人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

「ギャップフィラー」放送局

f0081443_206813.jpg 「ギャップフィラー」放送局とは初めて聞く言葉ですが、地上デジタル放送の難視聴地域に無線方式で電波を送信する小規模な放送局です。山頂に設置した受信設備と有線で接続されたギャプフィラー放送局から、1~2キロ四方をカバーする弱い電波を無線で発信し、各家庭ではアンテナで受信します。ワンセグ放送も視聴可能です。

 (写真・電柱に設置されたギャップフィラー放送局。先端のアンテナから電波を発信するため、一つの放送局とみなされます)

 羽後町の田代・仙道地区は山間部であるために、今までのテレビ受信は各集落ごとに共同アンテナを使用してきましたが、地上デジタル放送へ変わるのを機会に、572世帯が参加して羽後西部地区テレビ共同受信組合(組合長・佐藤藤男さん)を組織し、国と町の補助事業でギャプフィラー放送局の事業に取り組みました。総事業費は1億7000万円。北沢峠の山頂付近で秋田からの電波を受け、有線で地域内に設置した28ヶ所のギャプフィラー放送局に送信し、組合員全世帯での地デジ放送受信が可能になります。

f0081443_7432044.jpg 施設の整備は既に終了し、6月24日には東北総合通信局から東北で第1号となるギャプフィラー放送局の開局が許可され、現在は各家庭での専用アンテナ(UHF用)取り付け作業と試験放送が行われています。わが家でも先日、新しいアンテナが設置され、早速きれいな画面のテレビを見ています。(写真・雪にも強いボックス型アンテナ。組合の提案で製品化されたとか・・)

 山間部ゆえのハンディーはありましたが、(平野部からすると3~4年遅れで)ようやく携帯電話やインターネット、地デジ放送など、情報化社会の仲間入りを果たせた感じです。しかし、町内にはまだ不十分な集落もありますので、住む場所による情報格差が無いように、さらに方策を探っていきたいと思います。

 ・・・・・・・その点、衛星放送はいいですネ。

by shouichiro_sato | 2009-07-31 23:32 | 羽後町 | Comments(0)  

居候

 最近、わが家の床下から物音がするので注意していたところ、理由が分かりました。

f0081443_21275543.jpg

 昼下がりに縁側から外を見ると、なんと、タヌキ(ムジナ?)が土台にあいている換気口から顔を出しているではありませんか。(写真・すぐさま携帯電話のカメラでパチリ。しかし、網戸を開けてカメラを構えようとしたら、その音に気がついて引っ込んでしまいました)

 また、夜の遅い時間に玄関を叩く音がするので、あわてて街灯を点けると誰もいないことが度々続いていました。昨夜も同じような音がしたので、今度は静かに玄関戸に近づいて外を見ると、大きなネコが一匹。戸を開けろとばかりに前足で叩いているのでした。どこのネコか知りませんが、家の中に入りたかったのでしょう。「自分の家に行け!」と言い聞かせて?やりました・・・・・・。

 道路を移動するヘビに出会うのは日常茶飯事。交通事故にあった動物も時々見かけます。そのうえ今朝は、町内の飯沢地域で民家の前の県道を横切るクマが目撃されており、注意を呼びかける防災無線の放送もありました。

 何となく、自然豊かな環境の中にいるようで、不思議なこの頃です。

by shouichiro_sato | 2009-07-30 21:55 | 家族・仲間 | Comments(0)  

あと1ヶ月

 衆院選の投票日は来月30日で、あと1ヵ月です。31日に発表する自民党を除いて、各政党はマニフェストを公表し、国民に問う政策のポイントも明らかになり、前哨戦も熱気を帯びてきています。

 民主党では、解散後に菅代表代行や蓮舫参議院議員など、党幹部が秋田入りして公認候補予定者への支持を訴えていますし、8月1日には福島みずほ・社民党党首、志位和夫・共産党委員長が来県して街頭演説会を開きます。秋田県の3選挙区は、民主・社民の共闘がはっきりしている選挙区だけに、政権交代を目指す野党にとっては最重点地域の対応です。

