人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

看板倒れ?

 「無駄を削除すれば、マニフェストにある政策の財源は確保できる」と主張していた鳩山首相でしたが、どうも看板倒れになりそうな感じがしてきました。

 来年度の予算編成方針がしっかりしていれば、前政権を上回る概算要求はなかったはずなのに、実際の編成作業は混迷を深めそうです。事業仕分けによる事業の見直しにしても、作業を公開することで国民の関心を惹いているものの、仕分け結果については拘束力もなく、いわば「予算編成の参考意見」。仕分け人の構成や権限についても、法的根拠のないものでした。

 一部の特殊法人から積立金を国庫に返納させる判断をしたり、事業の廃止や予算の削減を決めたとしても、マニフェストにある政策に必要な財源には届きません。政策の要になる国家戦略室が全く機能していないという批判があるように、「友愛政治」を目指す鳩山政権の具体的な国家戦略・方針が見えてきません。

 (参考・毎日行われている官邸での鳩山首相の「ぶら下がり会見」。きょう夕方の模様を朝日新聞のインターネット版、asahi・comで確認すると、デフレや内閣官房報償費、偽装献金問題でも全くもって発言は不明瞭。首相としての見識?やリーダーシップを感じることができません)

 きょう未明にかけての衆議院本会議では、野党が退席する中で中小企業の借金や住宅ローンの返済猶予を金融機関に促す法案の強行採決が行われ、自民党時代と変わらぬ数の力による「国対政治」が復活した様相ですし、「政治家同士が議論を戦わせる」ことを目指している民主党が、党首討論を拒んでいることもおかしい事です。

 首相の所得隠しや政治団体への偽装献金問題、小沢幹事長の政治団体に絡む資金問題など、かつて批判されていた自民党よりも「カネ」の問題が表面化してきた民主党。その上、国会運営も小沢氏の意向を無視しては「何もできない」ことが露呈しています。意欲満々で国政に参加した新人議員も選挙優先の議員活動で、国会では「数合わせ」の一員?。たぶん、主張してきたことと現実の矛盾に悩んでいることでしょう。

 結局、「自民党と変わらない」ようでは何のための政権交代だったのか。前政権のアラ探しをする前に、鳩山政権は「官房機密費の内容を公開する」ぐらいの決断が必要です。でなければ、(野党時代とはいえ)「政権交代が可能な二大政党時代をつくる」などと綺麗ごとを言うべきではありませんでしたネ。 

by shouichiro_sato | 2009-11-20 23:06 | 国政・時事 | Comments(0)  

風の王国

 秋田県の海岸線や大潟村の周囲に1000基の大型風車を設置して、本県を自然エネルギーの供給基地にしようという「風の王国プロジェクト」。そのプロジェクトの発起人である山本久博さん(NPO法人環境秋田県民フォーラム代表)の熱い思いを聞いて、元気がわいてきました。

風の王国_f0081443_19222571.jpg
  (写真・ヒューマンクラブ菊花交流会で講演する山本さん。19日、秋田市大町ビル)

 すでに公表されている構想では、高さが100メートル、ブレード(翼)の長さが50~60mの大型風車を、青森県境から山形県境までの海岸線約200キロメートルに、300m間隔で600基。残りの400基は大潟村の周囲に設置する計画です。

 国内にある外国製の風車よりひと回り大きい独自の開発を進め、製造拠点となる工場を秋田港の広大な場所(旧大王製紙予定地)に誘致。高品質なブレードの大量生産と輸送コストの削減を図ります。最大出力は2400kW(1基)、事業費は1基当り4~5億円。プロジェクトが完全実施されれば設備容量は240万kWとなり、現在の風力発電設備(国内)総容量約170万kWをも上回ることになります。

 エネルギー資源の乏しい日本でありながら、風力発電は先進国のなかで13位。しかし、秋田県は国内で最も「風」の条件に恵まれており、自然エネルギーの最先端基地になる可能性があります。もちろん製造工場とメンテナンスなどには多くの雇用も見込まれるでしょう。

 山本さんはすでに佐竹知事とも意見交換しており、今後は県を挙げてのプロジェクトとして具体的な事業計画になるよう、活動を進めています。

by shouichiro_sato | 2009-11-19 23:45 | 秋田県 | Comments(0)  

タイヤ交換

 いつもとは違う大型車輌の音が聞こえたと思ったら、やっぱり除雪車でした。時刻は午前5時前。昨夜は仕事で遅かった妻が、「道路は真っ白になっている。いよいよ雪の季節だわ」と言っていた通り、けさは除雪車が初出動する朝になりました。

