人気ブログランキング |

<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

秋田弁の昔っこ

 秋田市で開かれた「あきた南米交流会」総会の席上、懐かしい秋田弁による昔っこを聴く機会に恵まれました。「忙しい毎日でしょうが、昔っこを聴いて心を安らいでもらいたい」という会員の紹介で、「秋田市民話の会」の腰山照子さんと長谷川ミオ子さんが、二人で語る本格昔話「島引きおに」と笑話「夢合わせ」「ほれ薬」を実演。参加者一同、スッカリ引きこまれてしまいました。

f0081443_9262144.jpg
  (写真・二人で昔っこを語る、左から腰山さんと長谷川さん。アキタパークホテル)

 尚、県企画振興部学術国際局国際課長の光永祐子さんが「秋田県の国際交流の現状」について講話。県内の平成23年外国人登録者数(法務省の統計)は3794人で、最も多かったのは平成16年の4963人、その後は減少しています。

 3794人の国籍別では、中国1700人、韓国・朝鮮711人、フィリピン631人、アメリカ187人、ブラジル11人、その他が554人でした。

 海外移住の実績では戦前(明治41年~昭和16年)が最も多く3527人で、全てが南米に。昭和58年に移住事業が終了するまで、合計で4757人が海を渡っています。移住先はブラジル3985人、アルゼンチン435人、パラグアイ218人、アメリカ57人などとなっています。

by shouichiro_sato | 2012-06-30 23:04 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ロンドンへ

 日本体操協会はロンドン五輪の新体操団体日本代表のメンバー6人を発表し、秋田市出身の深瀬菜月選手(18歳・神奈川県光明学園相模原高3年)らが選ばれました。秋田県からの新体操五輪代表は初めてで、ロンドン五輪に出場する県出身選手は、女子バレーボールの江畑幸子選手(22歳・日立リヴァーレ)に続いて2人目となります。

 ところで、3大会連続出場を決めた女子ホッケー「さくらジャパン」の代表メンバー16人には、秋田と縁のある選手が多数含まれています。というのは、平成19年に開催された「秋田わか杉国体」で羽後町と横手市十文字町がホッケー競技の会場になり、民泊などで滞在した選手がいるのです。5月に岐阜県で行われた五輪最終予選でも、テレビ中継から目が離せませんでした。

 さくらジャパンの壮行会はロンドンへ出発する前日、7月21日に東京都内で行われます。同チームのメンバーを応援する鹿角市からは「あきたこまち」が贈られています。

 ロンドン五輪の日本選手団は総勢300人余りですが、県出身選手や縁のある選手が出場するとなれば、応援にも力が入ります。大いに頑張ってほしいものですネ。

 ・・・・・ロンドン五輪の開幕まであと、28日です。

by shouichiro_sato | 2012-06-29 22:08 | スポーツ | Comments(0)  

桑ノ木台湿原

 きょうの秋田県内は大仙市大曲で32.8℃、仙北市角館や大館市で32.6℃を記録するなど、全国の最高気温の上位10地点に県内の6ヶ所が入る、真夏日になりました。

 朝から快晴となり我が家から見える鳥海山が素晴らしかったので、(所用を兼ねて)南由利原から仁賀保高原へ向かってみました。

 矢島スキー場を過ぎると、「桑ノ木台湿原」を案内する看板が目につきました。桑ノ木台湿原といえば「レンゲツツジと鳥海山」の写真でスッカリ有名になり、ここ数年は入山を制限して散策路(木道)などを整備し、今年から一般に開放されている「トレッキングコース」があるところです。

 偶然にも駐車場から出発するシャトルバスに間に合い、仲間に入れてもらいました。そして深緑のブナ林や鳥の囀りに囲まれて歩くこと約30分、見事な鳥海山が目の前に出現し、「写真の場所」を確認して感動です。

f0081443_23272739.jpg
(写真・6月中旬にはオレンジ色のレンゲツツジが咲く桑ノ木台湿原から見える鳥海山)

