人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

再び、企業の一極集中が始まった?

 岐阜労働局職業安定課が発表した平成18年12月の県内の有効求人倍率は、全国の1・08倍を大きく上回る1・45倍で、愛知県の1・91倍に次ぐ全国第2位。同年平均の有効求人倍率も全国が1・06倍、岐阜県は1・37倍です。全国的に雇用の改善が見られるものの、愛知や岐阜などの中京圏域は全国を上回る上昇幅であることが分かりました。

 地元のシンクタンクである共立総合研究所によると、改善の要因は「景気回復に加え、東海環状自動車道の沿線の工業団地に、自動車関連の大手企業が一斉に進出している」ためと分析しています(岐阜新聞、1月31日朝刊)。特に東海環状自動車道と東海北陸自動車道の結合点(ジャンクション)がある関市や美濃市を管轄する関公共職業安定所の昨年12月の有効求人倍率は2・05倍で、県内で一番高くなっています。事実、私も舗装工事で美濃ジャンクション関連工事や関市の工業団地に出かけましたが、大規模な工場の建設が続いていて、実感するものがありました。

 また、昨年12月の岐阜県の新規求人は1万4270人で、特に製造業では前年同月比26・1%の大幅な増加。電気機械、輸送用機械、プラスチック製品、窯業・土石製品など幅広く雇用が拡大しています。 

 ところが、求人倍率の上昇は、企業側にとっては採用難という課題になっています。大企業による大量採用で中小企業に人材が回らず、「今後は団塊の世代の大量退職や労働人口の減少もあって、採用が厳しくなる」という声も聞かれます。その結果、外国人労働者や人材派遣会社の活用、地方からの受け入れに拍車がかかり、さらに「過疎と過密」現象や地域格差を拡大する要因にもなりそうです。

 さて、同月の秋田県の有効求人倍率は0・65倍。故郷に留まって頑張りたくても仕事が無いために、若者たちの県外流出は後を絶ちません。このギャップを如何に改善するべきか。改めてわが国の産業振興政策、地域振興政策のあり方を考える必要がありそうです。

by shouichiro_sato | 2007-01-31 19:29 | 産業振興 | Comments(0)  

口は災いの元?

 柳沢伯夫厚生労働大臣が27日、島根県松江市で開かれた自民党県議の後援会の集会で、「女性は子どもを産む機械、装置」などと発言していたことが波紋を広げています。

 29日夕方には、民主、共産、社民3党の女性議員16人が柳沢厚労相に辞任要求書を手渡し、男性議員も巻き込んで責任追及をすることを表明。思わぬ波紋に、安倍首相も今日の閣僚懇談会で「通常国会も始まったが、発言には十分意を用いるように」と注意。しかし、昼には民主、社民、国民新党の野党3党首が会談し、厚労相辞任を要求することで共闘することを確認しました。

 柳沢厚労相は年金や福祉、医療の展望について講演し、その中で少子化問題について触れた際、「機械といって申し訳ないけど」と言いながらも、「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などと述べたといわれます。女性を激励しようとした例え話だったのでしょうが、「絶対に言ってはいけない最低の発言で、辞任を要求する(福島瑞穂・社民党党首)」、「女性としては誰でも違和感を受けたのではないか。適切でない表現であることは明らかであり、残念だ(猪口邦子・前少子化男女共同参画担当相)」と、女性議員の憤りは高まるばかりたと、朝日新聞は報じています。

 さて、安倍内閣の真価が問われる通常国会が始まりました。発足時からすると支持率の低下傾向に歯止めがかからない安倍総理に、各野党はどんな対決策を講じるのか関心の高いところですが、今ひとつ迫力に欠ける感じもします。そんな時に大臣の失言(エラー)はまたとないチャンス。少子化対策は安倍内閣の最重要課題であり、2月に発足が予定されている「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」のメンバーでもある厚労相だけに、今後の展開が注目されます。

