人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

政権交代

 きのう投開票が行われた衆議院総選挙は、民主党が過半数を大きく超える308議席を獲得。連立に参加すると思われる社民党と国民新党、それに無所属で当選して民主党に加わる予定の当選者を合わせると衆院の3分の2、320議席を超える模様です。自民党と公明党の現政権は歴史的な惨敗となり、「政権交代」が現実のものとなりました。

 4年前の小泉政権では「郵政解散」で圧勝した自民党でしたが、今度は国民の厳しい鉄槌を受けました。一方、変化を求めた国民の民意を受けて圧勝した民主党には「国民の生活が第一」と掲げたマニフェスト(政権公約)を実施していく使命があります。いよいよ、二大政党による新しい政治の時代を迎えたと言っても過言ではないでしょう。

 ところで、公職選挙法の規制を受ける選挙運動ではない日常の政治活動として、インターネットでのキャンペーン(特に、自民党と公明党)や新聞広告(各党が実施)、テレビとラジオのコマーシャルも氾濫した12日間でした。

 県内でも、選挙用自動車での連呼を止めて小集会や街頭演説を中心に展開した候補者。早朝から交差点で手を振って挨拶したり自転車で住宅地を巡る候補者など、従来とは違った選挙運動も見られました。特にインターネットが普及している社会にあっては、選挙運動期間中でも候補者の主張や行動が常時公開できるように、公職選挙法の改正も必要です。新しい議員の皆さんにはそうした改革にも取り組んでもらいたいと思います。

f0081443_1839944.jpg
  (写真・投票日の30日、秋田魁新報に掲載された自民党と民主党の全面広告)

by shouichiro_sato | 2009-08-31 23:47 | 09・総選挙 | Comments(0)  

天守閣

 衆院選の選挙運動もきょうが最終日。候補者はもちろん、各陣営の運動員にとってもフル回転の一日だったことでしょう。あとは「人事を尽くして天命を待つ」のみですが、マスコミの情勢分析では民主党が過半数を超える勢いで議席を伸ばし、「政権交代」が実現しそうです。

 しかし、秋田県の3小選挙区はここにきて激しい攻防を続けており、開けてみるまで分かりません。前評判が良かった分だけ「上滑り」の感じが否めない民主系。実績を掲げて地盤や看板の底力を発揮してきた自民系。特に終盤は、劣勢が伝えられた自民系候補の陣営の動きが、活発です。

 そんなこんなで車で走っている時、目の前に現れたのは「天守閣」。いつも利用している道路ながら、きょうの今日まで気がつきませんでした。ビックリして近づいてみると、ナンと個人の住宅ではありませんか。県内各地に歴史的な住宅や近代的な豪邸は数々ありますが、私も「お城の家」に出会うのは初めて。どういう方が住まれるのか知りませんが、地域の文化遺産になりそうな御宅でした。

f0081443_2238934.jpg
  (写真・横手市大森町の県道から見える「天守閣」は、リンゴ園の中にありました)

 個人の住宅となれば、これから末永くご家族が受け継いでいくことでしょうが、数年前に近代的な建物に生まれ変わった首相官邸・公邸は、主人の入れ替わりが激しい昨今です。今度選ばれるであろう首相には、公邸から直ぐに自宅へ引っ越しをしなくてもいいように、しっかりと国民の負託に応えてほしい思います。

by shouichiro_sato | 2009-08-29 22:42 | 今日の出来事 | Comments(0)  

全国学力テスト

 今年4月に実施された「全国学力・学習状況調査」の結果が27日、文部科学省から公表されました。小学校6年生の国語と算数、中学校3年生の国語と数学の都道府県別平均正答率で、秋田県は3年連続で「全国トップクラス」の成績を納め、学力が定着していることを証明しています。

