人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

今年もありがとうございました

 今年も多くの皆様に支えていただいた一年でした。心から感謝申し上げます。大晦日に今年の手帳を見ながら、一年を振り返っております。

 
 1月 羽後町の冬の風物詩「ゆきとぴあ七曲・花嫁道中」に仲人として妻と一緒に参加。有原将司さんと佳奈子さんの笑顔とともに、馬ソリに揺られて七曲峠を越える。
 2月 FM椿台に初出演。あべ十全さんの司会で、羽後町の農業・阿部養助さんと農業と農村問題をテーマに意見交換。
 3月 秋田市で「さとうさんとしゃべらナイト」。詩人のあゆかわのぼるさんや漫談家?の辻田与五郎さんとトークショー。勝手に3月10日を「さとうさんの日」に決定。

 4月 選挙に備えて写真撮影。リーフレットやホームページを更新。秋田市有楽町に新事務所を準備。県内各地に連絡所と個人事務所の看板を設置。
 5月 前秋田県知事・佐々木喜久治氏のご葬儀。
 6月 青年活動時代の恩師ともいうべき県青年会館の元事務局長・田口清克さんが逝去。

 7月 埼玉インターハイに初出場を決めた羽後高校女子ホッケー部の激励会。「初出場で初優勝」をめざしたものの、2回戦で京都に惜敗。
 8月 次回の秋田県知事選挙に再度出馬することを決意。北京オリンピックのソフトボールに釘付けになり、金メダル獲得にバンザイ、バンザイ。
 9月 秋田内陸線に乗って阿仁合へ行き、在京の内陸線応援団が主催したシンポジュームに参加。地域の貴重な資源ですから、活性化に英知を結集しましょう。

10月 演歌歌手・岩本公水さんが歌手活動を再開し、母校の記念行事に参加するために帰省。ふるさとで「励ます会」を開催。
11月 衆議院の解散・総選挙が先送りになり、私も知事選に向けての政治活動を本格化。
12月 湯沢市や大潟村で「励ます会」を開いていただきました。他に候補者が現れないままに年を越しそうです。29日には知事選の公約(マニフェスト・骨子)を発表。

 皆様にとってはどんな一年でしたか。様々な困難があっても、頑張っていきましょう。来年もいい年になりますように、祈念申し上げます。

by shouichiro_sato | 2008-12-31 23:42 | 家族・仲間 | Comments(0)  

テレビ局

 昨日の日記にテレビの話題を書きましたら、メールが届きました。「秋田ではTBSが見られません。TBS系列のテレビ局の開局を公約に掲げてください」というものです。

 秋田市内に普及しているケーブルテレビでは、TBS系列のIBC岩手放送が放送されていますが、それ以外のほとんどの地域では視聴できません。若い人たちが熱望しているTBS系列のテレビ局の開設のため、知恵を絞ってみたいと思います。

 とはいうものの、秋田県における民放のテレビ放送はABS秋田放送が1960年4月に放送を開始し、1969年12月にAKT秋田テレビが開局。それから20年以上は新しいテレビ局の設立は無く、AAB秋田朝日放送が開局したのは1992年10月でした。秋田放送しかなかった時代は同社が各系列の番組を放送していたようですが、AKTがフジテレビ、AABがテレビ朝日系列となり、TBS系列はAKT秋田テレビのデータ放送でGガイドの番組データを配信しているのが現状です。

 経済状況が低迷してくると、とりわけ秋田県のように経済指数が全国下位の水準にある地方では、新しいテレビ局の開設は極めて困難な課題です。在京の系列キー局でさえ、経営が困難になってきている昨今ですから、どんな方法ならば秋田でTBSを視聴することが可能なのか。これだけ情報伝達手段が多様化し、発展してきている時代ですから、何らかのヒントがあるはずです。

 「夢をもっていれば、不可能なことはない」と前向き思考の私ですので、メールを発信してくれたさくらもちさんには、いい課題を提供いただきました。

by shouichiro_sato | 2008-12-30 23:29 | 秋田県 | Comments(2)  

「地球エコ2008」キャンペーン

 失礼ながら、NHK教育テレビにはあまり縁の無い生活をしていますが、今夜はスイッチを入れてみました。しかし、画面はザラザラで全く映りません。実は、きょうの教育テレビは午後9時30分で放送を終了していたのです。

 NHKは今年、「地球エコ2008」キャンペーンを展開しており、地球温暖化に関心をもってもらうために、教育テレビはきょう一日、放送時間を短縮して節電とCO2削減に取り組んでいます。かつて、1973年のオイルショックで省エネ運動が広がり、深夜放送が自粛されたことはありましたが、一日の放送開始時刻が午後0時30分で、放送時間が実質9時間というのは、NHKのテレビ放送が始まって以来、初めてのことでしょう。

