人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

同窓生

 先日、由利本荘市に住む県立大曲農業高校(大農)の大先輩に案内していただいて、能代市と北秋田市を訪ねました。昭和10年生まれの大先輩ですが、両市で活躍している同級生や知人を紹介してくれたのです。

 朝早く迎えに行き、本荘ICから東能代ICまで約1時間20分。車中でこれからお会いする同級生のことを聞くと、「彼と会うのは55年ぶりだ。大農時代は陸上競技で大活躍していた」とのこと。私は思わず、「えっ!55年ぶり。それで話が通じるのですか?」とビックリ。しかしながら大先輩は、「心配ない、話はついている」。

 住所を確認すると、日頃から県内を駆け巡っている自分には少しばかりの土地勘があるものの、相手の方は初対面であり、近くで電話。それからほどなく、自宅前で出迎えてくれました。大先輩は同級生を見つけるや「おお、久しぶり。元気だったか」と、一気に55年の時を超え、大農時代に戻った感じです。私の心配は杞憂でした。

 能代の大先輩は、「八峰町や旧二ツ井町にも同窓生がいる。紹介するから行ってみなさい」。さすがに116年の歴史がある学校です。創立当時から県内屈指の農業高校として、全県から向学心に燃える生徒が集まっていました。学校に近くて自転車通学が可能な場合以外、奥羽本線や田沢湖線で汽車通学するか、寮や下宿生活。これもまた、青春時代の貴重な体験です。若人たちの友情や結びつき、ネットワークは大きく広がっているのです。卒業生の多くが農業に従事し、地域の担い手として各分野で活躍してきた大農ならではの、つながりです。

 選挙に立候補する者にとって、主義・主張や政策を通して支持者を拡大していくことが最も重要ですが、地縁や血縁、友人・知人など、様々な関わりも大切です。「同じ学校で学んだこと」も、お互いの心が通じ合っているようで、欠かすことはできません。先日も自分の政治活動より、最近の母校の話題や同級生の近況報告で盛り上がった一日でした。

 ところで、衆議院の解散・総選挙が先送りされたことにより、任期満了による告示まで150日(約5ヶ月)を切った秋田県知事選挙の話題が、マスコミに登場してきました。私も新聞社などの取材を受ける機会が増えています。そんな訳で、各政党や団体の動きも活発になるでしょうが、私は初心を忘れず「県民党」で、県内行脚を続けて行きたいと思っています。 

by shouichiro_sato | 2008-10-31 22:38 | 政治活動 | Comments(0)  

バラマキ

 麻生首相は午後6時から記者会見し、事業総額26兆9000億円の追加経済対策を発表しました。証券優遇税制の延長や自治体への臨時交付金、住宅ローン減税の拡大と延長、中小企業の資金繰り支援、高速道路の利用料金割引き・・・・など、金融危機への対応と景気回復への刺激策を盛り込んでいます。

f0081443_22481666.jpg その中で最大の目玉は、全ての国民に一人当たり約1万5千円を給付するという、「生活支援定額給付金」。平均的な4人家族の世帯で約6万円、総額では2兆円程度になるという、大盤振る舞いです。所得制限は設けず、年度内に現金かクーポン券で支給して、個人消費を刺激したいとか。財源には特別会計の積立金など、いわゆる「霞ヶ関の埋蔵金」を充て、赤字国債には依存しないとも明言しました。(写真・今夜の「NHKニュース7」)

 「全世帯に給付金」というニュースを見て、「貰えるものはいい~んじゃない」という声もあるかもしれませんが、私は「これでいいのだろうか?」と思います。確かに、燃油や原材料高による経営危機や金融災害で業績が悪化し、雇用が不安定になるなど国民生活には甚大な被害が広がりつつありますから、即急な生活支援策をする必要はありますが、だからといって、「全ての国民に支給する」というのはいかがなものでしょう。

 例えば、国会議員や国家公務員の皆さんには、景気に左右されずに歳費や給料が支給されています。諸物価の値上がりで家計には影響があるかもしれませんが、異常事態で解雇されたり、賃金が下落する民間の場合と比べれば、同じでいいはずがありません。

 さらに心配なのは、実際に支給された場合の効果と、対応する窓口となるであろう市町村の事務の負担です。私は羽後町長在任中の1999年に、国の経済政策による子供や高齢者に対する「地域振興券」を支給したことがありますが、準備が煩雑だったことと、新たな消費拡大には結びつかなかったように記憶しています。

