人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

接待漬け

 「防衛省に対する国民の信頼が揺らいでいる」と言っても過言ではありません。

 第2次安倍内閣で防衛大臣に就任した小池百合子・衆議院議員が、異例の長期在任となっている事務次官の後任人事を発令しようとした時、激しく抵抗して首相官邸にまで乗り込んだ守屋武昌・前防衛事務次官。省内のドンといわれたその人が29日、衆院テロ防止特別委員会で証人喚問され、現役時代には想像できないほどの弱々しい声で、防衛商社「山田洋行」の元専務から受けた接待の実態を認めました。

 50歳の頃に防衛政策課長に就任した守屋氏は、その一年後位からゴルフの接待を受け、その回数は200回を超え、多いときには月に4回(毎週ですね)。偽名を使ってプレーし、半分以上は夫婦で行き、2度にわたりゴルフクラブセットも受け取っていました。北海道や九州旅行、さらには赤坂の高級クラブでも飲食とカラオケ。そのクラブの料金だけでも月100万円とか。

 防衛庁時代に起きた調達実施本部の背任事件や施設庁の談合事件などもあり、接待を禁止する自衛隊員倫理規定も2000年には施行されています。当時、守屋氏は官房長としてその作成に当たり、次官に就任してからは「倫理監督官」を務めていたそうですから、呆れてしまいました。新聞には証人喚問のテレビ中継を見ていた自衛官の感想として、「いい身分だ」「隊員が汗を流している時に、毎週末に遊んでいたのか」という憤りの声が紹介されていました。当然でしょう。

 そんな接待漬けになった事務方トップが4年間も君臨し、省内に睨みを利かせていたとしたら、しょっちゅう変わる大臣等の政治家が掌握できるはずもありません。しかし、膨大な金額となっている防衛費は、装備品の調達などは極めて専門的で機密事項も多く、情報公開が遅れている分野であるだけに、国民の信頼を損なう執行は許されないはずです。

 石破茂・防衛大臣は、装備品の調達などで出入りする全業者の実態調査を行なうほか、幹部職員の週末行動を申告させて把握する意向を示しています。ということは、今まで事務次官の行動さえ分からなかったとすれば、危機管理を担う国の中枢機関として、実に情けない話です。同じように甘い汁を吸っていた(防衛族の)政治家もいるようで、文民統制どころか、政治家の方が幹部職員にコントロールされていたのでしょうか。

 味覚の秋も深まり、これからは漬物の美味しい季節ですが、「接待漬け」だけは身体を蝕むことになると、私もしっかり覚えておきましょう。

by shouichiro_sato | 2007-10-31 23:23 | 国政・時事 | Comments(0)  

ブログも「500号」になりました

 日々の想いを書き綴ってきたブログ「さとう正一郎日記」は、今回で500号となりました。ご愛読いただいている皆さんと様々な情報を提供してくださったメデアに、心から感謝申し上げます。毎日の終わりに、パソコンに向かってきょうの日を顧みて文章を書き込むことで、多くのことを学ばせてもらいました。一日の暮らしの中でこうした時間をもつことができたのも、ご支援いただいている皆さんのご指導があったおかげであり、重ねて感謝申し上げます。

f0081443_2255549.jpg さて、きょうの話題は日本一豪華な客船「飛鳥Ⅱ」が秋田港に寄港したことです。(写真)

 飛鳥Ⅱは全長240メートル、全幅29・6メートル、総トン数は5万142トン。鳥取県境港から約820人が乗船して昨夜、東北や北海道を巡る旅に出航。けさ7時に秋田港に着岸し、県内の紅葉などを楽しんで午後4時過ぎに次の目的地へ向かいました。飛鳥Ⅱの秋田港への寄港は、8月の竿灯祭りに続いて今年2回目。昨年3月の就航以来では3回目とか。秋田港の5万トン岸壁には、ニュースを聞いて駆けつけた市民が(実は、私もその一人。秋田の事務所に向かう途中の正午過ぎ、NHKラジオで聞いたのでチョッと港へ寄ってみました)、巨大な船体をバックに写真を撮ったりして、歓声を上げいました。

