人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

「三大踊り夜会」

 心配された雨も上がり、午後6時30分から羽後町活性化センターで行なわれた「三大踊り夜会」は大盛会でした。全国の夏祭りが本格化する前に、一足早く熱のこもった踊りが見れる催しも4回目。今回は地元の「西馬音内盆踊り」と毎回ゲスト参加している富山県の「おわら風の盆」に加え、初めて来町した岩手県の「盛岡さんさ踊り」の皆さんがエネルギッシュな踊りを披露してくれました。

 過去3回は本町通りや総合体育館での無料公演でしたが、今回は主催している町観光物産協会への支援や開催経費への協力をいただくため、お一人様2000円の入場料をいただきました。会場が狭くてよく見えなかった上に、公演時間も短く物足りないお客さんもいたと思いますが、これを機会に各地の踊りに興味をもっていただき、実際の祭りを訪ねるなどの交流が進めば幸いです。ご来場の皆様には心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
 f0081443_21155294.jpg
 ところで、本番前の午後4時30分から西馬音内本町「西馬音内盆踊り会館」に隣接する「かがり火広場」では、1000人を超えるお客さんの前で夜会に出演する3団体の発表が行なわれました。(こちらは無料・自由に観覧できます) まだ明るい時間であり本場の雰囲気には程遠いものだと思いますが、目の前で行なわれる踊りには何ともいわれぬ迫力がありました。(写真・太鼓のリズムで軽快に踊る「盛岡さんさ踊り」)

 「三大踊り夜会」には、1泊2日の日程で参加している県外からのお客さん80名もおり、終了後は五輪坂温泉・としとらんどに会場を移して、出演した3団体の皆さんとの交流パーテーが開かれています。この企画がまた大人気で、郷土の伝統を受け継ぐ皆さん同士はもちろんのこと、お客さんも交わってのお話は尽きることがありません。

 (ただし、私はブログの書き込みがあるために後ろ髪をひかれる想いで帰宅しました。実はきょうの午後、宮城県で行なわれている東北社会人ホッケー選手権大会で秋田県男子チームが決勝進出を決めたのです。明日は5時に起床して応援に行ってきます。)

by shouichiro_sato | 2007-06-30 22:02 | 羽後町 | Comments(0)  

県議会中継

 6月定例県議会はきょうが最終日。昨日の予算特別委員会と常任委員会では、焦点となっている森林環境税「秋田県水と緑の森づくり税」の関連条例案と県職員給与削減の条例案を継続審査に決めたことから、きょうの本会議が注目されました。

 議会傍聴できなかった私は、県議会のホームページから本会議のインターネット中継を見させてもらいました。午後1時の開会冒頭に、中田潤議員(みらい21)が一般質問での発言の一部を取り消す申し出をし、続いて「副知事の選任」が案件となりました。記名投票で白票(賛成)と青票(反対)を使って採決が行なわれます。画面からは緊張して登壇する議員の皆さんの表情も伝わってきました。結果は、西村・現副知事は41対2で同意。渡部・知事公室長には19対24で不同意。「継続審査とすべき」とした案件も、常任委員長の報告通りに決まりました。

 特に職員給与の削減案については、石田寛議員(社民)が原案否決の立場から反対。淡路定明議員(いぶき)が継続審査に賛成。山内梅良議員(共産)も原案反対の討論を行なうなど、真剣な議論の様子が伝わってきました。県議会に関心があっても議場まで出向いて傍聴することが困難な人には、インターネットで生中継(今のところは本会議のみ)されていることをもっとPRしたいものです。

 ところで、議会終了後に行なわれた寺田知事の記者会見(これも県のホームページで生中継しています)での発言には驚きました。副知事人事について「多数の横暴だ、いじめですよこれは。人事のことで手足縛って仕事をせよといっても・・・・・・私はベストだと思ってお願いした。正常じゃない採決のしかただと思う」と述べ、反対した24人の議員の姿勢を批判しました。自民党会派は2月議会で(財政難の状況で)2人の副知事は必要ないと主張していたことや、2人配置する場合の役割分担が明確でないという意見があったことを考えると、提案する前に議会との意見調整をしておくべきでした。議会前には政党との協議の場がありながら、提案権を強調して議会の声に耳を貸さない姿勢では、今後の県政運営も波乱含みでしょう。

