人気ブログランキング |

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

言い訳

 民主党・鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」が、すでに死亡している人からの献金を政治資金収支報告書に記載していた「故人献金問題」は、2005年から08年までの4年間に、故人や実際には献金していない約90人から193件、計2173万円になることが明らかになりました。きょう、国会内で記者会見した鳩山代表が、調査を担当した弁護士とともにその事実を公表しています。

 鳩山代表によると、会計担当の公設秘書が鳩山氏個人から預かっていたお金を、収入が不足した際の補填に当て、個人献金としての収入に装っていたということです。秘書は個人献金を集めた実績を水増しする目的で虚偽記載をしたと示唆しているとか・・・・・。

 はてさて、言い訳はあるとしても、亡くなった人や実際には献金していない人の名前を使って報告書を作成していたことは事実であり、明らか虚偽の報告、政治資金規正法に違反する行為です。この問題が表面化してから、収入は個人献金ではなく、鳩山氏自身からの「貸付」を受けたとする収支報告書の訂正を総務省に届け出たようですが、4年間の虚偽記載の事実が消えるものではありません。きっと、それ以前にもそうした(デタラメな)処理が行われていた可能性があります。

 「多分、個人献金があまりにも少ないので、私にわかったら大変だとの思いがあったのではないか」という鳩山代表の(虚偽記載をした動機に関する)推測も、お人好しの発想です。結局は鳩山代表でも、政治資金については「一秘書がやったこと」。毎年500万円を超える虚偽献金を報告しなかった秘書も、政治資金収支報告書の内容を確認しなかった鳩山代表も、責任は免れません。

 もっとも、衆議院の解散・総選挙が近づいているためか、マスコミによってはこの問題の取り上げ方に温度差があるようで、チョッと気になります。

by shouichiro_sato | 2009-06-30 23:50 | 国政・時事 | Comments(0)  

祥山書道展

 平成20年度秋田県芸術文化章を受章した書道家、湊祥山さん(本名・湊慶吉さん、72歳)の受章記念「祥山書道展」が南秋田郡五城目町鵜の木にある五城館で開かれています。7月1日まで(入場無料)。

f0081443_20233795.jpg
 会場には今回の展示会のために筆を取った作品を中心に、4枚で構成された襖の大作「春夏秋冬」や自作の俳句と短歌の書。独特の書体で綴った杜甫詩「春望」、李白詩「自遺」、長寿を祝うことば「亀龍寿」や喜びのことば「献寿」など、35点が展示されていました。(写真・五城館に展示されている湊さんの作品)

f0081443_2037524.jpg
 中でも、会場の一番奥にある作品は屏風、「原濁者流不清」(写真)。原(みなもと)濁る者は流れ清からず・・・・と読みます。作者の心がそのまま表れているようで、心に響く書(作品)でした。

 書道は30代になってから始めたそうで、週末に夜行列車で東京まで往復して指導を受けたことなど、お話にも引き込まれてしまいました。湊さんは南秋田郡井川町在住。県書道連盟理事、副理事長を歴任し、秋田県の書写書道の発展に尽力されています。

by shouichiro_sato | 2009-06-29 21:04 | 秋田県 | Comments(0)  

ベルクレイフラワー

f0081443_21213731.jpg

 秋田駅東口にある秋田拠点センター「アルヴェ」の多目的ホールで、明日までベルクレイフラワーの展示会が開かれています。(写真・本物とそっくり?のベルクレイフラワー)

 ベルクレイフラワーは樹脂粘土でつくるもので、粘土への着色―造形―彩色―組み立て―アレンジと、多くの手間と時間をかけて完成しました。紙や布を使った「造花」は数々ありますが、これ程までに花びらのひとつひとつに生花の持つ質感や芳香が感じられる物を見るのは、初めてでした。

 会場には主催者で「ベル クレイ フラワー」を主宰している秋田市・高橋百合子さんの作品や受講生の作品など、約70点が展示されていました。高橋さんは大仙市大曲でも教室を開いており、同市にある県立農業科学館でも7月12日まで(午前9時30分~午後4時30分、入場無料)、展示会が行われています。

 「百聞は一見にしかず」。先ずは一度、作品をご覧ください。

 

by shouichiro_sato | 2009-06-28 21:22 | 産業振興 | Comments(0)  

あきた南米交流会

 昨年9月に再発足した「あきた南米交流会」の総会が、きょうの午後に秋田市の協働大町ビルで開かれました。

 同会は南米に関心をもつ皆さんが南米の対する情報交換や相互理解、友好親善を図ろうというもので、過去に南米を訪問した人や親戚に南米へ移住した人がいるなど、現在の会員は37人。私には南米訪問の経験はありませんが、羽後町長在任中に町内からブラジルへ移住した人がいたことを知ったことから、メンバーになっていました。