 日本一の豪華客船が寄港してくれた秋田港。県内の豊かな自然や文化に魅力があればこそ、クルーズの寄港地にもなってくれるのですから、こうしたチャンスをしっかりと活かしていきたいですね。とは言うものの、豪華客船が停泊した岸壁はチョッと殺風景でした。(私が訪ねた時間帯の問題かもしれませんが)歓迎のための横断幕や装飾も無く、とても日本一の客船を迎える雰囲気ではありません。こうした場合の対応はどこのセクションが担当しているのか。せっかくのチャンスを活かしていないようで、残念な感じです。お客さんの感想はわかりませんが、(港の事情を知らない私には)「これで喜んでいただけたのか」と、心配になった次第です。

 そんな訳で、500号の記念すべきブログも「問題提起」型になってしまいました。常にそうした視点で物事を見つめ、少しでも元気があふれる秋田を創造していきたいという想いがあることを、ご理解いただければ幸いです。

by shouichiro_sato | 2007-10-30 23:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「大腸がん研究所」

 秋田に縁のある各界の専門家や知識人が執筆している、秋田魁新報の「月曜論壇」を楽しみにしています。きょうは昭和大学医学部教授で同大横浜市北部病院消化器センター長、工藤進英先生が興味のある提案をされていました。「秋田-健康“立県”-大腸がん研究所を中心にして」という、医療都市圏構想です。

 米国ミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニックを参考にして、日本だけでなくアジアや世界から最高の診断と治療を求めてやって来るように、自然豊かな秋田の地で、今の日本に最も欠けている教養と感性の豊かな医師、研修医、医療スタッフ、学生を養成することができないか。高齢化率がわが国トップで進行し、大腸がん死亡率は全国一な秋田県こそ、我々を飛躍に導く最大要素を持っている――――と書かれていました。

 その論壇を読んで思い出したことがあります。羽後町長として在任中、町立羽後病院に勤務する整形外科の先生から、「小さな病院でも、医療の専門的な分野で全国から患者さんが来るような病院にしてみたい。米国のメイヨー・クリニックの様子を勉強してきます」と提案され、実際に米国への視察研修を了承したことがありました。帰国後の報告では、工藤先生の体験と同様に、ロチェスターの町はメイヨー・クリニックの城下町であり、かつての寒村が素晴らしい地域に変貌しているというものでした。

 かつて、秋田県では高血圧による疾患が多かったことから、県立の脳血管研究センターと成人病医療センターを立ち上げ、全国有数の脳疾患専門病院として評価されてきました。しかし最近では、慢性的な地方の医師不足を解消するために秋田大学医学部を充実することと、中核病院である厚生連病院の改築など、施設整備に施策が集中している感じがあり、これからの目指すべき方向については明確なビジョンが見えない状況です。

 発想の視点を変えて、秋田のかかえる厳しい状況を逆手にとった地域づくりに、私は興味があります。高齢化社会の先端を行く秋田県だからこそ、医療・健康をキーワードにした構想は大いに期待できると考えます。

 是非とも、工藤先生からはもっと詳しいお話を聞いてみたいものです。

by shouichiro_sato | 2007-10-29 23:57 | 秋田県 | Comments(0)  

教科書検定

 小学校から高等学校まで、学校で勉強する時には必ず使われる「教科書」。それぞれの教育課程において学ぶべきことが記述されており、各教科書会社の内容に違いがないようにするために、文部科学省の「教科書検定審議会」が検定しています。当然、どの教科書も同じような内容になりますが、歴史教科書では認識の違いによって「事実と異なる記述がある」として、問題になる場合があります。

