人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

「3月31日」

 3月31日は年度の締めくくりの日ではありますが、私にとっては大切な「記念日」です。

 今から2年前の3月31日に秋田県知事選挙が告示され、立候補を届け出た私は自動的に羽後町長の職を失職。新たな挑戦の始まった日なのです。いま思えば、「無謀」とか「世間知らず」と言われた挑戦でしたが、住民生活に身近な地方自治に関わってきたものとしては、「このままの秋田県政ではいけない」という信念が自分を奮い立たせ、決意したのでした。

 そんな記念日と知ってか知らずか、今夜は我家に羽後町田代の盟友が弔問に来てくださいました。県庁での出馬表明の記者会見に同行してくれた剛さんを始め、17日間の知事選挙をともに戦った選挙カーの運転手である直助さん。準備期間から寝食をともにした則夫さん。公務員でありながら年休を取って県北まで着替えを届けてくれた○○さん。落選したあとに慰労会の会場を提供してくれた孝男さん。お父さんの時代から応援してくれている山さん。ヤタラな先輩の運転手をいつも務めてくれている恒さんなど、お世話になった皆さんです。日頃から顔なじみの仲間が祭壇の前で、「西国33ヶ所・御詠歌(通称・ふだらく)」を捧げて、父の供養をしてくださいました。私も追唱しながら、感謝の気持がこみ上げてきて、目頭を熱くしてしまいました。ありがたいものですね。

 それにしても、月日の経つのは早いもの。あっという間に過ぎてしまった2年間でした。それは、3選を果たした寺田知事にとっても同じことでしょう。お互いに候補者として自分の思いを精一杯訴え、県民の審判に従って今があるのですから、当選した寺田氏は知事として、落選した私は候補者になったものとして、お互いにこの4年間は責任があると思っています。ゆえに、私も一県民の立場でできる政治活動を続けていこうと決意したのでした。

 秋田県の過疎地である羽後町の山村で、「秋田県の元気を創造しよう」と、供養の酒を飲み交わしたひと時。「盟友に感謝、感謝の夜更けかな・・・・・・・」

by shouichiro_sato | 2007-03-31 22:42 | 家族・仲間 | Comments(0)  

県議会議員選挙が告示されました

 湯沢市や羽後町では朝から霙まじりの悪天候の中、県議会議員選挙が始まりました。
 
 県内14選挙区、45人の定数に対して66人が立候補する「少数激戦」。早くも男鹿市、南秋田郡、仙北市では無投票当選が決まりましたから、選挙戦は11選挙区。秋田県勢の発展を目指した舌戦がきょうから9日間、展開されます。

 特に今回の県議選は、残り任期が2年となった寺田県政を総括する選挙でもあり、改選後の議会構成も気になるところです。マスコミの焦点は、25人の公認候補を擁立した自民党が過半数の23議席を確保できるのか。県政史上初めての女性候補の一騎打ちとなった潟上市民の審判は。有力候補が激突している鹿角市、北秋田市、能代市山本郡、にかほ市選挙区。混戦模様の秋田市や大仙市仙北郡選挙区などに注目が集まっています。

 さらに、(私個人としては)元町長として仲間であった5人が立候補していることにも関心があります。ベテランぞろいの現職相手に、元町長としての経験をどのように活かして切り込んでいけるのか、興味がわいてきます。

 ところで、市町村合併が進んだことにより選挙区が再編されたために、選挙カーの走行範囲が拡大したところも多く、候補者の政策や考えをジックリ聞くことが出来ない可能性もありますが、「名前」や「お願いします」の連呼だけではなく、候補者の皆さんにはできるだけマイクをもっていただいて、「閉塞感漂う秋田県をどう変えていくべきか」についての主張を聞かせてもらいたいと思います。「選挙公報」があるとはいえ、私自身、肉声に勝る訴えはないものと実感していますし、有権者も期待しています。

 「選挙戦がどれだけ盛り上がるか」も、元気な秋田を創造するバロメーター。私自身も2年前の知事選挙の当事者として、力量不足を反省しながら、「いかに関心を持ってもらうか」も候補者の役割であるように思っている昨今です。天候も不順な毎日のようですので、候補者の皆さんには体調管理に万全を期し、ご健闘と必勝を祈っています。

by shouichiro_sato | 2007-03-30 20:43 | 政治活動 | Comments(0)  