 給付金政策は一時的な人気取りになったとしても、よく考えてみると、その財源はもともと国民の税金。必ず「穴埋め」が必要となります。今回の追加対策で経済を再生し、「3年後に消費税の引き上げをお願いしたい」と、一歩踏み込んだ発言をした麻生首相。成果を急ぐあまり、この後に大きなツケを残すようで、心配です。

 ただし、これらの経済対策を実施するには、第2次補正予算案や関連法案の成立が必要であり、「ねじれ国会」のなかで可能なのかどうか。全てはこれからの国会審議にかかってきます。結局は政策実現の前に衆議院の解散・総選挙になり、政策の是非を国民が審判することになるのではないかと、思っています。 

by shouichiro_sato | 2008-10-30 20:40 | 国政・時事 | Comments(0)  

にかほ市

 3年前の2005年10月1日、仁賀保、金浦、象潟の旧3町が合併して誕生した「にかほ市」。日本海と鳥海山の豊かな自然や資源に恵まれ、TDKを中心とするハイテク産業が集積するなど、農・水・商・工の枠組みを超えた産業振興が定着し、県内でも注目される町づくりが進められています。

 にかほ市では明日から、11月5日までの7日間の日程で、秋田県農業の祭典である「第131回県種苗交換会」が開かれます。現在の種苗交換会は、県内を9ブロックに分けて行われていますが、明治42年に各地域開催を始めた当時の主催者代表(会頭)は同市出身の斎藤宇一郎翁。斎藤翁は秋田県の大先覚であり、「乾田馬耕」の普及や耕地整理の推進、共済制度の基をつくるなど、農業振興に生涯をささげた人。それから百年の時を経て、斎藤翁の生誕地で初めて開催される交換会です。「先人に学び農業の未来を拓く」のスローガンにふさわしい交換会に、皆さんも是非、お出かけください。

 ところで一昨日、お世話になっている先輩の案内で一足早く、にかほ市の農林水産業の現場を見てきました。海岸の国道7号から内部に入ると、見事な水田が広がっています。鳥海山の冷水を温めて、水田を潤してきた先人の知恵と努力。広大なネギの産地や花壇苗とシクラメンのハウス。イチジクやカナカブの特産品。狭い川を遡上する鮭を捕獲して、採卵・養殖する施設。夕方には沿岸で漁をする船が入り、セリに活気付く漁港。これからハタハタやタラの季節を迎え、忙しくなることでしょう。まさに、県内でも稀な産業の宝庫です。

 さらに、にかほICから標高500mの仁賀保高原に上っていくと、たった18分で注目される牧場、「土田牧場(土田雄一・牧場長)」(写真)に到着します。濃厚な味わいのジャージーソフトクリームをはじめ、数々の乳製品が人気を呼び、年間で10万人を超す人が訪れるという話題のスポット。直売所や休憩施設、焼き肉ができるレストラン、小動物との触れ合いコーナーもありました。さらには目前に雄大な鳥海山、眼下には日本海の景色が広がり、360度の展望ができる絶好のロケーション。山と海の、これだけの環境には圧倒されてしまいました。

f0081443_20433464.jpg
 
 種苗交換会の機会に、にかほ市の産業や文化、自然環境を体験してください。秋田県は素晴らしい資源に恵まれていることに、改めて気がつくことでしょう。

by shouichiro_sato | 2008-10-29 20:44 | 産業振興 | Comments(0)  

秋田地方裁判所の・・・

 夏から気になっていた秋田地方裁判所の外壁タイル。ようやく補修工事が始まったようです。

 藤里町連続幼児殺害事件や海外先物取引名目の巨額詐欺事件など、何かと全国的に注目されている秋田地方裁判所。きょうも比内地鶏偽装事件の公判があり、マスコミ関係者が多数押し寄せていました。その場所は私が毎日通っている山王大通りにあり、時々は信号待ちで裁判所前で停車することも・・・・。先日は藤里事件の被告を乗せたマイクロバスの後になり、ニュース映像に撮影されそうでした。(ただし、この文節は本題とは関係ありません)

 その裁判所は5階建て。見るたびに最上階の上にある外壁タイルが剥げ落ちており、その範囲が広がっている様で心配していました。夏には玄関付近のバリアフリー工事をしていましたから、ついでに補修するのかと思っていましたが、その気配はなし。万が一にも破片が落下して、来庁者に当たったら大怪我をするのではないかと、(通りすがりの私でも)ハラハラドキドキだったのです。

f0081443_21413758.jpg
 (写真・きょう午前、高所作業車を利用して作業員が点検をしていました。どういう訳か、剝がれているのは最上階が多く、右側にもそうした箇所が確認できます)