 教科書検定に関しては「検定そのものが憲法違反である」と主張した(高校日本史の)「家永教科書裁判」が有名です。ところが、2008年度から使用される高校日本史の教科書でも、沖縄戦の集団自決に日本軍の強制があったとされる記述について、教科書検定で修正されていたことが明らかになり、大きな問題になっています。

 特に、歴史の事実をしっかりと受け止めてきた沖縄県では、9月末に約11万人もの人たちが抗議集会に参加して、県民を挙げて事実と違う教科書の内容に抗議。「軍の強制」という記述を復活させ、検定意見の撤回を要求する決議を採択していました。文部科学省がいうように、政治的な影響を排除して平穏な環境で審議を進めるとしても、審議会の議事録は公表されておらず、どういう歴史認識で記述の修正を求めたのか分かりませんから、その経緯も明らかにしてほしいものです。

 ただ、安倍首相の退陣によって内閣や文部科学省の姿勢に変化があり、渡海文科相が「訂正申請が出た場合は、再度教科書検定審議会にかける」と発言したことから、27日には教科書執筆者の一人が記者会見して、訂正申請することで教科書会社と調整中であることを表明しています。

 「都合の悪いことは削除する」とか「言うこととやることが違う」事例が多くなったのは何故でしょう。歴史や過去の出来事については、事実を誤魔化すことなくしっかりと受け止めて、同じ過ちを繰り返さないことが重要なはず。その範となるべき国家の仕事において、倫理感の欠如や不祥事が続いていることに、不安が募るこの頃です。

by shouichiro_sato | 2007-10-28 22:18 | 国政・時事 | Comments(0)  

「日本シリーズ」開幕

 「日本ハム」-「中日」。昨年と同じ顔合わせとなったプロ野球日本シリーズが札幌ドームで開幕し、シリーズ・タイ記録となる13三振を奪う気迫の投球で中日打線を抑え込んだダルビッシュ投手の活躍で、日本ハムが3-1で快勝しました。

 球団初の「日本一」2連覇がなるのか、それともセ・リーグのクライマックスシリーズでリーグ優勝した巨人に3連勝して日本シリーズに進んだ中日が、53年ぶりの頂点に立つのか。このところサッカーなどのスポーツが人気を集め、テレビ視聴率も低迷気味のプロ野球ですが、さすがに日本シリーズは違います。超満員になったスタンドの熱気とプロ選手の技がゲームを盛り上げ、テレビの前でも一球一打に興奮してしまいました。

 一方、一足早く始まっているアメリカ大リーグのワールドシリーズは、3年ぶり7度目の制覇をめざすレッドソックス(ボストン)が初優勝を狙うロッキーズ(デンバー)に2連勝。レッドソックスの岡島秀樹投手やロッキーズの松井稼頭央内野手の活躍が話題になっています。しかし、何と言っても一番の注目は、明日の第3戦で先発が予想されるレッドソックスの松坂大輔投手。是非とも頑張ってもらいたいものです。

 ところで、プロのスポーツにはそれぞれに本拠地があるのがいいですね。札幌にしても名古屋にしても、地元では大いに盛り上がっていることでしょう。実は米国のボストンもデンバーも、青春時代に派米農業研修生として訪問したことがある都市だけに、テレビの中継を見てなつかしくなり、当時のことを思い出しました。日本であれ米国であれ、その土地の皆さんにとってはすっかり馴染みのチームでしょうから、そうした環境にあることも羨ましいですね。

 「秋田わか杉国体」が終わって寂しい感じになっていただけに、「秋田にもプロスポーツを誘致したいものだ」と思っているこの頃です。

by shouichiro_sato | 2007-10-27 22:03 | 社会・話題 | Comments(0)  

偽装発覚から一週間

 大館市の食肉加工製造会社「比内鶏」が、商品に「比内地鶏」と表示しておきながら、まったく別の鶏の肉と卵を使って燻製を製造・販売していたことが発覚して、一週間が経ちました。この間の主な動きを新聞記事などを参考にまとめてみると――――――

 (10月15日 大館保険所に匿名の電話あり。翌16日から県が調査を開始。会社は17日から製造を中止して、回収を始める)

