<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ガスト

 度々利用している県内のファミリーレストラン「ガスト」が、今日から営業していません。

青森、山形、宮城、福島の4県で細菌性赤痢を発症した15人の内、14人が「ガスト」や系列店で食事をしていたことが判明し、同店を経営している外食大手チェーン・すかいらーく(本社・東京都武蔵野市)は、東北6県と北海道、栃木県の「ガスト」計120店(秋田県内は17店)の営業を自粛することにしました。これらの店には同社の仙台工場から食材が提供されていました。

 細菌性赤痢は感染症ですが、5月にあった焼肉店での生肉が原因の食中毒などの出来事でも、チェーン店を通じてあちらこちらで被害がありました。これは食材を提供する拠点が別の場所にあり、そこに問題があれば広範囲に拡がっていくという、大手の外食産業に共通する事例です。

 冷凍などの保存技術が発達してきたとはいえ、それに耐性のある病原菌もあるでしょうから、衛生管理には十分に気をつけてもらいたいものです。
 

 

by shouichiro_sato | 2011-08-31 22:23 | 事件・事故 | Comments(0)  

ヘリ防除

f0081443_2349138.jpg

f0081443_23494180.jpg

 早朝から軽快なエンジン音が聞こえたと思ったら、無人ヘリコプターによる水稲の病害虫防除作業が行われていました。(写真・羽後町上到米の自宅前で。午前5時30分頃)

 大雪の影響で雪消えが遅れ、気温の不安定な日が続いた春以降の天気。当地の水稲の作柄は、穂数と粒数が少なく「やや不良」。その上、原発事故による風評被害の心配もあり、不安な出来秋となりました。

 

by shouichiro_sato | 2011-08-30 23:50 | 産業振興 | Comments(0)  

民主党代表選挙

 民主党の新しい代表に野田佳彦氏(財務相・54歳)が選ばれ、明日には野田氏が第95代、62人目の総理大臣に指名される予定です。

 同党所属の衆参国会議員398人(小沢一郎氏などの党員資格停止中の議員を除く)が行った一回目の投票結果は次の通り。

  海江田万里氏 143票
  野田 佳彦氏 102票
  前原 誠司氏  74票
  鹿野 道彦氏  52票
  馬淵 澄夫氏  24票

 海江田氏は小沢氏や鳩山氏のグループから手堅くまとめたが、予想よりも伸び悩み。野田氏は直前に行った演説で他候補と違いを鮮明にアッピールし、菅首相のグループや特定のグループに所属しない議員から幅広く得票して善戦。世論調査では圧倒的な人気だった前原氏は出馬表明が遅くなった他に外国人献金問題もあり広がりを欠いていました。

 決選投票では鹿野氏が(上着を脱いでサインを送り)野田氏に投票するように指示?したこともあり、「野田・前原・鹿野の下位連合」が結集。結果は―――――

  野田 佳彦氏 215票
  海江田万里氏 177票

 決選投票は「親小沢」「反小沢」のようになった感じは否めないものの、野田新代表は「ノーサイドにしよう」「党を挙げた態勢をつくる」と強調。まずは民主党をまとめることから始めなければなりません。

by shouichiro_sato | 2011-08-29 22:12 | 国政・時事 | Comments(0)  

運動会と祝賀会

 《 カメラスケッチ・上到米地区住民大運動会 》 

f0081443_2128051.jpg
 第38回上到米地区住民大運動会がきょう、快晴に恵まれた旧上到米小学校グランドで開かれ、例年を上回る多くの皆さんの参加で、大盛況。競技はお昼までに終了し、午後は各集落ごとに反省会と親睦会。和やかな一日になりました。 (写真・運動会の最初は小学生のリードで「ラジオ体操」。グランドいっぱいに広がったために、写真は一部分です)


 《 叙勲祝賀会 》

f0081443_2138214.jpg 春の叙勲で旭日双光章を受章した元羽後町議会副議長・黒澤忠さん(76歳)の叙勲祝う会が午後3時から西馬音内で開かれ、出席。黒澤さんは昭和55年春の町議会議員選挙初当選の「同期の桜」で、公私にわたってお世話になってきました。議会や役場のOBも大勢参加しており、お話もはずんだひと時でした。

 (写真・黒澤さんご夫妻、巨福会館ホールで)

 もっとも、昨日は早朝5時過ぎから(我が家の集落が準備担当になっていたために)運動会の会場準備でグランドの除草やライン引き、テント設営。午後からは大曲の花火で、帰宅は深夜。そして今日は、朝から暑い日差しの中での運動会と反省会。さらには祝賀会で乾杯。仲間に誘われた2次会では、(8時前だというのに)横になってしまいました。

by shouichiro_sato | 2011-08-28 21:25 | 羽後町 | Comments(0)  

大曲の花火

 第85回全国花火競技大会「大曲の花火」が今夜、大仙市大曲の雄物川河川敷で開催されました。

 花火ファンの私は今回、7月7日に発売された桟敷席券を入手(もちろん、仲間と一緒に行列に並んで抽選に参加しました)。天気は快晴、南東の風も吹いて、最高のコンデション。

 競技大会に参加した全国の花火業者・27社の花火はどれも素晴らしく、あっという間の時間でした。

 また来年が楽しみです。大曲では花火大会の日を基準にした「花火カレンダー」があるとのことですが、その気持が良く分かります。

by shouichiro_sato | 2011-08-27 23:56 | 秋田県 | Comments(0)  

活力人フォーラム

 「Akitaふるさと活力人フォーラム2001」がきょうの午後に開かれ、秋田の魅力を売り込む活動について、講演やパネルデスカッションが行われました。

 秋田県イメージアップ戦略アドバイザーの梅原真さん(高知県・グラフィックデザイナー)は「地域の課題をデザインで解決する」テーマで講演。数々の実践例を紹介して、デザインは商品とお客さんを結ぶコミュニケーションの手段であることを強調されました。