 昨年度は教育委員会の意向に反して、(当時の)寺田知事が独断で市町村別の結果を公表したことから、その是非についての論議に関心が集まり、「調査結果をこれからの教育へどのように活かすのか」という本質がかすんでいました。4月に就任した佐竹知事は「市町村別の結果を公表する必要はない」としているだけに、今度こそ成績ランキングに一喜一憂することなく、調査の目的に沿った活用をしてほしいものです。

 もっとも、3年続けて実施したことで「現状把握はできた」という関係者もおり、今後は調査を隔年実施にするとか、対象を一部の学校に絞り込む「抽出方式」とするなど、調査方法についても再検討する必要があるでしょう。

 ただし全国トップクラスとなっている秋田県の場合も、調査対象の教科は国語と算数(数学)という一部であり、問題の中には正答率が低いものもあったようです。それらの課題についてはしっかりと受け止め、今後の指導に活かしてもらいたいものです。

 子どもたちの努力とそれを支えている先生方の取り組み、家庭や地域を含めた教育環境も良い成績につながる要素ですから、さらに頑張っていきましょう。

by shouichiro_sato | 2009-08-28 22:18 | 秋田県 | Comments(0)  

無所属

 総選挙の運動はきょうを含めて3日間。いよいよ終盤で、支持を訴える候補者の声もかすれてきました。

 さて、テレビでは政見放送が行われていますが、国政選挙は政党中心の選挙制度であるためか、無所属議員の声を聞くことができません。比例区への立候補も一定の条件を満たした政党と政治団体からでなければできず、無所属候補は重複立候補で復活(救済?)されることもありません。

 ポスターの掲示も無所属候補は所定の掲示場のみ。しかし政党公認候補はそれ以外にも選挙区内で1000枚(裏打ちされたもの)まで掲示することができ、道路沿いや敷地などに何枚も連なり、目立っています。有権者の関心が高いマニフェストの配布も、可能なのは政党のみ。街頭や演説会場で配布したり、新聞折り込みのできるビラの枚数でも、公認より少ない規制があります。

 無所属で立候補するには政党や選挙区、候補者自身の様々な事情があるにしろ、このような公職選挙法によるハンディを乗り越えて奮闘している皆さんには、並々ならぬ「決意と情熱」を感じます。

 そうした中で、政見放送から聞こえてきたある候補者の言葉に「?」。「今回の選挙は、候補者個人ではなく政党を選んでください」とのこと。政権選択の選挙と言われているためか、「政党を選ぶ選挙だ」と強調しておりました。

 果たしてそうでしょうか。私は(比例区は政党を選ぶ選挙でも)小選挙区は立候補している方の政治姿勢とともに、有権者の代表として国政に参加するにふさわしい人、地域の課題解決に頑張ってくれる人、政策の実行力がある人を選びたいと思います。

 秋田県の3小選挙区では前職議員に新人、あるいは新人同士が競い合う激戦が続いており、マスコミの情勢調査では、2区と3区は無所属の新人候補が健闘しています。無党派層が増えている時代とはいうものの、政党の組織力を打破することができるかどうか、注目されます。

by shouichiro_sato | 2009-08-27 23:52 | 09・総選挙 | Comments(0)  

飲酒警官

 24日夜、福岡県警の巡査部長(49歳)の運転する自家用車が国道を逆走し、対向車の女性にけがをさせて逃げ、「ひき逃げ」の容疑で逮捕された事件。この警察官の血液からは酒気帯び運転の基準値の約4倍、1ミリリットル当り1.27ミリグラムのアルコールが検出され、記憶がなくなるほど泥酔して正常な運転ができない状態だったとして、警察はひき逃げに加えて危険運転致傷の疑いで検察庁に身柄を送りました。

 事故当時、車を放置して現場から200m離れたタイヤ店の敷地に座り込んでいたところを発見された容疑者は、「車は盗まれた。自分は事故には関係ない」と容疑を否定していたとか。警察官が求めたアルコールの検査(呼気検査)も拒んだために、県警が令状を取って10時間後に血液検査を実施しています。26日午後になってようやく飲酒運転を認めました。この巡査部長は普段から酒を飲み過ぎていたため、警察内部では指導対象者になっていたとか・・・・。