 もちろん、各候補予定者は公示前の政治活動に全力疾走中。ホームページを見るとそれぞれに個性があって、一生懸命に頑張っている姿が良くわかります。特に、毎日の活動をブログや写真で報告しているのは、寺田学氏(1区・民主)、金田勝年氏(2区・自民)、御法川信英氏(3区・自民)、京野公子氏(3区・民主)、村岡敏英氏(3区・無所属)の皆さんで、私も「お気に入り」に登録してチェックしています。

 その中で昨日、寺田氏のブログ・日々徒然日記を読むと、「選挙カーの遊説を廃止しようと考えている」とありました。選挙カーでの連呼を止めて、街頭演説と小集会を繰り返す計画を準備しているとか。また、村岡氏は選挙運動期間中には選挙カーで遊説できないと思われる小集落での街頭演説を続けており、政治活動や選挙運動の進め方にも変化が出てきています。

 ところで、社団法人横手青年会議所は8月9日(日)午後2時30分から、横手市民会館において政策提言型の「公開討論会」を開催します。3区で立候補を予定している4人に参加を依頼しており、一度に各氏の政策や主張を聞くことができる絶好の機会になりそうです。

 投票日までの期間が十分にあるだけに、各陣営の政治活動の進め方で情勢が大きく変わることも予想されますから、皆さんの動静を注目していきましょう。 

by shouichiro_sato | 2009-07-29 22:24 | 09・総選挙 | Comments(0)  

財源の確保

 民主党はきのう、衆議院議員選挙のマニフェスト(政権公約)を発表しました。中学生以下の子どもに1人毎月2万6000円を支給する子ども手当と公立高校の実質無償化。農漁業の戸別所得保障制度、高速道路の無料化、ガソリン税の暫定税率廃止など、日々の暮らしが厳しくなっている国民にとっては大いに関心のある「バラ色」の政策が並んでいます。

 個々の政策への判断は別にして、私が興味をもったのはこれらの施策に必要な財源の確保策です。民主党が示したマニフェストの工程表によれば、完全実施となる(衆院の任期4年目)2013年度に必要な総額は16兆8000億円。今年度の当初予算の一般歳出(政策的経費)、51兆7000億円の3分の1に迫る大きな金額です。

 その対策は、無駄な公共事業の見直しで1兆3000億円、国家公務員の人件費削減で1兆1000億円、公務員の天下り先となっている特殊法人の見直しと補助金改革で6兆1000億円など、無駄の根絶で9兆1000億円を捻出。さらに、特別会計の「埋蔵金」活用などで4兆3000億円、所得税の扶養・配偶者控除の廃止と企業向け優遇税制の見直しで2兆7000億円を見込んでいます。

 麻生首相や閣僚からは「財源が極めてあいまいで、無責任だ」「財政が破綻状態になる」などの批判が出ていますが、民主党も充分に精査・把握して政策立案したことでしょうから、景気が回復せずに税収が低迷する厳しい財政事情でも、消費税を引き上げずにこれだけの財源を確保できるのであれば、政治主導の財政改革に期待したいものです。

 もっとも、「城を明け渡す時に、蔵に兵糧を残しているとは思われない」という見方もあり、埋蔵金そのものが行方不明?になってしまうことも考えられます。バラ色の政策を掲げた民主党には、財源の内容をさらに詳しく示してほしいもの・・・・・、私も知りたいところです。

by shouichiro_sato | 2009-07-28 23:45 | 09・総選挙 | Comments(0)  

豪雨、突風・・・・

 梅雨末期の荒れた天気が続いています。梅雨前線の移動に合わせて、九州北部や中国地方では記録的な豪雨となり、土砂崩れなどで多くの人が犠牲になりました。さらに、きょうの午後には群馬県館林市で突風があり、家屋や自動車などを吹き飛ばし、ケガ人もでています。大気の不安定な状況はまだまだ続くようで、心配です。

