人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

厳しい評価

 震災復興のための第1次補正予算案が衆議院で可決され、5月2日に成立する見通しとなりました。被災地の復興を早期に進めるため、与野党ともに全会一致です。

 大震災の発生からすでに50日以上が経ちながら、行方不明者は1万人以上。原発事故は収束するどころか避難区域が拡大している状況。菅首相のリーダーシップや政策実行能力には、厳しい声が噴出しています。

 マスコミで報じられる菅首相の性格や政治手法、首相に就任してからの言動は広く国民に浸透し?、支持率は著しく低下していました。そんな中での大震災では、政治主導の名の下に官僚と一線を画したまま、福島第一原発事故を受けて専門家を内閣官房参与として官邸に呼び込むなど、自ら率先して指揮を執ろうとしていましたが、昨日、その一人である放射線安全学の大学院教授が「官邸の対応は場当たり的だ」として辞任。一体、官邸内の態勢はどうなっているのでしょう。

 新聞で紹介されている「首相動静」で、どんな人が官邸で菅首相と面談しているのか調べてみると、福山官房副長官、細野首相補佐官など側近ばかり。その上、馬淵元国交相を補佐官に起用したことで、(首相就任時から補佐官であった)同職を退任した寺田学衆院議員が、朝や昼、夜と、菅首相と会っていることが目立っています。菅首相を支える側近中の側近であることは間違いないとしても、5人もいる補佐官よりも寺田氏しか話し相手がいないとすれば、すでに菅首相は「裸の王様」に近いかもしれません。

 寺田氏が押しかけることは考えられませんから、菅首相が寺田氏を呼んでいる?のでしょう。民主党には様々な分野の専門家も多いはずですから、寺田氏の役割?も不思議です。

 ホームページやブログなどで情報公開に熱心だった寺田氏も、この頃は更新する内容も少なく、その辺の状況はわかりませんが、このままの体制が続くだけでは、国民の評価は厳しくなるばかりでしょう。

by shouichiro_sato | 2011-04-30 23:53 | 国政・時事 | Comments(0)  

雨上がり

 きょうから大型連休がスタート。東日本大震災で寸断していた東北・秋田新幹線も全線で運行を再開し、地域に活気が戻ってくる気配を感じます。

 国会では休日を返上して震災対策の補正予算の審議。イギリスからはウィリアム王子とキャサリンさんの結婚式の生中継。被災地には多くのボランテアがやってきて、がれきの片付けや掃除に追われていました。

 雪消えが遅れていた羽後町上到米地域では、ようやく田圃が見えてきましたが、コブシの花はまだ咲いていません。雪が残っている中で水稲の育苗箱をビニールハウスに並べました。日本全国、地域によってまちまちな、国民の祝日「昭和の日」です。

f0081443_23102676.jpg
  (写真・にわか雨が上がると、目の前に虹が現れました。羽後町林崎付近で)

by shouichiro_sato | 2011-04-29 23:12 | 今日の出来事 | Comments(0)  

西馬音内盆踊り

 西馬音内盆踊り実行委員会(会長・佐藤良太郎さん)は今夜、総会を開いて今年の盆踊りを例年の通り開催することに決定しました。東日本大震災の影響で各地の行事が自粛されている中で、「700年も続いてきた地域の行事を中止することはできない。むしろ、伝統ある盆踊りを行うことで元気を取り戻し、復興の力になりたい」という実行委員長の挨拶に、嬉しくなりました。

 関係者によると、西馬音内盆踊りは一度だけ、昭和20年の終戦時に中止したことがあったものの、翌年から復活して今日に至っているとか。開催期間も戦前は5日間で、夜通し行われていたとの記録もあります。しかし、会場となる道路の使用や管理、警備の関係から8月16日からの3日間となり、時間も午後11時(最終日は11時30分)までに終了しています。

 先祖の霊を弔い、五穀豊穣と地域の繁栄を願う伝統行事ですので、震災を乗り越える力としたいものです。

by shouichiro_sato | 2011-04-28 22:54 | 羽後町 | Comments(0)  

