人気ブログランキング |

カテゴリ:地域活動( 199 )

 

「えぐきたな~」

 秋田県羽後町出身の歌手・岩本公水さんのコンサート「えぐきたな~鳥海 岩本公水オンステージ」が今夜、由利本荘市鳥海町の紫水館で開かれ、大盛況でした。主催は岩本公水後援会笹子支部(会長・山内道之さん)の皆さんです。

 同会は昨年7月、笹子公民館ホールで支部結成記念コンサートを開催していましたが、より多くの皆さんに岩本公水さんの歌を楽しんでもらおうと、今回は町内で最も大きいホールを会場に準備を重ね、400人を超えるお客さんが来場。岩本さんは「えんか坂」「雪の絶唱」「片時雨」などから、最新のヒット曲「能取岬」。さらには「秋田長持唄」「イヨマンテの夜」など名曲のカバーアルバムで歌っているものまで、多彩な15曲を熱唱。楽しいおしゃべりもあって、会場は爆笑?と大きな拍手に包まれた、素晴らしいコンサートでした。

f0081443_09420518.jpg
 (写真・発売中の「岩本公水全曲集2020」と「うたこまち Ⅱ 」のCD)

by shouichiro_sato | 2019-11-27 21:13 | 地域活動 | Comments(0)  

カモシカ

《 カメラスケッチ 》

f0081443_21012807.jpg
 我が家は羽後町の中山間地・上到米にありますので、何かと動物に出会う機会が多くあります。この夏以降でも、自家用車で走行中にリス、キツネ、タヌキ、ウサギ、さらにはクマにも遭遇しました。そして、この度はカモシカです。国道398号横根峠近くにある、上到米簡易水道の水源地で出会ったのですが、逃げる様子もなく、5m手前から撮影しました。

by shouichiro_sato | 2019-10-18 21:09 | 地域活動 | Comments(0)  

子どもたち

 羽後町田代地区の敬老会に出席しました。町が田代地区に在住する75歳以上の方314名に案内をしたところ、参加されたのは80名ほどでした。初めて参加したという方も10人程いて、皆さんに飲物を注ぎながら懇談してきました。

 プログラムの中で毎年皆さんが楽しみにしているのが、地元の田代こども園に通う子供たちによる踊りやダンスの披露。きょうは来春に高瀬小学校に入学する年長さん8人と年中・年少の9人が登場して、「おじいさん、おばあさん、元気に長生きしてください」。
f0081443_08552796.jpg
 (写真・元気にダンス「USA」を披露する子どもたち。田代公民館で)

by shouichiro_sato | 2019-09-05 08:41 | 地域活動 | Comments(0)  

住民運動会

 《 カメラスケッチ・住民運動会 》

f0081443_21135476.jpg
f0081443_21141935.jpg
 きょうは第46回上到米地区住民大運動会。雨でグランドコンデションが悪く、旧上到米小学校体育館での開催となりましたが、地域の皆さんが一同に会する年に一度のチャンスであり、老若男女が和やかに、楽しく行われました。参加者全員でのラジオ体操で始まり、縄ない競争など地域の特色ある競技が続きました。

by shouichiro_sato | 2019-08-25 21:22 | 地域活動 | Comments(0)  

七夕絵灯ろう

 湯沢市の伝統行事「七夕絵灯ろうまつり」が今日から始まり、多くの人出でにぎわっています。日中は茹だるような?暑さでしたが、日が暮れるとともにそぞろ歩きには最高のコンデション。7日まで行われますから、皆さん是非ともお出かけください。
f0081443_22302805.jpg
f0081443_22304639.jpg
 (写真・伝統的な美人画とともに、森田春代さんの作品も展示されていました)

 市内中心部の会場には大小約150基の絵灯籠が飾られ、日が暮れると灯籠には明かりが灯り、街は幻想的な雰囲気に。中には縦2.5m、横4.5mの大型絵灯籠5基が並んだ通りもあり、見事な美人画の連続に見とれてしまうほどでした。

 一方、通りの一画には日本画家・森田春代さん(埼玉県生まれ、オーストラリア在住)の作品をプリントした灯籠10基が展示されています。市民有志が特別な許可を得て飾ったもので、絵灯籠作家ではない画家の作品が絵灯籠まつりに参加することについての聞き取り調査をしていました。地元の作家が少なくなっているなかでの新しい取り組みで、注目されます。

by shouichiro_sato | 2019-08-05 22:38 | 地域活動 | Comments(0)  

