人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ガソリン値下げ

f0081443_20395273.jpg

 3月31日。年度が替わる前夜のテレビ各社のニュースは、揮発油税などの「暫定税率・期限切れ」がトップです。(写真・NHKニュース7 ) あす4月1日からは暫定税率が廃止されて従前の税率に戻るため、ガソリンが1ℓ当り25円、軽油で同17円、値下がりすることになりました。(ただし、ガソリンは3月31日まで仕入れたものには既に課税されているため、実際に値下がりする日は、業者・スタンドによって違いがあります)

 暫定税率が廃止されれば、国の歳入は2兆6000億円の減収となり、すでに予算を決めている地方自治体への影響も避けられません。こうした事態を受け、福田首相は記者会見やテレビ番組で、「政治のツケを国民に回すことになり、心からお詫びする」としながらも、歳入欠陥を最小限に抑えるために暫定税率維持を盛り込んだ税制改正法案を、4月末に衆議院で再議決する方針を示唆しています。いったん下がったガソリンを、再び値上げすることについて国民の理解が得られるのか・・・・。これがこの後の最も重要な課題です。

 一方、民主党は「ガソリンの再値上げを国民は支持しない」として、衆議院で再議決となれば参議院に問責決議案の提出もあると牽制し、小沢代表もきょうの講演で「5、6月の解散・総選挙の可能性が出てくる」と述べています。早期の解散に追い込みたい民主党と、できるだけ先延ばししたい自・公連立政権。ガソリンの値段が下がった後の1ヶ月の間、国民生活にどういう影響が出てくるのか。過去に前例のない「25円ものガソリン値下げ」は、これからの政権運営や国会審議のありかた、議員の皆さんの政治活動にとっても大きな試練となりそうです。

 ところで、私にとっての3月31日は3年前に秋田県知事選挙が告示され、立候補した日。それまでの私の人生を大きく変えた記念日?です。それから早くも3年経過しましたが、「元気な秋田を創りたい」という初心を忘れたことはなく、これからも頑張っていきたいと思っております。

by shouichiro_sato | 2008-03-31 22:40 | 国政・時事 | Comments(0)  

発酵食品

 横手市の秋田ふるさと村で開催されている「全国発酵食品サミット」。きょうは午前中に東京農業大学教授・小泉武夫先生の基調講演「発酵と人類の知恵」、東京海洋大学名誉教授・藤井建夫先生の講演「魚の発酵食品」が行われました。お二人とも豊富な経験をもとに、微生物や酵素をたくみに活用した発酵食品の素晴らしさや面白さを紹介しています。

 午後は「これからの発酵食品」をテーマに、パネルデスカッション。パネラーには長沼誠子・秋田大学教育文化学部教授、石川県の伝統食である「ふぐの卵巣の糠漬」製造で有名な荒木敏明・㈱あら与代表取締役、滋賀県で「鮒鮓(ふなずし)」をつくる徳山浩明・徳山鮓代表。それに県内からは仙北市の安藤大輔・㈱安藤醸造代表取締役、横手市の庄司隆宏・日の丸醸造㈱主任。コーデネーターは小泉教授が務めました。伝統食を継承していく意気込みや新しい時代への挑戦、食育と味覚教育のあり方などについて、興味深い意見が交換されました。

 最後に五十嵐忠悦・横手市長が、「私たちは、21世紀を発酵の世紀と位置付け、発酵の食文化が息づく町づくりをめざします」など、5項目のサミット宣言を発表して閉会しました。

f0081443_2041589.jpg ところで、秋田ふるさと村では「全国発酵食品物産展」が同時に開催され、秋田を代表する味噌・麹・魚醤・日本酒・甘酒・漬物・納豆・乳製品・果汁などの企業。よこて発酵文化研究所が開発に関わった「梅まんさく」等のお酒・川魚醤・糠漬・お菓子・麺類。県外からは糠漬・鮓・漬物・みりん・かつお節などの名産店が参加し、多くのお客さんで賑わっていました。特に「ふぐの卵巣の糠漬」など、話題の商品は開店と同時に売切れるほど・・・・・の大人気。

 お土産に「しょっつる」「寒麹」「大屋カリカリ梅」を買って帰りました。「まゆだま」は福島県白河市の(有)山口こうじ店の店主が、「試食用ですからお試しください」と提供してくれたもの。効果は人気の「冬虫夏草」に良く似ているという、大豆麹です。(写真)