 「口は災いの元」。政治家は肝に銘じておくべき言葉です。

by shouichiro_sato | 2007-01-30 19:03 | 国政・時事 | Comments(0)  

頑張れ!高橋大斗選手

 一昨日の日記に来月10日から始まる「秋田国体冬季大会」に、秋田県出身の高橋大斗選手が参加しないのは残念だと書いたら、早速、体育関係の知人から電話がありました。知人曰く、「複合競技やジャンプ競技は秋田県の選手層が厚いため、高橋選手がいなくても上位を独占できるらしい」とのこと。見方を変えれば、スキー競技関係者も高橋選手の国体出場にはあまり拘っていなかった様子です。

 しかし、私は日本のノルデックスキー界のエースである高橋選手の勇姿を、秋田国体の会場で見たかったと思うのです。参加する選手にとっては毎年開かれている国体でも、秋田県民にとっては「待ちに待った地元開催の国体」の年。県選手団の活躍を機会に、低迷する県勢を飛躍させようと意気込んできたのですから、全てにおいて秋田県スポーツ界の「総力戦」になるように願っていました。是が非でも「天皇杯(総合優勝)」を獲得したいというならば、常に最強の布陣で臨んで欲しいのです。

 エントリーしていても怪我や体調不良で出場できないなら未だしも、22日から札幌市で開かれる世界選手権大会に備えて調整するために、国体を欠場することは残念です。まして、国体と同選手権大会の両方に出場する選手もいますから、尚更そう思います。

 ただ、そうは言っても既に決まったこと。愚痴はここまでにしますから、高橋選手には万全のコンデションで世界選手権に臨み、世界の頂点を目指してもらいたいと思います。冬季国体での秋田県選手団の活躍、さらには世界選手権に出場する秋田県出身選手の活躍で、「スポーツ王国・秋田」復活の狼煙を上げましょう。

by shouichiro_sato | 2007-01-29 17:58 | 秋田わか杉国体 | Comments(1)  

岐阜に戻りました

 父が救急車で緊急入院して6日目。おかげ様で順調に回復し、明日にでも一般病室に移ることが可能になりました。私は昨日、主治医の先生と今後の治療方針について話し合い、当分は安定した状態が続くようですので、岐阜の職場に戻ることを了解いただき、きょう午後に宿舎に帰ってきました。仕事の同僚や地域の皆さん、ブログ読者の皆さんには心配をかけましたが、一先ずご安心ください。

 父と町立羽後病院とは、長期間の付き合いがあります。20年程前には胆のう摘出手術。8年前には内視鏡による胃の手術。そして昨年4月には、大腸の一部を切り取る手術など、どれもが自覚症状があって検査を受け、本人や家族が理解したうえでの入院でしたが、今回は違いました。

 23日の午前6時頃、母が気づいた時には父の意識は無く、手足は痙攣状態。眼の反応も無かったといいます。直ぐに家族が救急車の出動をお願いしたものの、西馬音内の消防署と我が家の距離は約15km。途中には峠道がありますから、到着したのは6時半過ぎ。救急手当てをしながら病院へ搬送。運よく主治医の先生が宿直で、さっそく診断。当初の症状は脳内出血によるものと思われたそうです。

 しかし、同病院の最新鋭設備であるマルチスライスCTで撮影したところ、出血ではなく、脳内組織の膨張によって様々な障害がでている模様。「頭蓋内圧降下剤?」などの点滴によって、一命をとり止めました。私が病院に到着した同日の午後5時には、意識レベルの回復の兆しが見られ、翌日には会話も可能に。以来、徐々に様々な感覚が戻ってきたのです。先生の説明に納得しながら、医学には無知な私も「すごいもんだ」と関心してしまいました。