 尚、シャトルバスの平日運行は29日までで、7月からは土・日・祝日のみ。詳しくは由利本荘市観光協会のHPをご覧ください。

by shouichiro_sato | 2012-06-28 23:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

株主総会

 東京電力の株主総会がきょう行われ、国から1兆円の出資を受け入れて「実質国有化」する為の議案など、会社が提案した全議案を可決しましたが、筆頭株主である東京都が提出した経営の透明性を高める議案などは否決。(きょう株主総会を行わない沖縄を除く)他の電力8社でも、「脱原発」などを求めた株主提案は全て否決されています。

by shouichiro_sato | 2012-06-27 23:33 | 社会・話題 | Comments(0)  

消費増税

 長寿社会になったことで社会保障費が増加し、国の財政が逼迫していることは理解できても、消費増税法案が衆議院で圧倒的な多数で可決されるとは、意外でした。経済界や大手新聞などのマスコミまで消費増税の必要性を主張する中、野党の自民・公明両党が(それぞれの思惑をもって)修正協議に参加し、一気に進んだ感じです。

 長引く不況で生活が厳しい時に「増税なんてとんでもない」「無駄の削減や行財政改革など、その前にやるべきことがある」という声も大きく、世論調査でも「今の時期の増税には反対」が圧倒的でした。しかし、メデアの焦点は与党・民主党内で反対している小沢元代表らの動向に移ってしまい、「増税に反対した行動」がバッシング?されるような、チョッと変な成り行きです。

 ただ、「民主党を分裂させない」ことを考えている輿石幹事長は、造反議員の処分について(厳正な対応を名目に)先送りしていくことを考えるでしょうから、小沢氏らが即離党して新党を結成することになるのか、甚だ疑問です。

 参議院で法案が否決されたことで行われた郵政解散で、当時の小泉首相(自民党総裁)が「刺客」を送り込んだような芸当は、和を重んじる野田首相にはできないでしょうから、選挙基盤の脆弱な民主党議員にとっては「消費増税には反対だが、離党はしたくない」のが本音?かも。

 論戦の舞台はこれから参議院に移りますが、3党合意がある以上は消費増税法案の成立は既定路線。あとは各党・各議員が「(自らの)選挙に有利な戦略」で行動することになるでしょう。

by shouichiro_sato | 2012-06-26 23:23 | 国政・時事 | Comments(0)  

共同作業

 昨日の日曜日、下唐松集落では午前5時30分から地域内を流れる高瀬川(県管理の一級河川)の堤防の草刈作業を行いました。

 以前から続けてきた集落のボランテア活動でしたが、参加者の高齢化もあり昨年は実施しませんでした。その結果、堤防上の草が伸びて過ぎて車の通行ができなくなり、(その反省から)危険な斜面の作業を避け、管理用の通路を確保しようと再開したのです。

f0081443_23475596.jpg
 (写真・霧雨の中、13人が参加して堤防上の草を刈りました。午前6時ころ)

by shouichiro_sato | 2012-06-25 23:12 | 地域活動 | Comments(0)  

作業所の解体

 戦前からあった「唐松作業所」が老朽化し、解体することにしました。コメの調整作業や藁工品の「フスマ」「ゲンバ」の製造など、一年を通して農作業の拠点であった共同作業所。各集落に生活改善センター(集会所)などができる前は、住民活動の拠点となる施設でしたが、この20年余りはほとんど使われていませんでした。

f0081443_1416628.jpg 40年も前の頃、青年会活動が全盛時代はこの建物の2階の作業場が拠りどころであり、毎日のように利用していました。・・・しかしながら、今ではその役割も終わり、窓ガラスが割れたり屋根のトタンが剥がれるなど、危険な状態になっています。
(写真・解体が決まった上到米上唐松集落にある「唐松作業所」)