 世界の動きが24時間伝えられる昨今では、NHKや民放のテレビ各局は終日放送が普通になってきました。しかし、よくよく考えてみると、インターネットやDVDなどの様々な情報伝達手段が発達し、ニュースやドラマをいつでも見れる時代になってきましたから、必ずしもテレビが24時間の放送をしていなくても、災害や重大な事件・事故が発生した場合を除いては、日常生活に支障をきたすことはないだろう、とも思います。。

 だとすれば、新聞には販売店の慰労・休暇を目的とした休刊日が年10回程度あるように、テレビ各局も一斉に放送時間を短縮する日があってもいいかもしれませんね。きょうの教育テレビの放送時間短縮で、約9.4トンのCO2が削減されたとのことですが、このNHKの決断にどんな反応や評価があるのか、楽しみです。

 ところで、今年も残すところ48時間余。テレビは正月4日まで、バラエティー番組のオンパレードになることでしょう。「紅白」も見たいし「箱根駅伝」も楽しみですが、私の年末年始はテレビと無縁の毎日になりそうです。

by shouichiro_sato | 2008-12-29 23:53 | 社会・話題 | Comments(0)  

マニフェスト

 あす29日(月)、午後2時から秋田市山王・みずほ苑で記者会見を行い、知事選挙の公約となる「マニフェスト」を発表することにしました。

 県政は平成12年に策定された「あきた21総合計画」を基本に運営されており、最終期間にあたる平成21~22年度の第4期実施計画は、県総合政策審議会(会長・佐々木毅学習院大学法学部教授)で審議し了承されていますので、そうした事業の継続性を尊重しながら、私自身の思いを込めた「秋田の再生マニフェスト(骨子)」をまとめている最中です。

 いつものことながら、締め切りギリギリにならなければ筆が進まない性分であり、今夜は徹夜?で内容を整理し、成文化する予定です。

 そんな訳で、日記はここまで・・・。マニフェストの内容は後日、ホームページに掲載します。

by shouichiro_sato | 2008-12-28 23:31 | 政治活動 | Comments(3)  

年の瀬

 今年も残すところ5日。きょうと明日が土・日曜日で、官公庁の御用納めは(通常の28日から2日早まり)26日でした。そんな訳で、「きょうから帰省や海外で正月を過ごす人たちの出国が始まった」と、ニュースは伝えています。

 しかし今年の年末は、世界的な規模で急激に冷え込んだ景気の影響から、工場の操業停止や派遣社員などの非正規労働者の解雇が全国規模で拡がるなど、日本社会は未曾有の暴風雪にさらされています。日本人のみならず、外国からきて働いている人たちも住む場所を失ったり日常生活に困窮し、それが原因で無銭飲食や強盗などの犯罪も発生しています。

 ニュースでは、年の瀬に仕事を求めて面接に通う人たちや、資金繰りで役所に相談する人たちなど、いつもの年とは違う様子を紹介していました。

 それにしても、世界のトップと自負してきた自動車や電子機器の大企業が、膨大な内部留保資金を持ちながら、製品が売れなくなるとすぐに「契約解除で解雇」とは、あまりにも過酷です。労働者がいての企業であるはずなのに、働く人たちを機械か道具のように扱う姿勢には、納得できませんね。派遣社員業務の規制緩和をした時点で、不安定な雇用の事態は想定されたはずですから、こうした場合のセーフティーネットをしっかり整備するべきでした。政府は即急に関係する法律を整備し、(成立は先になるでしょうから)解雇の事案が発生したときに遡及して対応できるようにするべきであり、それを担保に生活資金を手当するなど、路頭に迷う労働者を救済しなければなりません。

 こうした状況を受け、タクシー業界や警備保障会社、大手の居酒屋チェーンなどが、新たな雇用拡大に動き出したこと。地方自治体も臨時職員の雇用を計画していることなど、「まるで、くもの糸です」(求職中の人の話)と、光の差し込むニュースもありました。

 秋田県でも離職者への技術研修サポート等の雇用対策や経営安定資金の融資枠拡大、公共事業の前倒しなど、120億円規模の追加経済対策を盛り込んだ一般会計補正予算案を編成し、1月中旬には臨時県議会を招集する予定です。

 官公庁には例年より長い正月休みですが、こうした異常事態には休みを返上するぐらいの気概をもって、一日も早い政策の実行をお願いします。


 《 カメラスケッチ ・ 特急寝台「あけぼの」 》

f0081443_235898.jpg
 (写真・暴風雪の影響で定刻よりも5時間以上遅れている、上野発青森行きの特急寝台「あけぼの」。帰省する人たちと思われる乗客が、車窓から荒れ狂う日本海を眺めていたのが印象的でした。午前11時54分頃、国道7号と併走しているJR羽越線の下浜駅付近で)

by shouichiro_sato | 2008-12-27 23:16 | 社会・話題 | Comments(0)  