 今年の事業計画は、同会の活動を紹介する日本語と外国語(英語とポルトガル語など)のリーフレットを作成して、南米の県人会などに広く紹介するほか、会員の拡大に努めることにしました。特に、来年(2010年)は「ブラジル秋田県人会創立50周年」を迎えることから、同会の小松雹玄会長が7月に来秋する予定であり、記念行事への協力についても検討することにしています。

f0081443_21423864.jpg 総会では議事の終了後、(財)秋田県国際交流協会の佐藤英孝事務局長から秋田県の国際交流の現状について講話をいただきました。(写真)

 それによると南米にある秋田県人会は、ブラジルやアルゼンチン、パラグアイの3カ国に7団体、848名が参加しているとか。中でもブラジル・サンパウロにある「ブラジル秋田県人会」は1960年1月に設立され、464名の会員がいます。尚、歴史が古いのはアルゼンチン・ブエノスアイレスにある「在亜秋田千秋会」で、発足は1947年。現在の会員は282名です。

 未知の大地・南米へ移住した皆さんは、県人会を通してお互いが励ましあい、頑張ってきたことでしょう。そうした苦難の歴史を振り返ると、さらに交流を深めていきたいものだと思います。

 尚、世界の秋田県人会について県が把握しているのは、ホノルル秋田県人会(アメリカ・ハワイ、1993年設立・10数名)、北京秋田県人会(1999年設立・38名)、南加秋田県人会(アメリカ・ロサンゼルス、2000年設立・65名)、カリフォルニア秋田県人会(アメリカ・サンフランシスコ、2000年設立・20数名)、パリ秋田県人会(フランス、2001年設立・23名)の5団体のみ。以外と少なく、発足したのも最近なんですネ。

 それだけに歴史のある南米との繋がり、大事にしていきたいと思います。南米に興味のある皆さん、是非とも参加してみませんか。

by shouichiro_sato | 2009-06-27 21:45 | 今日の出来事 | Comments(0)  

地域防災で意見交換

 今月3日の午後8時過ぎ、羽後町田代で住宅1棟と作業小屋を全焼する火事がありました。火災が発生したのは宅地内にある作業小屋の車庫でしたが、水利が悪かったために消火活動が遅れ、住宅に延焼してしまったとのこと。出火当時に家にいた世帯主と奥さんは逃げ出して無事でしたが、飼っていた牛2頭が犠牲になっています。

 この火災は、上水道が無いために消火栓が設置されていない地域の様々な問題を提起しており、今夜は田代振興会が呼びかけて、軽井沢振興会、上到米振興会、地元消防団、消防後援会の代表が集まって今後の対策を話し合いました。

 問題となった事項は、①「火災が発生したのに、地域のサイレンが鳴らなかったのは何故か」 ②「火災が発生した集落には防火水槽がなかった」 ③「最も近い所の農業用溜め池から水を引くにも、方法が分からなかった」 ④「充分な消火活動ができず、近隣への延焼を食い止めることで精一杯」等々・・・・・です。

 ①については、消防団の再編で団員が少なくなっていて、現場へ急ぐあまり役割分担が機能しなかった。第三者が独自に判断してサイレンを鳴らすこともできないし、そうした経験もないから、どこでどうすればサイレンが鳴るのか分からなかった。故に、地域内でも翌朝に新聞を見るまで火災があったことを知らない人が多かった。(実は、私もその一人でした)

 ② 火災があった集落は旧田代小学校があったところで、プールがあったために防火水槽を設置する対象にはなっていなかった。ところが4年前に小学校が統合し、校舎は解体。プールも管理者がいないと危険なために廃止になり、撤去されていた。

 ③ 溜め池までは500mほど離れているが、この水を流すと被災した集落を通る用水路に水がくるため、唯一の水源として駆けつけた人もいたが、溜め池の「栓を抜く」方法が分からないし、経験もない。結局、地域の長老が駆けつけるまで水は流れず、集落に届くまでは相当な時間がかかった。

 ④ 西馬音内の消防分署や湯沢市にある消防本部から消防車が駆けつけたものの、当初は水利が悪くて充分な消火活動ができなかった。しかし、集落の人たちによるバケツリレーで原野への延焼を防いだり、隣家との境にある植木が火を止めた。住宅の後ろは杉林だったが、幸いにも風が無く、他の住宅や山林火災への拡大は免れた。

 こうした状況分析から、田代地区内の3振興会では今一度、各集落内の防災体制について点検すると共に、特に水利の状況については集落の年配者などから具体的な指導を受けておくなど、地域の在住者で情報を共有していくことを確認しました。

