人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

新型インフルエンザ

 メキシコから世界各国に拡大している「新型インフルエンザ」。日本でもアメリカから成田空港に帰国した20代の日本人女性一人にA型の陽性反応があり、午後8時過ぎに救急車で病院に収容され、詳しい検査が行われています。

 世界保健機関(WHO)がメキシコとアメリカで豚インフルエンザの人への感染が相次ぎ、「メキシコ市周辺で60人が死亡した疑いがある」と、明らかにしたのは24日。3日後の27日には、警戒水準を「フェーズ3」から世界的な流行になる可能性がある「フェーズ4」に引き上げると発表。これを受け日本政府も28日午前5時50分、首相官邸に「新型インフルエンザ発生に関する官邸対策室」を設置しました。

 30日までに感染が確認されたり疑われるのは30の国や地域に広がっており、大流行に向かう流れが強まったとして、WHOは警戒レベルを「フェーズ5」に引き上げ。国内でも空港などでの「水際作戦」を徹底するとともに、都道府県の基幹病院に「発熱外来」を設置する準備が進んでいます。

 ここはまず、「正確な情報収集と冷静な対応」が肝心でしょう。

 一方、農家の立場から心配されるのは「風評被害」。当初は「豚インフルエンザ」の活字が見出しとなっていたために、大手の牛丼チェーン店がメキシコ産豚肉を使った「豚テキ定食」の販売を中止すると発表するなど、「豚肉離れがおこるのではないか」心配でした。しかし農林水産省は、「豚肉は安全であり、全く心配ない」ことをPR。石破大臣も28日の記者会見で、「今後は豚インフルエンザという言葉は使わない」と述べ、豚肉への風評被害への懸念を表明。その後はニュースの見出しも「新型インフルエンザ」と表記されていますから、ホッとしています。

 センセーショナルになりがちなマスコミも今回は冷静に対応しているようで、何よりです。

by shouichiro_sato | 2009-04-30 22:26 | 社会・話題 | Comments(1)  

国道341号

 鹿角市花輪に用事があり、今月17日に冬季閉鎖が解除された(ただし当分の間、夜間は通行止めが続いています)国道341号を利用しました。同路線は鹿角市を起点に由利本荘市に至る全長168.9キロメートルの国道ですが、魅力は仙北市田沢湖から鹿角市八幡平にかけての山岳ルートです。

 久しぶりに走った341号は、仙北市田沢湖町・鎧畑ダム近くの狭隘だった道路がトンネルに改良されていて、快適なドライブコースになっていました。瑠璃色に輝く鎧畑ダムや玉川ダム、道端にあるミズバショウの群落、硫黄の香りが漂う残雪の中の玉川温泉、ブナ林と雪の光景など、素晴らしい景色の連続に、思わず携帯電話のカメラを向けてしまいました。

f0081443_22464246.jpg

f0081443_22473920.jpg

f0081443_2248151.jpg
 (写真・上から玉川ダム、鳩の湯付近のミズバショウ、仙北市と鹿角市との境です)

by shouichiro_sato | 2009-04-29 22:57 | 今日の出来事 | Comments(0)  

自動車学校

 千葉にいた娘がこの春に帰ってきて、今は地元の羽後自動車学校に通っています。

 首都圏で暮らすつもりだったのか、夏休みに帰省した時に「運転免許は取得していたほうがいい」と勧めても、全くその気がなかったのですが、秋田で暮らすとなれば自動車がなければ仕事も生活にも不自由です。知事選挙の期間中は秋田市の事務所で手伝いをし、終わってすぐに入校しました。

 最初は「ハラハラ、ドキドキ」して、毎日が緊張の連続だったようです。しかし、きょうは第一段階の「仮免許」試験に合格し、笑顔で帰宅。娘もホッとしたことでしょう。ただ、この後は実際に道路を運転する講習もあり、これからが重要ですから、まだまだ気が抜けません。