知事の権限?

f0081443_23573173.jpg 秋田県の寺田知事は昨日、文部科学省が行った全国学力テストの市町村別の結果(平均正答率)を公表しました。文部科学省の実施要綱では、データの公表は市町村教育委員会や学校の自主性に委ねていますが、秋田県では25市町村の全てが学校の序列化につながり、過度の競争を招くおそれがあるとして、独自に公表はしていませんでした。知事が全ての市町村別結果を公表したのは、全国でも初めてです。(写真・26日の秋田魁新報)

 寺田知事は「公教育はプライバシーを除いて公開が基本だ」として、「県の成績は公表されているが、市町村が公開されないというのは不合理だ。有益な情報が県民や教員に知らされていないのは残念だ」と、公表の理由を述べています。

 しかしながら、教育委員会の判断を越えて知事が独断で公表するのは、情報を持っているからといっても身勝手極まりない行動でしょう。まさに「強権発動」、それも確信犯です。県議会では「ルールを破っても公表した方がいい」と発言したり、公の会合の場で特定の市町村名をあげて「あなたのところは成績が一番いい」と論評するなど、挑発的な言動を繰り返していましたから、「ついにここまで・・・・」きてしまったのかと、驚くばかりです。

 県教育委員会も市町村には公表を促してきましたが、情報公開請求に対しては市町村名を伏せて開示するなど慎重に対処していましたし、22日に開かれた全県市町村教育委員長・教育長会議でも、「公表はしない」との声が圧倒的だったとか。にもかかわらず、(県教委の幹部にも事前に知らされていない)突然の知事の発表でした。それだけにきょうの新聞各紙によると、25市町村全ての教育委員会は一斉に反発していました。知事への不信感が増幅しているのも、当然のことでしょう。

 今一度、県のホームページで昨日の記者会見の資料を読んでみると、冒頭にチョッと気になる記述がありました。――――「私は、知事就任以来、教育を県政の最重要課題に掲げ、厳しい財政下にあっても、手厚い支援を行ってまいりました。こうした施策の成果について、県民に対し説明することは、県政運営の責任者である私の責務であり、また一層の学力向上を図るためにも、このたび、市町村別の学力調査結果を公表することにいたしました」

 ということは、各市町村の学力結果は「寺田県政の教育施策の成果だ」というのでしょうか。

 私は、ほんの一部のテスト結果に右往左往することなく、子供たちのもっている様々な可能性を伸ばす教育に期待しています。 

by shouichiro_sato | 2008-12-26 23:47 | 秋田県 | Comments(1)  

「暴風雪警報」発令

 3年前の今夜は暴風雪となり、山形県庄内町のJR羽越線で午後7時14分ごろ、秋田発新潟行きの特急いなほ14号(6両編成)が突風にあおられて脱線。1両目から3両目は盛土から転覆して乗っていた5人が死亡、33人が重軽傷を負う事故がありました。

 その事故を思い出してしまうほど、今夜の天気は荒れ模様になってきました。時おり雷鳴が激しく響き、風の音も強くなっています。秋田地方気象台は午後6時42分、沿岸に「暴風雪、波浪」警報を出して警戒を呼びかけていますが、テレビの天気予報を見ると、さらに大雪のおそれもあります。

 新潟県など北陸地方で90cmから1m、秋田県内陸部でもあすの夕方までに70cmの積雪が予想されていますから、厳重な注意が必要です。帰宅途中に聞いたラジオでは、今夜から明朝にかけて秋田駅を発着する寝台特急列車「あけぼの」と「日本海」が、上下4本とも運休されると伝えていました。

 今年の師走は雪も少なく、過ごしやすい日々がつづいていましたが、いよいよ本格的な冬将軍の到来です。雪不足で開店休業中のスキー場には待望の降雪であるものの、日常生活ではできるだけ穏やかな冬であってほしいものですね。

 私自身、これからは家を留守にする機会が増えることから、雪への備えには万全を期したいと思い、除雪機やスコップなどの用具をしっかりチェック。万が一の場合には隣家からの応援をお願いしています。さあ、あすは早起きして除雪作業をしなければ・・・・。 

by shouichiro_sato | 2008-12-25 23:19 | 社会・話題 | Comments(1)  

夜討ち朝駆け

 「夜討ち朝駆け」というのは、昔から新聞記者の代名詞。今夜は遅くなってから、某新聞社の取材を受けました。クリスマスイブの話題ではなく、知事選挙に出馬を表明している私の政治活動について、特に年末年始以降のスケジュールや政策課題と公約などについて、お話をさせていただきました。

