<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

水道料金

 今年度の上到米簡易水道組合(佐藤久夫組合長)の役員会は、今夜で9回目。会計年度末の3月31日に、工事が竣工して給水事業を開始してきた一年を総括し、決算に関わる監査を行い、24年度の方針と予算案を策定しました。

 特に、水道の利用者が順調に増え、運営費用も安定していることから、来年度からの水道料金(基本料金と超過料金とも)を10%程度引き下げる議案を総会に提出することに決定。今月14日(土)に開催される総会の議決を経て、4月検針(5月徴収分)より適用される予定です。

 引下げ後の水道料金は、基本料金(10㎥まで)が1,800円。超過料金は1㎥あたり180円となりますが、上水道が普及している地域からすると、まだまだ高い水準です。

 懸案だった上到米地域の水問題の解決のため、組合が発足したのは2年前。技術と財源の双方において町の全面的な支援があり、水源の確保や給水工事も順調に推移し、短期間で大きな成果を挙げることができました。

 組合発足と同時に就任した役員一同は、2年の任期満了を無事に迎えることができ、ホッとしております。 

by shouichiro_sato | 2012-03-31 23:01 | 地域活動 | Comments(0)  

民主党

 一体、この政党はどうなっているんでしょう。総選挙のマニフェストはほとんど後退し、消費税増税では党内が混乱状態。国民の期待を担って政権交代を果たしたのに、結果は「寄せ鍋」の政党でした。またぞろ、政治不信がつのる状況になりつつあります。

 今月中に消費増税法案を閣議決定し、国会提出を至上命題としていた野田佳彦首相にとって、何とか体裁は保ったように見えるものの、成立の見通しは全く立っていません。それどころか、民主党内の小沢元代表のグループらが法案採決で造反する構えを見せており、政務三役や党の役職にある17人が辞表を提出するなど、党分裂?の可能性もはらむ展開となってきました。

 「今国会中に全力で成立を期す。政治生命を懸ける」と表明した野田首相は、成立しなかった場合は解散か総辞職かを問われると「私の胸三寸だ」。

 参院がねじれ状況にある中では、自民党などの協力がなければ法案成立の可能性はなく、野田首相に残された選択肢はただ一つ。成立後の解散を約束して野党の主張に譲歩する「話し合い戦略」でいくしかありません。もっとも、自民党の谷垣総裁は「増税する前に国民に信を問え」の一点張りですから、どこに突破口があるのか・・・・。

 新人議員が多い小沢グループにとっては、消費税増税を先送りして、9月の党代表選挙で主導権を握り、来年の任期満了まで持ちこたえる。その間に民主党への向かい風が少しでも和らぐのを待つ作戦?でしょう。

 「何も決めれない民主党」によって、またぞろ政治が停滞し、混乱しそうです。

by shouichiro_sato | 2012-03-30 22:18 | 国政・時事 | Comments(0)  

庶務担当

 上到米簡易水道組合の庶務担当である私は、今夜、31日に開かれる役員会に向けて、事業報告書や一般会計・特別会計決算書のとりまとめ作業に奮闘中?です。

by shouichiro_sato | 2012-03-29 23:57 | 地域活動 | Comments(0)  

FM椿台

 FM椿台(79.6MHz)からの要請で、4月から始まる新企画の録音が同社スタジオで行われました。

 番組はFM椿台の黒崎一紀さんが進行役になり、ベテラン記者の小畑伸一さん(週間あきた)と私が県内の出来事、特に政治や社会問題について意見を述べるもので、30分。初回の話題は7月にグランドオープンが予定されている、秋田市中央街区の再開発事業の展望でした。

 FM椿台では、フリーライター・あゆかわのぼるさんの「辛口トーク」が評判になっていることもあり、黒崎さんからは「遠慮なく、刺激的な発言をお願いします」と言われましたが、二人ともラジオのトーク番組は初めての体験で、終わってみると「チョッと、優等生?みたいだ」(黒崎さん)。

 そんな訳で、これからもアンテナを張り巡らして、県内の情報をキャッチしてまいります。

by shouichiro_sato | 2012-03-28 23:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

AIJ投資顧問

 顧客から預かった年金資金1500億円余を損失させていたAIJ投資顧問(東京)。2月に事件が発覚してから初めて、社長(59歳)が公の場に姿を現し、衆院財務金融委員会で参考人として議員の質問に答えました。

 「取り戻す自信はあったが、責任を痛感している」「最初からだます気は全くなかった」というものの、水増しした運用利回りの数字を示して、顧客向けの運用報告書を改ざんしたことは認めています。さらに「詐欺というつもりは全くなかった」と強調しました。

 また、AIJは過去9年間で顧客から合計約27億円の報酬を得ており、社長自身の年収が7000万円であることも明らかに・・・・。

 テレビの映像を見る限りでは、博打のような運用を反省する態度もなく、「コメントしたくない」などと開き直った言動もありました。

 働く人たちが蓄えた中小企業の年金資産に群がって、甘い汁を吸っていたこうした会社と仕組みに、徹底的なメスが入ることを期待しています。

by shouichiro_sato | 2012-03-27 22:12 | 事件・事故 | Comments(0)  

県の人事

 秋田県の人事異動がきょう発表されました。新しく「観光文化スポーツ部」が設置されることに伴ない、異動の規模は昨年より96人多い、1559人です。

 観光文化スポーツ部の戦略統括監や地域交通対策監、被災地のがれき受入を担当する被災地復興支援監、公共施設の効率的な管理のための施設管理推進監など、新しいポストも誕生。