 パネリストは榎本鈴子さん(羽後町・日本料理店経営)、門脇砂絵美さん(仙北市・グリーンツーリズム西木研究会)、佐々木直幸さん(にかほ市・婚活支援活動実践中)の3人で、皆さんは県が行っている「ふるさと活力人養成セミナー」(国際教養大学と共催している2年間のプログラム)の修了生。それぞれの実践活動を報告しています。

f0081443_22205019.jpg
(写真・「日本の笑顔」秋田から!のデザインをした梅原さんが講演。県庁第2庁舎で)

by shouichiro_sato | 2011-08-26 22:24 | 秋田県 | Comments(0)  

社長の名前

 東京商工リサーチが25日に発表した「全国社長姓名」の調査結果によると、同姓同名の社長で最も多かったのは「鈴木茂」さんと「佐藤誠」さん。全国の約233万社を集計したところ、このお二人がそれぞれ163社あったとか。

 3位は「鈴木隆」さん(154社)、4位は「田中博」さん(145社)、5位は「伊藤博」さん(136社)と続いています。

 社長の姓では「佐藤」「鈴木」「田中」さんが御三家で3年前の調査と変わらず。名前では「誠」さんが1万96社、「博」さんが9428社、「茂」さんが9190社となり、前回の調査で5位だった「誠」さんが前回1位の「博」さんを上回りました。

 東京商工リサーチには、様々な調査があるものですネ。233万件のデータ収集、お疲れ様でした。

by shouichiro_sato | 2011-08-25 22:50 | 社会・話題 | Comments(0)  

高速道路無料化

 東北地方などの高速道路で実施されていたトラックやバスを対象とした無料化が、今月31日で打ち切られることになりました。東日本大震災の被災地を支援するために6月20日から行われていたものですが、被災地支援とは無関係なトラックによる制度の悪用が続いているためです。

 対象地域内のICで乗り降りすれば無料になる制度上の欠陥?は、当初から指摘されていました。さらに、被災者が普通車で通行する時に無料になる「被災証明書」も、被災の基準が定まらないままに市町村の判断に任せられ、大量に発行されています。結果、ICの出口で激しい渋滞が起きるなど、中途半端な政策になっていました。

 大畠国土交通相は23日の記者会見で「第3次補正で予算が確保されたら、その時点から料金システムの変更に着手したい」と述べ、改めて(全車種を対象とする)東北地方の高速道路の無料化の実施について意欲を示しています。東北地方の一部の高速道路では全車種無料化の計画が発表されていたものの、大震災復旧・復興には膨大な財源が必要なために撤回されていました。

 東北地方の支援のために、対象路線の無料化と利用料金の軽減を早期に実現してください。

 尚、地元の羽後町役場に問い合わせたところ、「被災地で支援活動を行ったり、仕事をしている町民には(高速道路を無料で利用できる)証明書を発行している」とのこと。どんな目的で被災地の県に行くのか、それを証明する書類の提出を求めていました。

by shouichiro_sato | 2011-08-24 22:48 | 社会・話題 | Comments(0)  

30日に総辞職

 菅首相はきょう午前の閣僚懇談会で「30日に内閣総辞職をすることになるだろう」と述べ、辞任する期日を明言しました。6月2日に民主党代議士会で辞職を示唆して内閣不信任決議案を否決した後、民主党議員でさえ呆れてしまうほどの延命策を模索してきた首相でしたが、結局、震災復興や原発、円高、外交などの重要かつ喫緊の課題に対して十分な成果を挙げることができず、内閣と民主党の支持率は下落する一方でした。

 また、菅首相はきょうの参院財政金融委員会で「首相を辞する決意をしたのは、何か間違ったことをやったから責任をとるということではありません」と、自身の政権運営の正当性を強調。「失政」によって退陣に追い込まれたわけではなく、「党内に向けての約束を果たすことが政治家のケジメだと思った」と語っています。

 何はともあれ、これで民主党の代表を選ぶ選挙が27日に告示され、29日に国会議員による投票を実施。30日には首班指名があり、新内閣が発足するスケジュールになりそうです。代表選挙にはすでに野田財務相や馬淵前国土交通相らが立候補の意思を示していますが、今夜、前原前外務相も出馬を表明。早くも党内では多数派工作や駆け引きが始まっています。

 ところで、秋田県の佐竹知事は昨日の記者会見で「大きな問題に腰を据えて取り組める人に首相になってもらいたい」として、「国民的な共感を得られることから、前原誠司氏がふさわしい」と述べたとか。民主党への支持率が(政権交代後)最低となっているなかで、民主党の支持者でもない佐竹氏には「おせっかいな発言」でした。

by shouichiro_sato | 2011-08-23 23:38 | 国政・時事 | Comments(0)  

成年男子は宮城が優勝

 羽後町で行われていた東北総体ホッケー競技はきょうが最終日。種目別の決勝戦が行われ、成年男子では宮城県が岩手県を2-0で破り、10月に行われる「山口国体」出場を決めました。

 少年女子では岩手県が3-1で宮城県を振り切り、同男子では岩手県が福島県に3-2の逆転勝ち。成年女子は岩手県が3-0で山形県を破って、それぞれ優勝。岩手県の独壇場となった決勝戦のゲームでしたが、最後に(本来の開催地である)宮城県が攻守で機動力を発揮して、ホッケー王国・岩手の独占を阻止しています。

f0081443_19564577.jpg
  (写真・大学生と社会人の混成ながら、王者・岩手を破った宮城の成年男子チーム)

by shouichiro_sato | 2011-08-22 20:01 | スポーツ | Comments(0)