 ところで、秋田県内の救急医療体制を調べてみると、拠点病院に近い市街地はともかく、救急車の依頼をしてから病院へ到着するまでの時間距離には、大きな地域格差があります。特に医療の高度化に伴い、特定の中核病院に設備が集中する傾向にありますから、地域医療のネットワークづくりが重要です。地方の病院であっても、一定水準の設備を整えることによって、医師の充足にもつながるでしょう。

 新しい病院を建設すれば医療が充実したと思ってはいけません。設備やスタッフも合わせて整備することで、県民の期待に応える病院になるはずです。そういう視点で県内医療のあり方を考えた6日間でした。

by shouichiro_sato | 2007-01-28 21:26 | 羽後町 | Comments(0)  

少ない雪の中で・・・・

 朝方に雨が降り、日中は小春日和。川の水面もキラキラ輝いていて、春の訪れを感じるような一日でした。それでも今日は、羽後町の冬の風物詩となっている「ゆきとぴあ七曲」の開催日。今年で22回目となりますが、道路にも全く雪が無く、周囲の田圃や山々にも雪が少ない「ゆきとぴあ」は初めての経験です。

 実行委員会では急遽、主要行事である「花嫁道中」の馬そりを馬車に変えて(岩手県北上市から借りてきたとか)、沿道を照らす雪灯篭も、雪を運んで製作していました。それでも、幸せなカップルをお祝いしようと準備は整い、午後2時半に西馬音内の役場前を一行は出発。途中、本町通りのかがり火広場や元西地区の雪祭り会場で祝福を受け、いよいよ七曲峠に入ります。雪がなく道路端の雪の壁に作られるローソクの灯りは少なかったものの、辺りが暗くなると幻想的な雰囲気が漂い、峠の谷間に響く「秋田長持ち唄」も最高でした。

 12キロの道のりを5時間かけ、午後7時半には田代地区の雪祭り会場・旧長谷山邸に到着。多くの皆さんに歓迎されながら、鏡開きに紅白の餅まき。夜空一杯に冬花火が上がると、まつりは最高潮。実行委員の皆さんも満足な様子でした。

 ところで、今年のカップルは2組。22回目というゴロあわせではありませんが、偶然にも2組が選ばれて花嫁道中の主役を務めました。勿論、新郎は羽後町の方ですが、新婦は湯沢市と東京都新島村のお二人。特に東京から南に160kmも離れている新島の新婦は、仕事で島に来ていた羽後町の新郎と出会った恋愛結婚とのこと。今夜はご両親も新島から来てくださり、私も挨拶させていただきました。「今年は雪が少ないとはいえ、雪国に娘を嫁がせるのは心配でしょう」と聞きましたら、お母さんは「彼(新郎)がいい人だから心配してません」とのこと。私も嬉しくなり、「皆で応援して、幸せになってもいます」と、誓ったひと時でした。

 いよいよ雪祭りや小正月行事も本番。少ない雪に戸惑いながらも、雪国の楽しいひと時を満喫する時節です。さらに今年は「冬季国体」が2月10日から秋田県で開催されます。雪国秋田の本領を発揮する時ですから、明るく元気に大会を盛り上げましょう。

 そうした時に、ワールドカップでも活躍している日本のノルデックスキーのエース・高橋大斗選手(秋田県出身)が、来月22日から札幌で開かれる世界選手権に向けての調整を理由に、国体に参加しないという新聞記事を読み、私はガッカリしてしました。他にも有望選手がいるとはいえ、複合競技で秋田県勢が表彰台を独占し、秋の大会までのムードを盛り上げて欲しいと思っていましたので、残念です。毎年開かれる世界選手権より、今年は秋田国体を大事にして欲しかったと思うのは、私の正直な気持ちです。

 「ゆきとぴあ」も「国体」も、主役が頑張れる環境をつくろうと、スタッフは一生懸命に頑張っているのですから・・・・・・。

by shouichiro_sato | 2007-01-27 21:32 | 今日の出来事 | Comments(0)  

