カテゴリ:社会・話題( 648 )

 

鎌鼬の里芸術祭

 NPO法人鎌鼬(かまいたち)の会が主催する「鎌鼬の里芸術祭2018」が、羽後町田代にある鎌鼬美術館を中心に始まりました。きょうは羽後町に伝わる「西馬音内盆踊り」や「猿倉人形芝居」。山本萌さんや白榊ケイさんなど日本の舞踏家と海外の舞踏家による公演。吉増剛造氏と森繁哉氏によるシンポジューム「芸術の生まれいずる・東北編」。夜にはドラマーののなか悟空をリーダーとするジャズグループ・騒乱武士と多数のダンサーによる「カマイタチ・ライブ」が行われます。
f0081443_17411476.jpg
  (写真・細江英公氏の写真を使った「鎌鼬の里芸術祭2018」のポスター)

 あす23日は午前中、田代天神堂の高橋源一氏の圃場で「稲架掛けワークショップ」。午後は鎌鼬美術館のある旧長谷山邸で、伝統芸能の「本海獅子舞番楽(由利本荘市・八木山講中)」に「ダンスと邦楽ライブ」。飯沢耕太郎氏と森繁哉氏によるシンポジューム「東北の写真学 写真家集まれ」などが行われ、最後は日本を代表する舞踏家・上杉光代さんの公演「大団円 “踊れや踊れ!“」です。

 会場には県内外、さらには海外からも多くの方々が訪れており、大盛況。皆さんも是非ご来遊ください。

by shouichiro_sato | 2018-09-22 18:02 | 社会・話題 | Comments(0)  

敬老の日

 総務省が発表した人口推計(9月15日現在)によると、70歳以上の人は前年より100万人増えて2618万人となり、総人口の20.7%となりました。また、65歳以上となる高齢者は3557万人で、その割合は過去最高の28.1%。イタリア(23.3%)やドイツ(21.7%)などと比べても高く、世界でも突出しています。

 一方、秋田県内での100歳以上は642人(9月1日現在・男性80人、女性562人)。2002年の調査では100歳以上の県民は149人でしたから、4倍以上になっています。

 長寿社会が当たり前になり、一方では少子化が進むという日本。就労や社会保障、生活スタイルなど様々な分野でのさらなる改善・改革が必要になってきました。「敬老の日」の意味を心に刻みながら、社会の大きな変化に思いをはせた一日でもありました。

by shouichiro_sato | 2018-09-17 23:00 | 社会・話題 | Comments(0)  

携帯料金

 菅義偉官房長官は先月、携帯電話の料金を「4割程度下げる余地がある」と発言。野田聖子総務大臣は昨日、携帯電話大手3社が格安スマートフォン事業者に貸し出す回線の通信速度を遅くする差別を防ぐ制度を強化する方針を表明しています。携帯電話各社の競争を促進し、料金の引き下げにつながる動きが進んでいます。

 携帯電話のNTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの大手3社は増収増益を続けており、「国民の財産である公共の電波を提供されて事業しているのに事業者の利益率が他の業種と比べて高い。競争が働いていないと言わざるを得ない」という菅官房長官の指摘はもっともでしょう。

 確かに、携帯電話の料金はパンフレットを読んでも理解しずらく、時々割引システムが変わっていることも。また、一人1台を所持するようになってから、一家の家計費の中で電気や水道などの公共料金、食費等と比べると、家族で合算した携帯電話料金が高額になっていることに驚くことも・・・・。

 今では生活の必需品であり、世界と繋がっている携帯電話。今後は更なる活用が進むでしょうから、利便性の向上とともに料金の値下げに期待します。

by shouichiro_sato | 2018-09-05 21:22 | 社会・話題 | Comments(0)  

台風21号

 非常に強い台風21号は、あす朝から昼にかけて四国から近畿地方に上陸し、夜には東北地方にも最接近する見込みです。

 非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来25年ぶり。この時は九州地方などで死者・行方不明者48名、負傷者396名、住宅全壊336棟、住宅半壊1448棟、床上浸水3770棟の被害が発生。東北では収穫まじかのリンゴが大量に落果するなど、農産物に多大な被害がありました。

 上陸後は速度を速めて一気に北上する模様で、当地でも厳重な警戒が必要です。

by shouichiro_sato | 2018-09-03 23:03 | 社会・話題 | Comments(0)  

阿波おどり

 徳島県の夏の風物詩「阿波おどり」があす12日から15日まで行われます。しかし今年は、桟敷席チケットの売り上げが伸び悩んでいる模様です。

 阿波おどりは昨年、主催していた徳島市観光協会などに4億円を超える累積赤字があることが判明。今年は徳島市などで組織する「阿波おどり実行委員会」が主催して行われることに。名物だった1ヵ所の演舞場で行われる「総踊り」を中止し、33の有名連を4ヵ所の演舞場に分散させる演出も企画していますが・・・・・。一時は中止も危惧された阿波おどりだったことから、観光客の出足も鈍くなったのでしょうか。