受章祝賀会

 小野崎八郎さん(羽後町飯沢・85歳)が瑞宝単光章を受章され、きょうは「受章を祝う会」が開かれました。小野崎さんは17歳で元西馬音内村消防団員となり、その後43年間、羽後町の消防団員として地域活動に尽力され、副分団長で退職。農業の傍ら、昭和45年から平成9年までは日本郵便逓送株式会社に勤務。同4年から25年までは民生委員・児童委員も務めています。
f0081443_22520972.jpg
 (写真・ご家族から花束を贈られた小野崎さんご夫妻。コプニ巨福)

 祝う会には消防団の関係者はもちろん、飯沢地域の皆さんやご親戚の方々など80名ほどが参加し、和やかに懇談しています。

by shouichiro_sato | 2019-07-14 23:04 | 地域活動 | Comments(0)  

岩本公水杯歌謡コンクール

 第3回岩本公水杯歌謡コンクールが「道の駅うご」の3周年誕生祭として、羽後町活性化センターで開かれました。一般曲発表部門には、道の駅の小坂圭助社長ら10人が参加し、得意の歌を披露して会場を盛り上げ、いよいよ歌謡コンクールの始まりです。

 コンクールはどなたの歌でもいい「一般曲部門」に40人が出場。岩本公水さんの歌を歌う「課題曲部門」には22人が挑戦し、藤野浩一キングレコードプロヂューサー(審査委員長)や羽後町出身の演歌歌手・岩本公水さん(特別審査委員)らが審査に当たりました。
f0081443_20004691.jpg
f0081443_20015597.jpg
f0081443_20011320.jpg

 (写真上中・満員の会場で行われた大会の模様と成績一覧。写真下・大会で入賞した皆さんは岩本公水さんを囲んで記念写真。公水さんの左が「岩本公水杯」を獲得した課題曲部門で優勝の佐藤律子さん。右は一般曲部門で優勝した三浦章さんです)

by shouichiro_sato | 2019-06-30 20:06 | 地域活動 | Comments(0)  

就任披露

 羽後町上仙道で伝承されている「仙道番楽」の団長などが交代し、きょうは新団長の就任披露祝賀会が行われました。仙道番楽は450年も続いているといわれるもので、県指定無形文化財でもあります。

 20年間にわたって団長を務めた武田清美さん(70歳)から新団長の武田正俊さん(45歳)にバトンタッチ。武田新団長は「十数名の仲間とともに伝承に努めていく」と決意を語っていました。
f0081443_22590885.jpg
 (写真・「県指定無形文化財指定書」を新団長に引き継ぐ。新処集会所で)

by shouichiro_sato | 2019-06-02 23:05 | 地域活動 | Comments(0)  

水道組合

 上到米簡易水道組合(佐藤久夫組合長・72組合員)の総会が開かれました。当地域はもともと井戸や湧き水を利用してきましたが、生活様式の変化に伴い、安定した生活用水が必要だとして取り組んだ簡易水道事業。新年度は事業開始から10年目となります。

 様々なアクシデントがありながら、無事に10年目を迎え、万が一の事故に備えた事業基金も目標額に達することから、佐藤組合長は「今年度を乗り切れば使用料金を大幅に値下げする」と表明しました。総会では多くの組合員が集い、親しく懇談しました。

by shouichiro_sato | 2019-04-28 22:03 | 地域活動 | Comments(0)  

春季生活闘争

 連合秋田横手湯沢地域協議会(議長・齊藤斉さん)が主催する2019春季生活闘争の地区集会が今夜、加盟する労組の代表者ら100人程が参加して横手市内で開かれました。

 春闘の状況報告によると、会社での仕事量は回復しているものの人手不足が顕著になっており、賃上げや労働条件の改善を掲げて労使交渉に臨んでいるとのこと。連合秋田もこれから秋田県や労働局、経済団体に要請行動を行う計画です。

 集会では「地場・中小で働く仲間の所得が向上しなければ、地域経済の成長はおぼつかない。そのためにも、公正取引の実現とサプライチェーン全体で生み出した付加価値の適正な配分を求める取り組みを進める」ことで、「集団的労使関係の中で得た成果を最低賃金の引上げ等に波及させなければならない」と主張。「働く者の処遇改善に取り組む」「社会全体の課題についてわれわれ自身の役割を認識・共有して取り組んでいく」という決意を確認する、春闘アピールを採択しています。

by shouichiro_sato | 2019-03-06 22:24 | 地域活動 | Comments(0)