 NHKの記者が「自民党が過半数を占めている中で、今後は議会に対してどう説明を尽くすのか」と質問すると、寺田知事の答えは「NHKの解説委員さんのように、(説明を)上手になるよう頑張ります」でした。新聞やテレビのニュースで伝えられるのはほんの一部であり、こうしてインターネットを開くと(表情も含めて)全てを知ることができ、いい勉強になりました。

by shouichiro_sato | 2007-06-29 22:52 | 秋田県 | Comments(0)  

バス路線の廃止

 少子化や過疎化が進む地域から、利用者の減少を理由にした「バス路線廃止」のニュースが目立ってきました。道路運送法の改正によって、事業者が路線を廃止する時は6ヶ月前までに国土交通省に届ければよいことになったこと(事前届出制)や、生活バス路線の赤字補填に補助金を支出してきた自治体の財政事情が厳しいことから、県内でも急激に進んできています。

 羽後町にも羽後交通㈱から3月28日付で路線の一部廃止の申出があり、町は6月定例町議会で町内の交通手段を検討する機関(羽後町地域公共交通会議)の設置に必要な予算を可決しています。f0081443_22355238.jpg対象は湯沢営業所から羽後町方面に向かう全路線で、特に新成・明治、田代(私の住む上到米も含まれます)の両地域内は完全廃止の方針であり、今夜から住民への説明会が始まりました。(写真・田代農村総合センター)

 乗車状況調査によれば利用者が少ないことは一目瞭然であり、今までも(日中などに)誰も乗っていないバスが走っていることについて、「補助金を出してまで必要なのか」という声もありました。しかし、地域には高齢者や車を運転できない人も多くいる訳で、「病院」に通う人などにとっては欠かすことの出来ない交通手段でもあります。出席者の意見交換では、「廃止は止むを得ないかもしれないが、代わりの手段について考えてもらいたい」「この機会に、新しい地域の交通システムをつくろう」など、地域の将来を心配する声が多く出されました。

 人口の将来予測では日本一の減少率となる秋田県にあって、地域の過疎化はさらに進むでしょう。しかしながら、これからもその地域に住み続ける人々がいる以上、安心して暮らせる社会システムは絶対に必要です。費用対効果や採算性を重視する民間事業者に代わって、新たな公共サービスが可能かどうか。他人任せではなく、そこに住む人たちが一緒に知恵を絞っていく必要を感じた説明会でした。 

by shouichiro_sato | 2007-06-28 23:16 | 羽後町 | Comments(0)  

屋根の上に「スギッチ」?

 秋田市仁井田から空港道路を通って雄和方面に向かっていたら、雄和市民センター(旧町役場)の手前1キロメートル位の所で、屋根の上で花を植えている皆さんに目が留まりました。以前からこの建物の屋根には芝生が張られていて、環境に優しい斬新なアイデアだと感心していましたが、きょうはいつもと違う作業のようで、車を止めてしまいました。

 ここは秋田市雄和平沢の伊藤工業株式会社(代表取締役・伊藤満さん)の事務所。作業している人に聞くと、屋根の上には秋田わか杉国体のマスコットである「スギッチ」の花壇を作っている最中でした。
f0081443_18294341.jpg

 作業を始めたばかりで全体像はわかりませんが、お話しによると屋根の右半分ほどにマリーゴールドなどを植えて、巨大なスギッチの花壇が完成する予定とか。使用される苗ポットは1000個以上で、4人の作業員の方がバケツで土を運び上げながら、丁寧に植えていました。(写真)
 
 秋田わか杉国体まであと3ヶ月。スギッチマークの入った幟やステッカーなどが目立ってきていますし、県内各地から「花いっぱい運動」のニュースも聞こえてきますが、このように民間サイドで取り組んでもらえることは嬉しいですね。日本一に輝いた人気のキャラクター「スギッチ」ですから、大いに活用して盛り上げていきましょう。

 ところで、9月29日に秋田市雄和の「県営陸上競技場」で行なわれる総合開会式の一般入場券(無料)はただ今、申し込みを受付中です。県や市町村の窓口にある所定の用紙かインターネットで申し込むことが出来ますが、締め切りは今月29日必着。郵送の場合は明日中に投函しなければ間に合いません。是非とも開会式の感動を現場で体験したいものですね。皆さんも申し込んでみませんか。(ただし、既に定員を大きく超えており、抽選となりますのでご了承ください)

by shouichiro_sato | 2007-06-27 19:22 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