「青森ー秋田」で4日間

 青森市に住んでいる妹から手紙が届いたのでお礼の電話をしたら、「えっ!、きょう届いたの」との返事。一瞬ビックリしてしまいました。検めて封筒を見てみたら「3月25日、18-24。青森西」の消印。何と、4日間もかかっているのです。

 今年の年賀状が遅れて配達されたニュースは記憶に新しいところですが、まさか普段の郵便にもこうした遅配があるとは驚きました。今や宅配などの事業では決められた時間に配達するのが当たり前のサービスになっている時代に、たった一通の封書にこれだけの時間がかかるようでは、郵政民営化の先行きが心配です。4月からは民間会社になる郵便事業ですが、こうした遅配の原因究明などについて、しっかり検証できるシステムを構築する必要があります。、民間会社に移行するので、「事業効率の悪い地方の郵便など、どうでもいい」などと考えているとは思いませんが、隣県の青森と秋田が4日間では納得できません。

 ただ、郵政民営化の課題がクローズアップされてからというもの、地域の郵便局では接遇も改善され、サービスは著しく向上している実感があります。特に地元の羽後町の場合は、数年前から役場の諸証明の発行業務を受託し、住民サービスの新たな窓口としての役割を果たすなど、地域密着型の業務にも参画しているため、町民は喜んでいます。

 職員の少ない小規模の郵便局であればあるほど、一丸となって業務遂行に当たってきたのに、4月からは分社化されて仕事の内容もすっかり区別されるそうですから、地方の郵便局は心配です。今までは業務を総括していた局長も、分社化で他の業務には口出し(指示)できなくなるのですから、小さな局ほど不安が募ります。

 何はともあれ、郵便局の最も基幹の業務である「郵便事業」が、疎かにされるようではいけません。貯金や保険は民間会社が先行していますから、サービスが低下したからといって困ることはないでしょうが、郵便だけは信頼できる「公共事業」の精神を忘れて欲しくありません。

by shouichiro_sato | 2007-03-29 22:13 | 社会・話題 | Comments(0)  

「子育て教育税」、立候補予定者は全員反対

 県議会議員選挙の告示が迫るなか、テレビや新聞は選挙企画が目白押しですが、話題の中心は「子育て教育税」。各候補者がこの問題についてどういう判断を示すのか、注目が集まっています。

 その問題に単刀直入に切り込んだアンケート結果が、今月22日に公表されました。「秋田の『なして?』を考える会」が、立候補予定者に行った「子育て教育税」に関する賛否につぃいての公開質問状に対する回答です。同会の会長である能代市二ツ井町の加賀谷七重さんから詳しい内容の資料をいただき、候補予定者の皆さんの率直な気持を読み取ることができました。

 既に報道されているように、「子育て教育税」に賛成は0(ゼロ)。有効回答55人(回収率83.3%)の内、反対が54人。さらに、県が実施した「子育て支援と教育充実に関するアンケート」の結果が新税導入の理由になるかとの問いには、55人全員が「ならない」と答えています。「県民に対しての十分な説明もできていない」と答えた人が54人と、各候補予定者の姿勢がはっきり表れているアンケートでした。

 特に注目すべきは、立候補予定者の皆さんが「賛成」(誰もいませんが)、「反対」の理由について選択している項目です。この部分は報道されていませんが、それぞれの想いが凝縮されていて、「反対」でも微妙にニュアンスが違うところに興味をもちました。是非ともホームページなどを通じて皆さんにも見てもらいたいものだと思います。

 これだけ「反対」の大合唱があるにも拘らず、寺田知事は新税導入に意欲を示しています。このギャップは何なのか。アンケートに答えた「反対」の理由のトップは、「各事業の優先順位を見直しをすれば子育ての財源は出てくる」というものですが、知事と現職を含む候補予定者との認識にあまりにも乖離がありそうで、その原因はどこのあるのか興味があります。

 昨日行われた(給与の5%引き下げに関する)職員組合との団体交渉でも、終了後に記者団の質問に答えた寺田知事は、「労使交渉のルールをつくる必要がある」と、呆れた発言をしています。法律に基づいた交渉もしないままに、一方的に給料の削減を表明したのは知事本人なのに、「ルールが必要」とは、支離滅裂。厳しい県財政から脱却するには職員の給与削減や新たな増税も選択肢ではありましょうが、強引な姿勢だけでは県民の理解など得られるはずがありません。