 《 追 伸 》
 
 「全国発酵食品サミットin横手」は横手市とよこて発酵文化研究所の主催ですが、秋田魁新報社も共催しています。著名な先生方の講演やトークショウ、パネルデスカッションの模様は後日、同紙で詳しく報道されるものと思います。また、同研究所では様々な情報提供を行っていますから、興味のある方はサミット事務局まで(℡0182-45-5537)お問い合わせください。

by shouichiro_sato | 2008-03-30 21:25 | 産業振興 | Comments(0)  

全国発酵食品サミット

 21世紀を「発酵の世紀」と位置付け、その有効性、重要性を「発酵文化のまち横手」より発信していくことを目的とした、「全国発酵食品サミットin横手」がきょうから2日間に日程で、秋田ふるさと村(横手市)を会場に始まりました。

 全国から発酵産業に関わる皆さんと大勢の市民が集まり、会場のドーム劇場は立ち見客が出るほど、満員。オープニングでは横手万歳の案内で、鍋倉囃子、仁井田子供番楽、ぼんでんなどが登場して横手の四季と文化を紹介しました。そして、よこて発酵文化研究所長・谷金彌さんが、「本日は『発酵食品は人類を救う』を合言葉に、発酵文化の領域において世界的に著名な講師と、県内外で活躍している第一線のパネリストを迎えている。さらに、地元と県外の歴史ある発酵食品と新鮮な創作商品の数々を、ブースを設けて紹介している。この機会に交流を深め、『発酵の世紀・進化の道』を広めていきたい」と、開会を宣言しました。

f0081443_20484455.jpg サミットのプログラムは、俳優・永島敏行さん、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター・王理恵さん、上畑温泉さわらび総料理長・山本省三さんの3人による「発酵料理トークショー」でスタート。発酵文化を大切にして次の世代に伝えていこう、というお話に会場は盛り上がっていました。(写真・左から司会の臼井昭子さん、永島さん、王さん、山本さん。秋田ふるさと村ドーム劇場で)

 その後、国立民族学博物館名誉教授・石毛直道先生が、「発酵の文化圏」と題して記念講演。世界の発酵文化を紹介しながら、日本のすばらしさを再発見する内容でした。さらに、宮城大学食産業学部教授・鈴木建夫先生が講演。「食と健康~国民の盛衰は食べ方にあり~」をテーマに発酵食品と食生活のあり方について、ユーモア溢れる楽しいお話をされました。

 あすは、今回のサミットの仕掛け人でもある東京農業大学教授・小泉武夫先生の基調講演「発酵と人類の知恵」など、これまた見逃せないプログラムばかり。私も引き続き、勉強させていただきます。

by shouichiro_sato | 2008-03-29 20:44 | 産業振興 | Comments(0)  

道路特定財源

 福田首相はきのう午後に記者会見し、道路特定財源を来年度(2009年)から全額一般財源化することを骨子とする新提案を発表しました。それによると、「今年度(08年)からの暫定税率廃止は現実を無視した議論であり、税制改正法案は年度内の成立が必要なこと。道路整備中期計画は(10年計画を)5年間に短縮して新たに策定する。道路関連公益法人の廃止・民営化を推進する」などとして、政府が提出している税制改正法案の年度内成立を求めました。

f0081443_22434778.jpg (写真・道路特定財源の一般財源化を伝える、27日夜の「NHKニュース7」) 
 
 3月31日の期限切れを目前にして、きょうも国会では慌ただしい動きがありました。その結果、土地の登記にかかる「登録免許税」など、道路特定財源以外の7分野で税率軽減をはかる租税特別措置は、税の適用期限を5月末まで2ヶ月延長することで与野党が一致しましたが、ガソリン税などの暫定税率については合意のめどがたっていません。

 2008年予算は参議院本会議で否決されたものの、今夜、衆議院の議決が優先される憲法の規定により成立しました。しかし、関連法案が成立しなければ歳入欠陥が生じます。政府与党は当然、4月末に暫定税率を維持する税制改正法案を衆議院で再議決するでしょうから、これからの1ヶ月の間にガソリンなどの値下げと値上げが続くことになり、少なからず混乱も起きるでしょう。

 与党も野党も互いに譲らず、平行線のまま期限切れを迎えることになりそうな「暫定税率」。仮に、野党が国民生活を混乱させて政局に持ち込み、解散・総選挙を迫るという下心をもっているとすれば、国民の理解を得られるか。福田首相が思い切った提案に踏み込んだ以上、今度は民主党の姿勢、政権担当能力が試されていると、私は思います。

by shouichiro_sato | 2008-03-28 23:31 | 国政・時事 | Comments(0)  