10倍超

 県と県観光連盟が東日本大震災の影響で低迷する県内の観光地を支援しようと、5000円分の宿泊補助券を県内在住者500人に贈るキャンペーンをしたところ、応募期限の25日までに定員の10倍を超える5469人から申込があったとか。県観光連盟では「予想以上の反響。自粛ムードを取り払ってもらえるよう、県民への呼びかけを続けていきたい」と、秋田魁新報は伝えています。

 このキャンペーンは交通機関の寸断や自粛ムードで旅行のキャンセルが続いた県内の宿泊施設に、観光客を呼び込もうと企画されたもので、補助券は県内約390ヶ所の宿泊施設で、今月29日~5月31日まで使用できます。

 当選された皆さんには、ご家族やグループで県内の観光地を楽しんでいただきたいものです。と同時に、抽選にもれた約5000人の皆様にも、応募のきっかけである「県内へ出かけてみよう」という気持があるのですから、5000円分の支援をする大らかな心で、是非ともお出かけください。

 県観光連盟には宿泊施設で当選できなかったことを申し出ると、大歓迎のサービスを展開するキャンペーンも期待したいですネ。

 さて、我が家のゴールデンウィークは家人それぞれが仕事や地域の諸行事があり、遠出することは叶いません。せめて一日だけでも、母が行って見たいという県内の観光地へ、家族でドライブしようと計画しています。

by shouichiro_sato | 2011-04-27 22:40 | 産業振興 | Comments(0)  

工事続行不能

 東日本大震災が発生した先月11日朝、県内では大手の土木建築・鋼構造物工事会社(本社・横手市)が事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入ったことが報じられ、地元経済界に激震が走っていました。

 60年近い歴史をもち、ピーク時の売上げは38億円余。県南の公共施設や農業関連施設などを幅広く手がけていました。横手市にHグレードの工場があり、大手ゼネコンの出先や地元ゼネコンを販路としていたほか、秋田市や仙台市にも関連会社や拠点をもっていましたが、公共工事の減少などで直近の売上げは半分以下になっていたとか。負債総額は2010年9月期時点で、16億2077万円と見込まれています。

 同社の創業者は木工建築で事業を発展させた方で、(若い時に大工修行をした)私の父や地域の大工さんたちともご縁がありました。その後は事業の拡大とともに社名や経営者が変わってきましたが、数年前から受注が減って資金繰りが困難になり、今年になってからは受注していた雄勝振興局発注の工事に、続行不能届けを出していたとのことです。

f0081443_22262842.jpg
  (写真・2月から工事がストップし、片側通行が続く羽後町役場付近の国道398号)

 尚、工事が中止されたままの現場では、いまだに片側通行が続いており、苦情が絶えません。こちらは早く工事を再開してほしいものです。工事の中断から3ヶ月も経ちながら、何の説明もない雄勝振興局の姿勢も問題です。早急に今後の見通しを示してください。

by shouichiro_sato | 2011-04-26 22:42 | 秋田県 | Comments(0)  

一ヶ月半

 東日本大震災から一ヵ月半が経過しました。巨大地震や大津波の被災地では、ライフラインの復旧や被災者への支援活動が続いています。東北新幹線も45日ぶりに仙台と東京間が運転を再開し、企業の生産活動も徐々に復活してきました。一日でも早く復旧・復興の計画をつくり、地域を再生してもらいたいと願っています。

 一方、福島第一原発事故の被害は拡大するばかりで、収束しそうにありません。放出される放射性物質や放射線量は蓄積されており、避難指示の範囲は半径20㎞の外にも広がっています。農産物の出荷停止や作付け禁止、風評被害、さらには残された牛や豚などの家畜が餓死するなど、悲惨な状況。長期間の避難に備えて一時帰宅を希望する住民の声にも、具体的なプランを示すことができません。

 避難所や地域を離れて避難している人にとって、当面の生活資金や住宅は喫緊の課題なのに、義援金の配分と仮設住宅の整備は遅れています。義援金は阪神淡路大震災を超える額が寄せられており、仮設住宅の資材供給態勢も整ってきたというのに、作業が捗っていません。

 行方不明者の捜索、がれきの撤去、原発の管理などに当っている現場では必死の作業が続けられていることでしょうが、(記者会見などで)テレビなどに登場する政府や東京電力の対応には、腹立たしくなってきました。