 ここは謙虚に、県民の視点に立って考えることが必要でしょう。「生活者の視点」が寺田知事の初当選の時のキャッチフレーズでしたが、すっかり忘れてしまっているようです。

by shouichiro_sato | 2007-03-28 20:36 | 秋田県 | Comments(1)  

能登半島地震から2日目

 震度6強を観測した「能登半島地震」から2日。いまだに余震が続いており、今夜も避難所で1000人以上の人たちが眠れない夜を過ごすようです。これ以上に被害が拡大しないように祈るとともに、被災された皆さんには心からお見舞いを申し上げます。

 日曜の朝にTVのスイッチを入れたら、石川県地方での地震速報。NHKニュースの特別番組は、電話インタビューで被害の状況を伝えていましたが、応答する声は「大丈夫です」「被害はありません」という、どちらかといえば安心できるような内容でした。しかし、震度は「6強」。これだけの揺れがあれば、被害がないほうが不思議です。事実、時間がたつにつれて、家屋の全半壊や道路の陥没・崩壊など、甚大な被害が明らかになってきました。今夜の時点で死者1人、けが人は200人以上、家屋の被害は800棟以上にもなっています。

 「阪神淡路大震災」以来、地震への備えは充実してきているとはいうものの、一瞬の出来事にどう対応するかという判断は、難しい問題です。今回の地震は、日常生活の活発な行動が抑制されていた日曜の朝(9時42分)に発生し、震源地も首都圏などの人口密集地でなかったために人的な被害は最小限。それでも現地では、「今までこんな経験をしたことはない」というほど予想もしなかった地震のようですから、油断できません。

 それにしても、このところの日本列島周辺は地震が頻発しています。我家の地域などは家屋も点在し、万が一の場合はすぐにでも屋外に飛び出すことができますが、それでも停電が続けば(井戸から)水を汲むこともできませんし、(石油ストーブで)暖まることもできません。「お米」や「味噌」などの食料は(農家ですから)備蓄しているとはいうものの、鍋や釜がどこにあるのか、薪の蓄えがあるのかもわかりませんから、心もとない実態であることに気がつきました。

 便利な生活に慣れてしまうと、正直なところ「逞しく生きていく力」が欠落していくような感じもします。たぶん、こうした緊急事態の時には、年配の皆さんのほうが様々な知恵をもっているのでしょうが、そうした知恵の伝授もままならないうちに世代交代していますから、心配です。やはり、様々な事態に対応するその土地ならではの「生活の知恵」は、しっかり身につけておきたいものですね。

by shouichiro_sato | 2007-03-27 23:43 | 社会・話題 | Comments(0)  

今夜のお客様

 今夜、嬉しいお客さんが弔問に来てくださいました。「直人さんと郁子さん」ご夫妻に、9歳のお嬢さんと4歳の息子さんのご家族です。

 思い出せば今から10年以上前のことです。私が羽後町長に初当選した時に、強力な応援団であった直人さんのお父さんから、「息子の結婚式の仲人を頼むよ」と依頼されたのが、始まりでした。もちろん、私たち夫婦にとって仲人は初体験。暗中模索のなかで、新郎新婦よりも緊張していたことを、今でも思い出します。

 以来、お子さんの誕生祝などの機会に、何度かお宅にお邪魔していたものの、すっかりお姉さんになっているお嬢さんの成長に目を細めながら、祭壇の前で元気に飛び回る元気な男の子に、「ホッとするような」心が洗われるひと時を過ごすことができました。

 この世に生まれた以上は必ず終わりの時を迎えるのですが、だからこそ「新しい命」が誕生し、次の時代に繋がっていくことも重要なこと。無邪気にはしゃいでいる子ども達を見ながら、こうした「連鎖」があって良かったと思えて、楽しく、かつ感慨深い時間を過ごすことができました。

 価値観が多様化している今の時代にあって、人の生き方も様々ですが、家族って本当にいいものですね。

by shouichiro_sato | 2007-03-26 21:49 | 家族・仲間 | Comments(0)  