イチゴ

f0081443_2341519.jpg 今夜遅く家に帰ったら、玄関先に摘んだばかりのイチゴがありました。この時期のイチゴはケーキなどの業務用で、日本国内では秋田県湯沢市秋の宮や羽後町田代・仙道地区がシェアを独占している品目です。

 我家でも私が12年前に町の仕事に就くまでは、30アールもの転作田でイチゴを栽培しておりました。その後は隣家の従兄弟に全ての水田の農作業を委託していますが、イチゴの親株だけは今でも畑に残し、大切にしてきました。ですから、このところの好天で毎日が収穫期。妻が朝夕に摘み取ってはお土産にしています。(写真・Mサイズの高級品です)
 
 例年ですと6月中旬から収穫が始まり7月10日過ぎまで続くのですが、今年は雨が降らずに粒も小さくなっており、出荷量も少ないとのこと。しかしながらその分、値段は高値で推移しており、生産者の皆さんも(早朝の)4時頃から出荷作業に頑張っています。

 この時期の湯沢・雄勝地方は日本一の品質を誇る桜桃(サクランボ)や特産のイチゴなど、地域の自然条件を生かした品目が農家経済を潤しています。ここまで来るには先人の弛まぬ努力があった訳ですが、折角築いた蓄積を無駄にしないよう、何とかこれからの農業振興に結び付けていきたいものです。

 真っ赤に熟した我家のイチゴは、とろける様な味わいです。栽培等に興味のある方はご連絡ください。

by shouichiro_sato | 2007-06-26 23:52 | 産業振興 | Comments(0)  

えっ!「2㌔入りで2500円以上」

 今朝の秋田魁新報の小さな記事「ニューススポット」に、ビックリする話題がありました。

 「中国へコメ輸出、第1便が出港」の見出しで、約4年ぶりに再開された日本から中国へのコメ輸出の第1便が24日午後、横浜港から中国の上海などに向けて出港したことを伝えています。中国へのコメ輸出のことは、先の日中首脳会談で合意されたと知っていましたので、「いよいよ始まったか」という程度の気持で読んでいたのですが、販売予定価格を見て仰天しました。

 今回輸出されたのは、新潟県産コシヒカリと宮城県産ひとめぼれで計24㌧。今週中には現地に到着し、7月中に上海と北京の高級スーパーの店頭に並ぶとか。その価格はなんと、2㌔入りで2500円以上。中国産の10倍以上で、現地の富裕層向けに販売されるといいます。(間違い?ではないでしょうね、魁さん)

 この販売価格は日本国内と比較しても驚きです。例えば、(インターネットで検索してみると)秋田を代表する大潟村産の「あきたこまち」無洗米は2㌔で1280円。新潟県魚沼産のコシヒカリは2㌔で1,680円。中国での価格はこれらの2~1.5倍です。今までは中国産の安い農産物が大量に輸入されているイメージしかありませんでしたが、日本の優れた品質の農産物が富裕層の目に止まるとすれば、新たなビジネスチャンスとして期待されます。

 リンゴなどの果物や高級住宅向けの秋田杉など、国内需要が伸び悩んでいる秋田県の農林業にとって、中国市場の開拓は「願ってもないチャンス」。こうした経済動向にアンテナを張って、農産物の輸出戦略を積極的に展開しましょう。

by shouichiro_sato | 2007-06-25 23:46 | 産業振興 | Comments(0)  

祝賀会

 f0081443_8144975.jpg 今年春に旭日小綬章を受章した後藤市之丞さん(旧皆瀬村村長)の叙勲を祝う会が、午前11時から小安観光ホテル「鶴泉荘」で開かれ、現役時代の後輩として出席してきました。

 後藤さんは昭和41年に村の教育委員に選任され、それから村議会議員5期、村長4期を務めるなど40年余りも村のために尽くされ、その間には議長や県町村会副会長を歴任されるなど、地域の発展に多大な貢献をされています。祝賀会には金田勝年・参議院議員や鈴木俊夫・湯沢市長をはじめ、村内外から100人余りが出席して後藤さんの功績を称えました。