 佐竹知事は退任する中野副知事の後任に、同じ経済産業省から出向される橋口昌道氏(53歳)を据え、総務部長には総務省から出向している木村宗敬氏を同次長から昇格させるなど、手堅い?布陣で残り任期が1年となった県政運営に当たります。

 中でも注目されるのは、観光文化スポーツ部長に民間人を採用すること。29日に県人事委員会の承認手続きを経て、JTBコミュニケーションズ(東京)社長・前田和久氏(61歳)を起用する方針です。

by shouichiro_sato | 2012-03-26 22:02 | 秋田県 | Comments(0)  

大阪場所

 2年ぶりに大阪で開催された大相撲春場所は、後半になって満員御礼が続くほど、大いに盛り上がりました。

 関脇・鶴竜の活躍と白鵬がみせた横綱の意地で、二人はともに13勝2敗。優勝決定戦では白鵬が上手投げで勝ち、22回目の優勝を果たしています。
 
f0081443_231181.jpg (写真・白鵬と鶴竜の二人は、今夜のNHK「サンデースポーツ」に出演)

 「荒れる大阪場所」は、初場所優勝して横綱昇進に挑む大関・把瑠都への期待で始まりましたが、終盤に失速。9日目に鶴竜が白鵬を破ると、大関を次々に倒す鶴竜の相撲が注目されることになり、14日目には大関昇進と初優勝が見える展開に・・・・。

 あと一つの勝ち星が遠かった鶴竜ですが、大関昇進は確実。殊勲賞と技能賞も獲得して、大阪場所の主役となりました。

 2場所続けて白鵬に勝ち、今場所は4大関を撃破した鶴竜。来場所も同じように活躍して賜杯を手にするようだと、一気に「横綱」もみえてきます。

by shouichiro_sato | 2012-03-25 23:14 | スポーツ | Comments(0)  

消費増税

 野田佳彦首相はきょう都内で講演し、「ここで決断し政治を前進させることができなかったら、野田内閣の存在意義はない。不退転の決意で、政治生命を懸けて、命を懸けて、この国会中に成立をさせる意気込みで頑張る」と述べ、消費増税関連法案の成立に懸ける覚悟を強調しました。

 しかし、3月中の法案の閣議決定を巡る民主党内の調整は難航しており、連日深夜まで、事前審査の議論が行なわれたものの、結論は来週に持ち越されています。

 厳しさを増す財政事情からすると増税したいのは山々でしょうが、(世論調査などで判断すると)国民の理解は進んでいません。社会保障の将来像も具体的に示されず、行政改革などの「身を切る改革」も全く進展がありませんから、当然のことでしょう。

 そうした中で最近目立ってきたのがマスコミの「消費増税推進論」。朝日新聞まで、きょうの社説は「消費増税法案-首相の決断で提出を」の見出し。「法案の基になった大綱の中身は、昨年末の党内論議で決着したはずではないか」「行革などは増税法案と並行して進めるべき施策だと考えている。首相は反対派説得の前面に立ち、速やかに法案提出という政府の責任を果たすべきだ」と、野田首相の背中を押しています。

 ・・・・がしかし、与党内もまとまらず、衆参ねじれ国会の政治状況では、法案が提出されたところで成立する可能性は(限りなく)低いでしょう。

 先の総選挙で自公政権時代の無駄遣いを指摘し、「予算を見直して財源を捻出する」と訴えて政権交代を果たした民主党が、そのことを実行できないのは何故か。約束したことが実現しない政治に、さらに不満が高まっています。

 その上、この時期に民主党の輿石幹事長らが訪中し、中国の次期最高指導者に内定している習近平国家副主席と会談。その日の20分後には、鳩山元首相の訪中団も同氏と会談するなど、「調整のない」民主党外交にもビックリしました。内外ともに、バラバラな状態ですネ。

by shouichiro_sato | 2012-03-24 23:38 | 国政・時事 | Comments(0)  

シエナ・ブラス5

 最近の羽後町は、あちらこちらで様々な催しが開かれています。

 今夜は三輪地区にある町文化交流施設・美里音で「シエナ・ブラス5 スプリングコンサート」
があり、満員のブラスファンで盛り上がりました。

 シエナ・ブラス5はプロフェッショナル吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」の、実力派金管楽器奏者5人によって構成されているブラス・アンサンブル。オリジナルアレンジ曲やジャズ、映画音楽、演歌など、音楽で世界を巡るプログラムと個性あふれるパフォーマン、軽妙なトークで会場を沸かせました。

f0081443_2275551.jpg
  (写真・プログラムの最後には、地元の中学生70名以上が参加して大演奏会です)

by shouichiro_sato | 2012-03-23 22:11 | 羽後町 | Comments(0)  

カントリードール

 羽後町の愛好家が作った人形と絵てがみを集めた「カントリードールと小さな絵てがみ展」が、西馬音内盆踊り会館で開かれています。24日まで(入場無料)

f0081443_1727832.jpg
 (写真・ホールには手作りの人形120点と400枚の絵てがみが展示されています)

 人形は菅野麻紀子さんと柴田由美子さん、西村利津子さん、渡部良子さんの4人が、使わなくなった子供のシャツやジーンズなどの布で作ったもので、ほのぼのとした愛おしいものばかり。思わず微笑んでしまいました。

 絵てがみは柴田絵美子さんら絵てがみサークルの仲間が、郵便で実際に使ったものなどを展示しており、(素人?とは思われない)文章と絵の美しさに引き込まれてしまいます。

by shouichiro_sato | 2012-03-22 17:48 | 羽後町 | Comments(1)