人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

国勢調査

f0081443_21184964.jpg  あす10月1日は「国勢調査」の日です。

 私の集落では数日前に調査員が書類を配布しており(写真)、今夜は家族そろって記入事項を確認しました。

 先日の県内ニュースでは、大仙市で調査員に代わって家族の人が書類を配布したことが問題になっていましたが、「特別公務員」の立場になる調査員も大変です。最近では就労形態も様々で、配布時に直接本人に書類を手渡すことが難しくなっているとか。高層マンションの部屋を3回訪問しても「留守だった」ケースも報道されていました。

 個人情報を保護しながら正確に調査することは、大変な作業?ですネ。皆さんは記入をしましたか。

 

by shouichiro_sato | 2010-09-30 21:20 | 家族・仲間 | Comments(0)  

山口百恵

 今夜のNHK総合「SONGS」は山口百恵さんです。

 突然の引退から、今年でちょうど30年。当時、桜田淳子さん(秋田市出身)や森昌子さんとともに、「花の中三トリオ」のアイドルとして登場した山口百恵さんは、「ひと夏の経験」「横須賀ストーリー」「しなやかに歌って」「プレーバックPART2」など、あっという間に大人のシンガーに豹変?。1978年の「第29回NHK紅白歌合戦」では、紅組のトリまで務めています。当時の百恵さんは19歳、紅白歌合戦で10代でトリを努めた人はいまだに百恵さんだけです。

 この季節になると、百恵さんの「秋桜」や「いい日旅立ち」のメロデーが浮かんできます。

 次回の「SONGS」も山口百恵さんの2回目。放送は10月6日(水)午後10時55分からです。お見逃しなく。

by shouichiro_sato | 2010-09-29 23:24 | 今日の出来事 | Comments(0)  

犯人隠避?

 大阪地検特捜部の主任検事が証拠の改ざんをした容疑で逮捕された事件で、最高検察庁は当時の上司である同地検前特捜部長ら、関係者からの事情聴取を終えました。今後は改ざんの事実を知りながら故意に隠したとして、上司を「犯人隠避」容疑で立件するのか。身内に対する捜査の結論が注目されます。

 フロッピーデスクの書込み日付を改ざんした事実を知った、複数の同僚検事が上司に問題提起していたことや、問題の重大さに涙を流して訴えたという報道もありました。どんな組織でもさまざまな人が関わっているのですから、間違いがあったときにどこでチェックするべきか。事実よりも問題を隠蔽したいという、(組織も含めた)保身の気持があったのでしょうか。

 人間は誰でも、正直にどこまで真実を話すことができるのか。司法の立場にある特捜部の検事でも、自問自答に苦しんでいることでしょう。

by shouichiro_sato | 2010-09-28 23:38 | 社会・話題 | Comments(0)  

「したたか」

 尖閣諸島で中国の漁船が海上保安庁の巡視船と衝突した事件では、漁船の船長を逮捕したことで中国が反発し、丹羽宇一郎・駐中国大使を深夜に呼び出して抗議したことは記憶に新しいところ。

 その後の中国は閣僚級以上の交流停止、訪日旅行のキャンセルや希少資源レアアースの輸出停止?など、さまざまな圧力を行使し、ついには温家宝首相が「さらなる行動をとる」と表明。結果、日本政府は「処分保留」のまま船長を釈放し、中国政府が用意したチャーター機で帰国させました。

 日本の領海内でありながら、中国の傍若無人の振舞い。その上「謝罪と賠償」を求めるなど、中国の姿勢はエスカレートしています。日本政府はここで曖昧にすることなく、しっかりと日本の主権を表明しなければ、まだまだ問題は長引くでしょう。「大人の対応?」で穏便に収めようとしたところで、相手はしたたかです。

 河北省で拘束されている4人の日本人の問題で26日、丹羽大使が中国外務省側に会談を申し入れたものの、中国側が応じなかったことがきょう明らかになりました。拘束した容疑も発表しない中国当局。船長を帰国させたことで、仙石由人官房長官は「ボールは中国側にある」と述べていますが、水面下ではどのような交渉が行なわれているのか。今までのところ、日本政府からは強いメッセージを感じることができません。

 政治主導を公約した民主党ですが、中国と交渉できる政治家は不在のようですネ。

by shouichiro_sato | 2010-09-27 22:40 | 国政・時事 | Comments(0)  

要望事項

 来月4日に開かれる「町政懇談会」を前に、24日に地域の要望事項をまとめるための上到米振興会役員会を開催しました。

 町が主催して毎年、町内10ヶ所で行われている町政懇談会では、各地域の問題や町政全般について町長や町執行部と意見交換できる機会だけに、当地域では毎回、さまざまな提言が行われています。

 今年の最重点の要望事項は、次の6項目です。

 ① 国道398号の改良整備(由利本荘市との境にある女夫坂の改良、暴風雪柵の設置ほか)
 ② 町道「唐松落合線」の拡幅改良
 ③ 除雪態勢の拡充
 ④ 高瀬川の浚渫
 ⑤ 田代福祉センター内へ羽後病院の受付機の設置
 ⑥ 防火水槽の設置と溜め池の浚渫

by shouichiro_sato | 2010-09-26 23:01 | 地域活動 | Comments(0)  