道州制ビジョン懇話会

f0081443_2185187.jpg 今週の月曜日(24日)から、愛読している秋田魁新報の文字が大きくなり、読みやすくなりました。当初は「どうかな」という戸惑いもありましたが、それから4日も経つと「当たり前」のようになり、段組の変更にも違和感がありません。読みやすい紙面を提供することも新聞社の責任であり、サービスですから、良かったと思います。(写真)

 さて、きょうの一面には県が設置している道州制ビジョン懇話会(会長・渡部毅ノースアジア大教授)がきのう開かれ、県民に提示する「道州制のイメージ」最終報告案について大筋で合意したことが報じられています。道州制推進論者の寺田知事が設置した懇話会ですから、道州制を推進する色彩の濃い内容になっていることは言うまでもありません。道州制で期待できることを列挙し、州都への一極集中の可能性があることについては「政治と経済の中心地を分離する必要性がある」と指摘したものの、私には、「何故、道州制なのか。どうしてそんなに急ぐのか」という、基本的なことが十分に理解できない報告です。

 渡部会長は「(懇話会の役割は)県民に道州制を知ってもらうというより、導入を推進しようとしているのではないかという意見がある。私達は導入誘導のために議論しているわけではない」と述べていますが、年度内に成案化して、県民議論を喚起するために県の広報紙やホームページに掲載する方針のようですから、慎重に見極めなければなりません。

 おりしも、政府の道州制ビジョン懇談会(座長・江口克彦PHP総合研究所代表取締役社長)も中間報告を増田・道州制担当大臣(総務大臣)に提出し、2018年までに道州制に完全移行するべきで、道州制諮問会議を設置して推進するように求めています。いつの間にか、「なぜ道州制なのか」という議論もないままに、導入に向けた世論形成がすすめられているようで、心配です。道州制こそが「地方分権を実現し、行財政改革につながる切札」のように喧伝されていますが、道州制に移行すれば地方が活力を見出せるというものでもありません。

 「平成の大合併の検証をおろそかにせず、国家の在り方に踏み込んだ議論が求められる」という、26日付の秋田魁新報の社説に同感です。アメリカなどに比べても国土の狭い日本。道州制よりも、国の省庁や地方機関、天下り先となっている特殊法人などの整理・解消が先ではありませんか。

 自民党では道州制推進本部が2015~17年の導入と、市町村数を現在の半分程度にするなどの中間報告をまとめているようですが、こうした政策を進めるとすれば地方の反発はさらに強まることでしょう。

by shouichiro_sato | 2008-03-27 21:58 | 地方自治 | Comments(1)  

どうして?

 昨夜の11時過ぎ、JR岡山駅のホームで帰宅するために電車を待っていた岡山県庁職員の男性(38歳)が、後ろから若い男に突き落とされて線路に転落。電車にはねられて死亡した事件の犯人は、今月1日に大阪府立高校を卒業したばかり少年(18歳)でした。けさのニュースによると少年は、「誰かを殺したい」「人を殺せば刑務所に行ける。誰でも良かった」と供述しているとか。まったく身勝手な凶行に言葉を失い、唖然としてしまいました。突然の悲劇に巻き込まれた男性やご遺族のことを思うと、怒りが込み上げてきます。

 23日(日)の白昼には茨城県土浦市のJR荒川沖駅周辺で、19日に同市の72歳の男性が殺された事件で指名手配中の容疑者(24歳)が、無差別に8人を殺傷する事件を起こしたばかり。この容疑者は「駅に着いてから7、8人殺そうと思った」と供述しているほか、事前に凶器を準備して自分が卒業した小学校を襲撃する計画があったこと。自分の妹を殺害することも考えていたことなど、異常な殺人願望があったことが明らかになっています。これまた、背筋が冷たくなってくる話です。

 18歳の少年は中学校時代にいじめにあったことがあるものの、「高校在学中はトラブルもなく、おとなしい子だった」。一方、24歳の青年は今年1月にコンビニのバイトを辞めてからは外出することも少なく、自宅でゲームをして過ごしていたとか。殺戮ゲームに没頭しており、上手くいかないと周囲に当り散らすことも。その彼も、高校時代は「目立たない、真面目なグループだった」といいます。

