人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

天津から

 きょうから中国の天津市に来ています。天津在住の知人の紹介で、日本の農産物等の市場調査です。天津市は北京から東南へ約120㌔、渤海湾地域の経済中心地。人口1200万人で、中国の国務院から国家5大中心都市に規定されている大都市です。

 今は日本時間で11日の午前0時30分過ぎ。14日まで滞在し、中国でもっとも成長している天津の状況を学んでいきます。もちろん、秋田県との経済交流の可能性について、突破口を見つけたいと思っております。

by shouichiro_sato | 2010-08-10 23:32 | 今日の出来事 | Comments(0)  

仙道番楽

 県指定重要無形民俗文化財「仙道番楽」の公演が8月14日(土)午後2時から、番楽が伝承されている羽後町上仙道地区の集会施設・ポプラ館で開かれます。

 仙道番楽は京都から来た修験者が伝えた説と、鳥海山の山伏による神楽舞が始まりだという説があるものの、400年もの間、地域に伝わってきました。戦後は同地区の桧山・山崎・新処などの各集落にあった番楽集団がまとまり、昭和33年に保存団体を結成。現在は団長の武田清美さんを中心に、ベテランから若手までが協力して、伝統の演技を継承しています。

 平成15年8月にはポプラ館で自主公演を復活。それから毎年、この時期に開催してきました。お盆休みのひと時、山里の村に伝わる素晴らしい文化をお楽しみください。(入場料は500円です)

f0081443_20594768.jpg
  (写真・会場のポプラ館は平成8年3月に閉校した旧上仙道小学校の体育館に、集会施設を整備した地域のシンボルです。仙道番楽団はここを拠点にして伝承活動を続けています)

by shouichiro_sato | 2010-08-09 21:06 | 羽後町 | Comments(0)  

慙愧(ざんき)

 森嘉朗元首相の長男である石川県の県議会議員(45歳)が7日、酒気帯び運転の容疑で逮捕され、議員を辞職しました。これだけ「飲酒運転の撲滅」が叫ばれている中での不祥事で、弁解の余地はありません。ニュージーランドに出張中の元首相も、「誠に慙愧(ざんき)に堪えない」とコメントしています。

 「慙愧」とは自分の過ちを反省して、心に深く恥じること。自身の秘書を務め、県議会議員2期目の長男が、朝から酒気帯び運転でコンビニに突っ込むとは。元首相も言葉を失ったことでしょう。

 慙愧に堪えないのは、選んだ県民の皆さんでしょうネ。

by shouichiro_sato | 2010-08-08 23:06 | 社会・話題 | Comments(0)  

鮎乃家

 「雄物川のせせらぎで、四季の鮎料理に舌鼓」。今夜は湯沢市小野(旧雄勝町)にある「鮎乃家」で、田代後継者会の生ビール祭りが行われました。

 雄物川上流の恵まれた清流と自然環境を活かし、至難とされていた鮎の養殖に取り組んだのが昭和38年。同60年、天皇皇后両陛下にも食したいただいたことなどが広がり、今では鮎料理の名所として知られています。

 今夜のメニューは、鮎の塩ふり焼きと味噌田楽。鮎のたたき、鮎のからあげ、鮎の刺身(あらい)、鮎すし、鮎甘露煮、鮎うるか等々、鮎づくしの逸品ばかり。若鮎から成鮎まで、目の前にある養殖場から水揚げしたばかりの新鮮な鮎が並んでいました。

 秋田市から来ていたお客さんは「高速道路がつながって、近くなりました」。無料化実験と土日割引を利用すれば、「チョッと出かけてみようか」という所でしょうか。「鮎乃家」は、雄勝ICから湯沢方面へ約5分。国道13号線には案内看板があります。

 夏休みのひと時、自然に囲まれた「鮎乃家」にどうぞご来遊ください。

by shouichiro_sato | 2010-08-07 23:43 | 産業振興 | Comments(0)  

田代・仙道小クラブ

f0081443_2205766.jpg

 7日から秋田市の県立こまち球場で開催されるナイスカップ・「第41回秋田県小学校クラブ野球大会」兼「第33回秋田県スポーツ少年団大会」に、湯沢雄勝地区代表として「田代・仙道小学校クラブ」が出場します。(写真・羽後町田代地区の玄関口、北沢道路には出場記念の激励幕が張られています)

 「田代・仙道小クラブ」は、羽後町の山間部にある小規模校の田代小と仙道小の合同チームで、登録選手は柴田大樹主将ら17人。野球が好きな子供たちが週1回、合同練習に集まって力を蓄えて?きました。昨年開かれた県のスポ少交流大会にも湯沢雄勝代表として出場しており、今年はさらなる活躍が期待されています。

