人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

「元気にやっております」

 毎日書き込んでいた「日記」。2日も更新できず、申し訳ありませんでした。きょうは朝から、「風邪でもひいてダウンしたの?」「知事選挙を諦めたの?」等など、心配する電話をいただきました。ご心配をかけた皆さんには、衷心より感謝申し上げます。

 毎日、その日のうちに書き込むつもりで宿舎に帰っているのですが、2晩ともパソコンの電源を入れて起動するのを待っている間に、ウトウトしてしまったのが原因です。きょうも一日駆け巡っておりましたが、何とか自宅に帰って、「元気にやっている」ことを報告させていただきました。

by shouichiro_sato | 2009-01-31 23:59 | 政治活動 | Comments(0)  

カブとダイコン

 「カブはやっていないが、ダイコンで頑張っている」

 横手市の専業農家の皆さんに呼ばれて意見交換していた席上、こんな言葉を聞きました。横手でカブを栽培している農家がいるのか不思議でしたが、実のところは「カブはかぶでも、株取引のこと」。「株などやっていないがダイコンを栽培し、『いぶりがっこ』作りに頑張っている」という話です。

 そんな声がある一方で、「農業でやっていけなくなった。所得が無ければ誰も後を継がなくなる」「作れば作るほど、赤字になる。こんな状況で本当にいいのか」「現場からの声を主張して、国の農政を変えてほしい」「農民党を結成して行動するべきだ」・・・・・・など、切実な訴えも聞いてきました。

 「企業誘致に躍起になっている間に、気がついてみれば食料自給率は40%。農業の担い手もいなくなった。こんな状況でいいのだろうか?。定額給付金の2兆円を産業振興、特に農家の所得保障に振り向ければ、農業の再生も可能ではないか」

 ゲーム感覚や誤魔化して豊かになるのではなく、一生懸命に頑張っている皆さんの声に応える政策の大切さを、痛感したひと時でした。

by shouichiro_sato | 2009-01-28 22:27 | 今日の出来事 | Comments(0)  

東奔西走

 昨夜は、横手市での会合を終えてから秋田市に戻り、今後の活動についてミーテング。

 今朝は午前8時に宿舎を出て、大仙市大曲へ。先輩の案内で訪問活動の予定でしたが、先輩は風邪で体調不良。紹介いただいた名簿を頼りに、挨拶回り。昼休みの時間を利用して羽後町の自宅に帰り、着替え等の準備。

 午後は再び大仙市を経由して秋田の事務所。2月22日に行う「秋田の再生」総決起大会の案内文書の発送準備。5時過ぎからは当面の活動についての打ち合わせ。

 その後、明朝に訪問予定の八峰町に近い能代市に移動。今夜は能代に泊まります。きょう一日の走行距離は、およそ300キロメートルでした。

by shouichiro_sato | 2009-01-27 23:51 | 今日の出来事 | Comments(0)  

横手市にて

 今夜は横手市で「励ます会」を開いていただきました。参加してくれたのは、妻・万里子の実家(横手市平城)のご親戚や、元町村長の先輩。農業や職人さんなどの仲間と、地域活動の実践家の皆さんら、50人余。皆さんから心温まる激励をいただき、「秋田の再生のために頑張ろう」との決意を新たにしてきました。

by shouichiro_sato | 2009-01-26 23:50 | 政治活動 | Comments(0)  

山形県知事選挙

 きょう投票が行われた山形県知事選挙で、新人の吉村美栄子氏(57歳)が現職の斎藤弘氏(51歳)を破って当選しました。東北では初めての女性知事の誕生です。

 現職の斎藤氏は県選出の自民党国会議員や県議会議員の大半と、県内の首長の7割を超す支援を受けるなど、万全の体制だったにもかかわらず再選を果たせませんでした。「2期目の選挙は強い」というのが選挙通の見方でしたが、県政の転換を求めて斎藤氏の行財政改革が県民に「痛み」を与えたという吉村氏の訴えに、県民が共感したのでしょう。選挙戦前半の世論調査では斎藤氏が優勢と伝えられていただけに、ヤッパリ選挙は「開けてみるまで分からない」ものですね。

 お二人の候補は政党の推薦を受けなかったことも注目されました。従来であれば知事選挙などの広範囲にわたる選挙は政党が主導して候補者を擁立していましたが、そうした枠にとらわれず選挙戦が行われたことも、新しい動きです。

 アメリカのオバマ大統領に限らず、東北の地でも大きな変革の時代になってきたことを実感する山形県知事選挙。秋田県も頑張らなければなりません。

by shouichiro_sato | 2009-01-25 23:40 | 今日の出来事 | Comments(0)  

中小企業家同友会

f0081443_23561250.jpg

 昨年に続いて、秋田県中小企業家同友会の新春例会に参加しました。 (写真・秋田市のシャインプラザ平安閣にて)