 基本をしっかり身につけて、「安全運転」。初心を忘れずに頑張ってもらいたいものです。

 ところで、自動車学校も少子化の影響で入学者が激減しており、経営も大変です。その上、地方の場合は高校生や大学生の夏休みと冬休み、春休みに集中しています。その為か今の時期は閑散期で、受講料金にも割り引き制度があるとか。娘の就職が決まっていない悩みもありますが、いくぶん得をしたような・・・。

 親としては、(経費の面からも)順調に段階を進んでいくことを願っています。

by shouichiro_sato | 2009-04-29 00:23 | 家族・仲間 | Comments(0)  

「1社1村運動」

 大分県の平松知事(当時)が提唱した「1村1品運動」は、全国で取り組んだ地域興し運動の草分けでしたが、秋田県で「1社1村運動」が始まっているとは、知りませんでした。

f0081443_9464149.jpg 27日付の秋田魁新報によると(写真)、県が仲人役になって企業と地域を結び、共同活動によって地域の活性化を図るもので、第一号の「カップル」が成立しました。第一号となったのは大坂に本社がある外資系製薬会社「アストラゼネガ」と、五城目町馬場目地域。同地域は県が昨年度から「農山村活力向上モデル事業」で支援しており、活性化に取り組んでいる「清流の会」や地元の人たちと意見交換し、共同作業を行うことで合意しています。

 アストラゼネガは企業の社会的責任活動として、「高齢化するむらを応援するプロジェクト」を3年前から始め、平日の一日を選んで全社休業日とし、社員約3,000人が全国各地で荒廃した棚田の草刈や水路整備など、農作業支援を行ってきました。今年は10月9日に、五城目町を含めて60ヶ所で実施する計画です。

 もっとも、1社1村運動のモデルは韓国が2004年から国を挙げて実施している「農村1社1村運動」があり、日本国内でも静岡県が05年から「1社1村しずおか運動」として取り組んでいるとか。秋田県の「1社1村運動」はどういう活動を行うのか、具体的な計画はこれからのようですが、一過性の行事で終わることなく、地域の価値の再発見につながり、交流が深まることを期待したいものです。

by shouichiro_sato | 2009-04-27 23:48 | 秋田県 | Comments(0)  

峠のクリーンアップ

f0081443_2347229.jpg

 毎年4月の最終日曜日には、羽後町上到米地域にある峠のクリーンアップ(主催・上到米振興会)が実施されています。

 26日は午前6時から、小雨の中でも100人以上が参加して国道398号の横根峠と夫婦坂、それに町道・荒沢線の3ヶ所に分かれ、投棄された空き缶やビン類、燃えるゴミ等を回収しました。(写真・夫婦坂には、上唐松と下唐松の集落から50人が参加) 

 毎年のことながら、「誰が捨てているんだろう?」「わざわざここまで持ってきて捨てるとは、腹が立つなあ」などと言いながら、一時間。峠はきれいになりました。

by shouichiro_sato | 2009-04-26 23:45 | 地域活動 | Comments(0)  

知事選奮闘記⑩ 「フィナーレ」

 選挙運動最終日(11日)は、午前7時30分過ぎに秋田市民市場へ。「秋田、これでいい会?」の山村巌会長の案内で、朝早くから活気のある各店舗へご挨拶。8時には外で待機している選挙カーに戻って、街頭演説を開始。17日間といえども過ぎてしまえば短く感じる選挙戦は、きょう限りです。

 前日には地盤である県南部をさらにテコ入れしようと、遊説日程を変更したり、夜には湯沢市内で個人演説会を開催。選挙漫談家の辻田与五郎さんも「車上運動員」として応援に駆けつけてくれるなど、選挙カーのボルテージは最高潮になっていましたから、最終日もその勢いで大票田の秋田市内を巡りました。