 福岡県警では2006年8月に起きた福岡市職員の飲酒運転による3児死亡事故を機会に、飲酒運転撲滅を進めている最中の不祥事で、県警幹部も「痛恨の極みであり、県民にお詫びする」「言語道断なこと」と県民に謝罪しています。

 道路交通法の改正以降、全国的には飲酒運転は減少する傾向にありますが、警察官が検挙される事案は逆に増えているとか。昨年1年間に飲酒運転で検挙された警察官は9人なのに対し、今年は半年で11人というニュースもありました。

 「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」。人生を狂わす飲酒運転、徹底して追放しましょう。

by shouichiro_sato | 2009-08-26 23:31 | 社会・話題 | Comments(0)  

大仙市の花火師

 第83回全国花火競技大会「大曲の花火」は22日、絶好のコンデションに恵まれた大仙市大曲・雄物川河川敷で開かれました。全国から選ばれた27業者の花火師が参加する名実ともに日本一の大会だけに、68万人もの大観衆が訪れたほか、NHKのハイビジョン生中継をお茶の間で堪能した人も多かったことでしょう。

 特に人気が高いのは、大仙市の4業者が創意工夫して打上げる「大会提供花火」。今年のテーマは「武士道」で、和風の曲に合わせて約7分間、2800発の花火が夜空のキャンパスを彩りました。毎年のことながら、秋田県人として花火の製造技術や独創的な構成・芸術性に、誇りを感じるひと時です。全国の先端を行く大仙市の花火師の皆さんに感謝したいと思います。

 審査の結果、最高の栄誉である内閣総理大臣賞には地元の北日本花火興業(大仙市神宮寺、今野正義社長)が、7年ぶり2度目の受賞を果たしました。昼花火の部で優勝し、夜の創造花火「えっ!アフロでマンボ」は会場に驚きと笑顔が満ち溢れた楽しい花火で、見事に優勝。創造花火発祥の地として、久々に秋田の心意気を見せてくれました。

 また、創造花火の部では小松煙火工業(大仙市大曲)「ノクターン~銀盤ヒロインの優雅な舞~」が準優勝。同社は夜花火「10号割物」でも優秀賞を獲得し、秋田県の花火のレベルの高さを実証することにもなりました。

f0081443_7381878.jpg
   (写真・23日の秋田魁新報は1面トップで「大曲の花火」を紹介しています) 

 NHK・BS2では8月31日(月)、午後8時45分から11時30分まで再放送があります。今度はテレビ桟敷で審査結果を確認しながら、もう一度「大曲の花火」に酔いしれたいものです。 

by shouichiro_sato | 2009-08-25 23:50 | 産業振興 | Comments(0)  

民意

f0081443_22503961.jpg 今夜の秋田朝日放送「ニュースステーション」では、今の国民の気持がよく理解できる世論調査の結果が紹介されていました。(写真・「ニュースステーション」の画面から)

 自民党と民主党の政策を比べた場合に、「どちらの政党を支持するのか」というものです。それによると、「経済成長」や「安全保障」ではダントツで自民党が支持されているのに、「生活支援」や「ムダ削減」では民主党が支持されています。「官僚への指導力」は民主党への期待が多くなっていました。

 この調査から読み取れる民意は、景気回復と日本の外交を担ってきた自民党の政策を認めながらも、現実問題として国民生活が厳しくなっていることに加え、天下りが多い特殊法人等への国のムダ使いを是正できないなど、政治に対する国民の不満・批判があることです。それ故に、今までの政権運営への反省がなく、この状況を変えていこうという明確なメッセージが見えない分だけ、与党は(惨敗が予想されるほど)苦戦しています。

 「経歴」とか「実績」とか、そうした過去のしがらみを越えて、「若くても」「経験がなくても」、将来へ向かって「誠実に」「一生懸命に」頑張ってくれる人を応援しようという雰囲気が、都市部のみならず地方にも湧いてきた感じです。「一度変えてみたら良い。ダメならこの次、元へ戻せばいいじゃないですか」という声が、私の周りでも多く聞かれます。