 それにしても、「誰でもいいから、人を殺したい」という気持はどこから出てくるのでしょう。人間社会ですから、怨恨や欲望から起きる事件は無くならないかも知れません。しかし、まったく自分勝手な動機で他人を巻き込み、被害を及ぼす事案が多くなっていることが、心配です。

 どうして?青春真っ只中の彼らにこういう事件が続くのか。私も二人の容疑者と同世代の子供がいる親として、看過できない出来事です。

by shouichiro_sato | 2008-03-26 21:51 | 社会・話題 | Comments(0)  

タイヤ交換しました

 きょうも暖かい一日でした。県内の最高気温は何処も平年より10℃も高く、4月下旬から5月上旬並み。一気に、春になった感じです。東京では桜の満開も近いとか。秋田でもこのところの陽気で、来月15日に予想されている開花がさらに早まることでしょう。

 例年であれば3月末、雪解けが遅いようだと4月中旬にやっていた「タイヤ交換」を、今年は先週末に行いました。「峠道もあるし、凍結したら危ないんじゃないの」という声もありましたが、日曜日には急遽、私用で青森まで往復することになり、スタッドレスタイヤで雪のない道路を長距離ドライブするのは「もったいない」ことから、思い切って交換したのです。

 その後は天気が冬に逆戻りすることもなく、タイヤ音が静かで燃費も向上し、快適な運転になりました。周りを見渡しても秋田市内から由利本荘市の沿岸には雪もなく、水田に雪が残っているのは標高100m以上の地域になってきました。ただし、標高230mの我家周辺の積雪は60cmほどありますが・・・・・。

 もっとも、タイヤ交換をして乾いている道路へ出ると、ついスピードも出てしまいます。そのうえポカポカ陽気になれば、眠気にも襲われがち。くれぐれも、安全運転でいきましょう。

 
 余談ですが・・・・・ 参議院ではガソリン税などの暫定税率関連法案の審議がストップしたまま。きょうの与野党の協議からすると、このまま今月末の期限切れになり、ガソリンが1ℓ当り25円、軽油が同17円値下がりすることが現実的になってきました。一時的には暫定税率が廃止になったとしても、道路財源のあり方も含めて遅くとも4月末までには暫定税率の存廃について結論が出るでしょうから、ドライバー(ユーザー)にとっては気になります。ガソリンが安くなっている間、普段以上にあちこちドライブするか。それとも、安い時に買いだめ?でも・・・・。消費者の行動がどうなるのかも、心配です。 

by shouichiro_sato | 2008-03-25 23:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

投票日

 小坂町では月曜日のきょう、町議会議員選挙の投票・開票が行われました。期日前投票制度が普及してきたこと。休日に行うより役場職員の時間外手当がかからず、選挙費用の約2割が削減できることから、町選挙管理委員会は平日に投・開票日を設定しました。秋田県内で休日以外に投・開票日を設定したのは、旧鳥海町(由利本荘市)が1998年に町長選挙と町議会議員補欠選挙を行って以来、10年ぶり。小坂町にとっても24年ぶりのことであり、投票率がどうなるのか注目されました。

 その結果、小坂町の投票率は83.80%(定数12-立候補者14人)で、前回の85.54%を1.74ポイント下回りました。しかし、日曜日のきのう行われた藤里町議選(定数12-同14人)が89.53%。五城目町議選(定数16-同17人)は78.58%。羽後町議選(定数16-同17人)は80.79%でしたから、平日投票だから投票率が低いとはいえないようで、小坂町選管の判断は他市町村の選挙日程の設定に、大いに参考になることでしょう。

 もちろん、小坂町でも有権者が投票しやすいように知恵を絞っていました。期日前投票ができる場所と時間は、役場本庁舎では告示翌日の20日(木)から23日(日)まで、午前8時30分~午後8時。その他にも十和田出張所で22日(土)に午前8時30分~午後5時。川上公民館と七滝支所では23日(日)の午前8時30分~午後8時など、平日投票に伴い有権者に便宜を図っています。勤務の都合などで平日投票ができない人でも、こうした配慮があれば納得できますね。ABS秋田放送のニュースによれば、期日前投票の投票率が26・23%に達したそうですから、今回の小坂町選管の英断は成果があったというべきでしょう。