 一方、山王十字路に近い県社会福祉会館でも、タイル外壁を補修する作業の真っ最中。こちらは建物全体をシートで覆って、本格的?な工事をしています(写真は省略)。見た目にはタイルが剥がれた形跡もなかったのですが、大がかりな作業の感じです。同じような構造の公共施設でも、これほど対応が違うものかと思いつつ、山王大通りを通過しております。


 《 ところで、裁判所にお願いです 》

 26日の日曜日、秋田地方裁判所に近い秋田市文化会館や八橋運動公園では数多くの催しがあり、所定の駐車場は朝から満車状態。周辺の道路も駐車している車でいっぱいでした。その中にあって裁判所の駐車場はご覧のとおり(写真)

f0081443_21422074.jpg
 県庁や市役所も、休日には一般開放していますから、是非とも裁判所にもご協力いただきたいものです。入口のチェーンを建物の玄関付近だけにして、休日の利用を可能にしていただけませんか。裁判員制度を導入するなど、司法への国民参加を求める時代ですから、まずは施設や敷地も有効利用され、県民に親しまれる裁判所にしていきたいものです。

by shouichiro_sato | 2008-10-28 21:36 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新米

 県内では稲刈り作業もすでに終了しました。台風の被害もなく、作柄は良好。標高200m以上にある羽後町田代地区でも、今年は「1反歩で10~11俵あった」という話が聞こえるくらい、久しぶりの豊作です。

 品質も良く、1等米比率も過去最高の水準です。東北農政局秋田農政事務所のまとめによると、9月末現在の湯沢市や雄勝郡は97.8%で県内一(県平均は96.2%)。その後も好天が続いているうちに収穫作業を終了していますから、今年のコメは最高でしょう。

 例年この時期になると、遠く離れている親戚や友人に、あきたこまちの「新米」を送ることにしています。隣に住む従兄から今年産の玄米が届きましたので、今朝は近くのコイン精米所で精米してきました。早速、袋や箱を用意して発送しますので、故郷の新米の味、楽しんでいただきたいものです。

 我が家では先日、従兄から精米した新米を試食用にいただき、早速、炊いてみました。香りも粘りも、味も最高で、「やっぱり、新米は美味しい」と、おかわりしてしまいました。皆さんのご家庭では、もう新米を食べられましたか?。

 もっとも、家には昨年産の玄米がまだ残っており、本格的に新米が食卓にでるのは、早くてもお正月以降。おコメも自家製野菜も以前ほどは保存していませんが、家族が少なくなっている分だけ、先送りになってしまいます。

 これも農家ならではの生活の知恵であり、恵まれていることだと、私は理解しています。 

by shouichiro_sato | 2008-10-27 22:40 | 家族・仲間 | Comments(0)  

シクラメン

 晴天が続いていた秋の空も一昨日あたりから雨模様となり、きょうは雨と風の強い一日。特に午後4時過ぎ、秋田市からの帰途に由利本荘市を走っていたら、前も見えなくなるほどの豪雨に出会いました。

 日暮れも早く、気持まで沈んでしまいそうな時に思い出したのが、先週に訪問した潟上市の園芸農家。ハウスには見事なシクラメンが咲いていました。これからの季節には欠かせない、人気の鉢花です。

f0081443_21174994.jpg
 (写真・潟上市野村にある、菅原剛悦さんのハウスは様々な品種のシクラメンが花盛り。間もなく県内外に出荷されていきます) 

 県内の花卉栽培の歴史は新しく、切花も鉢物も、現在も第一線で頑張っている生産者の皆さんが、青年時代から取り組んできたもの。研鑽や努力の積み重ねが、品質もよく、中央市場からも評価される「秋田の花」になってきました。

 土地利用型のコメや穀物類と違って、小面積でも生産拡大が可能な園芸作物。秋田の気候や環境を活かした品種と作型で、さらなる生産振興を図りたいものです。秋田県の農業生産額を伸ばしていくには、コメ偏重から脱却した幅広い取り組みが欠かせません。

by shouichiro_sato | 2008-10-26 21:18 | 産業振興 | Comments(0)  

柏の郷祭り

 秋田自動車道の西仙北インターに隣接する大仙市強首上野台。きょうはそこにある身体障害者療護施設「柏の郷」(施設長・佐藤陽一さん)で第7回柏の郷祭りが開かれ、施設を利用されている方や職員、ボランティア、家族会の皆さんと過ごしてきました。