 原発事故の補償問題も遅れていますし、東電幹部の発言にも誠意が感じられません。東電は賠償金や復旧費用を捻出するためにきょう、役員報酬と社員給与の削減を発表しましたが、庶民感情からすると責任の認識が生温いと言わざるを得ません。

 例えば役員報酬を半減しても、17人の取締役や29人の執行役員の年収は2300~2000万円で、国会議員の歳費を超えています。東電自身が判断した責任とは、そんな感覚なんですネ。避難所で土下座をしたのが本心なら、役員報酬などは返上すべきです。

by shouichiro_sato | 2011-04-25 23:39 | 東日本大震災 | Comments(0)  

統一地方選挙

 統一地方選挙の後半戦はきょう投開票が行われ、財政破綻して全国で唯一の財政再生団体になっている北海道夕張市で、新人の鈴木直道さん(無所属・30歳)が当選しました。鈴木さんは東京都職員当時、応援で夕張市に2年2ヶ月派遣されたことがきっかけで、「夕張再生に人生をかける」と昨年11月に都庁を退職して立候補を表明。告示後には石原慎太郎都知事が応援に駆けつけ、「日本で唯一、余力(経済力に余裕のある)がある東京が夕張を応援します」と約束するなど、財政再建と地域復興に取り組もうとする鈴木さんを強力にバックアップ。市民は若くて可能性が期待される鈴木さんに託しました。鈴木さんは国内最年少の市長となります。

 一方、大館市では現職の小畑元さん(無所属・62歳)が現役市長で最多となる6選を達成。多選批判や世代交代を訴える2人の新人に競り勝ちました。着実に実績を積み上げてきたとはいえ、得票率は40.5%で、次点との差は2600票余。過去2回は小畑さんが無投票で当選しており、組織力でも勝っていただけに、この票差は複雑?なところでしょうか。「やっぱり、選挙はやってみなければわかりません」ネ。

 上小阿仁村長選挙は中田吉穂さん(無所属・60歳)が一期目の現職との一騎打ちを制して初当選。個性の強い現職の政治姿勢に対して、村民は新人を選択しました。

 皆さんの今後のご活躍に、期待しております。

by shouichiro_sato | 2011-04-24 23:24 | 地方自治 | Comments(0)  

火災

 けさ7時40分頃、我が家の隣の集落で住宅や作業小屋など3棟を全焼する火災がありました。作業小屋から出火したようですが、原因は調査中です。

 事件や事故などのニュースはほとんど無い地域ですので、朝から鳴り響いたサイレンや消防車の音にビックリしてしまいました。

 この時期は空気も乾燥しており、火の取り扱いには充分な注意が必要です。

by shouichiro_sato | 2011-04-23 22:25 | 今日の出来事 | Comments(0)  

福寿草

 田圃にはまだ50cm程の積雪がある羽後町田代地区でも、春の作業が進んでいます。水稲の播種をしている農家もあれば、雪で壊れた育苗ハウスの補修に忙しい人もいて、ようやく活気が戻ってきた感じです。

f0081443_2157179.jpg
 (写真・隣家の庭先でフキノトウと福寿草を見つけました。ようやく春になりました)

 この季節になると思わず口ずさむのは、「♪もーすぐ春ですネ 恋をして見ませんか♪」で始まるキャンデーズの「春一番」。私の青春時代のアイドル、キャンデーズの代表曲です。そのメンバーの一人で、その後は演技派の女優として活躍していた田中好子さんが、昨夜亡くなりました。20年前に乳がんを発症し、闘病生活を続けていたとのことですが、テレビドラマでみるスーちゃんにそんな面影はありませんでした。享年55歳、早すぎる旅立ち、残念でなりません。

by shouichiro_sato | 2011-04-22 22:01 | 今日の出来事 | Comments(0)  

完成検査

 きょう、上到米簡易水道の完成検査が行われ、水道組合の役員として立ち会いました。

f0081443_7151288.jpg
  (写真・水道管の総延長は約10,000m、各施設を踏査しました。上の沢入口で)

 すでに試験給水を実施していますが、水量・水質とも問題なし。30日に開催される同組合の総会で水道料金や予算などが承認されれば、6月1日から本格的な簡易水道事業が始まります。

by shouichiro_sato | 2011-04-21 22:10 | 地域活動 | Comments(0)