人気ブログランキング |

カテゴリ:社会・話題( 712 )

 

移動全面解除

 新型コロナウイルスの感染防止策として、自粛を求められていた都道府県境をまたぐ移動が19日に全面解除され、初の週末となったきょうは駅や空港、観光地にも人出が戻り始めた模様です。

 我が家の近くでも関東圏に住んでいる方が、「やっと帰ってこられた」と実家に帰省し、安堵していました。新聞広告には県内を巡る旅行案内が掲載されていたり、折込チラシには近隣の温泉施設やホテルの飲食プランなどもあり、嬉しくなりました。県が発行したプレミアム宿泊券(5000円分を2500円で販売)は1.5倍もの競争率で、すでに30万枚分の引換券を送付したとか。プレミアム付き飲食券の販売も始まっており、是非とも多くに皆さんに利用していただき、落ち込んでいる県内の観光・飲食業等を応援してもらいたいものです。

 当方も今まで飲食を伴う会合はほとんどありませんでしたが、18日からは徐々に解禁しています。しかし、県外へ出かける計画は当分ありません。

by shouichiro_sato | 2020-06-20 20:36 | 社会・話題 | Comments(0)  

街は閑散

 今夜は所用で大仙市大曲におりましたが、午後7時過ぎの街は閑散としていました。市内の中心部にある旧国道13号の丸ノ内付近でも車の通行は少なく、唖然としてしまいました。秋田県では新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されているにもかかわらず、外出自粛が浸透してしまったためか、街には人が戻っていません。

 ここ2ヶ月ほどの間に「スティホーム」や「テレワーク」が浸透?してきたことで、普段の生活様式も変わってきたようです。

by shouichiro_sato | 2020-05-26 22:38 | 社会・話題 | Comments(0)  

オンライン申請

 国が国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」で、マイナンバーカードを持っている人ができるオンライン申請を中止する自治体が増えています。誤って入力するなど申請内容に不備が多く、氏名の表記や住所を住民票と照合する確認作業が必要で、結局は自治体の保有する世帯情報との突合せや口座情報の入力が手作業になるなど、手間取っているからです。

 その上、署名用電子証明書の暗証番号を忘れた方や再設定を求める人で自治体の窓口は大混雑。マイナンバーカードを使用できる状態までに1ヵ月もかかる事例も出るなど、とてもスピード感ある対応ではありません。

 また、厚生労働省が20日から運用を始めた「雇用調整助成金」のオンライン申請でも不具合となるトラブルが発生。同助成金は企業が払った休業手当の一部を助成するもので、新型コロナウイルスの影響拡大を受けて実施する政府の支援策の柱ですが、手続きが煩雑で速やかに支給されないとの指摘があり、手続き簡素化の一環でオンライン申請を導入しましたが、初日からつまづいてしまいました。

 当地の場合は町役場から先週末に申請書が各家庭に送付されており、それに必要事項を記入して返送する手続きになっており、きょうまでに7割以上の世帯から申請があったとのこと。ただ、本人確認のための免許証や健康保険証、口座確認のための貯金通帳のコピーを添付する必要があり、高齢者の世帯などから「どこでコピーすればいいのか」との問い合わせもあるとか。こんな場合は役場職員などが出向いて申請の手伝いをしたとのことです。

by shouichiro_sato | 2020-05-20 22:34 | 社会・話題 | Comments(0)  

新しい生活様式

 新型コロナウイルスの感染者が減り、対策を緩められるようになった地域では「新しい生活様式」が必要だと、政府の専門家会議が具体例を示しています。

 「買物の場合」・・・通販も利用。一人または少人数で空いた時間に。電子決済を利用する。計画を立てて素早く。展示品への接触は控えめに。レジに並ぶときは前後をあける。
 「娯楽・スポーツ等では」・・・公園は空いた時間、場所を選ぶ。筋トレやヨガは自宅で動画を活用。すれ違う時は距離を取る。予約制を利用してゆったりと。狭い部屋での長居は避ける。歌や応援は距離をとるかオンラインで。

 「食事」・・・持ち帰りやデリバリーも利用する。野外空間で気持ちよく。大皿は避けて料理は個々に。対面でなく横並びで座る。おしゃべりは控えめに。お酌や回し飲みは避ける。
 「公共交通機関の利用」・・・会話は控えめに。混んでる時間帯は避ける。徒歩や自転車も併用する。
 「冠婚葬祭や親族行事」・・・多人数での会食は避ける。風邪の症状があるなら参加しない。

 もっともだと思うものもありますが、命を守るために「人と接しない」ことが肝要であるとすれば、これからはどんな社会になるのでしょうか・・・。

by shouichiro_sato | 2020-05-13 22:08 | 社会・話題 | Comments(0)  

異常事態

 秋田魁新報の情報ひろばに掲載されている「キップ情報」。あちらこちらに移動することが多い私にとっては、毎日チェックしているコーナーですが、何と今週からは秋田—東京間の飛行機が一往復しか運航していないという、異常な事態になっています。たぶん秋田空港開港以来、初めてのことでしょう。

異常事態_f0081443_08533521.jpg
 (写真・22日のキップ情報には※印ばかり。東京便の運航は夕方のみです)

