人気ブログランキング |

カテゴリ:社会・話題( 692 )

 

「ワンチーム」

 今年話題になった言葉に贈られる「2019ユーキャン新語・流行語大賞」が2日に発表され、年間大賞にはラグビーワールドカップ(W杯)日本代表チームのスローガンである「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれました。

 さらにトップテンには五十音順で「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ・しぶこ」「タピる」「♯KuToo」「○○ペイ」「免許返納」「闇営業」「令和」。特別賞は米大リーグのイチローさんが引退会見で述べた「後悔などあろうはずがありません」が選出されています。

 どの言葉も今年の社会や世相を表しています。そして、「今年の漢字」は今月12日の漢字の日に、京都の清水寺で発表されます。どんな一字になるのでしょうか?予想するのも楽しいですね・・・・。

by shouichiro_sato | 2019-12-04 20:46 | 社会・話題 | Comments(0)  

「ながら運転」

 運転中に携帯電話を手にもって通話や操作をしたり、画面を見続けた場合の違反点数が1点から3点に。「ながら運転」で事故を起こすと、人を傷つけなくても違反点数が6点で、即免許停止処分。・・・・12月1日から、そうした行為への厳罰化が始まります。

 今や携帯電話は日常生活に欠かすことのできない必需品ですが、車を使うことが多い自分にとっては、つい手にすることがある?ことを率直に反省し、必要な場合は安全な場所に停車してから使うことを肝に命じました。通行量の少ない田舎の道でも道路交通法を遵守するよう、十分に注意しようと思います。

 厳密には、自動車内で運転している人がハンズフリー(ヘッドホーンを含む)の電話を使用すること。画像表示用装置(カーナビ)を注視するのも違反行為になりますから、くれぐれも注意してください。どんな場合でもまず、「安全な場所に停車すること」が一番ですネ。

by shouichiro_sato | 2019-11-29 22:18 | 社会・話題 | Comments(0)  

インフルエンザ

 インフルエンザが拡がりつつあります。県が24日までの1週間に県内の定点医療機関から報告をまとめたところ、インフルエンザ患者数が1機関当たり4.00人で、前週(3.67人)より微増していました。中でも湯沢保健所管内の患者数は前週が27.20人、今回が18.40人で最多となっており、唯一「注意報」が出されています。

 特に、昨年12月と今年1月に病院や特別養護老人ホームなどで集団感染があった羽後町では、いち早く「予防の徹底」を呼びかけており、病院でワクチン接種を受ける人が増えているとのこと。

 寒さも本格化してきましたから、体調管理には十分に注意したいものです。

by shouichiro_sato | 2019-11-28 22:43 | 社会・話題 | Comments(0)  

インバウンド

 首都圏に在住する羽後町出身者のふる里会があす開かれるために上京しましたが、羽田空港はもちろん、電車の中でも街の中でも、海外から来ている皆さんがこれほど多くなっているとは、驚きでした。

 さらに、モノレールや電車、駅構内での案内も日本語、英語、中国語、韓国語で行われており、表示されている看板にも外国語が書かれているなど、以前?とは様変わりしています。宿泊したビジネスホテルも外国人がいっぱいいて、自分が外国に来ているような錯覚になってしまいました。国は東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年には訪日客4000万人を目指していますが、そうした状況になりつつあることを実感しました。

 一方、電車内ではスマートフォンなどを見ている人の多いことにビックリ。極端に言えば、7~8割くらいの皆さんが画面をのぞき込んでいます。そういう自分も、きょう明日の天気や温度はどうなるのかと心配して、スマホのスイッチ「ON」していました・・・・。

by shouichiro_sato | 2019-11-23 22:57 | 社会・話題 | Comments(0)  

「いい夫婦の日」

 きょう11月22日は、並んだ数字をそのまま読んで「いい夫婦の日」。秋田県横手市出身のタレント・壇蜜さん(38歳)がきょう漫画家の清野とおるさん(39歳)と入籍届を提出したなど、結婚に関する話題が多い日でした。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2019-11-22 22:27 | 社会・話題 | Comments(0)  

明日から閉鎖

 《 カメラスケッチ・栗駒山麓 》

f0081443_08143220.jpg
f0081443_08145485.jpg
 栗駒山麓の周遊道路、国道342号の東成瀬村椿川仁郷から岩手県境、県道「仁郷大湯線(栗駒道路)」はあす5日正午から、冬季閉鎖が行われます。鳥海山では先月28日に初冠雪が観測されましたが、平年と比べて18日も遅くなっており、栗駒山もこれから・・・。雪囲いなど、冬支度をする時を迎えています。(写真上・国道398号の湯沢市奥小安。下・国道342号の椿川仁郷。10月31日撮影)

by shouichiro_sato | 2019-11-04 22:12 | 社会・話題 | Comments(0)  

