人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

タイガーマスク

 アニメ「タイガーマスク」の主人公である伊達直人と名乗る人から、児童養護施設にランドセルや文房具、現金、おコメや野菜が届けられる出来事が、相次いでいます。発端は昨年12月25日(クリスマス)の朝に群馬県の児童相談所に10個のランドセルが届けられたことからで、その後に全国に拡がったようですから、不特定多数の皆さんが行動しているのでしょう。

 県内でもきょう、能代市の母子生活支援施設に文房具入りの箱が届けられ、「能代にもタイガーマスクはいます」のメッセージがあったとか。

 心温まるニュースに、嬉しくなりました。

by shouichiro_sato | 2011-01-11 21:56 | 社会・話題 | Comments(1)  

雪降ろし

 出稼ぎ先へ戻る前に予定していた雪降ろしを行いました。小寒の5日から降り出した雪は、その後も降り続き、例年なら滑り落ちる屋根でも積もったまま。吹雪と低温で、母屋や納屋の東側の屋根には雪屁ができて1・5mも積もってしまいましたから、朝から夕方まで、雪降ろしでした。

 当地はアメダスの観測点ではありませんが、すでに自宅の周辺の田圃でも積雪は1.5m以上もあり、この時期としては大雪です。

 その上、雪を吹き飛ばす除雪機が凍結?。毎年使っているものなのに、早朝と昼にトラブルがあり、夕方も動きませんでした。お世話になっている地元の農機具店もきょうは大忙しのようで、診断?をしてもらったのは日が暮れてから。凍結した場合の対処法を教えてもらった次第です。(ニュースでは今冬一番の冷え込みで、羽後町の最高気温も-4℃でしたから、仕方ありません)

 今夜も吹雪いており、西馬音内盆踊り会館で行われた新春恒例の「落語と江戸三味線を楽しむ会」から帰る時には、峠道の北沢道路は今まで経験したことがないほどの雪でした。

by shouichiro_sato | 2011-01-10 22:44 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新春みかんまきもちつき大会

 羽後町西馬音内地区では前年に家を新築したり結婚等の慶事があると、1月15日にみかんをまく風習(小正月行事)があります。その行事と一年間の町民の健康を願って、総合体育館が竣工した時に始まった「新春みかんまきもちつき大会」は今年で37回目。主催したのは体育館の運営を担っている体育館指導委員会(委員長・池田耕一さん)で、商工会女性部の皆さんなどが協力しています。

 町内のスポーツ団体や小中・高校生、それに家族の皆さんなど500人余が参加しました。まかれたみかんは町内外の企業や商店、団体等から寄贈された125箱。もちは参加された皆さんが、直前に4つの臼で各3回搗いています。

 みかんともちはステージや観覧席からまかれ、館内には大きな歓声が響きわたっていました。中には国際結婚している20数組の家族もいて、嬉しくなりました。

 終了後には隣接する活性化センターで「国際交流の集い」が開かれ、中国・韓国・フィリピン出身の皆さんのお国料理で、懇談してきました。この会が始まった10数年前は、日本語での会話が難しかった皆さんも、今では方言も使えるまでに。子供たちも成長しており、和やかなひと時でした。

by shouichiro_sato | 2011-01-09 22:29 | 羽後町 | Comments(0)  

高校ラグビー

 きょう決勝戦が行われた全国高校ラグビーは、終了間際のトライで追いついた東福岡(福岡県)が31-31の同点で、桐蔭学園(神奈川)と引き分け、両校が優勝しました。素晴らしいプレーを展開した2校はもちろん、出場した高校生ラガーの一生懸命なプレーに感動した日々でした。

 さらに嬉しかったのは、閉会式の途中で決勝戦の主審を務めた麻生レェリーに両校の主将が歩み寄り、関係者から集めた募金箱を手渡したことでした。麻生レフェリーの長男は重い心臓病と闘っており、米国での心臓移植に望みを託していました。そうした実情を知った両チームの関係者が募金を呼びかけたとのこと。嬉しい話しです。

