人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

郵便事情

 岐阜市に来てから購読している郷土の新聞「秋田魁新報」は、秋田市の本社から郵送されてくるために、発行日から2日程度遅れて届いています。それを承知の上で愛読しているのですが、2ヶ月ほど経過したところで、ある郵便事情に気がつきました。

 新聞は毎日発行されますから、2日遅れでも毎日届いてほしいのに、宿舎のあるこの地域では土日に配達をしないようで、月曜日のきょうは3日分が一緒に届くのです。

 民間のメール便などは毎日配達しているのに、民営化された郵便事業会社の仕事は旧態依然なのでしょうか。

 ところで、きょう総務省に届けられた日本郵政グループの郵便局会社は、2012年3月期の営業損益が約110億円の赤字に転落すると見込んでいます。11年3月期では160億円の黒字の見通しでしからら、この1年間で経営状態が大きく悪化すると予想されています。

 多額の営業赤字を抱える郵便事業会社(日本郵便)の経営悪化が、グループ内の別会社にも波及しているのです。同社の12年3月期の営業損益では、970億円程度の赤字が見込まれるとか。

 非正規社員を正社員に登用するなど、民営化後の郵政各社に期待していたのですが、まだまだ道半ばのようですネ。

by shouichiro_sato | 2011-02-28 23:52 | 今日の出来事 | Comments(0)  

日本一

 総務省が25日に発表した国勢調査の速報値によると、平成22年10月1日現在の秋田県の人口は108万5878人で、5年前の114万5501人から5.20%減少(5万9623人)しました。10年前の平成12年の人口は118万9279人でしたから、10年間での減少率はなんと8.69%(10万3401人)。ともに「日本一」の減少率です。

 参考までに他の地域を見てみると、減少率が大きいのは青森県で、前回より4・42%(平成12年からは6.95%)。高知県が3.98%(同6.06%)と続いていますが、秋田県の数字は突出しています。

 10年間で10万人を超える人口減少とは、合併時の横手市(10万7551人)がそのまま無くなってしまう状況ですから、深刻です。少子高齢化が進む中で人口が減り続ければ生産力は落ち、経済活動も下降するばかりでしょう。

 この10年間の著しい人口減少の要因はどこにあるのか。しっかり検証して「秋田の再生」に取り組まなければなりません。

by shouichiro_sato | 2011-02-27 21:33 | 秋田県 | Comments(0)  

予算

 民主党は2011年度予算案を28日にも衆議院で可決し、年度内の成立を目指していますが、関連法案が成立する見通しはなく、四面楚歌の状況です。

 国民生活にとって大事な予算を、与野党が責任をもって成立させなければならないと主張する菅首相ですが、民主党そのものが内紛の模様ですから、この先は全く予想がつきません。

 予算と関連法案の成立には民主党の譲歩、すなわち政策の見直ししかないでしょう。「北風と太陽」の話のように、菅首相が強がっているばかりでは野党は固くなるばかり。政権を持続し、衆議院の解散もしたくなければ、ここは「国民生活を守るために」謙虚になるしかありません。

 そうした懐の広いところを見せないと、支持率はさらに低下するでしょう。

by shouichiro_sato | 2011-02-26 21:02 | 国政・時事 | Comments(0)  

誕生日

 きょうは私の58回目の誕生日。朝からメールや電話でお祝いと激励を受けました。今年も元気で節目の日を迎えたことに、感謝しております。

 そんな一日でしたから、今夜はくつろいで仲間と語り合おうと思っていましたが、急遽、夜間勤務となり、これから出社です。

by shouichiro_sato | 2011-02-25 19:43 | 家族・仲間 | Comments(0)  

長良川

 岐阜市と言えば「長良川」と「鵜飼」が有名です。きょうの現場は金華山の麓を流れる長良川の、鵜飼の場所の近く。「うかいミュージアム(仮称)」が建設される広場でした。

f0081443_1927415.jpg
  (写真・長良川右岸のプロムナードから見た長良橋方向。鵜匠の家「すぎ山」前)

 長良川は静岡県の柿田川と高知県の四万十川とともに日本3大清流と言われており、きょうの流れもきれいなものでした。

 2012年に岐阜県で開催される第67回国民体育大会の名称が「ぎふ清流国体」となったのも納得できますネ。

 尚、うかいミュージアム建設工事は勤務先の㈱市川工務店が受注しており、来年の鵜飼シーズンにあわせて開館の予定とか。岐阜市の新しい観光名所になりそうです。

by shouichiro_sato | 2011-02-24 22:41 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ふるさとの味セット

f0081443_6252638.jpg 宿舎にきょう、羽後町から「ふるさとの味セット」が届きました。(写真)