文化勲章

 2019年度の文化勲章に、美郷町(旧千畑町)出身の元東京大学学長・佐々木毅氏(77歳)ら6人が決まりました。秋田県出身者の受章は1955年度の故二木謙三氏(秋田市、細菌・免疫学者)、2009年度の故日沼頼夫氏(八峰町、ウイルス研究者)に続き、3人目です。

 佐々木氏は秋田高校ー東大卒。東大法学部長を経て2001~05年に東大学長。現東大名誉教授、日本学士院会員。政治学や政治思想史研究で優れた業績を上げており、1980年代以降の我が国の政治のあるべき姿を示してきました。現在も政治に鋭い目を向けており、秋田魁新報には毎月1回、「時評」を執筆しています。

by shouichiro_sato | 2019-10-29 23:42 | 社会・話題 | Comments(0)  

新聞週間

 今月15日から21日は「新聞週間」。日本新聞協会が主催する第72回新聞大会が16日に宮崎市で開かれ、2019年度新聞協会賞の授賞式がありました。編集部門では秋田魁新報社の「イージス・アショア配備問題を巡る『適地調査・データずさん』のスクープなど一連の報道」など4件が表彰されています。

 全国紙や地方紙など103の新聞社と4の通信社、22の放送局が加盟している同協会での賞は、数多い一年間の企画や記事から選ばれるもので、秋田魁新報社の受賞は45年ぶり3度目です。一昨年11月に陸上自衛隊新屋演習場への配備計画が表面化して以来、配備による問題点や計画の背景を検証し、実戦配備されているルーマニアでも取材。防衛省が公表した適地調査のデータが間違っていることなどを報じています。同協会は「地元新聞社が国家の安全保障問題に真正面から向き合い、政府のずさんな計画を明るみに出した特報は優れた調査報道として高く評価される」と授賞理由で評しています。

 毎朝、新聞を開くことから一日が始まる自分にとって、きょうはどんなニュースがあるのか、紙面になっているいるのか楽しみです。テレビやインターネットなどに速報性は叶いませんが、新聞は紙面構成で情報を把握できるのが、魅力ですネ。

 我が家でも午前5時前には新聞が届いていますので、早朝から配達してくれている方にも感謝しながら、毎日待っております。

by shouichiro_sato | 2019-10-19 22:18 | 社会・話題 | Comments(0)  

ノーベル化学賞

 2019年のノーベル化学賞に、旭化成名誉フェローの吉野章氏(71歳・神奈川県在住)ら3人が決まりました。3氏はリチウムイオン電池を開発し、軽量かつ高出力で、充電して繰り返し使える電池は、現代のモバイル社会実現の原動力になっています。化石燃料に頼らない社会の実現に向けた貢献も評価されました。

 リチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコン、デジタルカメラなど、私たちの身の回りの電化製品の電源。さらには人工衛星のバッテリーや電気自動車などにも使われています。

 身近に使われている物でも、一つ一つの部品には様々な研究の成果が結集していることを、あらためて感じる受賞です。民間企業で研究を重ねてきたことも注目され、嬉しいですネ。誠におめでとうございます。

 日本人の化学賞受賞は2010年の鈴木章氏と根岸英一氏以来で、8人目です。

by shouichiro_sato | 2019-10-10 22:46 | 社会・話題 | Comments(0)  

気候変動

 世界気象機関(WMO)によると、現在の世界の平均気温は19世紀半ばと比較して、1.1度上昇。特に2015年からの5年間の平均は、15年までの5年間と比べ大気中の二酸化炭素濃度の上昇率が約20%増え、気温が0.2度上がるなど、「過去5年間は観測史上最も暑くなり、海の氷が解けるなどして海面上昇などの深刻な影響がでている」と発表。「温暖化が急速に進んでいる」と報告しています。

 国連本部(米国ニューヨーク)では21日、若者気候サミットが初めて開かれ「地球温暖化の理解促進と対策強化のため、政治家や社会への働きかけを加速させることを確認した」と、報じられています。23日には同所で、各国の閣僚らが集まる国連気候行動サミットが行われます。

by shouichiro_sato | 2019-09-23 22:12 | 社会・話題 | Comments(0)