 20日夜 県が緊急に記者会見を行なって、「比内地鶏」の偽装があったことを発表。社長はマスコミの取材に対して「自社の偽装を知ったのは9月末。社内調査でわかった」という。

 21日 スーパーや小売店は同社商品を撤去。風評被害の心配が広がる。元社員は「25年ほど前の発売当初から、一般の鶏肉を使っていた」と証言。

 22日 寺田知事が定例記者会見で「許されない行為だ」と厳しく非難。県庁に問題の全容解明と消費者の信用回復を図るための対策本部を設置。「卵を産まなくなった廃鶏を原材料にしていた」「賞味期限も改ざんしていた」と会社幹部が発表。「燻製以外の商品でも比内地鶏の肉や卵は使われていない」「昨日から社長とは連絡が取れない」とも。

 23日 大館市内の団体・企業と市などで「比内地鶏ブランドを守る緊急対策本部」が発足。県に情報が寄せられた他業者1社についても調査を実施したが、問題なし。

 24日 県は比内地鶏を扱っている県内の加工会社5社を調査。結果は「偽装の問題なし」。
「比内地鶏の確認書」を県が発行することに。認証制度も一ヶ月以内に創設すると発表。
 (夕方になって)行方不明だった社長が記者会見し「今までさまよっていたが死にきれなかった。廃鶏の使用は自分が指示していたが、偽装の認識はなかった。会社は残したい」。

 25日 県が「確認書発行」の事務を開始。加工業者には戸惑いの声も出る。

 26日 知事が三越本店を訪れ、信頼回復への取り組みを伝える。県に情報が寄せられた他社の調査では、「偽装表示はなかった」と発表。

 「きりたんぽ」等の鍋物の季節を迎え、贈答品などで最も需要が高まる時期に発覚した「比内地鶏」偽装表示問題は、風評被害を含めて比内地鶏商品への消費者の疑念を招く事態になってしまいました。生産者や加工業者などがようやく築いてきた「地域ブランド」の信頼を回復するためには、「他の業者にはそうした偽装が無いこと」「生肉を含めた商品が比内地鶏であると証明すること」などについて、徹底した調査とシステムの構築をしなければなりません。こうなれば、そうした取り組み(過程も含めて)の情報開示を積極的に行い、実績をアッピールすることで消費者や食肉業界の関心を高めることも可能になるでしょう。

 「豪雨災害」に続いて「信用失墜」。比内地鶏にとっては災難が重なってしまった状況ですが、ここは官民挙げて英知を結集し、この難局を乗り越えていきましょう。

by shouichiro_sato | 2007-10-26 23:20 | 産業振興 | Comments(0)  

一方通行解除

f0081443_21394957.jpg 秋田市内・南大通りの明田地下道西交差点から有楽町・五丁目橋交差点までは、朝の時間帯(7時30分~9時)に一方通行規制が行なわれていますが、11月1日からは解除されることになりました。(写真) 秋田駅の東西を地下で結ぶ「秋田中央道路」が先月開通したことにより、混雑していた南通りや手形陸橋の交通渋滞が目に見えるほど緩和され、県警察本部では規制の必要がなくなったと判断したのです。

f0081443_863627.jpg 市内の中心部をドライブしてみると、中央通りも広小路も車の通行量が極端に少なくなった感じがしますし、竿灯大通りでは朝夕の時間帯でも大町付近で渋滞することはほとんどありません。(写真・きょうの午前11時前)

 中心市街地の空洞化が進み、市民の足が遠のいてきた中央街区でしたが、地下道路の開通によってさらに閑散としてきた印象を持ちました。通過する人には便利になったものの、街中に人を呼び込む効果は(まだ?)見えないと感じました。