 町内の農協女性部が丹精こめて手づくりした「干し餅」や「黒豆」、「ゼンマイのキムチ漬け」、それに郷里の漬物などの6品です。

 出稼ぎ中の皆さんには20年以上前から、町の広報を送付するなどの援護事業を行っていますが、「ふるさとの味」もその一つ。今ではふるさと出身の皆さんへの贈答品として、購入申込をされた方には送られています。

 出稼ぎしている人は少なくなりましたが、郷里との繋がりがあることは嬉しいですネ。4月の帰郷まで、残すところ50日余です。

by shouichiro_sato | 2011-02-23 23:16 | 羽後町 | Comments(0)  

ニュージーランド

 きょうの日本列島は春の陽気につつまれましたが、南半球のニュージーランドでは午後0時51分ころ(日本時間午前8時51分ころ)マグニチュード6.3の地震が発生し、震源地に近いクライストチャーチでは語学研修で訪れていた多くの日本人と連絡が取れず、安否が不明です。

 ニュースによると、クライストチャーチとその周辺には3,200人もの日本人が滞在中とか。大きなビルが崩壊した映像もで伝えられており、心配です。

by shouichiro_sato | 2011-02-22 22:07 | 今日の出来事 | Comments(0)  

確定申告

 羽後町では2月7日から3月15日まで、「町県民税の申告相談」が行われています。税理士法では地方自治体は本人の同意があれば確定申告を代行できるため、湯沢市にある税務署に出向かずに手続きができることから、(町民への行政サービスとして)多くの方に利用されています。

 ところが仙北市の旧角館町では2003~05年に、本人の同意なしに住民4人の確定申告書を無断で作成し、国から還付された金を住民が滞納していた町民税に充てていたことが明らかになりました。

 住民から相談を受けた県生活と健康を守る会連合会(県生連・鈴木正和会長)が発表した内容によると、通院していないのに数十万円の医療費を払ったことになっていたり、加入していない国民健康保険税を払っていて、還付金を受けていたとのこと。さらに、自分のものと違う印鑑が押されていたとか。

 地方税法では自治体が還付金を差し押さえた場合、本人に通知しなければなりませんが、これもしていませんでした。

 旧角館町では2003、04年度に国民健康保険税の収納率を上げる操作をして、国からの調整交付金を過大に受給した事件があり、当時の税務課職員5人が昨年12月に懲戒処分を受けたばかり。

 仙北市では弁護士など第三者を入れた調査委員会を立ち上げ、きょう初会合を開いています。

by shouichiro_sato | 2011-02-21 23:36 | 地方自治 | Comments(0)  

マスク

 最近、マスクをしている人を見かけることが多くなりました。

 今月は職場でも、インフルエンザが流行して欠勤者が増えていますし、天気が回復して暖かい日が続くこの頃は、いよいよ「花粉症」の季節。近くのコンビニでは、マスクなど花粉症グッツ?のコーナーが大きくなっていました。

 私は山に囲まれた環境で育っていながら、幸いなことに花粉症で悩んだ経験はありませんが、今年の春はスギ花粉の飛散が「全国的に例年の2~5倍、東海地方などの多いところでは10倍になる」と予測されており、大量のマスクを買い込んできた同僚も「これからの時期は困ってしまう」と憂鬱気味になっています。

 花粉が多く飛ぶ気象条件は「晴れて気温が高い」「空気が乾燥している」「風が強い」「雨上がりの翌日」だそうですから、くれぐれもご自愛ください。

by shouichiro_sato | 2011-02-20 22:54 | 社会・話題 | Comments(0)  

2,000億円

 2,000億円という巨額は、秋田県の一般会計新年度予算額、6,021億円の3分の1に匹敵します。環境省の予算額と同規模。その大金が国から一個人に還付されることになりました。

 最高裁第二小法定は18日、大手消費者金融会社「武富士」の創業者(故人)夫妻から長男(元武富士専務)に贈与されていた外国株の課税について、「課税処分は違法」と判断。国に対して既に納付した約1,585億円と利息に当たる還付加算金も含め、約2,000億円を国庫から長男に還付されることになりました。

 (焦点になったのは長男の「住所」。課税当時の法律では国内に住所があることが課税要件でしたが、長男は年間の3分の2を香港に滞在しており、最高裁は「香港」に実態があると判断しました。尚、この法律は2000年に改正され、現在は課税されています)

 ところで、武富士は会社更生法による手続きを進めており、過払い利息の返還を求める手続きが進められています。報道によると利息を払いすぎた借り手は約200万人、総額は2兆円とか。しかし、同社に残る資産は少なく、弁済できるのはごく一部と言われています。

 「会社には資産がなくなり、個人には膨大な還付金が残る」ことが許されるのか。過払い金や違法な行為で蓄財された資産に対しては、厳しく対処しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2011-02-19 21:56 | 社会・話題 | Comments(0)