」と3党合意した自民・公明両党から、警戒と反発する声が上がっています。

 国連総会に出席のために野田首相はきょうの夕方、米国に出発。帰国後の来週早々には、内閣改造も行われます。

by shouichiro_sato | 2012-09-24 23:21 | 国政・時事 | Comments(0)  

日馬富士

 大相撲秋場所千秋楽で、大関・日馬富士(モンゴル出身伊勢ヶ浜部屋・28歳)は横綱・白鵬を下手投げで破り、15戦全勝。2場所連続の全勝優勝です。第70代横綱への昇進を確実にしました。新横綱の誕生は2007年名古屋場所で昇進した白鵬以来で、5年ぶりです。

f0081443_23303161.jpg
(写真・「全身全霊」の1分51秒、大熱戦で白鵬を下手投げ。NHKニュース7より)

 表彰式でインタビューに答えた日馬富士。「今は本当に、自分の先祖、そして僕を生んでくれた父と母を、この体、この力を与えてくれて、本当に感謝です」「いい運命の流れで、いい親方に出会い、本当にいろんな方に応援していただき、皆さんに恩返しできたことが、何よりです」「本当に一日一番、全身全霊で一生懸命に頑張りました」。

 「来場所は新横綱ということになりそうです。どんな横綱を目指しますか」と問われると、日馬富士は「これからも、皆さんに、感動と勇気、そして希望を与える相撲をとり続けますので、今後もどうかよろしくお願いいたします」。

by shouichiro_sato | 2012-09-23 23:19 | スポーツ | Comments(0)  

長命水

 《 カメラスケッチ・長命水の清掃 》

f0081443_14415050.jpg

 羽後町七曲峠の中腹にある「長命水」は、秋田県の湧水として紹介されたこともある名水?。秋分の日のきょうは、田代後継者会の有志が毎年この時期の恒例となっている清掃活動を行いました。 (写真・湧水の周囲を草刈し、しめ縄を張り替えました。午後4時頃)

f0081443_832032.jpg

f0081443_1513816.jpg  湧水や受け鉢を清掃していた仲間が見つけたのは、サワガニと生まれたばかりの「カニの赤ちゃん」。母親のお腹にはたくさんの赤ちゃんが抱えられていました。 

 (写真・ゴム手袋に乗っているサワガニたち。赤ちゃんは5mm位の大きさです)
 
 清掃後には、仲間がキレイになった沢の流れに返しています。・・・無事に大きくなりますように。

by shouichiro_sato | 2012-09-22 23:31 | 地域活動 | Comments(0)  

巨人が優勝

 プロ野球セ・リーグは21日、巨人が本拠地の東京ドームでヤクルトに6-4で勝利し、3年ぶり34回目のリーグ優勝を決めました。

 今年の巨人は開幕から連敗が続いて一時は最下位にありましたが、5月以降は打線や投手陣の若手が活躍して復調。パ・リーグとの交流戦では17勝7敗と圧倒的な強さを発揮し、初優勝。7月に首位に立ってからは一度もその座を譲ることなく、独走していました。

 一方、大相撲秋場所は13日目。先場所で全勝優勝し、綱とりを目指す大関・日馬富士が大関・稀勢の里を破り13連勝。1敗で横綱・白鵬が追う展開となっており、あと2日の攻防から目を離せません。

by shouichiro_sato | 2012-09-21 23:16 | スポーツ | Comments(0)