人気ブログランキング |

カテゴリ:国政・時事( 482 )

 

同日選挙?

 一時は、国会の会期を延長して衆議院を解散し、衆参「同日選挙」があるのではないかと言われてきましたが、ここにきて「多分ない」という話に変わってきました。マスコミの報道によると、安倍首相は同日選を見送る方向で検討しているとのことですが、終盤国会で野党の攻勢が強まれば参議院選挙での苦戦も予想されます。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2019-06-15 22:03 | 国政・時事 | Comments(0)  

老後資金

 高齢夫婦の老後の資金について、関心が高まっています。金融庁金融審議会の報告書に盛り込まれた試算では、「月に5万円の赤字となり、30年で2000万円が必要」と書かれていましたが、野党からの批判を受けて麻生太郎金融担当大臣は「今までの政府の政策スタンスと違う」として、報告書の受け取りを拒否。想定外?の論争に発展しています。

 ただし、この金額は総務省の家計調査でオープンになっており、よく知られた収支の差で厚生労働省が使っている資料にあったとのこと。「老後の所得確保における私的年金の重要性」を強調した報告書でしたが、「政府の年金政策が破綻しているのでは」との指摘を受け、大臣は「知らぬ存ぜぬ」。事務方(官僚)が「配慮に欠けた」と反省する事態になってしまいました。

 報告書の内容が政府の方針とは違っていても、受け取りを拒否するとは・・・・、何とも肝っ玉の小さい大臣です。

by shouichiro_sato | 2019-06-14 22:01 | 国政・時事 | Comments(0)  

真摯な姿勢

 防衛省が陸上自衛隊新屋演習場に配備を計画している「イージス・アショア」について、地域住民に丁寧に説明して理解を得たいという言葉とは裏腹に、心配している地域の住民の皆さんの声に聞く耳を持たない姿勢が目立ちます。調査結果の報告書に間違いがあったばかりか、説明会で居眠りをしている幹部がいるなど、全く話になりません。

 佐竹知事が「(イージス・アショアの配備地に関わる問題は)白紙に戻す」というのは当然です。

by shouichiro_sato | 2019-06-11 22:28 | 国政・時事 | Comments(0)  

新屋ありき?

 岩谷毅防衛大臣は昨日の記者会見で、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の候補地となっている秋田と山口両県の場所を調査した結果、「大きな問題はないと聞いている」と強調。防衛省は今月中に幹部が両県を訪問し、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県)に地質などの問題はなく、配備に適しているとの調査結果を伝達する方針です。

 昨年この計画が明らかになってから、「配備できるか調査したい」と言っては来たものの、当初から「(新屋に)配備ありき」の姿勢に変化はなく、住宅密集地に隣接した場所へ何故ミサイル基地をつくるのか。住民の理解は進んでいません。

 防衛省からの調査結果の報告と県や秋田市が提出している質問状への回答内容がどんなものか。「イージス・アショア」の新屋演習場への配備の是非は、いよいよ正念場を迎えます。

by shouichiro_sato | 2019-05-18 20:23 | 国政・時事 | Comments(0)  

憲法記念日

 きょうは憲法記念日です。我が国の憲法が施行されて72年となり、令和で迎えた初めての憲法記念日でありながら、天皇の代替わりに関わる行事が続いたせいか、いつもより低調?な感じです。

 安倍晋三首相は憲法改正派の集会にメッセージを寄せ、「2020年に改正憲法を施行する目標を堅持している」として、9条への自衛隊明記案を軸に、教育の充実を書き込む必要性を訴えています。

 ただし、首相の思いとは裏腹に、国民世論はそこまで盛り上がっていませんネ。

by shouichiro_sato | 2019-05-03 20:31 | 国政・時事 | Comments(0)  

大臣を更迭

 桜田義孝五輪担当相は今夜、同僚議員の政治資金パーテーで「復興以上に大事なのは、高橋さんでございます」と発言。それから2時間後、安倍首相に辞表を提出しました。

 桜田大臣は今までも、的外れな答弁を繰り返したり問題発言や失言が続き、その資質が問われていましたが、さすがに「(東日本大震災の)復興より議員(選挙)が大事」とは、首相も擁護?することはできませんでしネ。

by shouichiro_sato | 2019-04-10 23:08 | 国政・時事 | Comments(0)  

紙幣を刷新

 麻生財務大臣はきょう、5年後をめどに1万円札、5000円札、1000円札の肖像画を変えることを発表しました。偽造防止が目的で、最新技術を使ったホログラムが導入されるほか、見やすいように額面の数字も大きくします。肖像画の変更は2004年(平成16年)以来です。
f0081443_09053147.jpg
  (写真・きょう公開された新しい紙幣の原案。NHK「ニュース9」より)

 1万円札は実業家の渋沢栄一、5千円札は女性教育者の先駆けとなった津田梅子、千円札には近代医学の基礎を築いた北里柴三郎の肖像画が用いられます。尚、最近は見かけることがほとんどない?2千円札はそのままです。

by shouichiro_sato | 2019-04-09 22:22 | 国政・時事 | Comments(0)  

忖度(そんたく)

 塚田一郎国土交通副大臣は今月1日、北九州市で開かれた福岡県知事選挙に関する集会で、山口県と福岡県を結ぶ下関北九州道路の調査を国が直轄で行うことについて、「安倍総理や麻生副総理が言えないので、私が忖度(そんたく)した」と発言していました。

 「忖度」とは、どこかで聞いた言葉ですが、副大臣にそこまでの権限があるのか甚だ疑問です。塚田副大臣は「事実と違う発言をしてしまった」と弁解しているものの、立場を利用した思いあがった言動であり、辞任は避けられませんネ。

by shouichiro_sato | 2019-04-03 23:47 | 国政・時事 | Comments(0)  

隠蔽を否定

 毎月勤労統計の不正問題で厚生労働省の特別監察委員会は昨日、再調査結果の報告書をまとめ、1月の発表と同じように「組織的な隠蔽」を否定しました。その理由は事務次官などの幹部が不正を認識せず、隠蔽を指示していなかったこと。担当課レベルでも綿密な打ち合わせや周到な準備がなかったことを挙げています。

 「公的な場で真実に反することを認識しながら、事実と異なる虚偽の説明があった」と指摘しながら、「隠す意図までは認められない」としています。さらに委員長代理は「隠蔽は積極的に隠すという厳格な要件があるが、それには当たらない」と述べています。今日の国会でも質疑の焦点になりましたが、解釈の仕方の言葉遊び?をしているようで、何とも不可解です。森友・加計問題で明らかになった官僚の忖度による行政運営が拡大しているようで、信頼を失いつつありますネ。

by shouichiro_sato | 2019-02-28 22:23 | 国政・時事 | Comments(0)  

「反対」7割以上

 沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の移設を巡る県民投票は、昨日投開票の結果、辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が7割越えとなりました。投票率は52.48%です。

 投票は「賛成」「反対」「どちらでもない」の三つの選択肢から選ぶ方式で行われ、沖縄県民の意思は圧倒的に「反対」を示しました。ただし、県民投票の結果に法的な拘束力はなく、安倍首相も「結果を真摯に受け止め、基地負担の軽減に全力を尽くしていきたい」と述べ、従来の方針を貫く模様です。

 国が地域の民意とどう向き合っていくのか。民意を政治にどのように反映させていくのか、新たな課題となってきました。

by shouichiro_sato | 2019-02-25 22:28 | 国政・時事 | Comments(0)