物足りなかった千秋楽

 あっけない一番でした。

 大相撲春場所はきょうが千秋楽。昨日の14日目に直接対決し、1敗の大関・白鵬を「引き落とし」で破って12勝2敗の相星にした横綱・朝青龍。私はテレビ桟敷で両者の優勝決定戦を期待していました。

 白鵬は大関・琴欧州に「すくい投げ」で勝ち、「これで優勝決定戦になる」と喜んだのもつかの間、朝青龍の相撲は突っ込んでくる大関・千代大海に身をかわして、一瞬の「はたき込み」。まさに横綱が勝ちにいった相撲で、(大阪府立体育館のお客さんのみならず)テレビの前のファンも「あっけに取られた」、何とも言いようのない一番でした。確かに初日から2連敗をし、その後に12連勝してきた横綱の、優勝にかける執念みたいなものを感じましたが、正直言って残念な内容でした。

 そして、優勝決定戦。白鵬が入場しても横綱は支度部屋から出てこないという異例のプロローグがあり、土俵に上がってからは横綱が塩を手にして待っているのに、白鵬が蹲踞のままじっとしていたりと、場内は異様な雰囲気で盛り上がってきました。当然、テレビ桟敷も興奮してきます。しかし、勝負は一瞬。立会いに左に変わった白鵬が横綱の首辺りに手をやると、朝青龍はとっさに左手を土俵についてしまい、勝負あり(決まり手・はたき込み)。おもわず苦笑いする横綱でした。

 優勝インタビューで白鵬は「(変化は)とっさです」と答えていましたが、過去の相撲内容からして熱戦を期待していた私としては物足りない一番。「勝ちたいというときには、こんな手もあるのか」と、複雑な気持でした。テレビで解説をしていた北の富士勝昭さんは「横綱は相手に相撲を取らせてから自分の相撲で勝つものだ。それでこそ横綱だ」と言っていましたが、今日の朝青龍と白鵬の二人にはそうした相撲を期待していましたが、結局二人とも「勝ちにいった」相撲内容のようで、どことなく、後味のすっきりしない千秋楽でした。

 「綱とり」の期待がかかる白鵬の2度目の優勝にも拘らず、勝負が決まった瞬間から席を立つお客さんも多く、表彰式の間もそんな光景がテレビに映っておりました。勝負の世界ですから結果が大事なことはわかりますが、内容が伴ってこそファンやお客さんが増えることを忘れて欲しくないですね。横綱や大関陣よりも、負けても一生懸命に相撲をとっている感じがする「高見盛」関に大声援があり、大相撲ファンが喜んでいることを、よ~く考えてもらいたいものです。

by shouichiro_sato | 2007-03-25 20:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

史上初、オペラ座で歌舞伎公演

 フランス・パリのオペラ座で23日(現地時間)、史上初めての歌舞伎公演が行われ、パリの人々を虜(とりこ)にするほどの大盛況であったことが、テレビや新聞で報道されています。オペラ座といえば、世界に名だたる歴史と格式があり、舞台芸術の殿堂ともいわれるところですから、どんな雰囲気の中で行われ、観客の反応はどうだったのか、興味がわいてきます。(たぶん公演の模様は後日、テレビ番組で紹介されるでしょう)

 出演したのは難病を克服して舞台に復帰した市川團十郎と市川海老蔵の親子、市川亀治郎ら歌舞伎界を代表するメンバーで、演目は「勧進帳」に「紅葉狩」。それに幹部俳優9人が裃姿の正装で勢揃いし、挨拶をする「口上」の3部構成。特に「口上」では出演者全員がフランス語で挨拶していましたから、感服してしまいました。

 言語は違っていても、舞台上の所作や表現・パントマイム(NHKニュースでのインタビューに応えたフランス人のことば)によって、物語の底流にある人の情けや生き方を伝えることができたようで、芸術・文化には国境が無いことを改めて感じます。と同時に、かつて「西馬音内盆踊り」の公演をフランスのベルサイユ近郊の学校で行った時に、多くのフランス人の皆さんに「ブラボー、ブラボー」と感嘆されたことを思い出しました。