 告示まであと3ヶ月余。自民党県連が出馬を打診していた読売新聞特別編集委員・橋本五郎氏が不出馬を表明したことや、民主党県連定期大会で寺田学代表が「(自民党や共産党を含めて)知事候補を選ぶ枠組みづくりを、今週中にも呼びかけたい」と述べるなど、各政党に動きがあったことから、「佐藤さんのこれからの方針は?」が取材のテーマでした。

 知事選挙に立候補するにあたっての公約(マニフェスト)をまとめるために、今まで様々な意見交換を行ってきましたが、急速に悪化する県内の経済・雇用状況を踏まえて、喫緊の課題への対応も必要になってきたことから、作成は遅れてしまいました。しかし来週早々には、「秋田の再生」をめざすプランについて、骨子を発表したいと思っています。

 さらに、一人でも多くの県民の皆さんに私の思いを伝えるために、年末からは街頭活動を開始します。県内各地を訪問して、「やるすべ、皆してやるすべ『秋田の再生』」と、訴えてまいりますので、皆さんのご意見も聞かせてください。

 電話での取材が多い中で、夜遅い時間になっても熱心にメモを取る若手の新聞記者に感心しながら、私も誠実に情報を伝えなければと思った次第です。そんな訳で、今夜も深夜のブログとなりました。 

by shouichiro_sato | 2008-12-24 23:55 | 政治活動 | Comments(0)  

トヨタが赤字に

 2007年度は2兆円を超える史上最高の黒字を計上したトヨタ自動車が22日、08年度(09年3月末)は1500億円の営業赤字になるとの見通しを発表しました。この夏頃まで「世界でトップの販売台数になる」といわれ、欧米の自動車産業より基礎体力があると思われていた大企業が初めて赤字になる、「かつてない緊急事態」(トヨタ・渡辺社長)になっています。

 世界的な景気の後退で自動車の販売が落ち込んできたことに加え、1ドルが90円前後という急激な円高になったことで、トヨタ方式のコスト削減でも及ばない状況です。きょうは、福岡県にあるトヨタ自動車九州の工場の全ての生産ラインと愛知県の工場の一部の生産ラインを、年末年始の休業前のあす(24日)から2日間、操業を休止することを発表しています。

f0081443_22525866.jpg 22日にはスズキとダイハツ工業が派遣社員の削減を決めたことから、国内の自動車・トラック大手の12社では、全社が期間従業員や派遣社員という非正規労働者、約13,000人以上を削減するという、厳しいものになってきました。(写真・23日の秋田魁新報)

 さらに、県内に生産拠点のあるTDKが派遣社員のほぼ全員に当る320人の雇用打ち切りを発表した他、キャノンが宇都宮市の工場でレンズ組立て業務を委託していた契約を解除することになり600人余が削減されるなど、あらゆる分野の「ものづくり」現場で深刻な事態になっています。

 欧米中心の外需に依存してきた日本経済ですが、米国発の金融恐慌が勃発するや、これほど短期間に生産調整や労働者の大量解雇という厳しい状況に追い込まれるとは、誰が想像したことでしょう。

 ものづくりでは世界の最先端を行く日本の技術ですから、世界の経済が回復して業績が復活することを期待するしかありませんが、今までの日本企業を支えてきた不安定な雇用の実態が明らかになったことで、万が一の場合のセーフティーネットが不十分なことも分かりました。それ故にこういう緊急時こそ、政治が国民を救う役割を担わなければなりません。 

by shouichiro_sato | 2008-12-23 22:33 | 国政・時事 | Comments(0)  

忘年会

 久しぶりに地元の仲間たちと今年一年を振り返り、来年の計画を話そうと集まった「プロジェクトM」の忘年会。午後10時過ぎ、代行車で帰ろうと思って予約の電話をしてみたところ、今夜は大混雑の状況で見通したたず。結局、先輩の奥さんが迎えにきてくれたときには日付けが変わる寸前で、ブログの書き込みが翌日になってしまいました。

 
 プロジェクトM(代表・阿部養助さん)は町内外の若い人たち、特に音楽や芸術活動をしている人を主役にして、その活動を応援しようというグループ。今年は西馬音内盆踊り会館をホームグランドにして、若手の民謡歌手や吹奏楽グループの発表会などを実施してきました。

 平均年齢が50代後半の仲間たちですが、全員が若者たちの応援団長。「できない事は無い。なんでも挑戦してみよう!」と、若者たちと夢を語り合っています。

 しかしながら、今夜の話題は「知事選挙」や「町の新年度予算」など、チョッと固いものばかり。メンバーには前回の知事選挙で随行車を担当した仲間や、レコーデングが可能な音楽練習室の整備を計画している役場職員もいて、話が尽きません。

 そんな訳で、結局は若い人たちに励まされてしまった忘年会でした。

by shouichiro_sato | 2008-12-23 00:38 | 今日の出来事 | Comments(0)