 後藤さんは、「有能な職員に恵まれ、安心して仕事ができた。今回の受章は皆さんと共にいただいたものと思っている。これからも、地域や皆さんの幸せのために役立っていきたい」と、喜びのご挨拶をされました。(写真・隣りはトシ子夫人)f0081443_8424741.jpg
 
 午後4時からは湯沢ロイヤルホテルで安藤豊・県議会議員の「副議長就任を祝う会」。安藤議員の後援会の皆さん300名に加え、来賓には品田稔・県出納長、工藤雅志・連合秋田会長、県議会会派「みらい21」の同僚議員を迎えて、盛大な会合でした。

 安藤さんは「県政には課題が山積している。議会の行司役として、より良い結論に導くために頑張っていきたい」とご挨拶。県議会議員も3期目となり、「今が旬」の働き盛り。今後のご活躍が期待されています。(写真・久美子夫人と共に)

 久しぶりに仲間の皆さんと歓談していたところに、電話あり。「高瀬中学校が優勝した」との吉報です。全県少年野球大会・湯沢雄勝2区決勝戦で、羽後町田代にある高瀬中が羽後中を3ー0で破り、初の全県切符を手にしました。田代・仙道・軽井沢の3中学校が統合して高瀬中が誕生して15年目。前日の1回戦では強豪・雄勝中に1ー0、準決勝でも東成瀬中に3ー2で競り勝ち、「上げ潮ムード」があっただけに密かに期待していました。f0081443_9295879.jpg
 
 早速、地元で開かれている「祝勝会」の会場へ。選手の皆さんは優勝旗を持って地域内をパレードしたそうで、田代農村総合センターには多くの保護者の皆さんもお祝いにきておりました。「全県大会でも、まず1勝を目指したい」と力強く話す球児たちに頼もしさを感じました。(写真)

by shouichiro_sato | 2007-06-25 00:20 | 今日の出来事 | Comments(0)  

国体ホッケー競技会「開催100日前祭」

 「秋田わか杉国体」本大会の開会式まで100日を切っているきょう、少年男女ホッケー競技会の会場地である羽後町では「開催100日前祭」が開かれ、民泊家庭委嘱書の交付などが行なわれました。

 午前10時から始まった行事には、民泊を引き受ける家庭の皆さんなど180人ほどが参加し、初めに町内18ヶ所の民泊協力会と190世帯余りの家庭に、羽後町国体実行委員会会長(大江尚征・羽後町長)から指定書と委嘱書が交付されました。これに対して民泊家庭を代表して長谷山文雄さん(田代民泊協力会)が、 「最初は戸惑いもあったが、ここに来て多くの仲間がいることに安心した。秋田に来て良かったと言われるように、民泊を楽しんでもらう。故郷に家族が帰ってきたように対応し、選手達と感動のドラマを共有したいと思う。共に楽しみ、共に喜べる『感動国体』を目指したい」と、真心あふれる決意を表明。素晴らしいご挨拶に私は感激してしまいました。
f0081443_1724539.jpg
 さらに、9月30日の競技開始式などで演奏を担当する県立羽後高校吹奏楽部の皆さんが、「秋田わか杉国体メモリアルマーチ」と浜辺の歌などの「夏の曲メドレー」の記念演奏を行うと、会場は大きな拍手につつまれて、「いよいよ国体が近づいてきた」という実感がわいてきました。(写真)

 後半は「民泊家庭の手引き」の説明と、一昨年の岡山国体のビデオ上映。特にビデオは民泊で行なわれた赤磐市熊山エリア(旧熊山町)のホッケー競技の様子を収録した記録で、参加した皆さんは真剣な表情で画面を見つめていました。

 全てのプログラムが終了したのは正午過ぎ。最後は参加者全員で「国体弁当の試食会」です。町内で調理された弁当の評判は、「ご飯が美味しい」「おかずも豊富で、これなら立派だ」と、合格点。笑顔があふれる「100日前祭」でした。

by shouichiro_sato | 2007-06-23 18:00 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

偽装された「ひき肉」

 またも、信じられないニュースが報道されています。北海道苫小牧市の食肉加工会社「ミートホープ」が豚肉を混ぜたひき肉を「牛ミンチ」として出荷していた他、ブラジル産の鶏肉を国内産として給食用に納めていた事実が明らかになりました。