 もっとも火事を起こさないことが一番大事であり、消防後援会では「火の用心」の張り紙を全世帯に配布する予定です。そういえば、家屋が新しくなっていくと同時に、「火の用心」の張り紙を見ることも少なくなってしまいましたネ。

by shouichiro_sato | 2009-06-26 22:01 | 地域活動 | Comments(0)  

巣立ち

f0081443_22205386.jpg 秋田市の事務所があるプレイタウンビル一階に、ツバメが巣を作っておりました。巣は「東京まんぷくラーメン秋田本店」の入口の上にあり、毎日店員が周囲の掃除をして見守っておりましたが、きょうは雛が見当たりません。

 孵化した雛の鳴き声が聞こえていたと思っていたら、あっという間に大きく成長していましたから、きっと巣立っていったことでしょう。主役のいなくなった巣を見上げて、店員さんもホッとしておりました。

 (写真左・すっかり大きくなった3羽のツバメ。6月23日撮影)

f0081443_22284578.jpg 一方、昨日の朝のことです。わが家の前にある建物から、20数羽のスズメのけたたましい鳴き声が聞こえます。例年この場所にはスズメが巣を作り、今年も雛が孵ったらしく可愛い鳴き声が聞こえていましたが、その時は尋常ではありません。

 「何だろう」と行ってみると、屋根の上には大きなヘビがいて巣を狙っています。さらには、巣から逃げ出した子雀たちが必死の飛行で脱出。玄関先には数羽の子雀が避難してきました。(写真・震える雀の子)

 見守ること数十分。元気を回復した子雀たちは再び飛び立ち、巣の近くの下屋に移っていきました。めでたし、めでたし・・・・・・。

by shouichiro_sato | 2009-06-25 22:47 | 家族・仲間 | Comments(1)  

109万9351人

 県調査統計課が23日に発表した秋田県の人口は、今月1日現在で109万9351人。前年同期比で1万1587人の減少です。県人口は1982年以降26年連続で減少しており、ついに110万人を切ってしまいました。特に1999年からわずか10年で約10万人、最近は年間で1万人以上が減少し、その減少率は全国一。減少ペースは年々、加速している状況です。
 
 最近の年間出生数は7165人。亡くなった人は1万3792人で、ほぼ2倍。出生数から死亡数を引いた自然動態は1993年から減少し続け、少子化により一層拍車がかかっています。

 一方、転入者から転出者を引いた社会動態では、転出者が5000人近くも上回っており、特に15~29歳の若年層の県外流出が目立っています。

 このまま推移すると、秋田県の人口は国立社会保障・人口問題研究所の推計を超え、2018年頃には100万人を割り込む可能性もでてきました。

 人口が減るということは、経済活動はもとより社会全体の活力を低下させることにつながります。その上、少子高齢化の流れが顕著な秋田県では、人口構成も「ツボを逆さにした形」になってきて、労働力の確保や社会保障制度の維持にも影響がでてきます。

 わが国そのものが人口減少の時代に突入してきたとはいえ、都道府県によって事情は大きく違います。秋田県の場合、高速交通体系や情報通信の整備が進み、首都圏や仙台市との距離感が縮んだ分だけ、人口流出に拍車がかかったのですから、残念です。

 県では先月、佐竹知事を本部長とする「少子化政策本部」を立ち上げ、県庁を挙げて少子化対策に取り組むことを決定しましたが、若年層の県外流出に歯止めをかけ、新たな定住人口を増やすには、何よりも産業の振興が重要な鍵となるでしょう。

 秋田県のもっている地理的条件や自然環境、豊かな県民性を活かした農林漁業、医療福祉、エネルギー、リサイクル、観光など、部品製造を中心とする既存の企業活動を超えた、「産業興し・産業革命」運動が必要です。

 県人口の「100万人以上」を堅持し、魅力あふれる秋田県を創るために県民の英知を結集しましょう。

by shouichiro_sato | 2009-06-24 22:24 | 秋田県 | Comments(0)  

湯沢物語

 最近、気になっていたホームページとブログがありました。秋田県の特産品を販売するサイト「あい秋田地産グループ」で、その中に書かれている「秋田あいの日記」です。

 同サイトの責任者で、ブログ「秋田あいの日記」に2005年12月から「湯沢物語」を連載しているのは、安倍彩矢(あべ・あや)さん。現在は羽後町西馬音内に在住し、小説のほかにもWeb絵本作家にイラストレーターとして活躍中の(20代の)女性です。

 その安倍さんが昨年、西馬音内盆踊りの取材に来た出版者の方のお手伝いをしたことから、ブログに連載していた「湯沢物語」が注目され、ついに今月16日、秋田発(初?)のライトノベルとして文庫本になりました。 (写真)

f0081443_2133468.jpg
 精霊界「蜃気楼水源」と現実世界「湯沢・西馬音内」を舞台にくりひろげられる、恋と魔法の冒険ファンタジック・ラブストーリー! 人気ブログから生まれたもう1つの「湯沢物語」!・・・・。発行は秋田文化出版株式会社。296項、A6版(文庫本サイズ)、定価は700円(税込)です。