 それにしても、最近の小坂町からは産業振興や文化活動などの元気なニュース、明るい話題が多いですね。あす25日には、小坂町特産のヤマブドウ果汁を使用した「豪石!サイダー・グレープ」が発売されるとか。超人気の超人ネイガー「豪石シリーズ第4弾」であり、楽しみです。

by shouichiro_sato | 2008-03-24 23:03 | 社会・話題 | Comments(0)  

初当選

f0081443_23574298.jpg きょう投票が行なわれた羽後町議会議員選挙で、阿部養助さん(58歳、田代・牛の沢)と利定己さん(60歳、西馬音内・本町)の二人が初当選を果たしました。

 16人の定員に対して、現職14人と新人3人の17人が立候補した今回の町議選は、開けてみると大接戦。ベテラン議員が横並びの状況で、最下位当選者と次点との差は僅かに28票。町活性化センターで午後8時から行われた開票作業も時間がかかり、各事務所での「万歳三唱」は午後10時半頃でした。(写真・ダルマに目を入れ、喜びいっぱいの阿部養助さん・淳子さんご夫妻)

 阿部さんは大曲農高を卒業後、農業に従事。中山間地の厳しい環境にありながらも花卉栽培に奮闘し、高品質のトルコキキョウは中央市場でも評判です。一方、青年時代から音楽活動で活躍し、フォークグループ「かど石」のリーダーとして農業・農村をテーマにした多くの歌を発表してきました。現在は羽後町民謡協会にも所属して三味線の演奏者、民謡の歌い手としても頑張っています。こまち農協理事も務めており、地域の期待は高まるばかり。有権者の少ない地域からの立候補でありながら、850票を獲得しての2位当選。誠におめでとうございます。
 
 ところで、トップ当選は4期目となる阿部久夫さん(59歳、田代・門前)で974票。西馬音内で学習塾を経営しながら、全町に支持者を拡大して過去最高得票となりました。有効投票が1,400票に満たない田代地区から立候補した二人の阿部さんが獲得した票は合わせて1,824票。同じく1,000票弱の仙道地区では3人が立候補し、合わせて2,133票。中山間地である田代、仙道両地区の候補者が大健闘した町議選でした。この意気込みを、これからの地域づくりに活かしていきましょう。 

by shouichiro_sato | 2008-03-23 23:56 | 羽後町 | Comments(0)  

公開講演会

 秋田県議会農業議員の会、(社)秋田経済同友会、秋田魁新報社が主催する公開講演会がきょう午前、秋田キャッスルホテルで開かれました。テーマは「激変する世界の食糧事情と日本農業」、講師は農林中金総合研究所の主任研究員・阮蔚(ルアン・ウェイ)さんです。

 講演のポイントを紹介すると・・・・・・・ ①「激変する世界の食糧事情」 約30年間安定していた穀物価格が、ここにきて高騰してきた。アメリカではトウモロコシの生産を不安定な輸出依存から方向転換し、バイオエタノールの原料にすることで新たな需要を創出した。中国が大豆の輸出国から輸入国に変わった背景にはブラジルの穀物生産の拡大がある。日本や中国などのアジア諸国は南・北アメリカ大陸への依存度を高めているが、生産拡大には限界がある。

 ②「日本農業・秋田県農業にとっての課題とチャンス」 コメの新しい需要創出が必要だ。例えば、小麦の年間輸入量の10%をコメ粉で代替してパンやお菓子類を作れば、コメ生産量の8%にあたる50万トンの需要が生まれる。生産調整を続けて耕作放棄地を増やすより、一石三鳥の効果があるだろう。グローバル化が進む中で、農業の競争も激しくなるが、アジア諸国では生産規模の拡大には限界があり、日本でも生産を確保するための所得支持政策が必要だ。

f0081443_2311999.jpg 世界の動向を聞いてみると、自給率が低下しているにもかかわらず、生産調整を拡大して耕作放棄地を増やしている日本のあり方に、大きな疑問を感じます。アメリカのブッシュ大統領は2006年4月25日にワシントンで行ったエネルギー政策に関する演説で、「農業が強ければ、アメリカは強い」と述べたそうですが、わが国も強い農業の構築に向けて、海外依存でない方策に方向転換するべきだと、強く感じた講演会でした。 (写真・農家や農業団体関係者、農業高校の生徒など400人を超す参加者が集まり、秋田キャッスルホテル・矢留の間は超満員。データを基にした明快なお話であり、時間が足りないと思ったほどでした。)

by shouichiro_sato | 2008-03-22 23:30 | 国政・時事 | Comments(0)