 初戦は8日の午後0時30分から、仙北大仙第1代表の四ツ屋小学校クラブと対戦。持ち前の明るさとガッツで、大いに野球を楽しんでもらいたいものです。

 

by shouichiro_sato | 2010-08-06 22:19 | スポーツ | Comments(0)  

暑い、暑い

 暑い一日でした。35℃を超える猛暑日のニュースは群馬県や岐阜県のものと思っていましたが、きょうは全国的に気温が上昇。秋田県内でも各地で猛暑日を記録しています。

 秋田市からの帰り道、午後1時過ぎの国道7号・由利本荘市岩城にある表示板は「36.2度」。標高230mにある自宅に帰って室内の温度計を見ると、34℃。80歳になる母も「暑くて昼寝ができない」と、ウンザリしていました。

 この暑さは明日も続くようで、(熱中症などにならぬよう)体調管理には気をつけなければなりません。毎年8月6日は墓地の清掃をして、夜には先祖の霊を迎える火を焚くのが我が家の伝統ですが、こう暑いようでは、「朝飯まえ」に墓地へ行って作業をしてきましょう。

 

by shouichiro_sato | 2010-08-05 21:53 | 今日の出来事 | Comments(0)  

竿燈まつり

 8月の東北地方は祭り一色。軽快なお囃子が聞こえてくると黙っていられない性分の私は、今夜、秋田市の竿燈まつりに出かけてきました。

 と言っても、祭り会場の竿燈大通りに着いたのは、終了直前の午後8時30分過ぎ。今回は市内在住の友人の案内で、演技終了後の「ふれあい竿燈」と大町地区での「もどり竿燈」を見てきました。

f0081443_20553222.jpg 「ふれあい竿燈」はお客さんにも大好評。合図とともにお客さんが竿燈を囲んで、持ち上げて大きさや重さに驚いたり、演技者達と記念写真を撮ったり。囃し方の太鼓に挑戦する人も多く、微笑ましい光景が会場全体で見られました。

 繁華街の川反通りでは、4町内の竿燈が結集して「もどり竿燈」。通りを歩いていたお客さんに飲食店の従業員なども加わり、にぎやかでした。 (写真)

 竿燈大通りでの演技だけではなく、市民や観光客も参加できる祭りとして、充実してきた感じです。6日までの期間中は天気も良いようで、さらに盛り上がってくることでしょう。

by shouichiro_sato | 2010-08-04 22:32 | 今日の出来事 | Comments(0)  

所在不明・・・続々

 東京都内で113歳になる最高齢者の所在が不明という出来事を受け、各地の自治体が100歳以上の高齢者を確認したところ、同じような事例があちこちで出てきました。毎日新聞の取材によると、3日現在で全国で男女18人の所在が分からないとのことです。

 100歳と言えば「長寿の目標」とされる目出度いことなのに、家族との連絡もなく、どこにいるか分からない高齢者が続々でてくるとは、驚きです。家族や兄弟・姉妹、隣近所とのつながりもなくなる、社会の砂漠化が進んでいるのでしょうか。

 幸いにも、羽後町や秋田県内ではこうした事例は見当たらず、ホッとしました。

by shouichiro_sato | 2010-08-03 23:42 | 社会・話題 | Comments(0)  

113歳?

 東京都内で男性の最高齢(111歳?)とされていた人が、30年も前に亡くなっていたことには驚きましたが、今度は113歳で都内の最高齢とされていた女性が行方不明になっているとか。一体、東京の住民登録はどうなっているのでしょう。

 この女性が住民登録をしている杉並区のアパートには住んでいないことが判明し、区が所在の確認を進めています。足立区で111歳の男性の遺体が発見されたことを受け、杉並区が高齢者の調査をして分かったものです。東京都の男女の最高齢者が全く実在しない人であるとすれば、役所への信頼が失われ、ガッカリしてしまいます。

 住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の整備などでシステム化が進んでいるものの、基本である住民の存在が把握できないようでは・・・・・。書類だけで仕事をしているようで、あまりにもお粗末な話です。

by shouichiro_sato | 2010-08-02 21:13 | 社会・話題 | Comments(0)  

ソバが満開

f0081443_21272697.jpg

 猛暑だったり豪雨だったりと、不順な天候が続いている羽後町ですが、特産のソバの花が満開です。(写真・羽後町西馬音内で)

 秋田県内でもファンが多い「西馬音内の蕎麦」。年中、冷たい汁で食べる「冷やがけ」が有名です。元祖・弥助はその原点ですが、大阪・砂場の技法が伝わっているとか。

 そういう有名店がありながら、羽後町で本格的に蕎麦栽培が始まったのは、コメの生産調整が強化された10数年前から。以来、町内のあちらこちらでソバの花が咲き誇っています。今では地元産のソバ粉を使った店もあり、新たな名所になっています。

by shouichiro_sato | 2010-08-01 21:43 | 羽後町 | Comments(0)