 毎日新聞のインターネット配信でそのことを知り、私も嬉しくなりました。

by shouichiro_sato | 2011-01-08 22:20 | 社会・話題 | Comments(0)  

新春祝賀会

 きょうの午後は羽後町と羽後町商工会が主催する「新春祝賀会」が活性化センターで開催されました。

 第1部は新春講演会。講師は三反園訓氏(テレビ朝日コメンテーター)で、演題は「どうなる2011・今後の政治と経済の行方」。三反園氏は「菅内閣の支持率が低下しても、菅首相は(性格からして)辞めない。解散・総選挙になれば民主党の議席が減ることは間違いなく、解散はしないだろう。追い詰められた場合は首相の交代で再起を目指すだろう」「予算関連法案が参議院で成立しない可能性がある3月末と、TPPや消費税を含む税制改正案をまとめる期限とした6月末に、大きな山場を迎えるだろう」など、政治記者の豊富な経験と人脈から得た情報で解説しています。

 第2部は祝賀会(参加者の会費は3千円)。町飲食店組合が用意したお料理と飲物で、150名ほどの参加者と親しく懇談してきました。商工会青年部に所属する若手の経営者や役場の管理職も多く参加しており、「(うさぎ年にあやかって)今年はさらなる飛躍の年にしたい」と、各テーブルで盛り上がっていました。

by shouichiro_sato | 2011-01-07 23:47 | 羽後町 | Comments(0)  

小寒

 きょうは二十四節季のひとつ「小寒」。寒さが厳しさを増す寒の入りですが、まさに暦どうりの天候となりました。

 夜には時々、屋根から雪が滑り落ちる音が聞こえていましたので、「明朝は雪かきだ」と覚悟していました。案の定、今朝の降雪量は30cm以上で、吹雪いていました。

f0081443_2235497.jpg
  (写真・家の前に止めていた軽乗用車は、すっかり雪に埋もれていました)

 ところが、雪は朝の除雪作業が終わってから一段と強まり、吹雪は止まず、気温は氷点下のままで「真冬日」に。お昼過ぎにはさらに30cmもの新雪が積もってしまいました。所用で大仙市大曲まで行ってきたのですが、視界が悪く、途中で何度も立ち止まるほど。国道398号の夫婦坂を上るときには、道路へ積もった雪がバンパーに当って、フロントガラスに飛んでくる状況です。(通行できる限界です)

 日本全国が厳しい天気のようで、あすも続くとか。インフルエンザも流行期になっており、くれぐれも注意してお過ごしください。

by shouichiro_sato | 2011-01-06 22:27 | 今日の出来事 | Comments(0)  

総理の覚悟

f0081443_234475.jpg 菅直人首相はきのうの記者会見やきょう開かれた経済3団体の新年会合、テレビ番組などで、①小沢一郎元民主党代表が収支報告書虚偽記入問題で強制起訴された場合は「自ら出処進退を決めることが望ましい」。②社会保障の安定財源として消費税率引き上げは避けられず、超党派で協議を始めたい。③TPPへの参加など「平成の開国」を進める・・・と、自身の覚悟を強調しました。
 (写真・AAB秋田朝日放送「報道ステーション」に生出演した菅首相。)

 ただ、いずれの課題についても民主党内での意見が大きく分かれており、首相の目指す方向でまとまるのか、先行きは不透明です。

 首相自身の理想や夢を語ることは必要でしょうが、それを実現するための準備がしっかりしていないと、(鳩山前首相が辞任に追い込まれた)米軍普天間飛行場の移設問題と同じ轍を踏むことになります。

 「報道ステーション」の番組内では、社会保障改革と消費税を含む税制改革に「政治生命をかける」と明言していましたが、首相のリーダーシップを強調すればするほど、政治責任も大きなものになってきました。

by shouichiro_sato | 2011-01-05 23:14 | 国政・時事 | Comments(1)  

「でき婚」

 全国最年少の現職市長である熊谷俊人・千葉市長(32歳)がきょう、昨年末に民間会社に勤めていた頃の同僚と結婚していたことを明らかにしました。奥さんはすでに妊娠しており、6月に出産予定とか。仕事始めの記者会見は微笑ましい雰囲気だったことでしょう。