えっ!服役後に無罪が判明

 2002年に富山県氷見市の男性(39歳)が、強姦・婦女暴行未遂で逮捕された冤罪事件で、きょう午後に配信された「YOMIURI ONLINE」(読売新聞)は、「身内の者が間違いないと言っている」と何度も告げられ、言われるままに認めざるを得ない状況だったという、自白の経緯を伝えています。 

 男性は02年11月に懲役3年の実刑判決を受けて服役。その間に、病気だった男性の父親は死亡しています。男性は婦女暴行未遂事件では「電話をしていた」というアリバイを主張したものの、取調官は取り合わなかったといいます。しかし、別の事件の容疑者が二つの事件を自供したのが昨年11月。富山県警はようやく今月19日にこの男を再逮捕し、男性は無実だったと判断しました。皮肉にも、県警が無実を証明する証拠として発表したのは、男性宅の固定電話の発信履歴だったといいますから、いい加減な捜査だった事が明らかになりました。権力の力は怖いものですね。

 行方が分からなかった男性に23日夜、富山県警刑事部の幹部が面会して謝罪しましたが、「お金じゃない。3年間の時間を返してくれ」(読売新聞)と訴えたといいます。事件が事件だけに、逮捕されたことで何もかも失い、仮出所後も仕事を転々としたようですから、肩身の狭い想いで暮らしていたことでしょう。取り返しのつかない富山県警の失態。どういう形で責任を取るのか、注目したいものです。

 この問題を受け警察庁は全国の都道府県警に「ち密な捜査の徹底について」と題する通達を出し、証拠の吟味や供述の裏づけ捜査を徹底するように求めました。当然のことでしょう。取調べの経緯や公判記録などを検証して、何故に真実が明らかでないままに懲役3年の実刑になったのか。世の中から「間違い」は無くならないでしょうが、ことが人権に関わる重要な問題だけに、警察はもちろん、検事、弁護士、裁判官など関わった皆さんも、冷静に振り返ってみるべきでしょう。

 一日も早く男性の名誉が回復され、仕事や社会に復帰できるように願ってやみません。 

by shouichiro_sato | 2007-01-26 21:02 | 社会・話題 | Comments(0)  

連合、労働者の危機?

 父の容態も安定しましたので、今日は秋田の事務所に行って来月25日に行われる「秋田、これでいい会?」の総会の準備をしてきました。会員の皆さんへの通知の確認や資料のチェックをし、溜まっていた新聞記事の切抜きなどにも目を通しました。

 その中の一つ。町内の知人が毎週送ってくれる社会民主党の機関紙「社会新報」(1月24日発行)に掲載されている記事に目が留まりました。「経済コラム」の囲みで、執筆は宇野雄氏。タイトルは「存在意義を問われる連合=限りない労働条件の悪化=」です。論旨は、「公務員と大企業の社員を主な構成員とする連合などの労組は、バブル崩壊後の長期不況で苦難の選択を続けた。リストラを容認、賃金カット、人員削減などを受け入れたのである。その結果、大企業と中小企業との賃金格差は拡大。大労組は保身に精一杯で多くの労働者を犠牲にした経緯があり、闘うことをやめた労組の姿が浮き彫りになった。日本の労組はなめられ、その存在意義を根底から問われ始めた。連合、そして労働者の危機である」と、社民党の支持者が多いはずの労働組合に、喝を入れています。

 衆議院議員選挙に小選挙区制度が導入されて以来、「二大政党」を標榜する自民党と民主党の狭間で、社会民主党は議席を大きく減らしています。頼みの労働組合も、連合を中心に民主党支持を表明するところが多くなり、昨今の国政選挙では常に「存亡の危機」に晒されている厳しい状況。「護憲」と「平和」を旗印にする政党ですが、汗して働く庶民の政党でもあったはずですから、今一度、労働組合と連携を強化して「労働者の危機」に立ち向かってもらいたいものです。