 秋田中央道路の構想や計画策定、工事期間を通算すると10年以上の歳月がかかっているというのに、課題として浮き彫りになっていた中央街区の街づくりは頓挫したまま。日赤・婦人会館跡地の利用計画も宙に浮いた状況です。素案では資料館や美術館の移転なども検討されているようですが、アトリオンの施設が示すように「賑わい」を呼び込むことは無理でしょうから、こうなった以上は慌てずに、周囲にもっと公共用地を取得して広い空間を確保し、長寿社会に対応した緑豊かな生活・居住環境を作る方が妙案かもしれません。

 いずれにしろ、秋田中央道路の開通は中心市街地を大きく変えることになりました。今後も市内の主要道路の整備は続くでしょうが、これだけ大きな影響を及ぼす道路の新設は当分は不可能でしょうから、もう一度仕切り直しをして、街づくりを考えて見ましょう。

by shouichiro_sato | 2007-10-25 23:01 | 秋田県 | Comments(0)  

帝国データバンク

 ㈱帝国データバンクといえば、企業が倒産した場合に負債総額などの情報を提供している企業というイメージをもっておりましたが、その程度の認識しかなかった自分を恥じています。

 北都銀行西馬音内支店の顧客が集う「羽後町北都会」(会長・佐藤義太郎マルトタクシー社長)は、大正時代に開店した同支店85周年の節目に当たる今夜、「秋田の元気を羽後町から」というテーマで講演会を行いました。講師は㈱帝国データバンク秋田支店長の山本正治さん。秋田に赴任して5年目となる山本さんの目からみた「秋田のこれから」について、示唆に富んだお話がありました。

 毎月40~50社の企業調査を行なってきた実績から蓄積された「企業経営のポイント」には、目から鱗が出るほど。倒産した企業から社会の現状を学び、その原因を分析することで企業を維持・拡大するためのヒントと経営者の役割を考えるという視点です。例えば、倒産した企業経営者の80%以上に欠如していた要因では、①ドンブリ勘定やワンマン経営など「管理能力」の欠如 ②自己中心な性格等からくる「折衝力」の欠如 ③朝令暮改が多い「先見性」の欠如 ④思い込みが激しく発想がワンパターンになる「バランス感覚」の欠如 ⑤イエスマンばかりを登用している「ブレーン」の欠如・・・など、納得できるお話でした。

f0081443_0162951.jpg さらに、近江商人の経営理念が今の時代にも生きているとして、「三方良し」の精神を忘れてはいけないと強調されました。即ち、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」でなければ商売や企業は成り立たないというのです。なるほど、このところ問題になっている食品の偽装などは、「売れればそれで良い」という売り手の勝手な横暴で信用を大きく失墜させました。老舗といえども世間が喜ぶ商品でなければ持続しないことを教えてくれています。

 尚、羽後町ブランドの確立のためには「情報発信する努力を継続していく必要がある」とのことですが、これ以上のことは北都会に参加した会員だけの機密事項?ですから、ブログでは割愛させていただきます。

 皆さんも是非、山本支店長のお話を聞いてみてください。元気な秋田を創るためにも、お薦めです。お問い合わせは㈱帝国データバンク秋田支店、または北都銀行西馬音内支店まで。

by shouichiro_sato | 2007-10-24 23:56 | 秋田県 | Comments(0)  

JA秋田おばこ

 9,600トン(16万俵/60kg)の米を貯蔵することができる日本一の集荷施設「おばこライスターミナル」は、いよいよその威力を発揮する時期を迎えました。

 米の消費が激減して生産量とのバランスが崩れ、1俵1万円の米価となっている今年の秋は、コメ生産の比重が高い秋田県の農家にとって大変厳しいものとなっています。だからこそ「いかに有利な販売をするか」が、各農協の戦略として極めて重要なこととなってきました。コメの販売は「全農任せ」で独自の取り組みをしないところと、何とか「農家の手取りを増やしたい」と努力しているところの差が出てくるのは当然です。