 「まだ早いだろう」と思っていたタイヤ交換。標高230mにある当地ではやっぱり済ませた方が安全だと、朝食前に娘や妻、自分の分をイッキに実行しました。

 ところで、昨年は11月19日夜に、自家用車のハラに雪を抱きこむほどの大雪。一昨年は21日に県内陸部に大雪警報が出て、50cmの降雪がありました。それからすると、まだ大丈夫ですネ。先日、庭で見つけた我家の蟷螂(かまきり)の巣は、地上30cmの位置でしたから・・・

  
《 カメラスケッチ・晩秋 》

タイヤ交換_f0081443_2326131.jpg
 (写真・由利本荘市宿の国道107号沿いにある神社には、今年も黄色の絨毯が敷かれました。通過するたびに四季の移ろいを感じているイチョウの巨木も先週の12日、一夜にして落葉。けさは雪に覆われてしまったことでしょう。撮影は13日朝です) 

by shouichiro_sato | 2009-11-18 23:37 | 今日の出来事 | Comments(0)  

2次補正予算

 麻生政権が編成した過去最大規模の第1次補正予算、14兆7千億円には無駄が多いとして2兆9千億円を執行停止にし、来年度予算の目玉政策(マニフェストで約束した「子ども手当」等)の財源にする鳩山政権の手法は、先行きが見えなくなってきました。

 16日に発表された7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、年率に換算すると4.8%増のプラス成長でしたが、冬のボーナスの大幅削減やデフレの懸念が強まってきたことから、さらなる景気対策が必要になってきました。菅直人・副総理兼国家戦略担当相は同日、「早期に第2次補正予算案を2兆7千億円規模でまとめる」考えを示しています。ただし、国民新党の亀井代表は「上限はつけない」大型の財政支出を求めており、さらに膨らむ可能性もあります。

 鳩山首相は切れ目ない予算執行を目指すために、2次補正予算は来年度当初予算と一体で編成する「15ヶ月予算」とする方針ですが、すでに決まっている予算を執行停止にして、新たなメニューの経済対策を打ち出すのは至難の業。税収も大幅な減少が見込まれており、「埋蔵金」を掘り出すという財源問題も不透明です。公共事業を削減して国債の発行も抑えるという方針と矛盾しない方策があるのか、心配になってきました。

 「国民との契約だ」というマニフェストに拘泥するあまり、政権交代を印象付けるパフォーマンスが先行して、現実と政策が乖離しては国民の生活は不安定になってきます。「八ッ場ダム中止などに見られる結論先行の在り方」「普天間基地に対する政府の方針」「日本郵政社長人事における天下りの解釈」「裕福な首相の資産と政治資金」など、背負う荷物も多くなり、重くなってきました。
 
 「コンクリートから人へ」シフトする「友愛の政治」に異論はありませんが、最近のテレビで見る鳩山首相と菅副総理など主要閣僚の表情や発言に元気が感じられません。直嶋経済産業相がきのう朝、GDP速報値を正規の公表時間前に発言したことも大きな失態です。直嶋大臣の言動が普段はあまり注目されていなかったことが不幸中の幸いでしたが、万が一インサイダー取引にでも利用されれば辞職ものの出来事でしょう。「勝って兜の緒を締めよ」です。 

by shouichiro_sato | 2009-11-17 22:31 | 国政・時事 | Comments(0)  

アルカディア公園

 アルカディア公園は羽後町の新成地域にある農業用溜め池、足田堤(たらだつつみ)に隣接する一帯です。総面積は約5haで、桜が植樹され遊具やベンチのある芝生広場、キャンプ場、トイレと管理棟などが整備されています。

 春から秋にかけて多くの家族連れなどで賑わい、冬になると足田堤ではハクチョウやカモなどの渡り鳥が羽を休めています。そのアルカディア公園の人気を高めているのが、「ヘラ鮒釣り」が楽しめる県内屈指の環境になってきたこと。

 「足田堤にヘラ鮒を放流したら最高だ。是非ともやってください」と、湯沢市や羽後町の釣りの愛好者から要望されたのは10年程前でしたが、釣りグループの皆さんからの寄附(放流)や町の助成で、着実に資源が増えてきました。

 さらに、ブラックバスの駆除や堤の護岸整備などを進めた結果、多くの釣り仲間で賑わうようになり、各種の釣り大会が毎週のように開催されています。日曜日の昨日も冷たい雨まじりの寒風の中、足田堤には100人以上の釣り人がおりました。

アルカディア公園_f0081443_22334424.jpg
  (写真・一瞬の晴れ間に虹がかかったアルカディア公園と足田堤。15日正午前) 

by shouichiro_sato | 2009-11-16 22:40 | 羽後町 | Comments(1)  