喰いったー大集合

f0081443_2322040.jpg
 横手市ではきょうから明日まで、「よこてにぎわいカーニバル2010」が開かれています。すっかり有名になった「横手やきそば」を始め、「男鹿の焼きそば」「湯沢塩焼きそば」「秋田かやき」「大曲の納豆汁ラーメン」「鹿角ホルモン」「本荘ハムフライ」など、県内のB級グルメが集まっていました。

 (写真・多くの人で賑わっている「カーニバル」。横手地域局前の富士見大通りで)

by shouichiro_sato | 2010-09-25 23:02 | 今日の出来事 | Comments(0)  

イチロー

 アメリカ大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(36)が23日(日本時間ではきょうの朝)、トロントで行われたブルージェイズ戦で2安打を打ち、10年連続のシーズン200本安打を達成しました。

 大リーグに移籍してからの10年間、最初から今まで記録を持続していることに、驚いてしまいます。誰もが切磋琢磨している中で、技術はもとより、体調を維持してきたからできる偉業です。更なる活躍を期待しましょう。

 大リーグは優勝の行方より、日本人選手の成績が気になります。

 一方、大相撲秋場所は13日目。横綱・白鵬が大関・把瑠都を上手投げで破って、60連勝。こちらは「双葉山の69連勝を超え、どこまで連勝が続くのか」。それとも「誰が連勝を止めるのか」。こちらも優勝の行方より、白鵬の記録更新が焦点です。

by shouichiro_sato | 2010-09-24 23:55 | スポーツ | Comments(0)  

秋分の日

 猛暑から一転、「秋分の日」のきょうは寒い一日でした。羽後町の最高気温は15℃で、我が家では今夜、ファンストーブを点けました。

 気象が22日に発表した今年12月から来年2月までの予報では、寒さは平年並みと予想しています。北日本では季節風が平年に比べてやや弱く、降雪量も日本海側では平年並みかやや少ない見通しとか。

 春先には気温の乱高下が続き、「こんな年の夏は冷害になる」と予測した人もいましたが、結果は真夏日や猛暑日が続く「暑い夏」。なかなか予報通りにはいきません。

 コメの作柄も、いざ刈り取ってみると、「収量は平年より1俵(10a当り)も少ない」「米粒が小さく、品質も悪い」「カメムシの被害が見られる」等々、悪いニュースばかりが聞こえてきます。米価も大幅に下落しているだけに、米作農家にとっては厳しい出来秋です。

 「彼岸の入りに雨が降れば、彼岸中は雨が続く」、とは地域の言い伝えです。そんな天気が続いています。

by shouichiro_sato | 2010-09-23 23:08 | 今日の出来事 | Comments(0)  

日中関係

 沖縄県尖閣諸島周辺の日本領海内で起きた中国漁船と海上保安庁の巡視船の衝突事故が、良好だった日中関係を険悪な事態にしています。中国の温家宝首相はきょう、訪問先のニューヨークで「(拘留中の船長を)無条件で即時に釈放する」ように要求し、釈放されない場合はさらなる対抗措置をとることも辞さない、と述べました。

 尖閣諸島は日本の領土であり、その海域で違法な行為があれば日本の法律で対処するのは当然のことながら、「領土と認めない」ばかりか「中国の領土」と主張している中国の姿勢が問題の根底にあり、事実の認定さえも難しくしています。

 日本は「法律にのっとって粛々と対応する」(前原外務大臣)としているものの、中国は閣僚級以上の交流を停止したり、日本への観光旅行の自粛を求めるなど、様々な分野で、強硬な対抗策を取り出しました。

 理不尽にみえる中国側の言動の背景にあるものは何か。米国との「普天間問題」をかかえる菅内閣に、今度は中国との課題がのしかかってきました。政治主導の解決策はあるのか?。民主党外交の試金石となりそうです。

by shouichiro_sato | 2010-09-22 23:37 | 国政・時事 | Comments(0)  

主任検事を逮捕

 厚生労働省の元局長が逮捕・起訴された事件(一審で無罪判決。検察は控訴せずに無罪が確定)などに関連して、押収していたフロッピーデスク(FD)の最終更新日時を改ざんしたとして、大阪地検特捜部の主任検事(43歳)が逮捕されました。

 この「証拠改ざん」疑惑はけさの朝日新聞が報じたもので、事態を重くみた最高検察庁が直接、素早く捜査に着手。異例ともいえるスピード逮捕となっています。

 逮捕された検事は、福島県知事汚職事件や防衛省汚職事件、有名音楽プロデューサーの5億円詐欺事件など、東京や大阪の検察庁特捜部で話題になった事件の取調べを担当した「エリート検事」。容疑者から自供を引き出すことがうまい「割り屋」として、評価されていたとか。

 調べに対して検事は、「FDの更新日時データを書き換えて遊んでいた。USBメモリーにコピーして操作していたつもりだったが、FD本体のデータが変わってしまった可能性がある」と説明しているようですが、特捜部内では誰も知らなかったことなのか。この裁判では取り調べを担当した6人の検事が「メモを破棄していた」など、不自然なこともありましたから、組織的な問題も見え隠れしています。

 「検察」を「検察」が調べるという前代未聞の証拠隠滅事件。検察への信頼が大きく揺らいでいる時だけに、徹底した調査と検証が必要でしょう。

by shouichiro_sato | 2010-09-21 22:30 | 社会・話題 | Comments(0)