人気ブログランキング |

<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

工事請負契約

 地域の念願であった上到米簡易水道事業の工事請負契約が、発注者の上到米簡易水道組合(組合長・佐藤久夫さん)と施工する町内の3業者の間で、きょう締結されました。現在の給水予定箇所は64世帯に田代福祉センター、それに集落の集会所の合わせて70箇所。9月7日に起工式と安全祈願祭を行い、正月前の試験通水を目指します。

 標高230mの上到米地域ながら、地下100mから取水してポンプアップ。上ノ沢集落にある小高い山に設置する配水地から、上到米の全地域に自然流下で給水します。導水管と給水管の総延長は10,000m以上で、総事業費は1億6000万円。事業に参加する組合員の工事負担金は、一戸当り50万円。不足分は羽後町が全額を支援します。

 水不足に悩んでいる現状を一日も早く解消するため、工事は3工区に分けて発注。降雪前に、給水管を設置する予定です。

by shouichiro_sato | 2010-08-31 23:49 | 地域活動 | Comments(0)  

齊藤吉郎さん

 羽後町上到米上ノ沢の旧家に生まれ、農林業を営みながら地域のリーダーとして頑張ってこられた齊藤吉郎さん(享年74歳)が27日深夜に亡くなり、きょうは葬儀・告別式が行われました。

 齊藤家の跡取りだった吉郎さんは、秋田市にある県立金足農業高校農林土木科の第1期生として入学。卒業後は家業に専念する傍ら、地元の小・中学校のPTA会長などを歴任。平成4年3月には上到米地域の要請を受けて町議会議員に立候補し、見事に初当選。通算3期、12年務めています。その間には上到米振興会会長として地域の課題解決に奔走し、町議退任後は上到米老人クラブ「長寿会」会長として、地域のまとめ役を担ってきました。

 昨年からは再び振興会の役員(副会長)に就任いただき、二人三脚でやっていただけに、突然の訃報に接して言葉を失いました。きのう行われた「上到米住民大運動会」の大会会長も、長い間務めていただきましたので、開会前には参加者全員で黙祷を行い、齊藤さんのご功績に感謝しました。

 これからもご指導ご鞭撻をいただき、時には齊藤さんの大好きなお酒をゆっくり飲みたいと思っていましたが、これも叶わぬこととなりました。今までのご厚情に深謝し、心からご冥福をお祈りいたします。 合掌。

by shouichiro_sato | 2010-08-30 23:27 | 今日の出来事 | Comments(0)  

暑い、熱い

 きのうは「大曲の花火」で、帰宅したのは午後11時30分。きょうは午前6時から「上到米地区住民大運動会」の準備に出て、8時30分から開会式。正午過ぎに終わって、集落ごとの懇親会がありました。炎天下で暑く、心も熱く燃えた2日間でした。

f0081443_20245525.jpg

f0081443_20252153.jpg

f0081443_20254152.jpg

by shouichiro_sato | 2010-08-29 20:28 | 家族・仲間 | Comments(0)  

地下700m

 南米チリの鉱山で起きた落盤事故で、事故発生から17日目で生存が確認された33人の救出作業が始まりました。

 何んと、生存者がいるのは地下700mにあるシェルターの中。たった15cmの太さのパイプで地上とつながっている状況です。17日も経過してから発見されたのも奇跡的ですが、これからの救出作業がどうなるのか。人間の生命力と知恵に期待し、救出できることを信じましょう。

by shouichiro_sato | 2010-08-27 22:47 | 社会・話題 | Comments(0)  

暑い日が続く

 暑い日が続いています。関東地方や西日本では連日の猛暑日で大変でしょうが、普段はこの時期になると過ごし易い羽後町も、最高気温が30度以上。これでは農作物の成長にも影響がでそうです。

 米どころの新潟県では、25日に行われた今年産米の初検査で、猛暑の影響で生育が未熟だったコメが多く、1等米は約22%。過去5年間の初検査では全てが1等米だったのに、異常な結果となっています。今年は全国的に大豊作が予想されており、そのうえ品質の悪いコメが出回るとなれば、コメ価格の暴落が懸念されます。

 こうした気候はまだまだ続きそうですから、心配です。

f0081443_1348285.jpg

(写真・高温で水稲の登熟が進み、稲刈ができそうになった圃場も。羽後町大久保で)

by shouichiro_sato | 2010-08-26 23:46 | 羽後町 | Comments(0)  

152歳?

 大阪市は25日、戸籍上では120歳以上の人が5125人も「生存」している状態にあると発表しました。最高齢は152歳の男性で、江戸時代末期の1857年生まれでした。法律では戸籍の削除が義務付けられていないとはいえ、ビックリする実態です。全国で調査すると、一体どんな状況なのでしょうか。

 100歳以上で所在不明の場合は所轄する法務局の許可で削除できるそうですが、民主主義が定着し、経済的にも世界の先進国になっている日本として、国民の存在がこれほどまで軽視?されていたとは、驚きです。

 この際、しっかり調査をして、確認しあいましょう。今年は「国勢調査」の年でもあります。

by shouichiro_sato | 2010-08-25 23:51 | 社会・話題 | Comments(0)  