 新春講演は慶應義塾大学の植田浩史教授。「激変の中、どのような存在意義をめざすのか」をテーマに、たくましく生き抜いている企業の姿とその真髄についてのお話です。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2009-01-24 23:48 | 産業振興 | Comments(0)  

賀詞交換会

 羽後町にある唯一の温泉施設、「五輪坂温泉・としとらんど」の新年賀詞交換会が今夜開かれ、出席してきました。

 同施設の役員や関係者が一同に会して例年この時期に開いている会合ですが、今年は温泉施設が完成して満10年となったことから、当時の温泉掘削や施設整備に関わったものとして、私にもご案内をいただきました。

 出席者は60名余。食材を提供している地元の農協や食肉流通公社、飲料卸や酒店、お土産納入者、クリーニング、水道、メンテナンス等など、多くの業者の皆さんが係わっていること驚きながら、皆さんが「としとらんど」を応援してくれていることに感謝してきました。

 浜田社長はご挨拶で、「厳しい時代になったが、今こそビジネスチャンスととらえて頑張っていきたい」と話していましたが、「としとらんど」の人気は何んといっても「美味しい料理と素晴らしい眺望」。入浴料金も400円で、休憩室の利用は無料。町内外の皆さんの憩いの場として、その役割をしっかりと果たしています。

by shouichiro_sato | 2009-01-23 23:52 | 羽後町 | Comments(0)  

唐松神社

 《 カメラスケッチ ・ 新春の唐松神社 》

f0081443_2314616.jpg

 寒中とはいえ、日中の気温も上がり春先のような一日。そんな陽気に誘われ、行脚の途中に大仙市境(旧協和町)にある唐松神社に参拝し、今年の平安を祈ってきました。

 大晦日のNHK「行く年来る年」で、初詣の様子が全国に生中継された唐松神社も、きょうは静寂そのもの。それでも300年以上の樹齢がある杉木立には、何んともいえない力強さがあり、春の息吹を感じながら、パワーをもらってきました。

by shouichiro_sato | 2009-01-22 23:16 | 今日の出来事 | Comments(0)  

毛馬内にて

 昨日から横手市の先輩の案内で秋田市、南秋田郡、山本郡、北秋田市を訪ね、きょうのお昼には、県内3大盆踊りの「毛馬内盆踊り」が行われる鹿角市毛馬内本町通り、「まちの駅こもせ」(写真)で、美味しい鍋焼きうどんをいただきました。

 
f0081443_033127.jpg

 「こもせ」は地域のコミュニケーションの場らしく、昼食時間には多くの皆さんとの出会いがありました。食堂を経営する方(元気で素敵な母さん)と応援しているボランティアの皆さんとの楽しいお話もあり、嬉しいひと時。皆さん、ありがとうございました。

by shouichiro_sato | 2009-01-21 23:58 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ボランティアスタッフ募集

 秋田県知事選挙の告示は3月26日。きょうまでに立候補の意思を表明しているのは私ひとりですが、水面下では政党や市民グループが候補者の擁立をめざしていて、官僚や首長、文化人などのお名前が聞こえてきます。いづれ時期が来れば、意欲のある方々が名乗りを上げることでしょうが、私は準備活動を進めております。

 17日には知事選挙の確認団体である、「秋田、これでいい会?」の拡大役員会を行い、今後のスケジュールや活動方針について協議しました。その結果、選挙戦の拠点となる事務所は、いま使用している秋田市南通亀の町のプレイタウンビル2階をそのまま活用させてもらうことに致しました。繁華街であり駐車場を確保できるのか心配でしたが、ビルの周囲には民間の有料駐車場が多くあり、それらを利用させていただくことで、対応が可能となりました。中心市街地の活性化を政策課題としている以上、郊外に構えることなく、せっかく馴染んだ街中(有楽町)で頑張りますので、交通の混雑や騒音?でご迷惑をかけることもあると思いますが、よろしくご協力ください。

 さらに、これからは電話の応対やチラシ(政治活動ビラ)の配布、2月22日に秋田キャッスルホテル開催する総決起大会(政治資金パーティー)の準備などで、多くのスタッフが必要になってきました。そこで後援団体の事務局では、「秋田の再生」運動にご協力いただけるボランティアスタッフを募集することにしました。「秋田を変えたい、代えたい」という思いで、政治や選挙に関心のある方はもちろん、選挙の仕組みを学んでみたい学生さん(ただし、20歳以上)など、若い皆さんから大先輩の皆さんまで、男女を問わずどなた様でも歓迎しますので、興味のある方は、「秋田、これでいい会?」か「佐藤正一郎後援会・秋田連絡所」にお問い合わせください。

by shouichiro_sato | 2009-01-20 22:23 | 政治活動 | Comments(0)