 選挙運動も残すところ、あと5日。小選挙区制が目指した、選挙のたびに「政権交代」が可能となる二大政党時代に突入する、新しい幕開けを感じる調査結果でした。

by shouichiro_sato | 2009-08-24 23:43 | 09・総選挙 | Comments(1)  

住民大運動会

 上到米地区振興会が主催する「第36回上到米地区住民大運動会」がきょう、旧上到米小学校グランドで開催され、住民総出の和やかな一日となりました。

f0081443_7512866.jpg
  (写真・集落対抗プログラム「縄ない競争」では、年配の方が主役です)

 上到米地区から田代小学校に通う小学生は全員で21名。小学校が統合してから、地域の住民が一同に会する唯一の機会となっている「住民大運動会」は、実行委員会(委員長・小坂慶一さん)と担当集落が準備を進めてきました。

 きょうは朝から快晴。参加者全員でラジオ体操をした後、「100m走」や「拝借競争」、集落対抗の「集団縄跳び」「綱引き」などに心地良い汗を流しました。

 運動会は正午までで、午後は各集落ごとに親睦を兼ねた反省会です。

by shouichiro_sato | 2009-08-23 22:45 | 地域活動 | Comments(0)  

 18日に公示された衆院選。公示直後の18~20日に行った朝日新聞や讀賣新聞の情勢調査によると、民主党が小選挙区と比例区とも自民党を圧倒しており、予想される獲得議席は単独過半数を大きく上回り、300議席を超える「圧勝」の勢いです。

 先月に衆議院を解散してから、投票日まで40日も確保した異例の長期戦で「逆風を弱めたい」という自民党の思惑も、支持率が好転する材料に乏しく、「責任力」をアッピールしている麻生首相の主張と民主党への批判も、有権者を振り返らせるには至っていません。それどころか、閣僚経験者や派閥の領袖などの実力者?までが苦戦している状況のようです。

 さて、マスコミ各社の選挙情勢が報道されると、(私の経験からして)優勢と書かれた陣営は「このまま引き締め、さらに上積みを図ろう」と元気が出てきますが、劣勢な陣営は「不安と心配」で戦意を喪失してしまうもの。

 特に選挙区が広い国や県の選挙では、一度動き出した「山」を引き戻すのは大変です。今回の総選挙では今の閉塞感が漂う政治状況への反発が全国津々浦々に蔓延し、「今回は政権を交代させてみよう」という風が民主党に吹いているように感じます。

 しかし、心配なのは民主党が単独で「衆院の3分の2」以上を獲得し、何でも思い通りになってしまうこと。4年前の郵政解散で自民党が圧勝した結果、構造改革の名の下に「格差」が生じたことを忘れてはいけません。政権交代はしても、程々に牽制しあえるバランスがあっていいのではないか。極端な一党集中は新たな問題を生じないか?・・・などと、思ってしまいます。

by shouichiro_sato | 2009-08-21 23:44 | 09・総選挙 | Comments(0)  

十人十色

 衆院選・秋田県の三つの小選挙区に立候補しているのは自民党3人、民主党2人、社民党1人、共産党1人、みんなの党1人、諸派(幸福実現党)3人、無所属3人の14人です。衆議院の解散から公示までの日数が長かったこともあり、選挙戦はすでに終盤。熱い舌戦が続いています。

 秋田県第三選挙区の候補者の方々は公示日(18日)のブログで紹介しましたので、きょうは第一区と第二区の候補者、10人の皆さんをポスター掲示板の写真でお伝えします。 

f0081443_2342390.jpg
     (写真・秋田県第一区の候補者は5人です。秋田市下浜にて)

f0081443_23434711.jpg
     (写真・秋田県第二区の候補者も5人です。潟上市天王にて)

by shouichiro_sato | 2009-08-20 23:49 | 09・総選挙 | Comments(1)