ふるさと大学

 県内外で活躍している羽後町出身者を招聘して行う「ふるさと大学講演会」(主催・羽後町教育委員会)がきょうの午後、西馬音内盆踊り会館で開かれました。

ふるさと大学_f0081443_1914415.jpg 今年の講師は西馬音内出身の弁護士・柴田一宏さん(秋田市在住)。柴田さんは昭和28年10月生まれで、町立羽後中、県立横手高校を経て、同51年に中央大学法学部法律学科卒業。同59年4月に秋田弁護士会に登録し、秋田弁護士会会長や日本弁護士連合会理事などを歴任。

 現在は県人事委員会委員長、県社会福祉審議会委員長、年金記録確認秋田地方第三者委員会第3部会長、秋田市消費生活審議会委員長、法テラス秋田地方事務所副所長、秋田家庭裁判所調停委員などに就任しています。

 (写真・講演する柴田弁護士)
 
 演題は「最近の相談、裁判事情」。人事委員会や家裁調停委員の仕事を説明した後、「最近はクレジットやサラ金などの問題、金銭にかかわる相談が急増している。それぞれに解決法があるので、困った時には『法テラス秋田』、電話番号-0503383-5551へ連絡してほしい」と、具体的な事例を紹介しました。

 さらに、今年から裁判員制度が始まり、20歳以上の有権者は否応なしに裁判に関わらなければなりりません。秋田県の場合は(対象となる事案数からみて)裁判員に選ばれる確率は70歳になるまでの50年間で、「10人に一人」。今まで無縁だった刑事事件が身近なものになってくると述べています。

by shouichiro_sato | 2009-11-15 16:57 | 羽後町 | Comments(0)  

人財(じんざい)

 ツアーディレクターの第一人者で、国際マルチビジネス専門学校の講師を務める荒木啓幸さん(㈱ツーリストエキスパーツ仙台営業所長)が横手市で講演し、「宝を見つける人財、育てる人財」に光を当てることが大切だと話しています。

 「じんざい」という字は普通「人材」と書きますが、荒木さんは「人財」と表現し、人こそ財産だと強調されています。地域の宝は地域で慈しんできたもの・・・自然、施設、文化(芸能、美術、工芸品)、食(郷土料理)、人(人財)であり、今や「十人十色から一人十色の時代」になったので、「観光という言葉の意味をもう一度考えてみよう」と問題提起。

人財(じんざい)_f0081443_0272466.jpg (地域にとって)観光とは光を見るものではなく、光を当てること。旅行の企画が出来る人は常に新しい素材を探そうとしていること。優れたツアーディレクターは他の土地の風の匂いを感じることができ、その喜びをお客様と共有できるものだと、自身の体験談を紹介してくれました。
 (写真・横手市雇用創出協議会の観光推進事業で講演する荒木さん。県南部男女共同参画センターで)

 さらに、観光情報の提供に当ってアドバイス。ホームページを作っただけで満足し、情報を更新していなかったり、他のHPとリンクされていないのでアクセスされないことがある。地名にはフリガナをつけるなど、観光客に優しい資料(パンフレット)を作るべき―――。さっそく身近にある情報を点検してみましょう。

by shouichiro_sato | 2009-11-14 21:19 | 今日の出来事 | Comments(0)  

中体連

 秋田県中学校体育連盟(中体連)創立60周年記念式典・祝賀会が秋田市で開かれ、出席しました。民間の指導者やクラブ活動が行われている県体育協会加盟団体等に感謝状が授与され、県ホッケー協会も対象になったためです。

中体連_f0081443_1015859.jpg
 (写真・バスケットボール指導者の江畠節子さんが授与者を代表して感謝状を受取ました。13日午後、秋田ビューホテルで)

 ところで、根岸均・県教育長は祝辞の中で「高校では(野球を除くと)スポーツ選手の200人ほどが下宿か寮生活をしている。さらに今年は13人が県外の高校へ(スポーツ)進学した。優れた選手が県内で頑張れるよう、来年度からスポーツ選手への就学援助制度を創設したい」と述べ、保護者の負担軽減や選手の県外流出を防ぐための支援を検討していることを明らかにしました。

 ホッケー競技でも、羽後町立羽後中と高瀬中にホッケー部が誕生して10年余。生徒や指導者の頑張りもあって、着実に競技力が向上しています。しかし今春には、全日本ジュニアのメンバーとしてオーストラリアに派遣された男子選手が奈良県の高校に進学するなど、地元のファンにとってはチョッと寂しい出来事もありましたから、県の支援策に期待しています。

by shouichiro_sato | 2009-11-13 23:24 | スポーツ | Comments(0)  