 同施設は社会福祉法人柏仁会(はくじんかい)が7年前に開設したもので、初年度から地域の皆さんとのふれあいを目的に様々な催しを行っています。中でも「柏の郷祭り」は利用者や職員の皆さんによる作品展示、フリーマーケット、さをり織りの体験、地元の方による野菜即売会、それに演芸会、食堂や喫茶コーナーもある、最も大きな事業です。

 その演芸会のゲストとして、羽後町の西馬音内盆踊りの仲間が出演することから、同法人の小畑伸一理事長からご案内をいただき、盆踊りの紹介役で参加してきました。

 多くの市民の皆さんも来場しており、一日中なごやかな雰囲気。施設も清潔感があふれ、職員の皆さんの笑顔も素敵で、利用者の皆さんも伸び伸びと生活している感じです。初めて訪問した私までリラックスすることができました。特に、施設内で行われている同好会活動には驚きました。さをり織り、絵画、詩集、貼り絵、菊作り、手芸・・・・など様々な作品があり、嬉しくなった次第です。
f0081443_2211645.jpg
(写真・見事な七宝焼の作品をカメラに収めてきました。渡辺さだ子さんの制作です)

 障害を持った方々への理解も深まり、施設もまた、地域の皆さんと一体となって利用者の要望に応えていくことが当たり前に時代になりました。障害があっても高齢になっても地域で一緒に暮らしていける環境整備、さらに進めていきましょう。

by shouichiro_sato | 2008-10-25 20:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

県フェンシング協会

 秋田県フェンシング協会(会長・成田政志さん)が創立50周年を迎え、今夜は秋田市の平安閣で祝賀会が行われました。同協会の略年表によると、1958年(昭和33年)7月5日に、秋田市にある敬愛高校女子部で県内最初のフェンシング普及講習会を開いたのが、秋田県におけるフェンシングの歴史の始まりでした。

 それから50年。ゼロから始まった秋田のフェンシングは指導者や地域の関係者に支えられ、めざましい活躍を続けてきました。昭和36年、「秋田国体」のフェンシング競技が旧二ツ井町で開催された時は上位入賞は出来ませんでしたが、同44年の長崎国体で高校男子が、ついに初優勝。それからは国体優勝の常連チームとなり、7回の総合優勝も獲得しています。さらにはモントリオール、ソウル、バルセロナの各オリンピックに選手が出場したほか、本県スポーツ界に数々の栄光を築いてきました。

 祝賀会では成田会長が、「国際舞台で活躍するアスリートを育てていきたい」と挨拶。今まで活躍してきた往年の名選手を囲んで、各競技団体から参加した私たちと、スポーツ振興を目指す熱い話に花が咲きました。

f0081443_16454639.jpg 特に成田会長は、今月1日~5日までフランスのリモージュ市で開かれた「2008世界ベテラン選手権大会」に日本代表で出場して、準優勝したばかり。「きょうの会場にはたくさんのフェンシング経験者がいるが、もう一度チャレンジしてほしい。国内予選さえ突破できれば、金メダルは手が届くところにある」と、呼びかけていました。(写真・銀メダルを胸に後輩を激励する成田さん)

 秋田県のフェンシングは、能代市、北秋田市、秋田市、横手市など、限られた地域にしか競技団体がないマイナーなスポーツです。しかし、北京オリンピックで太田雄貴選手が銀メダルを獲得するなど、国際的にも日本の競技力向上が注目されてきています。その背景には中・高校生のレベルアップがあり、県協会でも「多くの子どもたちにフェンシングを体験してもらい、さらなる普及に努めたい」と意欲を見せていました。

by shouichiro_sato | 2008-10-24 23:51 | スポーツ | Comments(0)  

都会でも医師不足

 医師も多くいて、大きな病院が多数ある東京都でも、「悲劇」は起きました。

 今月4日(土)の夜、激しい頭痛を訴えていた都内の妊婦(36歳)が、かかりつけの産婦人科医院から救急搬送される際に、都内でも有名な7か所の大病院から診療を断られていたことが明らかになりました。最終的には搬送先を探し出してから1時間後、最初に連絡した病院で(帝王切開で)出産し、さらに脳内出血の手術を受けたものの、女性は赤ちゃんの顔を見ることなく3日後に亡くなりました。

 2006年、奈良県で意識不明になった妊婦が、奈良や大阪などで10ヶ所以上の病院に受け入れを断られて死亡した問題を受け、厚生労働省は「総合周産期母子医療センター」の整備を全国の都道府県で進めてきました。東京都では女性が出産後に死亡した都立墨東病院(墨田区)など、9か所が指定されており、全国の先進地となっています。しかしながら今回の場合、受け入れ可能な病院を同センターなどを検索する端末で探し、指定を受けている東京慈恵会医科大、慶応大、日赤医療センターなどの各病院に連絡したとのことですが、「ベットが空いていない」などの理由で断られていました。