 今夜は共同作業所時代の役員の後継者(役員は全員が亡くなっています)有志が集まり、今秋に解体作業をすることを決めました。今後は解体費用の捻出や作業員の確保について、集落の皆さんに寄附やボランテアをお願いをすることなりますが、よろしくお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2012-06-24 23:06 | 地域活動 | Comments(0)  

還暦同期会

 羽後町の旧田代中学校昭和42年度卒業生は、今年が「還暦」。7月7日~8日に羽後町の五輪坂温泉「としとらんど」で開催される「還暦同期会」まで、あと2週間となりました。

 同期生は74人でしたが、すでに2人が逝去。72人に案内状を送ったところ、3分の2以上の皆さんが参加されるとのこと。今夜は実行委員会の事務局で、送迎バスの手配や具体的な内容について確認しました。

 地元の羽後牛や素晴らしい食材を使った料理による「祝賀会」と、2日目の「町内巡り」では西馬音内盆踊りの実演と体験、ソバ打ちを組み込んだ昼食会など、「ふるさと羽後町」の魅力をいっぱい詰め込んだ企画となっています。

 夜は男女ともそれぞれの大部屋に泊まりですから、懐かしい思い出話に花が咲くことでしょう。・・・・・楽しみですネ。

 

by shouichiro_sato | 2012-06-23 22:18 | 家族・仲間 | Comments(0)  

「50人以上」

 政治の世界は「一寸先が闇」。消費増税に反対し、民主党を離党して新党結成に進むのではないかとの見方も出てきた小沢氏にとって、50人以上の賛同者を集められるかが焦点になってきました。

 衆議院規則第28条の3では「議員が内閣の不信任案に関する動議若しくは決議を発議する時は、50人以上の賛成者と連署して議長に提出しなければならない」とあり、小沢氏のグループが50人以上になれば、内閣不信任決議案を提出できることになります。

 今夜の産経ニュースは「早期解散を目指してきた自民・公明両党には好都合のように見えるが、一体改革法案で修正合意しているだけに参院での可決、成立前に不信任案を提出されれば、厳しい対応を迫られることになる」と伝えています。

 不信任案は慣例によりあらゆる案件より先に採決されることで、自民・公明が野党としての筋を通せば可決され、野田首相は衆院解散か内閣総辞職(退陣)を迫られる。この場合、自公は消費増税に合意してきた説明に苦慮する。当然、小沢グループは増税談合勢力として徹底攻撃を仕掛けるに違いない。一方、3党合意を重んじて不信任案に反対すれば、野田内閣を信任したことになり、反対勢力から批判を浴びることになる。そのうえ国会の「一事不再議の原則」で、会期末までに自公は不信任案のカードが使えなくなり、野田内閣の延命に手を貸すことになる----- として、小沢氏が消費増税法案に反対を表明した後に開いた昨夜の会合に、49人の議員が集まったことを注目しています。

 26日にも予定されている消費増税関連法案の衆議院での採決を巡る攻防が、一気に政局含みの展開になってきました。

by shouichiro_sato | 2012-06-22 23:52 | 国政・時事 | Comments(0)  

夏至

 きょうは日の出が午前4時11分、日の入りは15時間後の午後7時11分で、一年中で最も昼の時間が長い「夏至」です。本格的な夏の始まりでしょうが、当地では気温は低く、曇り空の一日でした。日没後には小雨がパラついています。

 心配された台風4号の被害もなく、湯沢市や横手市では特産の「さくらんぼ」の収穫が始まりました。羽後町でもオクラやソラマメ、イチゴなど、地域の環境を活かした農作物の出荷が始まっています。地域の素晴らしい産品、皆さんもどうぞご賞味ください。


 《 カメラスケッチ・花づくり 》

f0081443_21282826.jpg
(東成瀬村では今年も各地で花壇が整備されています。国道342号沿線の肴沢地区)

by shouichiro_sato | 2012-06-21 21:34 | 今日の出来事 | Comments(0)