事業仕分け

 国の新年度予算概算要求に「無駄な事業はないか」と切り込む事業仕分けの作業が、政府の行政刷新会議が任命した民主党の国会議員と有識者によって、昨日から始まりました。同会議が決めた447事業の仕分け対象リストに対して、概ね1時間の持ち時間で省庁側から意見聴取し、事業を「継続」「見直し(縮小)」「地方に移管」「廃止」に分類するものです。

 こうした作業を通じて過去最高の95兆円にも膨れ上がった概算要求を査定し、マニフェストにある子ども手当の支給などに必要な財源を確保するのが新政権の狙いです。ただし、2日間の結果を見る限りでは「トカゲのシッポ斬り」のようで、特別会計や独立行政法人への抜本的な対策がはっきりしていない分、実際はどこまで「大改革」ができるか、先行きは分かりません。

 確かに公開で行われている作業は、国民にとっても今まで経験したことのないことであり、省庁の説明に「バッサ、バッサ」と切り込む議論の展開に、思わず拍手喝采をしたい気持にもなります。天下り法人への無駄な支出は徹底して廃止するべきですし、行政コストを縮減することも大賛成。本来はこうした問題について国会でしっかり精査するべきですが、長年続いてきた自民党政権は「政官癒着」と批判されるように、メスを入れることができませんでしたから、当然でしょう。

 行政刷新会議は12月初旬まで事業仕分けの最終報告をまとめ、政府は年内の予算案決定を目指しています。この過程では特に、「地方に移管」とした国土交通省の「まちづくり」や「下水道」などの事業について、それに見合った財源をどのような手法で地方に移すのか。国と地方の財源配分についての制度改正も必要であり、鳩山政権の実行力が試されます。

 政治は全て結果責任。過程のパフォーマンスは一時的な話題にはなっても、結果に国民の理解が得られなければなりません。「政治主導」といいながら、事業仕分けの素材(原案)を財務官僚が準備し、仕分けチームの議員の背後にチラついているのも、チョッと気になります。

 仕分け作業で一番喜んでいるのは財務省主計局ではないか――などと感じていますが、杞憂でありますように。

by shouichiro_sato | 2009-11-12 22:52 | 国政・時事 | Comments(0)  

漫芸家

漫芸家_f0081443_126229.jpg 漫芸家・大潟八郎さんの著書「笑いの始まりコッカラだ!」(くまがい書房、定価1500円)が本日発売になりました。 (写真)

 大潟さん(本名・佐藤久雄)は1927年、秋田県八郎潟町一日市生まれ。「漫芸」という独自の話芸を生み出し、秋田を基点に関東圏から北海道までの東日本で活躍する「東北のチャップリン」。演芸の本場・浅草でも、今をときめく芸人と共に浅草松竹演芸場の舞台を務めてきました。

 今年1月に喉頭がんの手術をされ、芸人の命とされる声を失ってしまった大潟さんですが、聞き書き作家・清滝竜子さんの手によってまとめられた著書は、話芸と音楽と踊りでステージに立ってきた漫芸家の一代記。少年時代のことや北洋の海での出稼ぎ、漫芸の道に入り浅草の舞台に立つまで、多くの人との出会い、ブラジル慰問紀行など・・・「そうだったのか」と、初めて語られた大潟さんの人生に驚きと感動を覚えます。

 今夜、秋田市で開かれた出版祝賀会には所属するコロンビアレコード㈱のプロデューサー、東北各地にいるお弟子さんや芸人仲間、県内の民謡や歌謡界の仲間やファンが大勢集まり、大潟さんが出演していた懐かしいテレビ番組の映像や歌、マジックなどを披露してお祝いしました。

 大潟さんも白のタキシードと黒いシルクの山高帽子で登場し、十八番の「迎春鳴鳥歌(キャコチコピー)」をテープに合わせて歌って踊って、大喝采。声は出なくても、とても82歳とは思えぬハツラツとしたステージで、芸人魂に感激しました。

 本には「大潟八郎作品集」も掲載されており、「浮世絵車」「まちがい節」「天地節」「コッカラ舞」など、是非とも覚えたい歌詞がたくさんあります。

 尚、佐藤久雄さんが出願していた「漫芸」は、平成19年9月21日に特許庁より「商標登録」されました。まさに、大潟さんが種を蒔き、自ら育て上げた文化であり芸能です。

by shouichiro_sato | 2009-11-11 23:01 | 社会・話題 | Comments(0)