 厚生労働省の人口動態統計特殊報告によると、2009年中に第1子を産んだ女性の4人に1人は結婚前に妊娠している「でき婚」だったとか。以前は批判的な見方もあった「でき婚」も、何ら抵抗がなくなった昨今ですネ。

 都市も地方も関係なく、そうしたカップルが増えています。羽後町の身近なところにも近代的?な出会いの皆さんが多いので、何とか頑張って、幸せな家庭を築いてほしいと願っております。

 ただし、民間の「でき婚・com」が2009年に調べた調査では、特に若い皆さんの「でき婚」は離婚率が高いようですから、チョッと心配です。・・・・・何事も、慎重に行動しましょう。

by shouichiro_sato | 2011-01-04 23:20 | 社会・話題 | Comments(0)  

停電

 大雪の影響で大晦日から続いていた青森県や岩手県北部の停電は、4日目の今夜(午後8時現在)になっても岩手県内の10市町村、約800世帯で続いています。

 停電したのは青森県が18市町村で延べ約2万1千世帯、岩手県は22市町村で延べ約7万3千世帯。東北電力岩手支店では過去最大規模の停電になっています。湿った積雪の重みで樹木が倒れて電線を切断したケースが多く、約1800人の作業員が復旧に奮闘しているものの、いずれも雪が深くて作業が難航しているとか。不自由な生活を強いられている皆様にお見舞い申し上げますとともに、正月休みを返上して頑張っている作業関係者に感謝し、ただただ早期の復旧を願うばかりです。

 それにしても、年末豪雪では各地で大きな被害がありました。中国地方ではJR山陰線の特急列車が34時間も立ち往生するなど、鉄道は完全にマヒ状態。国道でも一時は1000台以上の車が一昼夜、動けませんでした。新年をそうした車中で迎えた人も多く、せっかくのお正月だったのに気の毒でした。

 鹿児島県など九州の積雪や西日本の被害状況に釘付けになっていたら、何んと北東北でも被害続出。列車の運休や停電が続き、家族団らんを楽しみにしていた正月に帰れなかったり、テレビも見れない日々を過ごしているご家庭がこんなにもあったとは。「穏やかな正月だ」などと、ゆっくりしていた自分が申し訳なく思った次第です。

 仮に一晩で1m近い降雪があった場合、羽後町では交通の確保がどの程度までできるのだろうか?。電気や電話ケーブルのネットワークで倒木で切断される可能性がある場所はどこか?。最悪の事態になった場合に孤立する集落はどこなのか?。今夜は、机上での想定問答をしておりました。

 夜の9時過ぎ、同級会に参加した息子を迎えに西馬音内へ行ってきましたが、道路は白くなっているものの積雪は少なく、天気はくもり。除雪作業を覚悟して出稼ぎから帰省したものの、6日目となる明朝もゆっくりできそうです。 

by shouichiro_sato | 2011-01-03 22:40 | 社会・話題 | Comments(0)  

箱根駅伝

 ナンと言う勝負強さでしょう。最終5区で2分54秒差の3位で襷を受けた東洋大学・柏原竜二選手(3年)が、東海大と早稲田大を追い抜いて逆転し、見事に3年連続の往路優勝。3年連続で5区を制した「山の神童」の力走に感動したひと時でした。

f0081443_2135158.jpg  正月恒例の東京箱根間往復大学駅伝大会は、予想通りに早稲田が先行する展開になりましたが、今季は不振だった柏原選手が気力の走りで大健闘。東洋大は往路新記録でゴールしています。
 (写真・16㌔過ぎで先頭の早稲田・猪俣選手を抜き去る柏原選手。BS日テレから)

 ただし、2位早稲田との差は27秒。「1分以内ならば想定内」という早稲田は、明日の復路で逆転し、総合優勝をねらっています。明日も箱根駅伝の情報に一喜一憂しそうですネ。

 

by shouichiro_sato | 2011-01-02 22:37 | スポーツ | Comments(0)