 さて、秋田県の梅雨明けは平年で7月27日ですが、昨年は遅れて8月5日。平成15年にはいつまでたっても梅雨前線が北上せずに梅雨模様の日が続き、梅雨明けを宣言できないままに立秋を迎えた年もありますから、近年の気象状況は予測がつきません。

 きょうのABS秋田放送のニュースは、横手市の山間部の水田ではいもち病が発生しており、蔓延する恐れがある・・・・と、不順な天候による農作物への影響を伝えていました。スイカの産地である羽後町でも、一部の圃場では長雨と日照不足による病害虫の被害が見られます。早く「カラッとした暑い夏に戻ってほしい」ものです。

 今夜から明日にかけては、関東から東北地方で大雨の予報が出ています。くれぐれもご注意ください。

by shouichiro_sato | 2009-07-27 23:45 | 社会・話題 | Comments(0)  

フリーマガジン

f0081443_21142057.jpg 最近、新聞折込やポステング、そしてお店などに置かれているフリーマガジン(フリーペーパー)に出会うことが多くなりました。話題の人へのインタビュー記事やお店の紹介、求人、イベント情報などが満載で、その上にデザインも斬新ですから、ついつい手にとって読んでしまいます。

 全県に配布されるものや特定の地域のものなど様々ですが、「Sぷれっそ」はワーク・ライフ・バランスを応援するフリーマガジンです。(写真・小松ひとみさんの写真が表紙を飾っている、7月1日発行の第5号)

 発行しているのは仙北市角館町の坂本佐穂さん。仙北市が元気になることを目指して、昨年11月10日に創刊され、隔月1日に発行されています。

 ライフ・ワーク・バランスとは・・・・・男性も女性もそれぞれのライフスタイルに応じて、仕事と家庭生活、地域生活、趣味、ボランティアなどの様々な活動について、自分の希望に沿った形でバランスよく暮らせる社会を目指し、環境を整えていくこと。市民の皆さんにライフ・ワーク・バランスについて一緒に考えてもらおうと、坂本さんが立ち上げたのがフリーマガジンでした。

 第5号では3月21日に行われた仙北市男女共同参画フォーラムで、大仙市在住の俳優・柳葉敏郎さんが語ったトークショーの様子。地域で頑張る人を応援するシリーズなど、興味深い記事が掲載されていました。身近なところにある企業やお店の広告もコンパクトにまとまっており、地域の手引書の役目も果たしていますから、今後も楽しみです。

by shouichiro_sato | 2009-07-26 21:15 | 社会・話題 | Comments(0)  

直売所

 県内の国道沿線には農業団体や市町村などによる産直施設の整備が進み、年間を通して新鮮な農産物や魚介類が販売され、人気を集めています。

 しかし、最近は青果物の収穫にあわせて生産者が設置した直売所も目だってきました。湯沢市や横手市などではサクランボが終わり、今度はスイカ、メロン、トウモロコシ、キュウリ、トマト、枝豆などが並んでいますから、ドライブの途中に是非ともお立ち寄りください。

 この時期の値段はスイカが1玉1,000~1,500円。茹でたトウモロコシは1本150~200円。夏休みに入って行事も多くなり、地域の交流人口も増えてきますから、地元の美味しい農産物、大いに売り込んでいきましょう。

f0081443_23232899.jpg
 (写真・県外客も多い国道107号線の横手市雄物川町大沢の直売所)

by shouichiro_sato | 2009-07-25 23:23 | 産業振興 | Comments(0)  

梅雨空

 きょうの湯沢雄勝地方は時々雨が降る、蒸し暑い梅雨空の一日でした。

 先週末には秋田県内でも大雨の被害がありましたが、きょうの午後から九州北部では記録的な豪雨となっており、被害も出ています。既に土砂災害に見舞われている山口県をはじめ、九州・中国地方には警報が発令中で、早期に避難するなど、厳重な警戒をお願いします。

 
 《 カメラスケッチ・梅雨空に咲くアジサイ 》

f0081443_23101321.jpg
 (写真・道端の石垣に咲き誇る鮮やかな青と紫の花々。思わず車を止めて近づいて見ると、アジサイでした。秋田市女米木の県道で)

by shouichiro_sato | 2009-07-24 23:19 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「四大踊り夜会」