 特に、街頭演説の締めくくりをどう盛り上げるかは、各陣営にとっても知恵のみせどころ。藤本さんは八橋のショッピングセンターで共産党の大型街宣車を使用。佐竹さんは事務所裏駐車場に大勢の関係者を動員。川口さんは駅前のアゴラ広場でお祭りムード。当方は選挙カーのウグイス嬢が「あしたは佐藤、知事には佐藤、ぜったい佐藤」とコールしながら、中央通りから秋田駅前、広小路を通って、午後7時45分に事務所近くの大町「五丁目橋」に到着。

 私はこの場所を選んだ理由として、「県民と県庁の懸け橋になる」。最後は集まってくれた市民の皆様や大勢の支持者、スタッフに感謝して、「17日間というより、前回からの4年間の戦いだった。県民の幸せのためにさらに努力する覚悟を決めた。誇れる秋田をつくっていきたい」と声を振り絞りました。



 《 付 録 ・ 選挙戦が終わって 》

f0081443_13562948.jpg

 4月19日の秋田魁新報のコラムに、知事選挙の話題がありました。昨年8月に立候補を表明して以来、新聞社やテレビ局の記者、カメラマンなど多くのマスコミの関係者と知り合いになりましたが、皆さんは選挙の行方や結果のみならず、様々な角度から観察?されていたのでしょうネ。早朝から深夜まで、県内を駆け巡ってこられた皆さん、誠にご苦労様でした。 

by shouichiro_sato | 2009-04-25 23:04 | 秋田県知事選挙 | Comments(1)  

知事選奮闘記⑨ 「ニアミス」

 遊説12日目の4月6日。北秋田市にある秋田内陸線・合川駅方向に向かって選挙カーを進めると、農協前には大勢の人。私の陣営では同所に動員する計画はありませんでしたから、「北秋田市では5日から市長選挙が始まったし、その街頭演説でもあったのかな・・・」と思ってその中を通りすぎると、近くの旅館前には川口さんの選挙カーが駐車中。当方も駅前の旅館が昼食会場でしたから、その距離は100メートルもありませんでした。

 実は告示から最終日までの17日間、私は他の知事候補者と出会うことはありませんでした。他陣営がどんな遊説をしているのか、候補者は「どういう内容の話をしているのか」気になるのですが、わざわざ訪ねることもできませんので、これが唯一のニアミス?です。

 一方、市長選挙や県議会議員補欠選挙が行われている市では、多くの候補者と鉢合わせ。北秋田市や男鹿市では県議選の候補者と遊説が重なった地域もあり、沿道の市民の皆さんにウグイス嬢は「〇〇候補のご健闘をお祈りします」。続けて「知事には佐藤、知事には佐藤をお願いします」と、連呼。

 秋田市では市長候補の到着を待っている町内を通ったら、集まっている市民の前で市長選の応援に来ていた県議会議員が、「折角だからひと言、挨拶をしてください」と、嬉しいご紹介。選挙が違えば和やかものですが、これが知事選の他陣営だったらどうなるだろうと、思った次第です。実際、最終日には秋田市の住宅街で「さとう」と「さ〇〇」を聞き間違えたためか、あわてて玄関先から引き返す人にも何度か出会いました。

 結局、3人の知事候補者(この時点では候補予定者)の皆さんと出合ったのは告示前の3月23日と24日、県内のボランティア団体などがつくるネットワーク会議「秋田の『なして?』を考える会」(加賀谷七重代表)が、横手市、能代市、秋田市の3ヶ所で開催した公開討論会が、唯一の機会でした。

f0081443_9262611.jpg
 (写真・討論会終了後、花束を手に握手をする左から川口さん、藤本さん、佐竹さん、私です。3月23日、横手市ふれあいセンター「かまくら館」にて)

by shouichiro_sato | 2009-04-24 23:34 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

知事選奮闘記⑧ 「世論調査」

 国政選挙や知事選挙の場合、テレビ局や新聞社などの報道機関は投票日1週間前の土日に「世論調査」を行っています。2年前の参議院議員選挙でも、この調査で秋田県選挙区では優勢と見られていた現職の苦戦が伝えられ、結果もその通りとなりました。候補者や陣営にとっては、この時点での調査結果の数字が当落に大きく影響すると分かっていますから、月曜日の新聞記事が気になります。

f0081443_21185733.jpg その見出しは「佐竹氏先行 追う川口氏」、「佐藤氏、藤本氏伸び悩む」 (写真・4月6日の秋田魁新報「第一面」)