 湯沢物語の初版には、2005年12月17日から2007年5月1日までの物語、26話が収録されていますが、現実とファンタジックな世界が織り込まれた不思議な小説は、特に若い世代の女性がファンになりそうで、今後の展開も楽しみです。

 趣味は能楽、喜多流で舞と謡い。物産展に参加する時の制服はメイド服で、クラシック調が好きだという安倍彩矢さん。7月11日(土)夜に西馬音内で行われる「かがり火天国」では、安倍さんのサイン会も予定されています。

by shouichiro_sato | 2009-06-23 22:09 | 羽後町 | Comments(3)  

「崖っぷち」

 産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)が20、21日に実施した全国世論調査によると、麻生内閣の支持率は17.5%で、5月17日の前回調査より9.9ポイント下落。不支持率は11.8ポイント増の、72.7%でした。

 政党支持率でも民主党が28.1%で、自民党は20.1%。次の衆議院議員選挙比例代表の投票先も、民主党が45.9%で自民党は25.2%。その差は拡がりつつあります。さらに、「麻生・自民党総裁と鳩山・民主党代表のどちらが首相にふさわしいか」という問いには、鳩山代表が51.6%、麻生総裁が19.8%。こちらも差は拡大しており、すでに国民は麻生政権に見切りをつけた感じです。

 小沢・前民主党代表への違法献金事件で小沢氏の公設秘書が逮捕された後の4月には、麻生内閣の支持率も28.2%まで回復しましたが、それでも不支持率は59.2%でダブルスコア。民主党の代表が鳩山氏に交代し、日本郵政社長問題で総務大臣を更迭したことで、再び10%台の「危険水域」に逆戻りしました。過去に例のない最大規模の経済対策を盛り込んだ補正予算や関連法案が成立しているにもかかわらず、そうした政策への国民の評価も厳しく、正に「八方ふさがり」の状況です。

 当然のことながら、麻生首相は自民党が勝利できる最適な時期を選んで解散・総選挙を断行したいでしょうが、残された時間は少なく、状況は厳しくなるばかり。特に7月12日には東京都議会議員選挙があり、自民党の議席数はその後の政局に与える影響も大きいはず。首相自らが党公認候補者の全事務所を訪問するという異例の支援態勢?を取りながら、万が一にも自民党が都議会第一党の座から転落するようであれば、総選挙の前に自民党総裁選挙の前倒しを求める声が大きくなり、麻生執行部が党を掌握できなくなる事態も予想されます。

 今までの自民党中心の政権か、それとも民主党に期待するのか。「政権選択」選挙が現実味を帯びてきた中で、これ以上先送りしたところで麻生さんにとってのプラス材料は見当たりません。ここは政治家としての覚悟を決めて、一日でも早く国民の審判を受けるべきでしょう。 

by shouichiro_sato | 2009-06-22 22:07 | 国政・時事 | Comments(0)  

「夏至」と「父の日」

 きょうは二十四節気の「夏至」、一年でもっとも日中の時間が長い日です。羽後町では朝方に雨が降ったものの、昼前から気温が30度前後まで上昇し、盛夏を思わせる一日でした・・・・。

 このところ、79歳の母は毎朝4時過ぎから隣家のイチゴ収穫をお手伝い。収穫作業には土日もなく、今朝は雨合羽を着ての仕事だっただけに、朝食後は「一休みさせてもらう」と寝室へ。

 昨夜遅く、埼玉県嵐山町にある独立行政法人国立女性教育会館(ヌエック)での研修から帰ってきた妻は、午前8時から農協女性部の皆さんと地域の環境美化活動で花苗の植え付け作業。

 私は午前中に自宅で所用を済ませ、午後3時からは秋田市の秋田県民会館で開催された(財)秋田県市町村職員互助会が主催する文化講演会に参加。講師は俳優でエッセイストの松居一代さんで、自らの体験から勇気や希望が湧いてくるお話、「生きているってすばらしい 人生GO!GO!GO!」。会場は満員で、1時間30分の時間があっという間に過ぎた感じの、元気をもらった感動する内容でした。

 6時過ぎに帰宅してもまだまだ外は明るく、つなぎの作業服に着替えて家の周りの草刈作業。土日の休みを利用して友人と出かけていた娘が帰宅するのを待って夕食。娘からは父の日のプレゼントに、旅先で買った焼酎をいただきました。

 「夏至」と「父の日」。・・・・・・皆さんのご家庭では、どんな一日でしたか。

by shouichiro_sato | 2009-06-21 23:31 | 今日の出来事 | Comments(0)