 国指定重要無形民俗文化財の西馬音内盆踊りを保存・伝承していく活動がきっかけとなって、全国の伝統芸能保存団体と羽後町の交流が続いています。その一つが羽後町で開催している「踊り夜会」。西馬音内で全国の有名な伝統芸能に触れる機会が、今年もやってきました。

 今年の出演団体は富山・八尾の「おわら風の盆」、徳島の「阿波踊り」、青森県の「黒石よされ」、それに西馬音内盆踊りという豪華競演。名付けて「四大踊り夜会」です。

 開催日時は今週末の25日(土)。午後4時からは西馬音内本町の「かがり火広場」で野外公演、観覧は無料です。同午後6時30分からは役場隣にある「活性化センター」。こちらは有料で前売り入場券が2,000円。当日は2,500円です。

 一度に幾つもの伝統芸能を楽しめるとあって毎年ファンが増えており、人気は上々。県外から羽後町を探訪するメニューを組み込んだ見学ツアーもあり、町内の宿泊施設はすでに満杯になりました。活性化センターの前売り券も完売しており、あとは当日券が少々あるのみです。

 ところで7月末の土曜日・25日は、県内各地で夏祭り・イベントがたくさん開かれます。町内にある西馬音内盆踊りのグループにも出演依頼があり、次の行事に参加する予定です。お近くの方は是非ともお出かけください。

 《 秋田市 》   駅前広小路商店街夏まつり   会場・秋田駅前アゴラ広場
              盆踊り大会(午後6時45分) 西馬音内盆踊り(午後8時30分)

 《 にかほ市 》  薫風苑の夏祭り   会場・特別老人ホーム薫風苑(にかほ市象潟町)
              夜の公演時間は会場にお問い合わせください

by shouichiro_sato | 2009-07-23 23:47 | 羽後町 | Comments(0)  

夏の陣

 きのう衆議院が解散され、8月18日公示-30日の投開票に向けての選挙戦が事実上スタートしました。最大の焦点は「自民・公明両党の連立政権の維持か、民主党中心の政権か」。いよいよ政権選択をかけた夏の陣の始まりです。

 政権交代が可能になるような二大政党時代を目指して、小選挙区比例代表並立制が導入されたのは1996年ですが、実際の衆院選では自民党の第一党は変わらず、今までは政党支持率でもリードしてきました。しかしながら5回目となる今回は様子が違います。最新の世論調査では民主党が自民党を上回る支持を集めており、知事選や政令指定都市の市長選、都議会議員選挙でも連勝中。にわかに政権交代の可能性が出てきました。

 そうした状況から新聞やテレビの報道は、「自民党と民主党」の対比を中心とするものになってきましたが、立候補予定者にはさまざまな人がいることを忘れてはいけません。特に、選挙制度の制約で政党に属さない、いわゆる無所属の候補者には(選挙運動では)マニフェストやビラの配布、葉書の使用などについてハンディーがあり、マスコミは二大政党の決戦ムードに誘導しがちですから、いま一度、候補者自身の考え方や実績、行動力なども見極めて判断しましょう。

 私は、比例区は各政党のマニフェストや党首・代表の主張を聞いて、どの政党にこれからの政治を託すべきか判断します。しかし小選挙区は、(私は特定の政党や団体の構成員ではないので)人物本位で支持する候補者を決め、応援します。地域の暮らしや課題について真正面から取り組み、頑張ってくれると期待できる人を選びます。

 ところで、去就が注目されていた前小坂町長・川口博氏は今朝、「準備の時間が足りない」として出馬しないことを表明。これで県内3選挙区は立候補予定者がほぼ確定しました。各予定者には政党のマニフェストを説明するだけではなく、地域の課題や将来ビジョンについても積極的に語ってほしいと思います。

by shouichiro_sato | 2009-07-22 22:26 | 09・総選挙 | Comments(0)