 秋田県は以前から、社会主義運動や労働組合活動が盛んなところで、社会党時代から庶民の立場で県民運動を盛り上げてきた実績があります。そんな気骨を感じたのは、12月定例県議会の焦点だった「県子ども総合支援エリア構想」に反対姿勢を貫いたこと。「現在の施設は地域と一体となって運営されており、あえて郊外に移転する必要は無い」という主張に私は共感しました。結果は他会派の賛成多数で原案通り可決されましたが、県政与党であっても、そうした是々非々の姿勢が重要だと思います。

 一方、連合は寺田知事の支持母体であるためか、この問題では静観の構え。県民が注目する「子育て・教育支援」に新たな県負担を求める新税構想にも自らの意見・主張を表明していません。選挙は限られた候補者からの選択しかありませんので独自の立場や組織の経緯があるにしても、政策についてはしっかりとした方向を示さないと、「闘うことをやめた」と言われてしまいます。選挙の結果も大切ですが、選ばれた人がどういう政策を実行するかは、もっと重要なことだと思います。

by shouichiro_sato | 2007-01-25 21:01 | 政治活動 | Comments(0)  

きょうの「町立羽後病院」

 ブログ読者の皆さんには心配をかけてしまいました。今朝からお見舞いの電話などもいただき、恐縮しています。岐阜で働いていた自分が急に秋田に帰ったことは事実ですので、正直に報告させてもらいました。

 父の容態は適切な町立羽後病院(佐藤眞院長)の対応もあって意識レベルも回復しつつあり、手足の感覚も戻り、会話ができるまでになりました。病気そのものは、82歳の高齢でもあり対処療法にも限界がありますが、快適な環境の病院に来て父もホッとしているようです。有難いものですね。

 そんな訳で2日続けて病院通いをしていましたら、久しぶりに多くの町民の皆さんと会うことができました。その一人のNさんは元役場職員。5年前に脳卒中で倒れて救急車で羽後病院に搬送されたものの、すぐさま横手市にある県南の基幹病院・平鹿総合病院に移って手術。素早い病院間の連携で命をとりとめ、今では元気な毎日を過ごしています。今日は定期健康診断の日で、最新設備であるマルチMRIの待合室にいました。

 「たいしたもんだな、この機械は。頭の中が全部見えるから、たいしたもんだ。いい病院にしてもらって、エガッタなや。」と話してくれました。病院改築とその後の医療体制整備に関わった一人として、町民の皆さんに喜んでもらえることほど、嬉しいことはありません。お医者さんも看護師さんも、それを支える事務方も患者さんやご家族の皆さんに喜んでもらいたい一心で頑張っていますから、こうした話を聞くと私まで晴れやかな気持ちなりました。

 22日(月)には、NHK秋田放送局の午後5時10分からの番組「テレビこまち」で、今から21年前の羽後病院の医師の日常を追った「こまちアーカイブス・豪雪の町診療記」が放送されたと知らされました。現在も羽後病院で頑張ってもらっている藤原克三先生(当時・副院長)が、鞄を片手に雪道を往診している姿が紹介されていたようです。こうした地域に密着した医療が今も受け継がれていることで、私は病院への信頼がさらに高まっているのだと感じました。

 病床の父も主治医の先生とようやく話ができるようになり、「松田先生だ・・が」と笑顔を見せ、涙を流していました。父の安堵した表情に、私も嬉しくなりました。 

by shouichiro_sato | 2007-01-24 22:38 | 羽後町 | Comments(0)  

急遽、秋田に帰ってきました

 昨夜の仕事に向かう直前、我家から電話がありました。「ジーちゃんの具合がよくない。今朝はベットから起きられず、意味不明なことを言っている」というのです。正月に帰省した時の父は、年越しの食卓では元気でしたがその後は急速に体力が衰え、このまま春まで頑張れるか心配でしたので、私は「万が一」に備えた家族の危機管理マニュアルを書いて、岐阜の職場に戻っていました。