 今回の知事選では、自民党や民主党の統一候補として県出身者のジャーナリストや官僚の擁立を目指したものの、それは実現しませんでした。正月過ぎから、ようやく佐竹さんや川口さんの名前が新聞紙上に登場し、いち早く民主党県連が「川口さん支持」の方針を決定。一方、社民党県本部や連合秋田は寺田知事の路線継承を嫌って佐竹さん支持を表明。やがて自民党県連も佐竹さんの支持を決めたことから、政党色が表面化する選挙戦が予想されました。それ故にわが陣営は、国政の状況を逆手にとって「太郎でもない、一郎でもない。おらほの正一郎だ」とのキャッチフレーズで、「県民党」の立場を強調する戦略を展開したのです。

 実際、民主党県連は県内全域で機関紙を二回も配布し、川口さんの小坂町長としての実績をアピール。魁新報なども川口さんの動向を毎日のように一面で報道していましたから、一気に知名度を高めていきます。一方、佐竹さんは誰もが知っている「秋田の殿様」で、知名度は抜群。しかし、お二人とも告示が近づくと支持している政党色を出さないように配慮し、「県民党」「秋田党」であることを強調してきました。

 そうして始まった選挙戦。県議会議員の皆さんは自民党や社民党議員が多いのに、あえて無所属議員を代表にして超党派で佐竹さんの支援組織をつくり、県内を行脚。川口さんを支援する国会議員や県議会議員の動きも活発でした。投票日一週間前の調査結果は、こうした支援組織の実情を反映して、支持率で概ね「佐竹さん50%、川口さん30%、私と藤本さんで20%」だった模様です。。新聞の見出しはこの数字から来たもので、ここから「佐竹さん」か「川口さん」かに、有権者の関心が移っていきます。

 選挙戦の前半を地元中心に、かつ農業が基幹産業である県南部を遊説していた私は、充分な手応えを感じていました。しかし、新聞報道後に遊説した県北部では「今度は県北から知事を誕生させよう」というムードも高まっており、「太郎でも、一郎でもない」というより、「佐竹さんか、川口さんか」の選択になっていました。

 終盤には遊説していても「潮が退いていく」ような感じを受け、私は「これは厳しい」と認めざるを得ません。さあ、どうしましょう。残す数日に、起死回生の戦略はあるのでしょうか・・・・・・・。 

by shouichiro_sato | 2009-04-23 21:24 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

知事選奮闘記⑦ 「思わぬ出来事」

 県内一円を遊説していると、思わぬ出会いや出来事に遭遇します。中でも4月4日に訪ねた男鹿市のことは忘れることができません。

 選挙カーが船川地区を連呼中、あるお宅から喪服姿の母娘が出てこられました。車から降りてご挨拶すると、「あの時は助かりました。父は亡くなりましたが、きょうは仏送り。まさかあの時の人が知事選挙に立候補しているとは。今も家族で佐藤さんのことを話していたところです」。

 そういえば2ヶ月ほど前、知人の案内で同町内にご挨拶した際、在宅で介護されているお年寄りがベットから落ち、奥さんが助けを求めているのに遭遇しました。初めてのお宅なので中に入るのは躊躇しましたが、緊急事態ゆえに知人と二人で抱きかかえ、ベットに戻すお手伝いしたことが・・・・。そのお父さんが亡くなったとのこと。仏事の最中に屋外に出ていただき申し訳なかったのですが、故人を偲び(玄関先から)合掌しました。