 20日付の朝日新聞がスクープしてから、同社の社長はインタビューに答えて「工場長から(肉が足りないので)豚肉を入れていいかと言われ、容認した。忙しい時には機械を洗浄しなかった。ずさんな管理で、認識が甘かった」と述べていました。しかし翌日の21日には、前日までの説明を一転させ、「7~8年前から、コストを下げるために牛肉に豚肉を混ぜるように指示していた」と、社長自らが偽装にかかわっていたことを認めています。

 新聞報道では、問題発覚前(昨年2月)にも北海道や農林水産省に内部告発があったようですが、不正を暴くことはできませんでした。しかし今回はDNA鑑定によって「牛ミンチ」の原料肉の実態が判明しました。何とも憤りを感じる出来事、いや「偽装事件」です。社長の記者会見を見ても反省の表情は感じられず、「コスト削減のためには当たり前だ」と開き直っているようでした。過去にあった雪印事件や不二家騒動など、(消費者を騙してきた)企業モラルの欠如がどんな結末を招くのかわかっているはずなのに、この会社には「どこ吹く風」だったのでしょう。
 
 現行の法律では、その目的に応じて食品衛生法やJAS法などで原材料や原産地、加工地、賞味期限などが表示されており、その内容については疑う余地などありませんでしたが、最近の出来事を見ると「本当に信用できるのか」という思いも強くなってきます。こうしたことでは国民の安全・安心を確保できませんから、加工・製造者にはこんな事件が二度と発生しないように内部監視を強化してもらいたいものです。

 それにしても毎日のように、「人間の企む」いろいろな事件がありますね。 

by shouichiro_sato | 2007-06-22 22:27 | 社会・話題 | Comments(0)  

楽しみな企画

 f0081443_1241381.jpg
 今から1年以上前になりますが、秋田市の居酒屋で偶然に出会った人が「山本和枝さん」でした。山本さんは仲間の皆さんと3人でカウンターにおりましたが、私はお世話になっている大先輩に誘われて、その店の暖簾を初めてくぐったのです。

 秋田の美味しいお酒を楽しく飲んでいたその時に、山本さんと一緒にいたお客さんが店の女将さんに「色紙はありますか?」。なんだろうと思っていましたら、彼女はスラスラとペンを動かし、私の似顔絵を描いてくれたのでした。あまりにも素敵に描いてもらって感激した私は嬉しくなって、「こんなに上手く描けるなら、プロとして頑張ってみたらいいのではありませんか」と言ってしまいました。(縮小コピー・実物は秋田市の事務所にあります)
 
 その会話を聞いていた男性曰く、「お客さんも、良かったら明日の朝、『山本和枝さん』のホームページを見て下さい」とのこと。何がなんだか、狐につつまれたような夜でした。

 ところが翌朝、私はビックリ仰天。何と、美しい女性の絵やゲーム機の映像で日本を代表する売れっ子イラストライターであり、原画家の山本さんではありませんか。「失礼なことを言ってしまった」と反省しても後の祭り。思いがけない出会いでしたが、それがきっかけでご縁が始まり、昨年の夏には西馬音内盆踊りにも来ていただき、密かに羽後町の応援団員になってもらっておりました。

 来月7日(土)夜に羽後町西馬音内で行なわれるイベント「かがり火天国」の企画で、西馬音内盆踊りの新しいキャラクターを探す「かがり美少女イラストコンテスト」の特別審査員として、再び山本さんが来町されることになりました。このコンテストの話題を私のブログに書いてからというもの、予想を超える多くの皆さんからアクセスいただきました。中でも驚いたのは、「『山本和枝さん』が羽後町にやってくるとは考えられない」などという驚きの声ばかり。私自身、反響の大きさに戸惑っている次第です。

 しかしながら、それが実現するのです。秋田の田舎の一角に、そんなメルヘンの一夜が現れる七夕の夜。皆さん是非ともご来遊ください。山本さんが選ぶ「審査員特別賞」の発表や、山本さん自身がお客さんの前でイラストを描くコーナー。それに山本さんのスピーチも予定されています。

 聞くところによると、応募されている作品は日増しに増えており、一昨日には(海外の)香港からもインターネットで作品が投稿されていました。私も早くそうした作品に出会いたいものです。あと2週間後の楽しみです。 

by shouichiro_sato | 2007-06-21 22:29 | 羽後町 | Comments(0)