 新型コロナウイルスの感染が拡大してきた先月あたりから、東京都などの首都圏と往来する人が激減。さらに外出自粛が要請されていることから県外への移動がほとんどなくなっています、秋田新幹線は通常通り運転されていますが乗客はほとんどなく、大型連休を中心に編成されていた臨時列車は全て運休。首都圏と秋田県内を結ぶ秋田中央交通・秋北バス・羽後交通の高速バスは、全て運休となっています。

 今のところ県外へ出かける用事は全てキャンセルされていますが、極力「在宅(スティーホーム)」に徹するしかありません。

by shouichiro_sato | 2020-04-22 22:09 | 社会・話題 | Comments(0)  

花火も祭りも・・

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、これから行われる夏の行事の可否判断が迫られています。

 東北三大夏まつりのうち、約280万人が来場している「青森ねぶた祭」(8月2~7日)の実行委員会は中止を検討しており、今月8日に会合を開いて可否を協議。約130万人の人出がある「秋田竿燈まつり」(同3~6日)は13日に開催する実行委員会総会で可否を判断する意向と報じられています。

 「山・鉾・屋台行事」でユネスコの世界文化遺産に登録されている秋田市の「土崎神明社祭の曳山行事」や鹿角市の「花輪ばやし」などもこれから方向性を決めるとのこと。羽後町の「西馬音内盆踊り」も今月中に開く実行委員会で方針を決める予定です。 

 8月29日に開催が予定されている「大曲の花火」(昨年は75万人が来場)について、実行委員長は「2ヵ月前までには決める必要があり、近くその判断時期を審議する」。5月から8月にかけては各地で伝統行事や大型イベントが目白押しですが、主催者にとっては当分の間、悩ましい状態が続きます。

by shouichiro_sato | 2020-04-03 21:18 | 社会・話題 | Comments(0)  

オリンピックは延期?

 今夏開催予定の東京オリンピック・パラリンピックが延期される公算が大きくなりました。きょう未明、国際オリンピック委員会(IOC)が大会の延期を含めて4週間以内に結論を出す方針を発表しました。

 新型コロナウイルスの感染が世界規模で拡大しており、出場選手を決める各種の予選大会などが中止されているほか、陸上や水泳などの競技団体からも延期を求める声が続出。今夏の五輪には選手を派遣できないと表明する国もあり、ここに来て予定通りの開催は無理な状況になりつつありました。

 ただ、感染拡大がどこまで続くか予測できない上、地球規模で地域ごとに感染状況や予防対策が異なることを考えると、一体いつになったら終息し、完全な形でオリンピック・パラリンピックを開催できるのか、この先もまだまだ不安です。

by shouichiro_sato | 2020-03-23 20:51 | 社会・話題 | Comments(0)  

影響拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大はこれから予定されている様々な行事や計画に影響を広げています。4~6月に修学旅行を予定している県内の小中学校・義務教育学校192校のうち、31校が延期を決定し、139校が延期を検討中。「角館の桜まつり」は規模を縮小して開催する方針です。

 不要不急の外出を控える動きやイベント等の自粛が広範囲にわたって行われおり、経済活動も著しく低下してきました。日本国内での感染事例は急激に増える状況ではないものの、世界的にはヨーロッパ諸国やアメリカなどで急増。地球規模で人の動きが制限される事態になってきます。

 7月から開催される「東京オリンピック・パラリンピック」についても、「延期」や「中止」といった話題が目立ってきました。

by shouichiro_sato | 2020-03-17 22:50 | 社会・話題 | Comments(0)  

センバツ中止

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、日本高校野球連盟は兵庫県の甲子園球場で19日から開催する予定だった「第92回選抜高校野球大会」の中止を決めました。同大会は第2次世界大戦の影響で1942年~46年に中断したことはありますが、予定されていた大会が中止されるのは初めてです。

 高野連は4日の臨時理事会で、甲子園大会史上初めてとなる「無観客開催」の方針を示していたものの、11日に開催の可否を最終判断するとしていました。今回の大会には全国各地から選抜された32校が出場する予定でした。

 すでに高校生を対象とした春季の全国大会は、野球を除いて全てが中止になるなど、スポーツ界では自粛の動きが広がっています。誠に残念と言うほかありませんネ。

 そして、きょう3月11日は未曽有の被害が発生した「東日本大震災」の日。新型コロナウイルスの影響で各地の追悼式は、中止や規模の縮小が相次ぎました。私も午後2時46分、県議会の控室で黙祷しました。

by shouichiro_sato | 2020-03-11 21:33 | 社会・話題 | Comments(0)  

無観客で大相撲

 大相撲春場所が大阪府立体育館できょう初日を迎えましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客での開催となりました。大相撲史上、初めてのことです。プロ野球オープン戦や東京五輪の選手選考に関するレスリングの大会など、開催されているスポーツのほとんどは「無観客」で行われています・・・・何とも異様な状況ですネ。

無観客で大相撲_f0081443_20464973.jpg
無観客で大相撲_f0081443_20472435.jpg
 (写真・初めて見る光景の大相撲本場所。NHKニュースと生中継より)

by shouichiro_sato | 2020-03-08 20:53 | 社会・話題 | Comments(0)