 さて、当地では16日~18日まで「西馬音内盆踊り」が行われます。西馬音内盆踊りも一時はたくさんのお客さんが来町されて身動きができないほどでしたが、最近は丁度いい人出?で、踊ることも見ることもできるようになりました。16日にはNHK・BSプレミアムのお盆の特別番組(午後6時~9時)で、全国の4ヵ所の行事とともに生中継されます。どうぞお楽しみに。

by shouichiro_sato | 2018-08-11 22:15 | 社会・話題 | Comments(0)  

北前ザンブリコ

 劇団わらび座のミュージカル「北前ザンブリコ」の公演記念トークショーがきょう、あきた芸術村わらび劇場(仙北市)で行われました。
f0081443_08410605.jpg
  (写真・左から高田氏、石川氏、三浦氏、久保氏。わらび劇場ステージで)

 パネリストは北前船寄港地フォーラム議長・石川好さん、秋田商工会議所会頭・三浦廣巳さん、日本観光振興協会理事長・久保成人さんで、進行役は国土交通省東北運輸局観光部長・高田公生さん。

 石川さんは「文化や経済などの多面的な交流が行われることが北前船を軸とする運動の目的だ」と述べ、10年ほど前から運動を提唱した一人として、ミュージカルとなったことに感銘。三浦さんは北前ザンブリコの公演を秋田市の中心市街地で行うことを紹介し、「北前船文化を身近に感じてほしい」。久保さんは北前船の交易は寄港地の特産物の地域間競争があったとして、現代の観光振興の切り口になると話しています。

 「北前船ザンブリコ」の公演はわらび劇場で11月18日まで。12月12日~平成31年1月26日は、秋田市にぎわい交流館で行われます。

by shouichiro_sato | 2018-08-09 22:26 | 社会・話題 | Comments(0)  

夏まつり

 8月は東北地方の夏まつりが全開。1~4日の「盛岡さんさ踊り」に続いて2~7日には「青森ねぶた祭」、きょう3日は「秋田竿燈まつり(6日まで)」、「福島わらじまつり(4日まで)」が始まりました。この後は「山形花笠まつり(5~7日)」、「仙台七夕(6~8日)」が行われます。

 さらには、各地域での夏まつりも今月に集中。イベントカレンダーを見ると、毎日どこかで夏まつり開催中。暑い中ですが、是非ともまつり会場に足を運んで、熱気あふれる元気な姿を堪能してください。

f0081443_10043124.jpg
f0081443_10051510.jpg
(写真・久しぶりに「青森ねぶた祭」、盛岡では「伝統さんさ踊り競演会」を見学)

by shouichiro_sato | 2018-08-03 23:02 | 社会・話題 | Comments(0)  

国内最高気温

 連日うだるような暑さが続いている日本列島。昨日は埼玉県熊谷市で午後2時過ぎに41.1℃を記録し、国内最高記録を5年ぶりに更新しました。

 気象庁によると23日は、全国927観測点の7割に迫る627地点で30℃を超え、このうち241地点で35℃以上の猛暑日となっています。22日までに熱中症と思われる症状で救急搬送された人は、全国で2万1千人を超えています。今後も当分の間、暑い日が続くようですから、厳重な注意が必要です。
f0081443_22241550.jpg
  (写真・全国で記録的な猛暑になっている日本列島。NHKニュース9より)

by shouichiro_sato | 2018-07-24 22:27 | 社会・話題 | Comments(0)  

縄文遺跡群

 国の文化審議会は大湯環状列石(鹿角市)と伊勢堂岱遺跡(北秋田市)を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を、世界文化遺産の新たな候補に選びました。同遺跡群は2013年から推薦獲得を目指してきましたが、5年連続見送りとなっており、今回が6度目の挑戦でした。

 ただし、政府からユネスコへの推薦枠は、文化、自然合わせて1年1件に制限されており、2020年の登録には自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」と競合しており、来年2月1日までにどちらを推薦するか検討するとしています。

by shouichiro_sato | 2018-07-20 23:55 | 社会・話題 | Comments(0)  

猛暑が続く?

 気象庁が発表した1ヵ月予報によると、東・西日本は太平洋高気圧に覆われて、向こう1ヵ月の気温は高い見込みとか。特に7月後半は平年よりかなり高くなる見込みで、北日本も平年並みか高い予想になっています。こうした気象状況は、過去に経験したことがないと思われます。

 この猛暑はまだまだ続きそうですから、「命を守る行動」を心がけ、体調管理には十分に注意してください。

by shouichiro_sato | 2018-07-19 20:53 | 社会・話題 | Comments(0)