「代表再選が第一」

 円高が進み、今夜のロンドン市場では一時1ドル=83円台に突入。日経平均の株価も終値で9000円を割って、年初来安値を更新しています。

 こうした急激な円高と株安の状況について、菅首相は「為替の急激な変動は好ましくないので、注意深く見ていきたい」。さらに「各大臣からの話も聞き、労働界、経済界から話を聞いて、検討を進めます」。緊急記者会見をした野田財務相は「重大な関心をもって極めて注意深く見守る」。

 菅首相はきのう、日銀の白川総裁と電話会談したものの、わずかに15分間だけで、政府・日銀の具体的な対策がなかったために失望感が広がり、円高・株安を加速させている模様です。

 そうした経済状況にもかかわらず、菅首相は9月の代表選挙で再選を果たすため、きのうから1年生議員との対話集会に御執心。「挙党体制の構築を目指す」「衆院の解散は考えず、2013年の参院選と同日選にしたい」などと、政権維持の根回しに必死です。

 来年度予算の概算要求作業が真最中のこの時期は、「国民の生活が第一」を掲げて政権交代を果たした民主党政権にとって、新たな政策展開が図られるときですが、このところの菅首相から政策の話が聞こえてこなくなりました。ぶら下がり取材での表情も冴えませんし、メモを見る姿が多くなりました。選挙で公約した課題は停滞するばかりで、「これではアカン」ですな。

by shouichiro_sato | 2010-08-24 22:24 | 国政・時事 | Comments(0)  

大曲の花火

 今では名実共に「全国一」と評判の高い全国花火競技大会「大曲の花火」は今週の土曜日、28日に開催されます。特に今年は大曲で花火が打上げられて100年の記念すべき年で、人気も急上昇。2万席も用意されている桟敷入場券の申し込みも昨年の5倍以上で、ネットオークションでは19000円の桟敷席(6人用)が12万円で売買されているとの新聞記事がありました。

 日中、大曲へ行く用事があり、雄物川にかかる金谷橋を渡ると、花火大会の会場では桟敷の設置作業がほぼ終了し、ネット張りや最後の点検中。大会5日前だというのに、姫神橋の手前ではキャンピングカーが30台以上も並んでいました。

 今まで人出の最高は2007年に記録した76万人。今年はそれを大きく上回りそうで、実行委員会や関係機関の準備作業は大詰め。大勢の観客が喜び、NHKテレビでは全国に生中継。全国にある約450社から選ばれた27社の花火師も、切磋琢磨してきた技術の粋を披露する晴れ舞台だけに、あちこちにある花火大会を超えている「大曲の花火」です。

f0081443_20441295.jpg
  (写真・当日は立ち入り禁止となる堤防から金谷橋方向を見ると、桟敷席や仮設トイレ、NHKの放送席などが完成し、細部の点検が行われていました)

 心配なのは28日の天気ですが、きょう発表された週間予報では「くもり」。これからは天気予報とニラメッコの毎日が続きそうです。

by shouichiro_sato | 2010-08-23 20:50 | 産業振興 | Comments(0)  

メモリアル

f0081443_9423975.jpg きょうは私にとってメモリアルな日です。

 全く個人的なことで恐縮ですが、愛用しているトヨタ・スプリンターの走行距離が20万キロを突破しました。10万キロを達成したのは2008年4月14日で、それから2年4ヶ月で10万キロを走行。来月には車検を更新して、まだまだお世話になります。 

 (写真・午後2時19分、大仙市刈和野付近の国道13号を走行中にメーターはバッチリ「200000」に。路肩に車を止めて記念写真?)

 そして、このブログ「元気な秋田を創造しよう」が、2006年3月7日に投稿を開始してから、通算で1500回となりました。今ではブログの書き込みが、就寝前の日課になっています。これからもご愛読ください。
f0081443_10225210.jpg
                         (写真・ブログ情報「記事管理」の画面から)
 

by shouichiro_sato | 2010-08-22 23:40 | 今日の出来事 | Comments(0)  

高校野球

 甲子園球場で開催されていた全国高校野球選手権大会は、きょう決勝戦が行われ、沖縄県代表の興南高校が神奈川県代表の東海大相模高校を13-1で破り、初優勝しました。沖縄県の高校が夏の大会で優勝するのは初めてで、同校は春の選抜大会に続いて、史上6校目となる「春夏連覇」達成です。

 テレビで見る甲子園球場は興南高校への声援がひと際高いようで、それに応えた強力な打線と島袋投手の力投は素晴らしいものでした。きょうは沖縄県全土が彼らの大活躍に躍動し、歓喜に包まれたことでしょう。

 興南高校は夏の甲子園出場9回、春の選抜出場4回の強豪ですが、昨年夏の大会では初戦で明豊(大分県)に4-3でサヨナラ負け。しかし、チームは着実に進化して、打ち勝つ野球と堅い守りの総合力で、他を圧倒する存在になっていました。特に準決勝の報徳学園(兵庫県)戦では、4回までに5点リードされる展開でも、着実に追いついて7回に逆転し、興南の底力をアッピール。見事でした。

 ところで、秋田県代表の能代商業は、初戦(2回戦)で鹿児島実業に15-0で惨敗。これで秋田県勢は13年連続の初戦敗退です。この現実は、一体何が不足なのでしょうか。

by shouichiro_sato | 2010-08-21 23:42 | スポーツ | Comments(0)