 墨東病院の場合は、産科が望ましいと定めている常勤医は9人。しかし、退職者が相次いで現在の常勤医は4人だったとか。そのために、研修医も含めて通常2人でやってきた当直を7月からの土日は一人とし、「土日の緊急搬送は原則断ることにしていた」、とのこと。4日の夜も勤務していたのは研修医一人でした。都心であっても医師不足・・・・、深刻な問題です。

 総務省消防庁の調査では、07年に救急隊が妊婦を搬送しようとして医療機関から10回以上拒否されたケースは全国で53件。東京はそのうちの31件を占めていたようですから、驚いてしまいました。

 ところで、秋田県の場合はどうでしょう。同センターの機能を持っているのは、秋田市にある秋田大学付属病院と秋田赤十字病院の2か所。高速道路が整備されてきたとはいえ、搬送に1時間以上かかる地域も多くあります。そうした現状からしても、まずは身近にある基幹病院の役割が重要です。特に不足している産科医については、抜本的な対策が取られるまでは、地域の開業医との連携を密接にするなど、地域で支える医療のシステムづくりが欠かせません。

 少子化時代ならばなおさら、ようやく授かった子供を安心して産み、育てることができるよう、「みんなで支える医療体制」を充実するために、行政も医療関係者も一緒になって取り組む必要があります。都会のように「うちがダメでも、他の病院があるだろう」という落とし穴がないように、日頃から、地域医療のチームワークをしっかり確立しておかなければなりません。 

by shouichiro_sato | 2008-10-23 21:33 | 社会・話題 | Comments(0)  

アトリオン

f0081443_21365258.jpg 秋田市のアトリオンでは、秋田県美術工芸協会会長・林美光さんの「秋田黄金郷 金銀同杢目金展」が25日(土)まで、開かれています。金銀銅杢目金(きんぎんどうもくめがね)を日本で唯一人、300年の時を超えて蘇らせた林さんの、渾身の光の世界を堪能してきました。(写真・アトリオン2階、第2展示室入口のポスター)

 昨年は仙北市角館に常設展示館を開設し、さらに70歳を超えた今でも創作意欲を燃やし続けている林さんの最新作に、会場では感嘆の声が聞かれました。金、銀、ステンレス等、多彩な金属素材に取り組んで創作している伝統工芸界の第一人者ですから、後輩の指導を含めて、一層のご活躍を期待しています。

 ところで、会場となっているアトリオン(秋田総合生活文化会館・美術館)は秋田駅前に近く、中央街区活性化の起爆剤として、平成元年にオープンしています。音楽ホールや常設美術館、県産品の展示即売場、民間のオフィスが入居するなど、官民複合の新しいスタイルの公共施設です。特に1階には県内市町村を紹介するコーナーもあり、県外から来秋したお客さんを案内する場所でもありました。

 しかしながら、今年の3月末で市町村コーナーは閉鎖され、8月には仲小路の玄関脇にあったテナントの書店も閉店し、寂しい限りです。せめて、行政が運営していたコーナーだけでも継続できなかったものかと思います。同コーナーでは現在、竿灯祭りのフォトコンテスト入賞作品展が行われていましたが、部屋のレイアウトや装飾は以前のまま。壁には旧町村名が表示されていたり、なにも陳列されていない棚があったりして、雰囲気はガッカリです。ビルの管理者や関係してきた役所は、こんな状況でいいと思っているのでしょうか。

 年々、入館者や利用者が減少しているとのことですから、同じような発想で近くにある旧日赤跡地などの再開発を進めるのであれば、とても中央街区の賑わいを取り戻すことにはなりませんね。とりあえず今は、既存の施設を最大限に活かす知恵を絞ることに、全力を傾注しましょう。例えば、角館で大人気となっている「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を誘致するとか、行列のできる企画を考えていただきたいものです。

 もっとも、男鹿さんが描いた「日本の原風景」の常設展示場を、「秋田内陸線の沿線に設置したらいいのでは」と、前秋田公立美術工芸短大学長・石川好先生が秋田魁新報に書いていましたから、要は「行動するのか、しないか」です。

 私は明日、角館に行くことになりましたので、必ず平福記念美術館に寄って「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を見たいと思っています。

by shouichiro_sato | 2008-10-22 20:03 | 秋田県 | Comments(0)