 高校時代の先輩が常勤役員をしている関係で、県内でもコメの大産地である「JA秋田おばこ(代表理事組合長・藤村正喜さん)」の状況について教えてもらいました。正組合員数28,000人、水稲作付面積約20,000ha。コメの取扱量と販売高は名実ともに全国一ですから、こうした厳しい情勢の時こそ、対応が注目されます。

 その一つが「おばこライスターミナル」。荷受された玄米はコメの食味値などの成分を測定して仕分けし、コメの実需者(消費者)のニーズに合わせた対応をしている他、1トンのフレコンバックごとに生産履歴も添付して安全安心を保証している事。食味と品質を保持した安定供給を可能にしていることが挙げられます。

 さらに今年は、同JA管内で最も美味しいコメ(あきたこまち)を決めるコンクールを行い、上位入賞者を「おばこの匠」として表彰するといいます。生産技術を公開して農家の技術アップに役立てる活動や「秋田おばこ米」として消費者へPRするもので、共催する住友商事㈱が一俵2万円で買い上げ、「選り米」として高級百貨店などで販売されるといいますから、楽しみです。f0081443_20434847.jpg 
 
 事務所の壁には、自慢の「秋田おばこ米」を使用しているレストランや食事処に張り出しているポスターがありました。(写真) コメの主産地であるからこそ、美味しいコメを提供したいという取り組みと、身近な所でも産地としての誇りと自信を消費者にアッピールする姿勢は大事だと思います。ポスターを見て、そうした意気込みを感じました。

 農家の女性たちが直接、消費者に電話をしてパールライスの最高品質米「天恵米」の販売拡大をめざすJAうご(羽後町)。「土づくり実証米」として予約販売が殺到しているJA秋田しんせい(由利本荘市)など、県内でもJAの積極的な販売戦略が成果を挙げている例も多くなってきました。

 農家の「農協離れ」が懸念される中、今こそ組織のもつ情報収集とネットワークを発揮して、消費者と生産者(農家)の期待に応えてほしいものです。ポスターやライスターミナル(秋田新幹線から良く見えていますネ)に描かれている「おばこ娘」の微笑みが、お客さんを呼び込んでくれることを願っております。

by shouichiro_sato | 2007-10-23 21:26 | 産業振興 | Comments(0)  

サービスエリア

 高速道路の整備が進んで、湯沢市横堀(旧雄勝町)に完成したインターから秋田市方面へ通行が可能になり、きょう秋田市で行なわれた会合には同所の道の駅でメンバーを誘い、快適に走行。雄勝ICから秋田中央IC、そして秋田中央道路を利用して県庁前までは約1時間ですから、本当に便利になりました。

 ところが、途中で休憩した旧西仙北町のサービスエリア(SA)にはビックリ。売店やレストランはなくなり、コンビニになっているではありませんか。店員に聞いたら、昨年の12月にコンビニがオープンし、間もなく一年になるとか。振り返ってみれば、私自身も特別な場合を除いて(有料の)高速道路は極力避けて一般国道を利用していましたから、サービスエリアの店舗などがコンビニに模様替えしていることは知らなかったのです。
 f0081443_8224218.jpg 
 思わず反対側の上り線を見ると、そこは今まで通りのサービスエリア。ということは、東北自動車道から秋田自動車道を利用して秋田へやってくる方には、岩手県西和賀町にある錦秋湖サービスエリアを過ぎると、食事のできる場所が無くなったという事です。「なんか寂しいなあ」というほかありません。(写真・下り線のSAはコンビニになり、レストランがあった場所は黒いフィルムで覆われ、閉鎖されています)

 さらに、全ての自動販売機が撤去されていて、好きだった缶コーヒーは見当たりません。「カップ麺のお湯はサービスしております」との表示に、「どうしてこうなるの?」。利用者が少なくて経営が成り立たずに閉鎖したのでしょうが、有料の高速道路であれば地方であっても一定のサービスを維持できないものかと思い、こうしたところにも格差を感じてしまいました。 

by shouichiro_sato | 2007-10-22 23:58 | 秋田県 | Comments(0)