 オペラ座での歌舞伎公演は30日までですが、すでに入場券は完売しているとか。嬉しいですね。今回のように様々な日本文化を海外に紹介し、一方では世界の文化を日本に招聘する活動は、さらに充実してもらいたいものです。秋田にいてはなかなかそうした機会に恵まれませんが、伝統文化・芸能の宝庫である秋田県民の国際交流は、大いに応援していきたいものです。

by shouichiro_sato | 2007-03-24 20:49 | 今日の出来事 | Comments(0)  

TDKが新工場建設へ

 今朝の秋田魁新報は、「TDK新工場建設へ」の見出しで、電子部品メーカー大手のTDKが由利本荘市にある県本荘工業団地の敷地、約25万平方㍍を購入することを決め、県と合意したと1面トップで伝えています。私も思わず「良かった」と、記事に吸い込まれてしまいました。県経済にとって、久しぶりのビックニュース。決断してくれたTDKに感謝するとともに、心から喜びたいと思います。

 記事によると、「各種デジタル家電や通信機器の販売が好調で、引き続き電子部品の需要は旺盛とみられる」(TDK秋田総務部・小幡総務課長)ために、新工場を建設して携帯電話などに使う積層セラミックコンデンサーを製造するとのこと。世界のシェア約25%を占めている同コンデンサーの拠点工場となる模様で、同社の工場としては県内5番目。敷地面積はTDK秋田工場(にかほ市)の4倍で、県の工業団地の分譲としても過去最大の規模となります。

 由利本荘市万願寺にある県工業団地(33万平方㍍)は、県が約36億円をかけて造成し、平成10年に分譲を始めたものの、これまで3社が進出しただけでした。それだけに、県にとっても地元の由利本荘市にとっても、「待ち望んだ吉報に、喜びに沸いた」(秋田魁新報)気持が伝わってきます。

 さらに、この工業団地は由利本荘市のみならず、羽後町や横手市からも30~60分の通勤圏内にあり、近隣エリアでの今後の雇用創出が期待されます。著しい人口減少や少子化も、極論すれば若者が定住できる仕事や地域の魅力が不足しているのですから、産業振興は最重要課題。由利本荘地域とTDKとの(技術の)蓄積された関係や高速交通体系の整備効果が選定の理由となったようで、「秋田が元気になる起爆剤」になること間違いなし。県民挙げてTDKの企業活動を応援していきましょう。

 全国紙の秋田版は、秋田新幹線「こまち」の開業10周年の記事がトップでしたが、今の秋田県の置かれている窮状からして、TDKのニュースを1面トップにした地元紙の編集も嬉しく思いました。それにしても最近の秋田県は、TDKから元気を貰いっぱなしですね。感謝、感謝・・・・・。

by shouichiro_sato | 2007-03-23 20:53 | 産業振興 | Comments(0)  

「初七日」

 初七日のきょうは、朝から亡き父とご縁のあった皆さんが訪ねて来てくださり、嬉しい一日でした。

 特に、隣家に住む母の兄・原田儀八さんは88歳。父の先輩であり良き相談相手であっただけに、亡くなった事を聞いてからは元気を無くしていたようでしたが、久しぶりに我家に来てくれて、祭壇の前では長い時間、手を合わせておりました。さらに、父の兄弟で二番目の長谷山タカさんは80歳。足腰が不自由で、きょうは高瀬ケアセンターでお風呂に入ったあと、息子さんに抱えられて、何年かぶりに実家に来てくれました。お二人とも葬儀の当日は体調が悪くて参加できなかったのですが、父と一番近い存在だっただけに、言動の一つひとつに何ともいえない哀惜の情が感じられ、私まで目頭を熱くしてしまいました。

 そういえば葬儀の前夜に行われた納棺の際、毎日のように家に来ていた近くに住む父の弟が、父の手をとって「直ぐに私も行くから・・・」と絶句した時には、私も居合わせた皆さんも、涙を流してしまいました。高齢者が多い地域とはいえ、身近な人が亡くなることは悲しいこと。きょうは一日中、訪ねてくれた皆さんと父の思い出話に明け暮れてしまいました。

 それにしても、父が亡くなってからの一週間が、あっという間に過ぎました。地域の慣例によって、「仏様」は三七日(3週間)我家に置いて、「仏送り」は4月8日(日)の予定です。それまでは私も喪主としての役目を果たしたいと思いますので、様々な失礼をお許しください。

by shouichiro_sato | 2007-03-22 22:51 | 家族・仲間 | Comments(0)