 やがて選挙カーは、男鹿の勇壮な海岸美を左に見て門前地区から戸賀、入道崎を巡って北浦を通過。スピーカーの音量も最大にして、ウグイス嬢の元気な声が響いています。ところが正午過ぎ、連呼の間に「防災行政無線」のスピーカーからチャイムが聞こえます。定時の時報ではない様子なので、すぐ拡声器の音を低くすると、「北朝鮮からロケットが打上げられた模様です。万が一に備えて注意してください」。こうした事態になれば、選挙運動(連呼)も一時中止です。

 しばらくして、再びチャイムの音。今度は「先ほどの情報は、誤探知でした」との放送。安堵して選挙カーを走らせると、市民の方は「二度も誤った情報が放送されました」とのこと。午前11時前にも同じようなこと(この時は気がつきませんでした)があったみたいで、国や県の危機管理の在り方を心配しておられました。

 選挙運動といえども、その時やその場の状況を的確に判断して対処しなければなりません。秋田市の雄和地区でも遊説中に火災現場に遭遇し(鎮火後でしたが、地域は騒然としていました)、急遽、コース変更をしています。

by shouichiro_sato | 2009-04-22 17:36 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)  

知事選奮闘記⑥ 「政見と公約」

 何の選挙であっても立候補する者にとっては、「政見と公約」が重要です。当選したら「何をしたいのか、何ができるのか」は、有権者にとって最も関心のあること。特に現職の寺田知事が勇退を表明している選挙ですから、「これからの秋田県をどのように導くのか」が最大の焦点になるのは当然です。

 私は昨年夏に立候補を表明し、12月末には秋田県のかかえる課題と政策をまとめ、「秋田の再生」マニフェスト(骨子)として発表しました。後続の候補者にとってはこれが一つの参考資料(たたき台)?となり、さらに知恵を絞ったそれぞれのマニフェストが公表され、ホームページでも紹介されています。

 佐竹さんは「世界が変わる。日本も変わる。秋田はもっと変わる」と題して、県の「かたち」を変えます!、県政推進の「かんがえ」を変えます!、「こころ」をかえます!というマニフェストを発表。川口さんは「オール秋田」で意識革命、「オール秋田」で産業革命をキーワードに、「いま、変わらなければ(秋田県に)次はない」として、「産業育成と雇用創出」を目玉にしたマニフェストを発表しました。

 さらに新聞各紙は選挙運動期間中、各候補者が「どんな政治姿勢で、どんな政策を実現しようとしているのか」を伝えるために、4人の候補者に詳細なアンケートを行い、その回答を紙面に掲載しています。

 それらの内容を見てみると、道州制へのスタンスや行財政改革、全国学力テストの結果公表などを除けば、産業振興や雇用対策、教育や医療・福祉の政策には大きな違いはありませんでした。ただ、候補者によって取り上げる順番が異なっているだけでしたから、そうしたことが「政策に大きな争点はなかった」と論評された所以でしょうか。

 2003年10月に公職選挙法が改正され、衆議院議員総選挙や参議院議員の通常選挙では名簿を届けた政党に限ってマニフェストを配布できることになっていますが、ローカル選挙ではできません。ただし、選挙や候補者を特定せず、投票依頼を書いていないローカル・マニフェストであれば、選挙期間中でも配布できるようですが、これでは何の選挙か誰が候補者なのか分かりませんから、効果は未知数です。

f0081443_21391722.jpg
 候補者が「政見と公約」をお知らせできる文書は県選挙管理委員会が発行する選挙公報。それに選挙用葉書と法定ビラのみ。選挙公報は県内の全世帯に配布されましたが、ビラは街頭演説や個人演説会で配布したのが約1万枚。12万枚は選挙戦の後半に秋田市内の全域と一部の地域に新聞折込させていただきました。これとて、県内の3分の1の世帯に過ぎません。

 選挙公報では大きな活字で政策の一部を簡潔に表現した候補者もいましたから、各候補者の詳しい政見と公約は、有権者にどこまで届いているのでしょうか。(写真・私はA4版の法定ビラの表裏に、「秋田の再生」をめざすマニフェストの骨子を掲載しました)

by shouichiro_sato | 2009-04-21 21:46 | 秋田県知事選挙 | Comments(0)