 そして午前6時過ぎ、夜勤明けで宿舎に帰る車の中に第2報。「今、救急車を呼んでいます。意識が朦朧としており、手足が痙攣している」とのこと。程なく救急車が到着し、隣近所の協力を得て町立羽後病院に搬送。私は父の病状について事前に把握していましたので、すぐさま急変することも無いと判断して、宿舎で連絡待ち。妻も秋田に行く欠かせない仕事があり、予定通りに行動することにしましたが、8時頃の第3報は「主治医の先生は、息子さんにも知らせたほうがいい」。急遽、秋田に帰ることにしました。

 岐阜市から中部国際空港(セントレア)まで、名鉄特急で1時間10分ほど。午後2時30分発の便で帰り、秋田空港で妻と合流して病院へ着いたのが午後5時。初期の対応が良かったためか、父の容態は改善しているようで、主治医の先生も「意識レベルが回復してきた模様だ」と詳しく状況を説明してくれ、私も安心しました。しかし、あらゆる事態も受容しなければなりません。

 そんな訳で当分の間は羽後町の自宅に滞在します。

 それにしても、親切・丁寧な病院の対応には感謝しています。医師不足や赤字経営に苦悩している公立病院が多い中で、頑張っている町立羽後病院。スタッフの機敏な動きや笑顔に、嬉しくなりました。身近なところにこうした医療機関があり、地域の皆さんがどんなに助かっていることか。一人の患者の家族として、感謝したいと思います。 

by shouichiro_sato | 2007-01-23 22:26 | 家族・仲間 | Comments(0)  

「納豆」を食べましょう

 「納豆にダイエット効果あり」との放送がきっかけで、店頭では売り切れ続出。納豆製造メーカーはお客さんに品薄・品切れをお詫びをしながら、増産体制に突入・・・・・と、久しぶりに日本の伝統的な食品へ消費者の関心が高まり、嬉しくなった矢先にビックリ仰天。愕然としてしまいました。

 1月7日にフジテレビ系列で放送された「発掘!あるある大辞典Ⅱ」の番組、「食べてやせる!食材Xの新事実」で紹介された納豆ダイエットの実験データが、捏造されていたものであることが分かり、製作した関西テレビ放送は20日、千草宗一郎社長が記者会見をして陳謝しました。

 アメリカのダイエット研究の紹介で使用した3枚の写真は全く無関係なものだったり、大学教授の発言を日本語訳した内容はデタラメ。番組内での実験や検査の数字も架空のものなど、事実と異なる放送でしたから、テレビ局には視聴者からの苦情も殺到しているようです。総務省の近畿総合通信局もきょう午前、関西テレビ放送の役員を呼んで事情を聞き、菅義偉総務大臣も「極めて遺憾」と、不快感を示したことが伝えられています。単独スポンサーの「花王」も降板を決定。番組も打ち切りになるようですから、十分な検証もないままに放送した責任は重大です。

 さて、心配なのは品不足になっていた「納豆」のこれからです。捏造放送の反動で消費が激減することになるようであれば、これほど迷惑な話はありません。ダイエット効果については更なる研究をお願いするとしても、健康食品であることには間違いないのですから、ファンが増えることを期待しています。原料には国産の大豆も多く使われており(原産地表示あり)、消費が拡大することは大豆生産農家にとっても励みになることであり、是非とも毎日の食卓に用意してもらいたいものです。

 日曜日に行く「吉野家」の朝定食メニューは、「納豆定食(生卵つき)」と「焼き魚(サケ)定食」の二本立て。牛丼の肉はアメリカ産でも、納豆定食があるので私は毎週利用しています。そして、寒い日には「納豆汁」も最高ですね。ただし、岐阜ではまだ食べたことがありません。

by shouichiro_sato | 2007-01-22 19:25 | 社会・話題 | Comments(0)